• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

むらっち2のブログ一覧

2012年12月23日 イイね!

新☆むらっち劇場① ≪胎動編≫

よく物には縁があるなんて言い方をする
例えばソレをもっと分かりやすい表現をしていくと
その物には人間でいえば 「気」 のようなものがあり
雰囲気を発するバイクやクルマなんてのは確実に存在する


つまり一種の波動のようなものが発せられているんだ
そしてその波動は・・・ いや波調と言ってもいいかな
確実に人のソレとリンクしたりシンクロしたりする
雰囲気を感じるだけじゃなく、時には音声になったり


その波調は前オーナーが残していったものなのか
それともその個体が元々持って生れたものなのかは誰も知らない・・・ 
だた確実に言えるのは良くも悪くも次のオーナーに影響を及ぼす


けっこう大きなバイクの倉庫なんかに行くと無言の車両もあれば
「ザワザワ」と色めきだっているものもある。しかし全ての声が聞こえるワケじゃないんだな
シンクロする波調はたったの一台だけ!

その 「気」 「波動」 「波調」 自分とのシンクロ、小さな声を聞き逃さないこと!
「呼ばれた」 ような雰囲気を見逃さないこと!
あっ!あとね! 強すぎる波調を持つ個体に食われないように気をつけなきゃいけない!!





さて、若干怪しげな事を書いてしまいましたが新興宗教ではありませんのでご安心をw
「新☆むらっち劇場≪胎動編≫」 始まりますw









「ヤレル・・・ オレハマダヤレル」



何日も前から俺のドタマに語りかけてくる奴がいた



「ヤレル・・・ オレハマダヤレル」



それを確かめるべくやって来たのがこの広いジャンクヤードとも言うべきバイク保管倉庫・・・






獣達の声にならないざわめき・・・





その中からハッキリとした意思表示を示してくるのはたったの一台だ



「ヤレル・・・ オレハマダヤレル」




「どこだ・・・ どこにいる!?」



旧車、絶版車、新古車 etc ・・・ 




この感覚は以前にも経験したことがある! それは Z1000MkⅡ に出会った時と同じだった



18年前、MkⅡは各部の部品が足りない状態で、これでもかと威を放つ Z1 と ZⅡ の影に隠れ
ひっそりとその場に佇み俺を待っていた。俺にしか分からない言葉を発し・・・




しかし今回は以前の時とは明らかに違いハッキリとした意思表示が感じられる



「オレハマダヤレルンダ・・・」




バイクのジャングル。ガソリンとオイルの焼けた匂い
いつもなら非常に落ち着く雰囲気なのに今日は妙にソワソワする

なんとも落ち着かない気持ちで彷徨う・・・







とっその時だ!遂にそのサバイバーを発見した!!






kawasaki GPZ1000RX







オーナーに見捨てられたソイツはまるで負傷兵のように治療を待っていた
ただひたすら次の乗り手に出会うまで






最後の鉄フレーム・スーパースポーツ、GPZ1000RX は非常に重たい部類のバイクだ






皆が公道300㎞/hを夢見た過去のパワーウォーズ時代
そんな過渡期に出た未完成なバイク。 まるでZZR1100の中継ぎのように


エンジン内部まで重たいパーツ構成だが、それが一種独特のトルク感を醸し出している!
「重たい車体をトルクでグイグイと暴力的に引っ張っていく」 と形容される
それは今やマイノリティーな存在・・・ しかしそんなエンジン特性は自分の良く知るバイクに近い
そう Z のチューニングエンジンの延長線上にあるような回り方をする



軽いパーツ構成でヒュンヒュンと上まで回るような今時のバイクじゃない
完全に時代遅れな恐竜・・・ しかし紛れもなくモンスター




「オレハマダヤレル」







「わかったよ。一緒に帰ろう」



その時、全てが曲線で形どられた美しいゼロファイターの機体が俺の脳裏をよぎり






また走り出すRXのイメージとシンクロしていった






つづく


Posted at 2012/12/23 11:39:29 | コメント(5) | トラックバック(0) | 新☆むらっち劇場 | 日記
2012年12月15日 イイね!

スターリングラード視聴中♪

スターリングラード視聴中♪これも大好きな映画です♪


巨匠ジャン・ジャック・アノー監督

第二次世界大戦下、ナチスドイツの猛威をスターリングラードで食い止めたロシア兵の物語



劣悪な環境下で突如現れた“英雄ヴァシリ”
彼は狙撃手として味方兵の希望となり、そして敵兵の脅威となった!


またナチスからの刺客との対決はかなり見物!

男と男の一騎打ち!


ハッキリ言って血がたぎります!!
Posted at 2012/12/15 21:20:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | モブログ
2012年12月15日 イイね!

THE HUNTER 視聴中♪

THE HUNTER 視聴中♪ただいまギッシリ腰ちうなので家で大人しくDVD鑑賞なぞ…


さて「ハンター」は「マッドマックス」同様に思い入れのある作品です♪


小学6年の時に初めて観るマックィーンは素直に格好良いと思った
そしてこの作品は彼の遺作… 最後の作品だった


ちょっとドジで人間味に溢れ男臭い実在の賞金稼ぎ“ソーソン”!
そんなソーソン(マックィーン)に憧れ中学生のとき
初めて MA-1 と Lee のデニムを買ったんだっけw


しかもいまだに MA-1 は愛用してるしwww


まあ、何にせよ面白い作品だしソーソン(マックィーン)が好きになりますw


オススメです♪
Posted at 2012/12/15 10:17:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | モブログ
2012年12月05日 イイね!

プロシード純正流用品♪

プロシード純正流用品♪
プロシード・マービー後期用のインパネです♪
自分のプロシード・キャブプラスには無い装備があります!
それは追加3連メーター用の穴があるのです!

