• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Mizpeaのブログ一覧

2011年05月31日 イイね!

応援したいメーカー

応援したいメーカーこういう開発投資をしているメーカーはもはや少ないですね。

新世代MTミッション

頑張って欲しい!
Posted at 2011/05/31 09:30:53 | コメント(8) | トラックバック(0) | インプレッション | クルマ
2011年05月30日 イイね!

RCZに乗って考えさせられました(後編)

前編の続きです。


第一印象からの期待が大きかっただけにAT右ハンドルのベースグレードの試乗は正直ガッカリ。
自分の興味は完全に200ps MT左ハンドルのホットグレードに絞られました。

実はホットグレードにのみツインスクロールターボの新世代エンジンが搭載され、
またそのエンジンサウンドをより楽しめるよう共鳴システムまで組まれているとか!
そして色々な有名人のインプレッションも超好評!!

ということで試乗♪

しかし正直に言ってしまえば、

乗る前はベースグレードと大して変わらないだろうと思ってました。
エンジンの差はあれど、車重も排気量も変わらないわけです。
44ps上乗せしても所詮魔法はありませんから。



で、



結論ですが、



よくわかりませんでしたorz



確かにエンジンが少し元気そうです。


でもこの試乗で、


二つ重大な問題が発覚!

一つ目は、ブレーキペダル上のカバーと私の靴のつま先が干渉し、まともにブレーキ操作ができなかったことです。というのも当日私が履いていたのはソールが厚めのワークブーツ。どうもこれが大きすぎたようで(苦笑)右足をアクセルからブレーキに移そうとするとどうしても上の板につま先が当たってしまうのです。この問題には走り出す前に気づきシートとハンドルの位置を色々調整してみたのですが、どうにもならず諦めてそのままの試乗でした。私の足のサイズは別に珍しくもない27cm。いくらワークブーツがデカいとは言え、もっと足の大きな外人はたくさんいる筈。大体、こんなことが理由で運転に不安を感じたクルマは初めてです。ということで足の小さな人には関係無い話ですが、ブレーキペダル周辺のクリアランスは非常に残念でした。

二つ目は助手席に乗った営業マンが異常な怖がりだったことです。エンジンの回転が上がるたびに手すりを握りしめ足を踏ん張って無口になる彼(笑)客の私がそんなことまで気にしなくても良いのかも知れません。でも見ているとなんだか可哀想で踏む気にはなれませんでした。だから彼が怖がらない範囲で快適運転につとめました(爆)私にとってはクルマの特性を確かめるには程遠い、つまらない時間でした。


ということでRCZホットバージョンの試乗は残念な結果。


それでもこの試乗で大事なことがはっきりしました。

それは、

小排気量ターボは次に私が欲しいクルマではないということ。


まあ当然なのですが、乗ってみるとやはりアクセルレスポンスが物足りないです。私の考える“アクセルレスポンス”とは、アクセルのオン・オフに対する反応の早さだけでなくプラス(駆動力)とマイナス(エンブレ)の差の大きさも含まれます。ターボ車の場合、オン時のタイムラグがよく問題にされますが、その部分はかなり改善されていると思います。ただ、車重に対し排気量が小さくなればなるほどマイナス(エンブレ)は効かなくなりますよね。理屈から言えばこれは小排気量ターボ全般に当てはまること。

今回のRCZの試乗で、特にエンブレが効かないことが気になってしまいました。加えてターボラグもゼロではないですから、たぶんアクセルのオン・オフでコーナー中の荷重やラインを微調整するのは難しいと思います。となると左足ブレーキは使えるのか?とか考え初めてしまいます。でもポルシェがそうであるように、おそらくアクセルを踏んだまま状態での左足ブレーキは安全対策として電子的に禁じられていることでしょう。結局最後にはそういうネガをドライバーに感じさせないよう、メーカーが電子的な味付けをする方向しか無いと思うのです。それが小排気量ターボの宿命なんじゃないかと。もしそういうことなら、益々ドライバーの腕前は関係なくなっていきます。私が求める“乗りこなす喜び”はどんどん希薄になるような気がしてなりません。


もちろん上で言ったことは普段の運転には全く関係ないこと。
通勤や買い物といった普段使い用に一台買うのなら、RCZは最高だと思います。
格好良くて、おしゃれで、快適で、燃費が良くて
RCZはそんなクルマでした。


ところで今、プジョーのサイトでこんなものがダウンロードできます!

うまく作れたらアップしますね(^^)
Posted at 2011/05/30 11:10:41 | コメント(10) | トラックバック(0) | インプレッション | クルマ
2011年05月29日 イイね!

RCZに乗って考えさせられました(前編)


実際の試乗は随分前のことですが、久しぶりの試乗レポです。

ケイマンSに乗って、その縁でサーキットを走って、ついにはレースに出て、
この3年半で私のクルマに対する価値観は大きく変わりました。

自分が根っからのスポーツカー好きであることは再認識した次第です。
でも、どんなスポーツカーが好きか?という部分では随分変わりました。

☆パワーやトルクを、車重やボディサイズとのバランスで見るようになりました。
☆サーキットで速いのが良いスポーツカーという発想は無くなりました。
☆所有することよりも乗りこなすことの方が大事だと思うようになりました。


結果として次に自分が欲しいクルマが何なのか解らなくなってしまった気がします。
とりあえず次は「これからの時代にマッチしたスポーツカー」と思っていたのですが...

