• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

KAKU777のブログ一覧

2008年08月22日 イイね!

小型二輪免許取得記(最終回) ~免許受取~


 今日は免許を受け取る(更新)するために運転免許試験場にやってきました。

 免許の受け取りは都道府県によって異なるかもしれませんが、福岡県では平日しかできません。通常の免許更新は日曜日でも可能ですが、新しい免許の受け取りは平日しかできないようです。ということで、平日に休みを取って来ています。

 僕は普通自動車の免許を持っているので学科試験は免除となり、午後(13:00)からの受付となります。30分くらい前に着くと結構人が居ました。ほとんどが免許更新の人で、受付が同じなので早く済ませたいと思い、前の方に並んでました。
 受付が始まりました。今持っている免許証と卒業証明書を出すと、申請書を書いて隣の窓口に行くように言われ、申請書を書いて持っていくと、今回必要な費用を請求されました。いくらだったか忘れましたが、\3,700くらいだったと思います。その手続きが終わると、「次は1番窓口で13:30から適性検査の受付をしますのでお待ちください。」と言われました。まだ30分くらいあったので、試験場の中をうろうろしてました。

 ここは試験場なのでもちろん普通二輪の試験を受けることもできます。壁にコース図が貼ってあったので見てみると、僕が行った教習所とは全然違いました。クランクや一本橋などは同じなのですが、コース全体の構成が違うので覚えるのが大変です。教習所にいかずに一発試験する場合はこれを覚えていきなり走るんですね。教習所を卒業したばかりの僕でも難しいんじゃないかなーと思いました。

 そうしているうちに受付時間が来ました。
 自分の用紙を受け取り、適性検査の場所に行きます。適性検査と言っても視力検査だけですね。そして免許書用の写真を撮り、交通安全協会への入会手続きへと進みます。いつも入会させられそうになりますが、丁重にお断りしました。
 それから30分くらい待って、ようやく新しい免許証が渡されました。免許証には普通自動二輪のところが記入されていて、「普通自動二輪は小型ATに限る」の文字が書かれていました。あ、あと免許の有効期限が2年ほど延びてました。

 これで公道を堂々と125ccバイクで走ることができます。やったー。

※これを書いている9/3現在、まだバイクが入荷していないので原付で通っています。免許があるのに乗れないのは辛いですね。ToT

【まとめ】

普通二輪小型AT限定免許取得までにかかった費用

教習所費用 \67,480
入会費値引(HONDA Cカード使用) △\2,100
免許更新費用 \3,700
\69,080

 終わり
Posted at 2008/09/03 10:07:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 原付二種 | その他
2008年08月17日 イイね!

小型二輪免許取得記(8) ~卒業検定~

 いよいよ卒業検定の日がやってきました。
 しかし朝、家の外を見るとどしゃぶりの雨。ToT
 ちなみにこれまでの教習はすべて晴れだったので、はじめての雨になります。急制動、大丈夫かなぁ…。

 教習所に着くと、今日検定を受ける人が掲示板に張り出されていて、指定された教室で待ちます。その日の検定受験者は大型2人、中型4人、小型1人の7人でした。順番にゼッケンが渡され、僕は最後でした。
 本日検定を行う人から、検定についての説明があります。検定は100点満点からの減点法で、70点以上が合格となります。しかし、転倒したり、一本橋から落ちたり、パイロンを倒したりすると一発で不合格となります。一本橋などは既定の時間以上で渡らないといけませんが、落ちてしまうと不合格なので多少早くなっても渡り切った方がいいと言われました。
 あと、今日検定を行うコースは1コースと発表されました。2コースはあまり練習していなかったので良かった。

 一通り説明が終わると、教習コースの方に移動し、一番の人から順に準備をしてスタート地点に行きました。僕は最後なのでコースを確認しながら検定の様子を見ていました。4番目の人が始まるくらいまで見ていましたが、皆さん特に失敗と思われるようなところはなく、順調に進んでいきました。そして、そろそろかなーと準備を始め、スタート地点に移動しました。そのとき5番目の人が走っていましたが、途中でスタート地点に帰ってきました。なんでも一本橋で落下したそうで、検定中止となってしまいました。その人は教習のときに見かけたことがあって、一本橋を何度も練習されてたんですが、失敗してしまったんですね。僕も一本橋が苦手なので急に不安になりました。

