• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2020年11月05日

連写でノイズ軽減&解像感アップ

連写でノイズ軽減&解像感アップ 時たま使う手法なんですが。

デジカメで撮る場合明るさが十分ある昼間ならノイズの無い解像感のある写真が撮れます。しかし朝晩とか曇天で暗い場合シャッター速度を下げるにも手振れのリスクが増すので(たとえ機械的&電子的な手振れ補正があっても)どうしても感度(ISO)を上げざるを得ません。その欠点は電子的なノイズが増える事です。特にセンサーサイズが小さいカメラで望遠で撮った場合に顕著に出ますが、左側は4/3型センサーのカメラでISO400で撮ったものをノイズが判り易い様に200%拡大表示して切り出したものですが御覧の様にカラーノイズがかなり目立ちますね。それに比べて右側の写真はノイズが殆ど見えない上に高圧線などのディテールもしっかり出ています。実はこれはこの写真を撮る時に高速連写で7枚撮っておいたものをPhotoshopのStatisticsという機能で合成したものです(日本語メニューでもそのまま「統計」というメニューらしいですね)。7枚の写真を重ね合わせてその中央値を取り出すとこの様に劇的にノイズ軽減がされた写真が出来ます。なぜかと言うとノイズというのはランダムに発生するので7枚の写真とも違うノイズになります。しかし写真に撮る風景そのものは当然いつも同じです(連写ですので高速移動体がある場合はちょっと話が違いますが)。なので中央値を取るとノイズはお互いを打ち消しあいますが被写体は常に同じなので更にはっきりするんですね。ちなみにこの例ではPhotoshopを使ってますが、レイヤー合成機能のある修正ツールならちょっと面倒ですが手動でも同じ効果が出せます。

こちらはISO800の例でこれは400%に拡大してますが解像感がかなり上がってすっきりした写真になってますね。






更にISO1600まで上げてみました。こちらは違いが良く判る様にカメラ内のノイズ軽減をさせないRAWデータとの比較です。左端が撮って出し、二番目はRAW現像時に若干のノイズ軽減フィルターをかけたもの。そして三番目は同時に出力されたJPEGでカメラ内ノイズ軽減処理をしたものですがこれはJPEGの圧縮アルゴリズムも手伝ってかなりノイズが減っていますが逆にコントラストのある部分が荒れます。最後の右端が9枚合成ですが、ISO1600のボロボロの写真が殆どISO100並みの写真になってますね。

空撮写真でも比較してみました。実はMavic MINIMavic Air2の画質比較をしてた時の写真なんですが注目するのは右側の2枚の比較です。Mavic Air2は48MPという疑似高解像度モードがありますが、流石に画質はかなり落ちます。しかし風景を撮る場合同じ写真を何枚も撮っておいて統計合成をすると右端の様なおもいっきり解像感のある写真にする事が出来ます。この写真は12MPの等倍表示ですがやっぱり48MP(4800万画素)は圧巻の解像度ですね。

というわけで、ブログネタが無いのでまた殆どの方には意味の無いマニアックなネタとなりました。普通の人はデジカメ写真の200%拡大どころか等倍表示もしないでしょうから(笑)。

水曜日、先日の定期健診の血液検査の結果がちょっと悪くて精密検査の予約。先が短くなりそう。
ブログ一覧 | デジタルカメラ | 趣味
Posted at 2020/11/05 12:33:32

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

DJI Mavic Air 2 ( ...
TYPE74さん

避暑(その2:峰山高原で星空観賞 ...
TMKさん

DJI MINI 2 画質
TYPE74さん

フラワームーン🌕
TMKさん

明日は大黒に伺います。
しゅ~~~さん

きょうも昼練〜カメラってえらいんだ ...
いーくん(ふたたび)さん

この記事へのコメント

2020年11月6日 8:00
この今の綺麗な画像が、数年後(?)最低レベルの荒さになるんだろうなぁ。
コメントへの返答
2020年11月6日 12:34
ところが!実際のところデジカメの画質はもう何年も前に技術的に頭打ちになっていてもう5年ぐらい画質的には進化していないんです。一時期の詐欺商法「高画素=高画質」も限界で1600万画素ぐらいからは「高画素=低画質」になってしまい、もう廉価カメラの高画素競争はしなくなったし......そもそも殆どの人は画質を気にしないのでスマホののっぺりしたトイカメ写真で十分という考えから廉価デジカメ市場はほぼ消滅状態ですからね。細々と売られているハイアマチュア(別名カメラおたく)向けぼったくりカメラの画質も5年前の機種と比べて画質的には全く変わりません(鉦や太鼓の余計な機能が付いてるだけだったりします)。
2020年11月6日 14:43
こんにちは。

殆どの方には意味の無いネタ、私には非常に興味深い内容でした(笑)

ちなみに普段アップされている写真はLUMIXのカメラで撮られているのですか?
コメントへの返答
2020年11月7日 14:17
こんにちは!

この平均合成は動体の入ってない風景画でかなりの威力を発揮します。フォトショだと自動で重ね合わせる時に位置だけでなく回転もするのできっちり合いますね。フォトショでなくてもレイヤー合成機能のあるツールならレイヤーの透明度を下から徐々に下げて合成すると同じ効果が出ます(ただ位置合わせは手動なので三脚で同じ写真を撮ると楽ですが)。ちなみにPhotoacuteというこの機能に特化したツールもあります。

その通りで普段アップしている写真は朝のトレッキング中に撮っているものが殆どなのでお散歩カメラとして持っているLUMIXのGX85という機種です。ちなみに先日月の写真を撮ったのはCanonの80Dで気合を入れる時は5DsRを使ってます。
2020年11月7日 8:18
フォトショップってこんなことも出来るんですね。素晴らしい。でも、この一連の加工をカメラ側でやってくれたらもっと便利で素晴らしいのに。

フォトショップを買おうかなと思っちゃいました。
コメントへの返答
2020年11月7日 14:28
これはフォトショのほんの一部の機能ですからね。その他に良く使うのはHDR合成(ダイナミックレンジを広げる為)とパノラマ合成です。全体的ではなく部分的に多用しているのは「不要なオブジェクトを削除」機能ですね。その他様々なレタッチ機能+フィルターがありますのでやっぱり高いだけの事はあります。ただあまりにも機能が多くて使いこなすが大変ですけど.....今はサブスクがあるので暫くだけ使ってみる事が出来るのでお勧めです。

おすすめアイテム

プロフィール

「手が生え過ぎたサボテン http://cvw.jp/b/388790/44764119/
何シテル?   01/16 14:35
ロータスに魅せられ、ヨーロッパとエスプリ(どちらも旧型)を所有するはめになってしまい、2台で1台分として通勤常用するという快挙(暴挙?)に出ています。しかし住ん...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

春ばあちゃんのホームページ 
カテゴリ:その他
2009/03/24 09:07:50
 
Welcome to Lotus Type 74 
カテゴリ:ロータス関連
2008/05/17 21:33:44
 

愛車一覧

ミニ MINI ミニ MINI
3世代目の新型MINI(2014年モデル:F56)です。R53、R56と新型を乗り継いで ...
ロータス エスプリ ロータス エスプリ
1983年US仕様(左ハンドル+デロルト45キャブにエミッションコントロール(エアーイン ...
ロータス その他 ロータス その他
1974年US仕様(左ハンドル+ストロンバーグキャブにエミッションコントロール)のサーキ ...
ミニ MINI ミニ MINI
2世代目の新型MINI(2008年モデル:R56)です。1世代目の新型後期(R53)から ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.