• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

cleちゃた。の愛車 [スズキ GSX1100S KATANA (カタナ)]

整備手帳

作業日:2021年2月14日

フューエルタンク内部サビ取り

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度
作業時間 12時間以内
1
入院中のカタナ。
フューエルタンクの板金修理は費用がかかるとのこと(10万円超)。凹んだ場所が悪かったようです。
仕方が無いのでとりあえずヤフオクでタンクを購入しています。
(あ、もちろん純正部品は既に供給していません。)
状態の良いものはスタート価格も高いので悩みます。
入札すべきか迷っていたら、タイミング良くなかなかの良品が安価で出品されていたので落札しました。
2
唯一目立つのは左側のエクボ。
他がキレイなだけに目立ちます。
全体的には本当に状態が良いのですが、僕のカタナの外装がそれ以上に良かったので、残念な気持ちになります。
3
内部はこんな感じ。
うっすらとサビがある程度で、キレイな状態だと思います。
サビ取りでサッと落とせそうです。

ちなみに写真撮り忘れていたことに、台所用中性洗剤をぶっ込んだ後で気付きました。青い液体は洗剤です。
4
コックの取付穴はこいつらで塞ぎました。ステー218円、ゴム板108円です。
5
今回使ったサビ取り剤はコレ。
使用者のコメントと本体記載の使用方法をいくつかの類似品と検討した結果です。
もちろん価格も(笑)
6
サビ取り剤の本体記載の使用方法に従って処理していきます。
お湯は台所の混合水栓が60℃まで設定できたので、それを使用しています。
温度計で測ったら55℃くらいでした。

タンク容量が22Lあるので、蓋までお湯を入れたら持ち上がらないよ!
的なことをどこかネットで読んだ記憶があるので、排水時には灯油ポンプを使用します。(88円)
これ無いとマジで泣くところでした。準備しておきましょう。
7
作業した日は暖かい日でしたが、それでも2月ですからね。
お湯が冷めないように保温しておきました。
5時間ほど放置したあと、内部を確認したらサビが見えなくなっていたので終了します。
リンスも忘れずに。
8
タンク内部の乾燥に、アイリスオーヤマの靴乾燥機を使用。
さすがにパワー不足な感もありましたが、だいたい乾きました。
写真撮り忘れましたがタンク内部もキレイなものです。

次回、タンク裏側のサビ落としと塗装です。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

43,049km オイル交換

難易度:

フロントアッパーカウル塗装

難易度:

フロントアッパーカウル塗装

難易度:

ETC2.0を登載準備

難易度:

クラッチケーブルメンテナンス

難易度:

フューエルタンク裏の塗装

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

スズキ GSX1100S KATANA (カタナ) スズキ GSX1100S KATANA (カタナ)
GSX1100S(SL)アニバーサリーモデル。 ワンオーナー実走行8,730㎞の小カスタ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
DYデミオ(1台目)での事故のあと急遽購入したDYデミオ(2台目)。その車検が切れるタイ ...
スズキ KATANA スズキ KATANA
GSX1100Sカタナとの二刀流です。 以前から1100カタナをメインに乗ると気力と体 ...
マツダ CX-5 マツダ CX-5
妻のクルマです。 元々は僕が欲しがっていたものですが、 買い替えのタイミングで妻が選びま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.