• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アンマッチのブログ一覧

2006年04月30日 イイね!

キャブレターOH

キャブレターからの燃料漏れが気にってきてしまいました。
匂いにも耐えられなくなってきたので・・・分解してみる事に。

と言いましても・・・今となっては部品のメーカー在庫も無い。
磨耗してる箇所などを修正できる技術も自分にはありません。
勿論キャブセッティングのノウハウ等も無し。。。

作業を始めるのは勇気がいりましたが・・・
お掃除がメイン!?と考え、始める事にしました(笑)
あと・・・少しでも 燃料漏れの軽減 ができれば。。。
 



 作業開始です。 








 あちこち燃料の滲んだ痕があります。


 フロートチャンバー自体も怪しいです。






 ブリーザーパスとキャブボディの

 合わせ面からも漏ってる。

 フロートは一つは軽く?パンクしてました。





 まずはブリーザーパスを分割。

 燃料通路は意外にキレイでした。

 オレンジ色なのは液体パッキン。






  で、お掃除お掃除!







 歪みの確認をガラス板の上にて。

 ストレートエッヂで点検してみると

 エアークリーナベース、ブリーザーパスとも

 厚めなシクネスゲージが入ってしまう。。。
 


 仕方が無い?ので、

 ペーパーの上で豪快にズリズリ。。。


 本職の人はこんな事しません(笑)




 キャブボディ・・・


 ねじ穴に真鍮??





 以前の作業でネジ穴をナメてしまい、

 仕方なく真鍮を入れて穴を作ったのでしょう。


 少し凸出っぱってました。




ブリーザーパスと組んだ時、
ボルトを締めこんだと同時に真鍮が抜けてきてしまったのだろうか? 
最初からこんな状態で組んだとは考えられません・・・おそらく。


 ですので、

 ガラス板に置いてみてもガタガタで
 
 向こうの景色がよく見えます。

この状態ではパッキンが入っていても・・・???



 それぞれキャブボディ四個、

 真鍮の凸部分を削り取り

 ある程度まで平らにしておきました。 





 バキュームシリンダーも頑張ってお掃除です。

 ココが一番目に付きますからね。




さてさて、

キャブボディのスタッドボルト締まっているのだろうか??
何本かはナットを緩めたさい、同時にスタッドも抜けてしまいました。
心配なので残ってるスタッドボルトも緩めてみましたが・・・


 やはり、当たり前のように

 ねじ部が ボロッ と無くなりました。。。


 ドリルで穴を拡大し、ヘリサートで修正します。



数箇所、最初からヘリサートが入ってましたが何故か?やり直すことに。
スタッドが若干斜めに入っていた箇所もありました。
以前、修正したお方が垂直でなく斜めに穴を開けてしまったのか?
それともボディが歪んでしまったのか?

自分的には取り合えず修正したつもりです。


 スロットルバルブ側の面も

 歪んでるように見えます。


 隙間が確認できちゃいます。


 



 またまたペーパーを敷いて

 平らになるまで削ってしまいました。。。  

 




 平らにはしましたが、

 ここまで削ってしまうとOリングの

 つぶれ具合にも支障がでそうです。。。






 怪しいネジ穴?に

 新品のスタッドボルトが立ちました。




 もう緩めたくない・・・かな?(苦笑)








さてと、フロートチャンバー ・・・
一つには小さな亀裂がありまして、中古を購入。

他の三つは大丈夫そうでしたが、、、





 当たり前のように凹んでます。


 ですので・・・豪快に・・・



 内側から ガツンッ!とハンマーで

 叩いちゃいました。



 左が修正済み   右が未修正






 あとはパッキン面を平らに慣らしときました。







 このキャブはキャブ・ボディの下側も
 (フロートチャンバーがハマるとこ)

 少し歪んでるように見えます。



フロートチャンバーをハメてみるとカタカタと隙間があり・・・
ココ1箇所だけ低い感じです。

たしかにココだけはキャブボディ上からの支えがなくて、
歪みやすいのかも?知れません・・・。

どうするか・・・・うぅ~ん・・・・悩んでても仕方が無いので、




 ビクビクしながら

 叩いちゃいました!


