• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

KUROYONのブログ一覧

2015年11月22日 イイね!

ふらっと鳥取ドライブ

ふらっと鳥取ドライブ楽しみにしていた3連休。

11/20金曜夜から出発して中距離遠征しようと企み、飲みのお誘いも振り切って深夜帰宅。






机の上には
「今年のワインは美味しいよ」
「天気悪くなるからドライブ行くなら初日が吉」

のメモ。

そうだ、昨日はボジョレーヌーボーだった。

冷蔵庫を開くとこちらのワイン。


ラベルを見るとヴィラージュが付いてるボジョレーヴィラージュヌーボー!

ボトルの中身はというと既に半分以上無くなっています・・・

ワイン?
ドライブ?

ワイン?
ドライブ?

ワイン?
ドライブ?


と自問自答したものの、このままでは明日にも我が家に生息する酒豪に飲み干されるに違いありません。

この危機感から・・・
「ぷっは~、これは旨い」
とグビグビ残りを飲み干してしまったのでした(^^;

そんな訳で夜出発のドライブはなくなり、東京出張から始まったこの1週間の激務からか美味しいワインがいい感じで体に効き、目覚めると正午過ぎではないですか。

またやってしまった・・・(>_<)

そんな経緯で初日のドライブを見送り、2日目早朝出発に賭けるはずの夜のこと。

そして3連休2日目。
予想難航し長考したマイルCSの投票に時間がかかり、またも夜更かし。
賭けるところを間違って起きてみたら午前7時。なのに2度寝。
そんな訳で10時出発となりました。

金曜出発が出来ていれば伊豆半島か能登半島と決めていましたが、日曜から天気が崩れるので今日1日にかけるしかありません。

久々の和歌山でもと思っていましたが、天気を考えると鳥取から兵庫、京都あたりでぶらつこうと西へ。


久々の音水湖に到着。

第二神明の車線規制にやられ動かなくなったので下道で逃げましたが、大幅時間ロスをくらってしまい結構な時間になってしまいました。
さて、どこまで行けることやら・・・

続いて道の駅若桜

着いた途端に汽笛が聞こえるではありませんか。

もしや?

と思い駆け寄ると


やっぱり!
今日はSL体験運行の日だったようです。

それにしても人が多い。
しかもディーゼル機関車まで動いてるではありませんか。

調べて見ると年に数回の特別企画宿泊型SL&DL体験運転イベント中のようです。



まずはSL C12 167号機。
圧縮空気で動くので本物の蒸気機関車ではありませんが、外観だけでも貫禄ありますね。



SLの横のディーゼル機関車もDD16というレアな車のようです。(HP調べ)

イベントなので何往復もしてくれたせいで撮り放題。
ということで、動画も撮ってみました。





このSL&DLの並走シーンに遭遇できたのはラッキーかも♪

SL走行に夢中になってすっかり長居してしまいましたが、お次は鳥取砂丘へ急ぎます。
ところが3連休のせいか子供の国側の市営駐車場すら満車に近い状態。
ジオパークセンター前の県道も人と車でカオス状態

無事脱出を果たし、気分だけでも砂丘をと鳥取砂丘オアシス広場前の海岸へ




おお~鳥取砂丘~

と思い込みたいところでしたが、遠くの景色は似てるもののただの砂浜でした。
やっぱり馬の背と風紋がないと、ね。

鳥取砂丘に戻る気も起らず、お次は浦富海岸エリアへ

まずは道路からすぐの展望台から


長~い階段を下りて



おお~。
周りに人工物がないのが一番ですね




ミニミニ洞門




曇ってきてしまって海の青さがないのは残念でしたが、
こんな感じで山陰海岸ジオパーク 浦富海岸 鴨ヶ磯エリアを堪能。
鳥取から京都にかけての山陰海岸ジオパーク、何度来てもどこへ来ても外れないのは流石です^^

仏ヶ浦ほどではないけど、下りてきた長い階段を上って息切れ・・・

落ち着いたところで浦富海岸 城原海岸エリアへ






菜種五島は山陰の海岸らしい

浦富海岸の時点でかなり遅くなってしまいましたが、最後に居組海岸へ。
なんと、いつの間にか道路脇に展望台が整備されてました。



この風景に灯があるのもイイ感じかも♪



そんな展望台にある「撮ってちょ~台」
浦富海岸にもこの台ありましたが、ここにカメラを置いても手すりが映るし使えない台でした



豊岡から北近畿豊岡自動車道~紅葉ロードR427でR175へ抜け、夕食を食べに久しぶりの塩元帥さんへ。
夜の10時にも関わらず30分も待ちました。



道中パン1つしか食べてなかったこともありますが柚子の効いたここのラーメンは美味しいなあ。

そして今日は予報通りの雨。

一応連休中にドライブ出来たので少しだけリラックス出来たかな。
Posted at 2015/11/23 23:50:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 普通のドライブ | 日記
2015年11月14日 イイね!