 そしていよいよ僕の番になりました。
 ここからは検定のコース順に説明していきます。

※検定のコース図があるのでアップしたいのですが、無許可であげると問題がありそうなのでやめておきます。

【検定開始~発車】

 準備体操をして体をほぐし、ヘルメット・グローブ・プロテクターなどがしっかり付いているかチェックします。
 まずは「ならし走行」がありますので、バイクに乗ってコースの1/4くらいを回って戻ってきます。

 検定の人から「それでは開始してください。」と言われたら手をあげて開始の合図をします。ここからが採点開始です。
 後方確認をしてブレーキを握り、スタンドを戻してバイクに乗りこみます。次にバックミラーを合わせます。これは仮に合っていても手をつける必要があるそうです。そして、エンジンをかけて右ウィンカーを出し、後方確認をして発車です。

【信号~車線変更】

 スタートして右に曲がるといきなり信号があります。青の場合は左右を確認しながら進み、黄・赤の場合は停止線の少し前で止まります。そして青になったら左右を確認して進みます。
 信号の先のT字路で右折なので、ウィンカーを出して後方確認し、車線の右側によってから右折します。この進路変更のウィンカーは3秒以上前から出さないと減点されます。

【坂道発進】

 坂道の中間で停止します。後方確認をし、バイクが後退しないよう注意しながら発進します。
 僕はATでエンストの心配がないので、左ブレーキを使いながらゆっくり発進すれば特に問題ありません。

【直線】

 コース外周の直線に入ります。
 アクセルを吹かし、40km/hまでスピードをあげます。スピードが足りないと減点です。すぐに右カーブが来ますので、ブレーキを3回くらいにわけて握り、20km/hくらいまでスピードを落として曲がります。

【踏切~見通しの悪い交差点】

 踏切は一発不合格が多い、要注意地点です。
 まず停止線の50cmくらい前で完全に停止します。はみ出したら検定終了です。左右を確認し、ゆっくりと発進します。踏切内で停止すると検定終了です。

 見通しの悪い交差点は、「止まれ」の標識がありませんが、停止して足をつきながらゆっくり曲がって構いません。大型の人はここで転倒する人が多かったです。

【左カーブ】

 外周を左回りに進みます。
 左回りする際にはカーブの内側1m以内を回らないと減点となります。これがなかなか難しいです。

【障害物(止まっている車)】

 道路上に車が止まっている状況で、パイロンが置いてあります。

 3秒前から右ウィンカーを出し、後方確認をして進路変更します。車をよける場合はドアが開くことを想定して1m以上離れてよける必要があります。このコースでは1m間隔をあけると対向車線にはみ出さないといけないので、対向車がいる場合は止まって待ちます。
 車線変更したらすぐに左ウィンカーを出して3秒待ってから、後方確認、進路変更します。

【一本橋】

 幅50cm、高さ10cmくらいの鉄でできた橋があり、この上を規定時間以上(大型10秒、中型7秒、小型5秒)で通過します。

 僕がもっとも苦手としてたところです。落下したことはありませんが、ふらつくことが多く、いつもびくびくして渡ってました。
 スクーターは特にバランスが取りにくく、ハンドルを左右にゆすると安定すると言われました。たしかに安定しますが、スタート直後から安定するまでが難しいです。

 停止線で止まって、後方確認後にスタートします。
 今回もふらふらしましたが、なんとか落下せずに通過することができました。ホッ。

【波状路】※大型のみ

 大型の場合、次に波状路があります。
 道路上に高さ10cmくらいの棒のようなものが不定間隔で置いてあり、その上を通過します。
 教習のときに一度通ってみましたが、思ったより難しく、足をついてしまいました。スクーターの場合、立ち上がって重心を下げることができないので、難しいようです。

