• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月15日

Def busta 第一章・第一話

Def  busta 第一章・第一話

















北海道十勝管内OT町。雷鳴轟く深夜の格納庫。そのバイクは、まるで天の祝福を受けたかのごとき、雷鳴のファンファーレと共に産声をあげた。
そこはMBM社・十勝研究所・第3格納庫。薄暗がりのなかシルエットの《KAMUI零》を取り囲む 南條 零と 堀井 士郎 、ほか多数の作業員がたたずむ。

そのとき、建物全体が激しく揺れる程の雷鳴が再度響き渡り、高所窓から差し込んだ光で、“ K A M U I 零 ” の姿が照らし出された。

そして堀井が両腕を掲げ叫ぶ。


「完成だ!! 世界で唯一無二のバイク! 新たなる零(ゼロ)の誕生だぁーーー!!」








邂逅

北海道帯広市の繁華街。その賑やかな雰囲気の中、下村 貴が Z1000Mk2 を、ストッピーからのジャックナイフターンで、フロントタイヤを軸にクルッと向きを変え、バイクをピタッと停車させ、満足げな表情でヘルメットを脱いだ。まだ幼さの残る中性的な面立ちだが、その鋭い眼光には強い意志が感じ取られる。


そんな時だった。下村の眼前で信じられない出来事が起こった。突如、前方からかなりのスピードで、HONDA CBR1100XX(通称・スーパーブラックバード)と、正体不明の黒塗りのバイクが走って来た。
刹那、その黒塗りのバイクが、スーパーブラックバードの進路を妨害するように、すぐ目の前でアクセルターンを用いて“クルッ”と向きを変えたのだ。


目を見開き驚愕の表情をみせる下村。
2台のバイクは、繁華街の雑踏を切り裂くように、激しいスキール音を立てた。“スーパーブラックバード”は、思わずパニックブレーキを握ったのだろう、フロントタイヤが左にスリップダウンしてしまい、コントロールを失った。そして次の瞬間には、そのフロントタイヤが縁石にぶつかり、前方宙返りする形で、けたたましい音をたて、花屋のショーウィンドーに突っ込んでしまった。


下村も含め周囲にいた人達は皆あっけに取られ、しばし無言のまま傍観。
その黒塗りのバイクが “ K A M U I 零 ”である事は、まだ誰も気付いていない。


謎のバイクのライダーは、身体にフィットしたセパレートタイプの革ツナギを着ており、非常にスタイルの良い、女であるのが見て取れた。
それから漸くして、我に返った周囲の人が突然叫び声を上げた。


「きゃあーーーー」


女の金切り声が響き渡る。



その声に、少し慌てた革ツナギの女は、ヘルメットを被ったまま、素顔を晒すことなく、転倒し動かなくなった“スーパーブラックバード”のライダーの元に駆け寄り、背中のリュックサックから、見た事もないような形をした“バッテリーパック”を取り出した。


そこへ駆け寄りながら叫ぶ下村。


「おいおい大丈夫か!?」



革ツナギの女は下村に一瞥した後、そのバッテリーパックを、 K A M U I 零 のエンジン後部にセットした。V型3気筒エンジン搭載とみえるが何かが違う。異様な雰囲気が伝わってくる。


バイクに跨った女は、左の親指でクラッチホルダー付近の『零(ゼロ)ボタン』を押すと、アナログ型タコメーター内に、バッテリーマークと、横棒グラフが灯り、80%の容量を差した。そして無造作にアクセルを開け、バイクのリヤタイヤから、激しくスモークを吐き出す。


「あん!? エンジンの音が変わりやがった!! 」


思わずつぶやく下村。



そう、先程聞いたエンジンの音は、2気筒エンジンの荒々しい音だったのだが、今度はジェットタービン音に似ている。いや、それより、もっともっと静かな音。それは電気モーターのような軽い作動音であった。
その女は、あっという間に走り去っていってしまった。


更に驚きの表情で一言呟く下村。


「なんなんだありゃ!? 」




その下村の後方でも、事態は慌ただしく動き出していた。いつの間にかT社のFJクルーザーに乗った、アラブ系と思われる外国人3人が、転倒したライダーを車に乗せ、うち一人がスーパーブラックバードに乗り、ほんの数秒で、その場からの撤収劇が演じられたのである。


それを見た下村は、何やら甘く危険な香りと、抑えきれない高揚感を感じ“ニヤリ”と口元が笑っていた。



「おいおい何だか知んねーけど、面白そうな事が始まったじゃねーの♪ 」


下村は、急いでヘルメットを被りながらバイクに跨り、エンジンに火を入れ、スクランブルスタートで走り出す。



Z1000MK2 も、激しくタイヤスモークを吐き出しながら、離陸しそうな勢いで加速を始めた。







第二話へつづく





ブログ一覧 | Def busta≪デフバスタ≫ | タイアップ企画用
Posted at 2016/10/15 18:41:55

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

Def busta 第一章・第二話
むらっち2さん

Def busta 第一章・第三話
むらっち2さん

CBR1100XXの関連書籍をいた ...
higetuさん

Def busta 第一章・最終話
むらっち2さん

【緊急告知】 復活のDef bus ...
むらっち2さん

CBR1100XX!!!!
deadさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「カントクの時間⑧ ドライビング編・始動! http://cvw.jp/b/381698/42287030/
何シテル?   12/12 00:16
☆ドシロウトの作家モドキです。誰か拾って下さいw   ハンティングしながらマンガの原作や小説なんかを書いています   目指すはヘミングウェイ! ☆『R...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

MAD MAX! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/01 10:43:51
すべては仲間との絆から 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/29 21:28:55
サクシードバァン!のクロスミッションについて詳細 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/04 07:00:49

お友達

バイクとクルマと鉄砲が好きです。
物語を創造するのが好きです。

よろしくど~ぞ^^
103 人のお友達がいます
ManiaxCars☆ケン太郎ManiaxCars☆ケン太郎 * 忍者が一番忍者が一番 *
銀狐銀狐 * じゃっきーwakaじゃっきーwaka *
しんげん神奈川しんげん神奈川 * コンフェイトコンフェイト

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

カワサキ Z1000 Mk2 Def busta 號 (カワサキ Z1000 Mk2)
◎1980年式 “ KZ1000Mk.Ⅱ (北米仕様) ” ☆ブラックデビル改め ...
スズキ ジムニー 神威號 (スズキ ジムニー)
当方の狩猟道! あらゆる願いを込め 「神威號」 と命名する! こだわりの4型ワイルド ...
ホンダ トゥデイ 藍飛蝗號(アオバッタゴウ) (ホンダ トゥデイ)
トゥデイRs(JA4) MTREC   命名! 藍飛蝗號(アオバッタゴウ) なんと ...
ホンダ AX-1 ホンダ AX-1
友達から格安で譲ってもらった下駄バイクです。 だけどなかなかイイ走りするのですよ! 走行 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.