ツーリングマップル旅@関西P5新宮G1

ツーリングマップル旅@関西P5新宮G1「ツーリングマップル旅」

タイトルには、ツーリングマップルの「地域」と「ページ番号」と「グリッド番号」を付し、
ツーリングマップルを開いたページから感じたままをダラダラと綴るだけ。




通勤時に本を読む気力ないくらい疲れているので、「ここはどこ?」シリーズと同様すっかり間が空いてしまいましたが、明日の女王杯の期日前投票を終え用事のある夕方までの時間を縫って久々に更新。

いうことで第5回は関西の5ページの新宮。

新宮と聞いてもJR特急くろしおの終着駅位しか思い浮かばない関西人KUROYON、個人的には15年ほど前に伊勢から十津川温泉へ向かうドライブの際に、突如降ってきたドカ雪対策で扁平タイヤのチェーンを必死に探した地くらいの印象でしょうか。

で、地図を眺め始めると、まずは中央に紀伊半島を貫く熊野川と国道168号が鎮座してます。
少し右に視線を移すと朝焼けが綺麗だった「七里御浜」、お盆の花火大会当日に国道42号で5時間も足止めをくらった熊野市にある「鬼が城」なんてのがありますね。
左ページでは南の方にある日本三大名滝の「那智大滝」、彼女と入った仙人風呂が懐かしい「川湯温泉」、「キジ丼」が美味しかった道の駅ほんぐう

景観的には著名な那智大滝の雄大さでしょうが、このコーナーではあえて「丸山千枚田」推しで(^^;

主要地方道とは言え、紀伊山脈の奥深いこの地で国道ではなく県道を使って移動することはなかなか少ないと思いますが、この丸山千枚田を知らずとも県道を通っていると「え?こんなところにこんなバカデカイ棚田が!」と驚くことでしょう。
個人的には能登の白米千枚田も海との対比で綺麗けど、絶妙な農道のラインが棚田にアクセントを与えてるこちら丸山千枚田の方が好きかなあ^^

あぁ、なんだか紀伊半島が懐かしいなんて思うくらい長らく訪れてませんが、メチャクチャ高規格になったらしい国道168号の改良状況の視察を兼ねてまた寄ってみようと思います♪
Posted at 2015/11/14 15:24:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | ツーリングマップル旅 | 日記
2015年11月07日 イイね!

明石海峡大橋 海上ウォーク

明石海峡大橋 海上ウォーク 昨日11月7日は、普段車でしか通ることのない明石海峡大橋を神戸舞子から淡路まで徒歩で渡ってきました。

ことの発端は、地域誌に掲載されてたイベント情報

それを見て何気なく申し込んでいたら・・・ある日のこと



あらま・・・
当たってしまった(汗

参加して初めてわかったのですが、
7日と8日で総勢2000人近く歩くので大した競争率じゃないと思って参加したのですが、年2回のイベントということもあり、運営スタッフによると大阪マラソン並みの7.5倍の競争率。
近くにいた参加者は7回目にしてようやく歩けたと感激してました。
しかも荒天時中止で、これを書いている本日11月8日も中止になったとか・・・

いやはや、週末の出張ついでに東京モーターショーに行く計画が水の泡になったと残念に思っていましたが、何ともプレミアムなウォークなのでした。

ということで、これから渡る明石海峡大橋


何度見ても圧巻の建造物です^^

対岸の道の駅あわじまで4kmほど

曇り空は残念ですが、視界はクリアでいい感じ


今回歩くのは車道下にある管理道路ですが、管理道のある地上7階まであがるためエレベータ前に全員待機


エレベータで上がるのかと思いきや


みんなゾロゾロと階段で



息を切らしながらアンカレイジ内部で注意事項の再確認



さあ、これからアンカレイジから作業道へ!
シャッターが開き始めると皆さんの興奮は絶頂へ


ちゃんと記念撮影タイムが用意されてました



さて、行きますか!