【スラローム】※中型・大型のみ

 一定間隔で置いてあるパイロンを左右に避けながら、規定時間内に通過します。
 小型はありません。

【S字】

 幅1mくらいで両側にパイロンが置かれた道路があり、S字になっています。
 パイロンを倒すとアウトです。たしか、足をついてもいけなかったと思います。
 小型の場合は楽勝です。

【急制動】

 一定のスピード(大型・中型は40km/h、小型は30km/h)からブレーキを掛け、規定距離以内で停止します。

 今回は雨なので規定距離がやや長くなります。
 初めての雨で緊張しましたが、緩めのブレーキで問題なく止まれました。
 ロックしたり転倒したりするとアウトです。

【クランク】

 S字と似ていますが、コーナーが直角になっています。
 ここもパイロンを倒さないように通過します。
 大型は難しそうですが、小型は問題ないでしょう。

【ゴール~降車】

 スタート地点に帰ってきます。
 停止線に前輪を合わせ(前後50cm以内を超えると減点)、エンジンを停止します。
 後方確認をして降車し、スタンドを降ろしてハンドルを左に切り、バイクを安定させてから手を離します。ここでバイクが倒れたりすると検定終了です。
 最後に手をあげて終了となります。ここまでが採点範囲です。


 走行が終わると検定者のところに行き、名前を言って今回の走行についての話を聞きます。

 教官「どうでした?」
 僕 「一本橋でふらっとなって危なかったです。」
 教官「ちょっと足が開いてましたね。あと、進路変更で後方確認する際にちょっと曲がってました。」
 僕 「気を付けてたんですが、曲がってましたか…。」

 あとは特になく、戻ってロビーのところで待つように言われました。まだ合否はわかりません。

 ロビーには検定を受けた人のうち6人の人が居ました。一本橋で落下した人だけ居ませんでした。
 そこに別の教官がやってきて、「ここに居る人たちは合格です。おめでとうございます。」と言われました。
 とりあえず嬉しいというかホッとしましたね。

 そのあと、別の教室に移動して卒業証明書を受け取り、免許取得方法についての説明を聞きました。

 これで長かったような短かったような教習所生活が終わりです。
 教習は小型一人で恥ずかしいというのはありましたが、バイクを運転するのは楽しくて、教官の話も為になり、来てよかったです。原付の免許は普通自動車免許についてきますが、ちゃんとこういう教習をやった方がいいんじゃないかなと思います。

 続く…

※次の「免許受取編」で最後となります。
Posted at 2008/09/02 09:59:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 原付二種 | その他
2008年08月16日 イイね!

小型二輪免許取得記(7) ~第二段階~

 第二段階の実習内容は以下のようになっています。

・実車教習(2時間)
・シミュレータ(1時間)
・セット教習(1時間) ※内容は2時間
・見極め(1時間)

 あまり書くこともなくなってきたので、これらはまとめて書きます。^^;


【実車教習】

 とりあえず1コースは覚えたし、バイクの運転も特に問題なかったので、ひたすら教習コースを回り、要所要所でアドバイスをもらったりしていました。正直、この時点ではもう検定受けても大丈夫じゃないかなーなんて調子に乗ってました。
 そういえばこの教習の中で初めて、小型二輪AT限定の人が走っていました。若い女の子でしたが、ちょっと嬉しかったです。やっぱ一人だけ小型スクーターというのは恥ずかしいものがあります。


【シミュレータ】

 前回のシミュレータでは直線や円の簡単なコースだけでしたが、今回は市街地を走ります。
 シミュレータからのナビゲーションに従って街中を走っていくと、車やバイクが走っていたり、歩行者が居たりして、結構リアルな動きをしています。最近のやつは良くできてますね。
 教官が見ているので慎重に運転しましたが、この街の中をもっと自由に走り回ってみたいなーと思いました。


