• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

honda-inspireのブログ一覧

2018年06月19日 イイね!

雨のサーキット走行

一度は雨の中をサーキット走行してみたかったので行って来ました。
スピンするかもしれないので、単独走行の時間帯を狙って走りました。
もちろんメンテナンスモードで走りました。

走り出してすぐにリアの滑りを感じます。カーブでアクセルは強く踏めません。
なるべくゆっくりとブレーキ、アクセルを操作します。
そして少しずつスピードを上げていきました。
ラップタイムはドライより6秒ほど遅くなっています。
で慣れた頃に最終コーナーの立ち上がりで突然のスピン。
まるで、ふわーって感じで180度回って止まりました。
焦ってクラッチを踏み忘れたのかエンストしてしまいました。
クラッチを踏んでエンジンオン。
走り出して、あっ、メンテナンスモードにしないと、ピットに帰るべきか?
と思ってパネルを見るとメンテナンスモードのままでした。
(この後もう一度スピン、エンスト、エンジンオンを経験したのですがこの時もメンテナンスモードのままでした)

この時のスピンの原因はアクセルの踏みすぎだと思います。

その後、こんどはバックストレート後のコーナーの立ち上がりでスピンしました。
コーナー進入の速度オーバーでアンダーが出てハンドルの切りすぎが原因だと思います。
(ドライだとこの操作でも平気なところです)
同じ場所でもう一度スピンしました。分かっていても何も出来ませんでした。

後でドラレコを確認するとドライでは横Gが最大1.0になるのですが、雨の中では0.7Gが最大でした。
ちなみに最初のスピンのときは2.0Gをオーバーしてました。

車の動きを把握するのに雨のサーキット走行は役立つと思いました。
それにタイヤも減らないでしょう。
しかしもっともっと繊細にならないとダメだとも思いました。
その分かなり疲れますが。

PS.2回目にスピンした場所をミスっていましたので訂正しました(太字部分)。
Posted at 2018/06/19 17:32:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月09日 イイね!

メンテナンスモードとDIY整備

S660ですが、サーキットをメンテナンスモードで走ってみました。
結果、0,04秒だけ早くなりました。
でも感覚的にはかなり違います。
アクセル操作にトルクがリニアに変化するため、ダイレクト感がより高まります。
従って限界領域でコントロールし易くなります。
尚、公道でメンテナンスモードで走っても何にも変わりません。
タイヤの限界領域での動作が違うだけだからです。
但し、AHの動作だけは少し違います。
タイプRのサービスマニュアルに詳しい解説がありました。
VSAやTCSはフィードバック制御なのです。
つまり、アンダーステアやオーバーステアが出たときに働くのがVSAです。
駆動輪が滑ったときに働くのがTCSです。(スイッチのVSAオフでは50km/h以上でTCSが働く)。
AHだけは通常領域から限界領域までで働きます。
そしてこれはフィードフォワード制御なのです。
フィードフォワードですから、どういう時に働くかが明確です。
それは切り増ししたときと、切り戻ししたときです。
ドライバの意図を推測し走行ラインが安定するようにブレーキをかけます。
多分、この動きはS660でも同じだと思います。
尚、S660のメンテナンスモードではAHもオフだそうです。
(お客様センターに確認しました)

ところで、タイプRのサービスマニュアルを買って自分で整備しようと考えていたのですが
場所は狭い駐車場しかないことや工具を毎回運ばないとダメなこと(体力的に問題)、
費用対効果などの問題で諦めました。

DIY整備の代わりに、近所の自動車屋さんにお願いし少しでも費用を安くすることにしました。
結果、オイルはLEO 0W20からワコーズのPRO-S 0W30になります。

しかし、サービスマニュアルは色々勉強になりました。
買って後悔していません。
Posted at 2018/06/09 06:22:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月23日 イイね!