そこで思い浮かべていたのは、
小排気量直噴ターボエンジンを搭載する軽量コンパクトモデル
でしょうか。

でも、

ぼやけたイメージだけで実際に欲しいモデルがあるわけではない。
そしてケイマンSへの不満は無い。
だから今は、
本当に欲しいクルマが見つかるまで乗り換える理由は無いと思っています。

そんな中、プジョーRCZは約1年前、この写真を見た瞬間に興味が湧きました。

アルファベットのみの車名は長いプジョーの歴史で初めてとのこと。
名前一つ取ってもこのクルマに対するメーカーの気合が伺われます。
ダブルバブルルーフといい、AピラーからCピラーを繋ぐアルミナムアーチといい、
スペシャル感を漂わせるディテールも魅力的。
1600ccターボエンジンを採用したパッケージングも挑戦的ですね。

というわけで随分前になってしまいましたが、
期待を胸にベースグレード(156ps AT右ハンドル)を試乗しに行ったわけです。

まずショールームで実車を見て感心。 間違いなく好みのスタイルです。
初代TTに似ているようで似ていない?とにかく見た目は格好良いと思いました。

クルマに乗り込んで更に感心。
ダブルバブル形状のルーフの効果でしょうか? キャビン内は想像以上に広く感じました。
後部座席は小さな子供しか無理でしょうが、それはこの手のクルマでは当たり前。
トランクは後部座席を倒せばゴルフバッグ2個が入る大きさ!

そして試乗車がレザー内装仕様だったこともあるのかも知れませんが、
内装は低排気量モデルにありがちな薄っぺらな感じが一切しませんでした。
これなら少なくとも助手席のパートナーが不満をこぼすことは無さそうです。

ということで益々期待は高まった試乗ですが、 問題は走り出してからでした。
コーナリング云々の前にまず加速でガックリ。

誤解しないで欲しいのですが、私は元々絶対的な加速性能は期待していません。
ただし、
Fun to Driveは譲れない!
ロドスタのドライブでも感じる「回してナンボ」的な楽しさは欲しいのです。

ところがRCZの動きはいくら踏んでもひたすらフラットで無感動でした。
低回転から1600ccとは思えないほどのトルクを発生して非常に乗りやすいです。
でもパワーバンドに乗せていく感覚が全く無いので回転を上げる楽しさが無い。
何度か信号でストップ&ゴーを繰り返すうちにもう回転を上げる気は失せてしまいました。

試乗を終えた後、改めてカタログで車重とサイズをチェックして納得しました。
車重は排気量2Lの現行アウディTT(FF)より10kg重い1350kg。
そしてパッと見の印象で勝手にコンパクトだと思ってましたが...
実際の全幅1845mm・全長4290mmは現行TTより5mm広く110mmも長い。
つまりTTより大きく重いボディを1600cc156psのターボエンジンとトルコンAT(新世代ではありますが)の組み合わせで動かしていたわけです。無理も無いと思いました。

この試乗で感じたことは、

☆自分はどうしてもこのクルマをアウディTTと比べてしまう(笑)
☆見た目は現行TTより個性的でエキサイティング。
☆内装の質感や乗り心地は文句なし。
★走りは楽しくない。


まあ見た目の個性重視で街乗りメインなら良いと思います。
でもスポーツドライブの楽しさを知ってしまった今の自分には物足りない。
ということで、
日を改めてホットグレード(200ps MT左ハンドル)の試乗をお願いしたのでした。


後編へ続く
Posted at 2011/05/29 13:48:15 | コメント(7) | トラックバック(0) | インプレッション | クルマ
2011年05月27日 イイね!

小籠包の国の

小籠包の国のHOOTERSでお茶ちう


さて、


そろそろ帰ろうか(^_^)
Posted at 2011/05/27 14:23:35 | コメント(6) | トラックバック(0) | 雑談 | 日記
2011年05月19日 イイね!

Paper Craft!?

もう見た人もたくさんいると思いますが、

スゴイですね~

ところで途中見えるガンダムも紙なのでしょうか?(笑)
Posted at 2011/05/19 13:07:40 | コメント(6) | トラックバック(0) | インプレッション | 日記

プロフィール

「復活!」
何シテル?   12/26 17:22
やってナンボ! なんでも本気? ゴチャゴチャ考えず突撃シマス
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2011/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

Cayman Festival The 10th ご参加ありがとうございます 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/28 22:26:20
今年最後の洗車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/31 16:09:16
南極に行ってきました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/06/05 15:50:35

お友達

更なる楽しみを追い求め修行中www
一緒に遊びませんか?
339 人のお友達がいます
ANYOKiNG 【DRiViSiON】ANYOKiNG 【DRiViSiON】 *みんカラ公認 marinvamarinva *
Sam@V&amp;PSam@V&P * 温たま~@温たま~@ *
みやもっちゃんみやもっちゃん * ベンプリ僕ベンプリ僕 *

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ ケイマン 白金ワニ (ポルシェ ケイマン)
またまた中古での購入です。 徐々に完成形に近づけようと思います。 MY13、CAYMA ...
ポルシェ ケイマン 白ワニ (ポルシェ ケイマン)
2007年モデル MT キャララホワイト ・スポーツクロノパッケージ ・PASM ・ス ...
アウディ TT クーペ アウディ TT クーペ
泣く子も黙るおしゃれなデザインで、スポーティーな4WDで、リッター10km走って、且つ荷 ...
ポルシェ 944 ポルシェ 944
コネで格安で買った社会人最初の車。 なんと4気筒3000cc!パンチのある車でした。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.