【セット教習】

 またよくわからない教習が出てきましたが、シミュレータ1時間と学科1時間を合わせたものでした。
 シミュレータでは再び市街地を走ります。前回とは違った街で、この街はかなり危険な街でした。路駐している車を抜こうとするとドアをバーンと開けてくるし、交差点から車が飛び出してくるし、赤信号で止まろうとすると後ろからダンプカーがべたづけしてくるし、赤信号で止まってて青になったのに、前の車が発車しなくて待ってると後ろの車からビーッ!とクラクションを鳴らされ、あわてて発車するといきなり前の車が急停車(前方の車が先に右折したため)、あわや追突。こんな街に住んでたら命がいくつあっても足りませんね。なんとか事故らずにゴールしました。

 学科の時間では、タンデム(二人乗り)についての説明があって、そのDVDを見たりしました。その後は教官から二輪の事故についての話がありました。


【見極め】

 二段階の最終教習です。
 今度は2コースを走るように言われました。書いていませんでしたが、卒業検定のコースは2つあり、どちらのコースを走るかは検定直前までわかりません。なのでどちらも覚えておく必要があります。2コースといっても走る場所は同じで、道順が異なるだけなので、途中で1コースと混乱してしまうことがあるので注意が必要です。

 この見極めも特に問題なく終了しました。
 さあ、あとは卒業検定を残すのみです。絶対一発で合格するぞ。

 続く・・・
Posted at 2008/09/01 17:40:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 原付二種 | その他
2008年08月09日 イイね!

小型二輪免許取得記(6) ~見極め~

 今日は第一段階の見極めです。

 普通二輪の教習は二段階に分かれていて、それぞれの教習の最後に見極めという教習があります。これはその名前の通り、その段階の実習がきちんと理解できているかを教官が見極め、もしNGと判断された場合は補習を受けることになり、次の段階に進めません。

 実車での教習となりますので、前回同様早めに準備を済ませ、開始時間を待ちます。前回のシミュレータの最後で教官に、「次は見極めになりますので、1コースを覚えてきてください。」と言われました。コース図の資料は学校からもらえないのですが、教官が壁に貼ってあるコース図を携帯のカメラに撮ってもいいですよ、と言ってくれたので撮っておいて暇な時間に見ては覚えていました。
 見極めまでの待ち時間にコースを見ながら頭の中で1コースを思い出していました。覚えたつもりですが結構忘れていて、何度もコース図を見に行って確認しました。

 実習が始まりました。今日も小型は一人です。^^;
 教官から「今日は見極めを行いますので、1コースを走ってください。」と言われ、うろ覚えの1コースをぐるぐるまわってました。何度かコースを間違いましたが、実際に走ってると覚えやすく、なんとか間違わずに走れるようになってきました。そうして走ってると終了のチャイムがなり、教官に呼ばれました。
 「Kさん、特に問題ありませんね。では次から二段階になります。」と言われ、無事に一段階が終了しました。

 続く…
Posted at 2008/09/01 10:37:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 原付二種 | その他
2008年08月03日 イイね!

小型二輪免許取得記(5) ~シミュレータ~

 次の教習はシミュレータとなっています。
 何をするのかよくわかりませんが、とりあえずロビーで待っているように言われたので時間を待ちます。
 「二輪のシミュレータを受ける人ー」
と呼ぶ声が聞こえたので行ってみると、実車教習のときの教官が待っていました。ちなみに二輪の場合、四輪と違い固定の教官が付くわけではなく、一人の教官が複数の生徒を見ることになります。ただ、小型は少ないのでほぼマンツーマン状態でしたが。^^;

 教官に付いていき、シミュレータルームという部屋に入りました。中には大きな液晶画面があり、その前にバイクの筐体がくっついたような機械がありました。なるほど、これでゲームのような感じで練習するのか。
 教官がパソコンの電源を入れ、シミュレータの設定をしました。そして以下のような説明がありました。