これは良いですね~(*^o^*)♪

試しにDefiメーターを置いてみたのですが・・・




穴の大きさは55Φくらい。 で、手持ちのDefiメーターは取り付け部の胴回りが60Φほど…


まあ、自作で取り付け用のパネルを作るしかありませんわなぁw


運転席から見やすいように斜めにマウントするようにしてみましょ!


さあホームセンターへGO!!!

2012年12月02日 イイね!

むらっち劇場28 ≪姫≫② 完結


I姫
「やめなっ!!」



I姫 の一喝が飛んだ! 同時に動きを停めるアホ面と俺
睨み合ったアホ面も俺も目を大きく見開きニヤリと口角を吊り上げた

・・・う~ん・・・ あれっ! もしかして俺もコイツと同じアホ面してる?




「もうやめなA! アンタむらっちでしょ!? M の彼氏の。知ってるよ!」




今度は思わず照れ笑いの俺w
Aは苦虫を噛み潰したようなアホ面をしているwww




I姫
「M は子供の頃からの友達なんだ! アタシのこと聞いてる? それより M は今日来てるのかい?」





「いや、俺ひとり・・・Mは仕事。最近軌道に乗り出してね、忙しいんだ。 それより俺、I姫に一つ聞きたい事があるんだ」





「あら、なぁに?」







「貴女はチームの人に囲まれて男も女も友達がいっぱいいるのに・・・どうしてそんな寂しそうな笑顔をするの?」




I姫
「・・・M はなんか言ってるの?」





「いや・・・M に聞いても教えてくれないんだ。そういう事は直接本人に聞けって・・・ いや・・・ 聞けるもんなら聞いてみろって言ってた・・・ ああ、そうか!こういう事かw」





「あははははw M は相変わらず小悪魔だねぇw で、勇ましく登場したってワケw!」







また照れ笑いの俺。どうにも調子が狂う。この人の笑顔には不思議な魔力すら感じる




I姫
「そう。少し場所を変えようか。こっちにおいで」




黙って頷きついて行く俺。 後ろからさっきのアホ面も着いてこようとした
が、それは I姫 が無言で制した。 やっぱり苦虫を噛み潰したようなアホ面のA

ザマーミロw 俺は心の中でほくそ笑んだw



少し集団から離れた俺と I姫

そして I姫 はポツリポツリと語り出した




I姫
「ふふw こんなこと人に話すのは初めてw 」




俺は真剣な眼差しで I姫 の話しを聞いた




I姫
「彼(3代目)はね凄いドリフト使いだったけど、それは自分の走りを極めるための布石だったんだ」






I姫
「ほら、コーナーへのアプローチでブレーキングからターンインしてアクセルを入れるまでの一連の動作が上手くいった時すごく気持ちが良いでしょ!?」




黙って頷く俺




I姫
「彼が求めていたものはそれの延長線上にあるの。ドリフトするでもなくグリップで走るでもなくその中間の走り。タイヤが滑りだすギリギリを見極めて走るの」




さらに黙って頷く俺




I姫
「そうやって集中して走ると必ず良いタイムが出るし、不思議な事に周りの音も消えてクルマと一体になって景色にも融け込んだような錯覚を覚えるの」





「えっ!? それって・・・」




I姫
「そうアナタ達が好きそうな言葉で言うなら “スピードの向こう側” かなw」





「スピードの・・・」




I姫
「アタシねぇ・・・もう一度彼に会いたいんだぁ・・・彼生きてる時に言ったの。あの場所で待ってるって」





「それが向こう側・・・」




I姫
「アタシはねぇ、彼の事が好きで好きで、本当に大好きだったの・・・ だから・・・」





「だから・・・ そんな寂しい笑顔を・・・ 今日もたどり着けなかったから・・・」






I姫は黙ってニッコリ頷き、また 「愁いの美貌」 に戻っていった








やりきれなさが重く圧し掛かる・・・


彼女のそれは決して絶望ではないからタチが悪い

希望に似た不可能・・・ 前人未到の領域・・・

6感で感じることが出来ても、果たして生身でたどり着けるのかどうか・・・









その日俺はただただ M を恋しく思い、逃げるようにその場を後にした










早く M に会いたかった







おしまい



Posted at 2012/12/02 15:29:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | むらっち劇場 | 日記

プロフィール

「カントクの時間⑯ ハンターたる者! 雪山でビバークが出来なきゃなんねぇ!! http://cvw.jp/b/381698/42481630/
何シテル?   02/06 18:17
☆ドシロウトの作家モドキです。誰か拾って下さいw   ハンティングしながらマンガの原作や小説なんかを書いています   目指すはヘミングウェイ! ☆『R...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

MAD MAX! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/01 10:43:51
すべては仲間との絆から 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/29 21:28:55
サクシードバァン!のクロスミッションについて詳細 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/04 07:00:49

愛車一覧

カワサキ Z1000 Mk2 Def busta 號 (カワサキ Z1000 Mk2)
◎1980年式 “ KZ1000Mk.Ⅱ (北米仕様) ” ☆ブラックデビル改め ...
スズキ ジムニー 神威號 (スズキ ジムニー)
当方の狩猟道! あらゆる願いを込め 「神威號」 と命名する! こだわりの4型ワイルド ...
ホンダ トゥデイ 藍飛蝗號(アオバッタゴウ) (ホンダ トゥデイ)
トゥデイRs(JA4) MTREC   命名! 藍飛蝗號(アオバッタゴウ) なんと ...
ホンダ AX-1 ホンダ AX-1
友達から格安で譲ってもらった下駄バイクです。 だけどなかなかイイ走りするのですよ! 走行 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.