タイプR(FK8)のサービスマニュアルの話

某オークションでシビックタイプRのサービスマニュアル(DVDで未開封)を手に入れました。
そこそこの値段でしたが、自分で整備をしたいという気持ちがあったので購入しました。
しかし、残念ながらWindows10のIE11では読めませんでした。
(DVDにOS環境はWindows7,8のIE11とあります)
最初のメニューみたいなのは出るのですが、項目をクリックしてもその後が表示されません。
=>コメントで教えて頂きました。さらに検索ボタンをクリックする必要があったようです
で、お客様センターに相談しました。
まあ、ここは当然のごとく、
 「お店の整備者向けなので個人の環境に関しては情報を持っていません。」
でも悔しいのでメールで対応すべきだと書きました。
すると、回答があり、
 まず、ホンダのサービスマニュアルはディーラー向けとして販売していること。
 お店にはオンラインで環境が変わったことをしらせており問題は起こっていない。
 そして、現在はDVDの販売は止めており、全てオンライン表示となっているとのこと。
何得いかず電話で回答者と話ししたのですが、
個人ユーザーはディーラーに行って関係部分だけ印刷してもらうなどするしかないとの
話でした。
尚、ディーラー以外の自動車屋さんは自動車整備協会経由でオンラインで見ることが
出来るようになっているそうです。(そのシステムを導入すればですが)

ホンダ車の場合、DIYのオーバーホール整備は厳しいことになりますね。
今、サービスマニュアルを持っていて見れている方は大事にしましょう。
私は何とか見られるように努力するつもりです。

PS,色々試していた結果、見る方法が分かりました。
整備カテゴリと整備項目を選択し検索を実行すると、
関連する一覧が表示されます。
その項目をクリックすることで読むことが出来ました。
検索ワードを入れれば関連リストを絞ることができますので
何とか必要箇所を探すことが出来そうです。
また、この方法であればWindows10のIE11でも動作しました。

ちなみに、Windows7を再インストールし、更新に半日かけて推奨環境を
作ったのですが、同じ現象でした。
そこでIEのデバッグをすると、どうも最初のメニュー表示のHTMLで文法エラー
(スペースが必要とか)が出ているようです。
たぶん、javascriptの処理が違うのでしょうね。
だからクリック処理が動かないのだと思います。
=>このエラーは特に影響なかったようです。

Posted at 2018/05/23 14:37:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月21日 イイね!

S660でのWet練習会

サーキット場が行っているWet練習会に参加しました。
水をまいてパイロンの周りを定常円で旋回したり、8の字で走ったりします。
基本的にリアをドリフトさせながらなるべく小さな円を綺麗に回る練習です。
使うギアは1速のみです。

参加者はみんなサーキット走行経験者でした。
そして私のS660以外はみんなFRです。
みんな最初は戸惑いますが、すぐにうまく滑せながら回っていました。
当然、電子制御の無い状態で走っています。
S660もメンテナンスモードで走りました。

<定常円旋回>
残念ながら、S660ではどうしてもリアを滑らせながら走る事が出来ませんでした。
円を描きながらゆっくりアクセルを踏んで行くと段々外に膨らみます。
つまり、プッシュアンダーが出ます。
これは前は軽いのでグリップは弱いがリアは重くてグリップが強い。
そして、それを打ち破るトルクも無いからです。
講師にも試してもらいましたが同じでした。
結局、私はアンダーが出るぎりぎりの速度で旋回する練習になりました。

<8の字走行>
8の字の切り返しで、上手くリアを逆にドリフトさせながら回るのが目標です。
FRのみなさんは上手く回っていました。まあオーバーする場合もありましたが。練習だし。

S660では、最初に講師が走り、私は同乗して方法を教わりました。
それは、切り返しでアクセルオフすることでリアを若干滑らせる方法です。
つまり8の字のクロスで加速しハンドルを切ってアクセルオフという操作になります。
これは結構難しかったです。上手くいっていたかどうか良く分かりませんでした。

<模擬ヘアピンコーナーリング>
パイロンを三角形においてその頂点をヘアピンに見立ててのコーナーリングの練習です。
S660でこれは得意中の得意です。
ブレーキで荷重を前にかけて、クリッピングポイントでハンドルを切りその後アクセルオン。
これがうまくいくと嘘のように綺麗に回れます。
但し、進入速度をオーバーするとアンダーが出て膨らみます。
そのぎりぎりの練習でした。
これだけは講師に褒められました(^▽^)。