 皆さん真似しないように(笑)






 真ん中を指で押さえつけながら、

 対角線上にガタの点検。

 チャンバーの四隅だけは

 キッチリ浮きのないようにしたかったのです。







 キャブボディ側にハマりの悪いフロートチャンバーは

 バリ?部分を削ってすんなり入るように。 







今回の作業にあたり、
ガレージKOMYさんでインテーク・マニホールドをお借りしてきました。



 冶具として使いたかったからです。 


 さっそくインマニにキャブボディを付け、

 四つ並べてみますと



 やはりガッタガタでした。

 目で見て隙間が見えるくらいです。




単体でざっと削っておいた面を・・・本削り開始です(笑)
またまたペーパーを敷き、4連状態でガンガン削っちゃいました。



 ←最初はペーパーが当たってない場所が。 



どんどんキャブボディを小さくしてしまいました(冷汗笑)


 チョークバルブのシャフトも・・・

 ぐんにゃり曲がってました。



 ある程度真っ直ぐに修正し、

 各2個ずつ、一番スムーズに回るとこで

 スロットルボディにキャブボディを取り付けました。





 スロットルリンケージにもガタがあります。

 シャフトが痩せちゃってますね。

 ある程度は?誤魔かしました。


既にスロットルボディに組んである左右2個ずつのキャブボディをインマニに取り付けます。


  インマニスタッドとキャブボディ穴の

 クリアランスを利用?して

 キャブボディを捻りながら、

 なるべくチョークバルブシャフトと

 スロットルバルブシャフトが真っ直ぐになるよう・・・

それでも真っ直ぐにはなりませんでしたが。。。




 いよいよブリーザーパスをドッキングさせます。


 この状態でブリーザーパスを載せてみると・・・


 んん~~いまひとつボルトが

 すんなり手で回らない箇所があります。







 キャブボディのネジ穴が微妙にセンターから

 ズレてるのも原因の一つだ思われます。









 キャブボディ側の位置は

 もうズラしたくなかったものですから、

 ブリーザーパスの穴を少し広げました。







 そのような状態なので

 本来、

 キャブボディ2個ずつのパッキンもあわず、、、






 切ってしまいました。

 各キャブボディごとのパッキン仕様(笑)



さて、組み始めます。

向きがあるOリングに注意し、パッキン関係には一応?液体パッキンも塗りました。

まずはエアークリーナベースとブリーザーパス間に液体パッキン&パッキンで合体。
キャブボディと連結されるボルト4本から慎重に締めます。

その後、外周のボルトを締めました。




 手元にあった新品のフロートバルブシート

 何故か穴径が小さかったです。

 0.8mmに広げてしまいました。





かすかにテーパーが残りましたが、、、フロートバルブのアタリは大丈夫だろうか?







 フロートは新品に交換。






フロートとバルブのアタる角度にイマイチ納得できず・・・
ストッパー部を曲げ、なるべく無理のかからないよう調整。


さて、油面調整です。

マニュアルによるとエスロクは17 です。 

う~ん・・・自分の使用してる燃料ポンプは・・・
当時の標準ポンプに比べれば吐出量が多いタイプだと思われます。
しかもフューエルコンタクトブレーカーは殺してあり、電源オンで燃料流れっぱなしにしてある・・・ 
結局、自分はS800より低い油面位置に決めました。



 キャブボディの一つはバキュームピストンが入る穴も

 写真ではわかりませんが楕円になってました。

 歪んでしまってるのでしょうね。




ピストンがスムーズに動くようになるまで内側を削ってしまいましたが・・・
これで大丈夫なのか?は微妙です。

フロート、フロートチャンバー・パッキン、フロートバルブ・セット、パイロットスクリュー、
各パッキン、各Oリング等など、手持のあった部品は新品に交換しました。





 完  成 で す。
 





↓お掃除前↓
 
 

↓お掃除後↓


見た目上では変化が出たので良しとしまし(笑)

お粗末な作業内容でございましたが、、、実際はもうちょっと手間がかかっております。
しかしながら・・・上手く文章に表現できません。

あちこち問題点だけは確認できたような気もしますが、結局は何も解決できていない?のかな。

燃料漏れは無くなりましたが、どのくらいこの状態を持続できるかが問題ですね。


Posted at 2011/06/14 22:19:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | S600 メンテ | クルマ

プロフィール

以前は自動車整備士をしておりましたが、 現在はデスクワークのみの元整備士です。 エスを最初に購入したのはS800チェーンタイプ。 そしてS600に代替...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/4 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S800 ハチ殿 (ホンダ S800)
1967年式 イギリス仕様ホンダS800
ホンダ S800 59号車 (ホンダ S800)
街乗り仕様なハチ殿のエンジン&ミッション&デフを使用し、自分流に味付けをしたサーキット専 ...
ホンダ S600 ホンダ S600
S600
ホンダ S800 ホンダ S800
S800チェーンタイプ
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.