 ・このシミュレータを使って実車では行うことができないようなバイクの挙動を体験する。
 ・所詮シミュレータなので実車とは感覚が違うが、なんとなく雰囲気をつかんでもらえればいい。
 ・たまに3D酔いする人がいるので気分が悪いときは言うように。

 まずは直線だけのコースで急ブレーキをする体験をします。バイクにまたがってキーをひねり、セルボタンを押すとブォンとエンジンがかかりました。なかなかリアルです。そしてゆっくりとスタートしてスピードをあげていくと前から風が吹いてきました。凝ってますねー。でもやっぱり実車のようなスピード感がないです。
 「100km/hくらいスピードを出してから、左ブレーキ(後輪)だけで止まってください。」と言われその通りにすると、止まらなねー、という感覚でゆっくりと止まりました。「次は右ブレーキ(前輪)でやってみましょう。」ということでやってみると、さっきよりは止まりますが、ガタガタと不安定な感じで止まりました。実車だったら絶対怖くてできないですね。教官は「あれっ?」というとパソコンの設定をいじり、「もう一度やってみてください。」と言い、再度右だけでブレーキすると、ガタガタ、ゴローンと見事に転倒しました。なるほどこれを体験させたかったのですね。
 「後輪がロックしてもなんとか持ちこたえられますが、前輪がロックすると簡単に転倒します。では次は両方使って止まりましょう。」ということで両ブレーキを使うと安定して止まれました。

 次は危険察知の体験です。
 「100km/hくらい走ってください。途中で何か起こりますので回避してください。」と言われ、100km/hで走ってると前方でトラックが横断するのが見えました、あのスピードだったら通過して当たらないかなー、と思ってるとトラックが急ブレーキ!あわてて僕も急ブレーキしましたが時すでに遅し…。すごい速度で激突しました。他に、トラックの後ろを走っててトラックが急ブレーキするのでぶつからないように止まるというのもありましたが、これまた激突。危険を察知してからブレーキをかけるまでの時間・距離がかなりあることを教わりました。

 次は遠心力の体験ということで、四角のコースをぐるぐるまわりながら徐々にスピードをあげていきます。まずは右回り(外側)からやってみると70km/hくらいで曲がり切れずガードレールに激突しました。次は左回り(内側)です。右回りで曲がる感覚をつかんだので、調子に乗って結構傾けて曲がってました。そして50km/hくらいに達したところでしょうか、カーブを曲がってると突然止まっている車が!!やばい、この速度でブレーキかけたら確実にコケると思い、車線をはみ出して外側から抜こうとすると、前方からトラック!!!おもいっきり正面衝突。ご臨終です…。ToT
 この体験はシミュレータとはいえ、怖かったですね。僕は現在原付で通勤してますが、この教習以降、車間距離を取ってゆっくり走ることを心がけるようになりました。

 他にもいろいろありましたが、忘れました。^^;
 以上、シミュレータ教習でした。

 続く…
Posted at 2008/08/28 10:44:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 原付二種 | その他

プロフィール

「本日納車。^^」
何シテル?   04/27 13:07
ここのタイトルを見てピンときた人はきっと同業者ですねw このブログを始めたきっかけになった、ストリームとアドレスからタイトルを決めました。 2010...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/8 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

アドレスV125とPCXで悩んでいる方へ 
カテゴリ:小型二輪
2010/10/17 09:16:23
 
メンテナンス&カスタマイズ記録 
カテゴリ:PCX
2010/06/13 08:26:38
 
Twitter 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/12/29 06:09:11
 

愛車一覧

ホンダ ストリーム ホンダ ストリーム
1.8X HDDナビエディション ナイトホークブラックパール [2008/05~] 2 ...
ホンダ PCX ホンダ PCX
HONDA PCX(JF56) パールジャスミンホワイト [2014/04~] 初期型 ...
ホンダ PCX ホンダ PCX
HONDA PCX アステロイドブラックメタリック [2010/03~2014/04] ...
スズキ アドレスV125 スズキ アドレスV125
SUZUKI Address V125G キャンディナポレオンブルー (GK7) [20 ...

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.