以前見た海上プロムナードからと違い、作業道は単なる金網。
なので、下は丸見えだし風も吹きっさらしで、それだけで凄いところにいることが体感できます


海上プロムナードの観光客はなんのイベント?と興味深々でした^^


やっとのことで舞子アンカレイジから100m歩き海上42mへ


下はもちろん海


我が班の100人の一行


明石海峡大橋からアウトレットモールを眺めますが、車で運転手だとこんな風景見る余裕がありません

途中のケーブル送気乾燥システム


ケーブルが錆びないように乾燥空気を送ってケーブル劣化を防ぐ装置だそうです


しばらくすると



舞子側主塔に到着
これの工事は何年もかかってましたが、長大吊り橋の主塔だけあってめちゃくちゃ大きいです





船が大橋下に向かってきました。



大型船の東西行き航路を隔てる標識
この標識より北は東行き、南は西行き航路



作業道に突如現れる巨大作業台。
作業道両端にレールがあり、その上を移動しながら点検補修作業するそうです。


とか言ってる間に足元直下に船^^





いつの間にか淡路側主塔


残り1kmほどですね


そして道の駅あわじの広場


初めて上空からこの広場を見ました^^



そして、淡路側アンカレイジに到着


アンカレイジから淡路サービスエリアを望む



アンカレイジ下の人がミニチュア人形みたい



アンカレイジのシャッターが開き、総員帰還!



今歩いてきた神戸舞子側を見て皆さん悦に入ります



ちょうど係りの人が粋な小道具を準備してくれたので記念撮影



アンカレイジから降りてきました



これにて解散!



解散場所から舞子方面の明石海峡
4kmほどとウォークにしては短いけど、明石海峡大橋を堪能しました^^

帰りは各自自己負担で帰路につくことになっているのですが、着いた時間がちょうどお昼過ぎ。

道の駅あわじの海鮮館を見ると、今年の淡路生しらすはあと2日の張り紙!

危ない危ない、まだ今年は生しらす丼を食べていないぞ・・・

ということで、岩屋の「寿司・割烹 源平」さんで




海鮮生しらす丼を極めました^^



お値段2200円はちょっとぼり過ぎ感はありますが、ネタは立派で美味しゅうございました^^



帰りは高速艇、淡路ジェノバラインで帰路につくことにします



今年8月に就航したばかりの新造船まりんあわじ号。

岩屋港から明石港までいざ出港





古いジェノバライン船も係留されてます



たこフェリーなき今、淡路ジェノバラインは唯一の明石海峡航路ですが、車と違って船のいいところは明石海峡大橋を間近でゆっくり見ることができるところですね^^



たこフェリーの時もそうでしたが、船で大橋真下を潜るときはテンションMAXです







今日も明石海峡にはたくさんの船が行き交います


明石海峡大橋を背に明石港へ


半沢直樹ロケ地を取り過ぎ


明石港へ入港

明石港を眺めながら明石焼きふなまちのテイクアウトを食べたあと、明石の魚の棚商店街へ食い倒れに向かいこの日は終了
Posted at 2015/11/09 00:54:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | 道路 | 日記

プロフィール

「9月3連休① 1年点検、今年も梨を求めて河内長野へC-Classクーペドライブ^^ http://cvw.jp/b/381709/41986762/
何シテル?   09/24 22:41
行き先を決めず、ふらっとドライブするのを楽しんでます。温泉セットは必携ですね♪ 西日本の国道全区間走破&酷道アタックと、普通の人に理解されない下道オンリー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/11 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

ルート地図表示ツール 
カテゴリ:その他
2012/11/20 01:13:32
 
On the Street Where You Live 
カテゴリ:その他
2012/03/06 23:14:28
 
紅葉情報 
カテゴリ:その他
2011/11/06 13:13:46
 

お友達

現在お友達募集はしていません。
詳しくは自己紹介の【お友達ポリシー】ご覧いただいた上でメッセージ下さい
36 人のお友達がいます
ドライブ依存症ドライブ依存症 * はがねいちはがねいち
woody中尉woody中尉 ぼうやんぼうやん
つとやんつとやん 流鏑馬流鏑馬

ファン

126 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク
2017モデル <装備オプション> レーダーセーフティパッケージ COMMANDシステ ...
メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
<装備オプション> セーフティパッケージ バリューパッケージ COMMANDシステムナビ ...
フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
2003年登録・納車 赤ポロと同時購入 2012年4月 譲受 47500km
フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
納車後3年はトラブル続きだったけど7年目の今は快調! 3台目にしてFR、4WD、FFの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.