S660でドリフト走行はやはり難しいです。
基本的にグリップ走行の車です。
でも今回、色々走らせ方があるのだと学びました。
そして、何故、ホンダがAHを組み込んだのかも分かりました。
(メンテナンスモードではAHもオフです)
今回の練習会は非常に楽しかったです。
また、参加したいと思います。
Posted at 2018/05/21 15:30:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月11日 イイね!

S660MTの長距離でも問題無かった。+フロントブレーキパッド交換。

ゴールデンウィークにS660で帰省してきました。
片道600km以上です。6日間で1400km近く走っています。
帰省前はかなりの覚悟が必要だったのです。
何故なら、過去に高速込みで200kmほどの距離を何度か走ったのですが。
かなり疲れるという経験があったからです。

で、実際に9時間半ほど走った感想ですが、まったく平気でした。
ほぼ高速走行なのでオートクルーズのままです。
80−90km/hで走っていました。昼食を含め5回ほど休憩しています。
平日だったためか渋滞もほとんどありませんでした。
S660での高速でのサスは、継ぎ目などでは少し弾みますが
乗り心地に違和感はなく不快な感じは全くありませんでした。
自分にとってシートが合ってるのか運転も全く疲れませんでした。
ロードノイズなどがうるさく、音楽はかけても聞こえません。
だから、音楽はなくひたすら走るだけでした。

1回目給油での実燃費は24.98km/Lでした(ほぼ高速)。
6日間滞在し、その間に市内や田舎道を走っています。
帰りの高速で2回目給油しました。
そのときが21.05km/Lでした。
帰ってきて2日後に給油したときは24.43km/Lでした。

ちなみ現時点での自分の過去1年間の平均燃費は15.79km/Lです。
この中に40分のサーキット走行を7回ほど含んでいます。

1400km近くも走って割と平気だった理由は、S660に慣れたということに
尽きる気がします。なんせ既に4万キロを超えているのですから。

でも、アコード+S660を求めてタイプRにしたのに
これだったらS660だけでいいのでは?って思いました。
まあ、長距離ではタイプRがもっと楽だと思いますけど。

帰省後のフロントブレーキパッドですが、
外から見ると2.5mmほどしかなくなっていたので交換しました。
純正品をネット部品館というところで買い、近所の車屋さんに
作業をお願いしました。

本当は、パッドぐらい自分で交換出来ると、ホイールを外すため
クロスレンチとトルクレンチ&19mmソケットまで買ったのですが、
ネットで探しても、キャリパ締め付けトルクが分からず断念しました。
まあ、車屋さんでも経験だけでやっていましたが。

メンテ費用が馬鹿にならないので、タイプRは自分でオイル交換とパッド交換はするつもりでいます。
そのためサービスマニュアルも買うつもりでいます。(これが馬鹿高い。5万以上って言われた)

あと、車屋さん曰く、車載レンチは力を入れにくく無理するとナメるので
なるべく使うなとのことでした(足ではもっての外)。
最初車載レンチで外そうとして、どうしても緩められず車屋さんに助けを求めたのでした。
そのあとクロスレンチとトルクレンチを買いに行きました。
クロスレンチなら簡単です。
尚、ホイール締め付けトルクは108Nmです。ディーラーに聞きました。
Posted at 2018/05/11 17:03:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「雨のサーキット走行 http://cvw.jp/b/384325/41625649/
何シテル?   06/19 17:32
honda-inspireです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S660 ホンダ S660
6ヶ月と3週間待ってオーナーになりました 2017年9月 メインカーになりました。
ホンダ インスパイア ホンダ インスパイア
2013年8月2日にアコードハイブリッドに変えました
ホンダ アコードハイブリッド ホンダ アコードハイブリッド
2013年8月2日よりオーナーになりました 2017年9月 親戚に譲ることにしました。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる