• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

そら007のブログ一覧

2017年12月23日 イイね!

「フェラーリよりも美しいラインです」と先生は仰った。

.



冬だからこそゴムメンテ。


みかん号のルーフパネルをはずしてゴムメンテ。




ウエザーストリップゴムやガラスモールは大切にしないと、、


高いんですよぉー、奥さま! カプチーノの部品。


リアセンターピラーとリヤガラスの間のモールなんて、リヤセンターピラーとセット販売だから、8万円出しても買えやしない^^;




ルーフパネルをはずして、それなりに溜まった土ホコリを落とします。


考えがあって、洗剤は使いません。


タオルをお湯でしぼって、丁寧に拭き拭き。



指でツンツン。


十分にプクプクしています(^^)



今日はワコーズのフッ素オイルを塗り込んで終了。


あらゆる素材とケンカしないワコーズのフッ素オイルは安心です。







次は、ヨロカプ号のエンジンをかけて、熱いオイルを回します。









パッキンやガスケット類のシール性能を守っているエンジンオイルさん。


一発始動、ファーストアイドルOK、アイドリングOK、異音なしOK


充分に行き渡っていく様子を想像しながら、祈り躍ります(^^)







みかん号とヨロカプ号をボーーーっと眺めます。


だんだんアタマがカラッポになります。


・・・

・・・


行きたかったなぁ、


今年3回目のフィギュアスケート観戦に、今日の全日本選手権を狙っていたのですが、チケットが取れませんでした^^;







名車3台揃い踏み。ナンチャッテ








S30に目がいきます。



そーいえば、、






先日、南パラに来てくれた、漫画「GTロマン」の西風先生。


S30を見ながら「このルーフからリヤエンドにかけてのラインは、フェラーリよりも美しいんだよ」と仰ってました。




















どちらかというと、フロントの顔というか鼻先に目がイッてしまうクルマだったので、とても新鮮にその言葉を聞きました。


でも、あらためて眺めると、確かにそうです。



THE 漢のクルマ!という感じですが、


ルーフからリヤエンドに向かうラインの優しく美しいこと(^^)





最新のクルマも素敵ですが、旧車の持つ雰囲気や音、振動、ニオイ、そのフィールにはたまらない魅力を感じます。


キャブ車,,

今夜もMGBを想う夜です^^;




Posted at 2017/12/23 21:15:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旧車 | クルマ
2017年12月14日 イイね!

その1 キャブ車に乗りたい。

.



あっという間に12月も折り返し(ホント早いんね)、毎日ドタバタドタバタやってます。


イトちゃんと昼飯。


二人とも好物のカレーと味噌チュルチュルの組み合わせ。








なんか寂しい、、






・・・



・・・






てじな~にゃ♪














カツをトッピング。



カレーX味噌チュルチュルXカツ、ぜんぶで800円の幸せ(´~`)モグ






二人とも腕時計が好きなので、あーだこーだと言い合いながら、秋にいくつか買いました。


イトちゃんはデイデイト表示がある自動巻きの腕時計が好きで、僕はノンデイトの手巻きを好みます。


自分の感性にあったカッコいい腕時計なら、新作モデルにも惹かれるし、自分と同じようにトシを重ねてきた古いビンテージモデルにも手を出します。







新たに購入した一つを酷道林道ぶんぶんの日に手首に巻いて行きました。







自動巻きです。


ミリタリーっぽくしたかったのでベルトは社外品に替えました。


ベゼル内側にグルグル回る方位計が装備されていて、東西南北を知ることが出来ます。


「スマホに訊いた方が早いよなぁ」と笑っていたのですが、福島の山の中でスマホの電波がキレイさっぱり無くなったときに、アナログな道具もいいかもと見直しました(^^)






僕らの毎日。


ちょー高度情報化社会。


情報は迅速瞬間&簡単に手に入るけれど、そんな毎日が幸せなのかと考えると、そうではないと思います。



電波&ソーラーでいつも正確な腕時計も持っているし便利だけど、、



古い手巻きの腕時計のゼンマイをコリコリコリコリと巻いていると、時間はやはり限られたものだということを実感できるし、「今日を大切にしよう」と思ってみたりします。






自動巻きヤツ、手巻きなヤツ。


ゼンマイを巻いたり、時間や日付を合わせたりと準備が必要で面倒な腕時計をなぜに好むのか。


その理由を考えると、いくつか心に思い浮かびますが、


理由というよりも、単純にビンテージ物はカッコいいという憧れがあるように思います(^^)




クルマも同じで、なぜに30年経つと急にカッコよく見えてくるか、心から不思議に思います。


昔もカッコよかったけれど、ベレットもハコスカもS30もTE27セリカもセリカならXXだって、今見ると余計にカッコよくて仕方ありません。


ただのサニーも510ブルもカッコいい。


先日はとても上品なアイボリーに塗られた117クーペに見とれながら歩いていて、美術館の駐車場で転びそうになりました。


見事に体勢を立て直しましたが(必死)、スマホを落としてキズを入れてしまいました^^;


最新の高級車に見とれることはないのですが、ビンテージ感をビシっと出して陽の光に輝いている旧車を見かけると、口は開いたままになり、まばたき機構は停止し、鼻をヒクヒクさせながら、魅力的なボディラインでグイグイと僕を攻めてくる旧車に見とれます。




旧車に心惹かれているのは日常なのですが、夏以降キャブ車に乗りたくて仕方がない毎日を送っています。


うまくやり過ごしていたのですが、漫画家の西風先生とお会いしてから、、






キャブ車の中でも、僕が生涯に出逢ったクルマの中の金メダルMGBにもう一度乗りたくて、そのことばかり考えています。






西風先生にサインをいただいたフォトフレームに、以前乗っていたMGBの写真を飾りました。





毎朝毎晩拝んでいます(^^)





過去に乗った3台のMGBは、3台ともウェーバーキャブレターを装着していました。

(よかったらYouTubeにて「ウェーバー キャブ」にて検索してみてください)



フォトフレームの白いMGBを見ていると、ガソリンをドバドバ吹き、ズコズコとした吸気音を奏でるキャブ音が聞こえてきます。







・・・


・・・


年末ギリギリにクロスビーがやって来ます。


ということは、3台の2輪と4台の4輪,,,


7人兄弟のうちの子たち。



お子たちの長いローンが残っています。


現実的にはムリだなぁ^^;




こればっかりは、


てじな~にゃ♪っていうワケにはいきません。。




Posted at 2017/12/15 00:04:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旧車 | クルマ
2017年05月30日 イイね!

クルマを動かすモノ。

.










隊長さんのカニ目。


今から60年前のクルマです。




排ガスOK、制動力OK、今日無事に復活(^^)


大手を振って、また日本の空の下を走れます。




夕方、隊長さんがカニ目を取りに来ました。


僕や父カプさんと同じ50過ぎのおっちゃんは子供のように嬉しそうでした。




出来たての車検証を一緒に眺めました。


自分の車検証をジックリ眺めたことがありますか?


最近は色んな情報が載るようになりました。


カニ目だと、車台番号の打刻位置情報なども記載されています。






カニ目、


オースチンヒーレー スプライト Mk1


車検証に記載の車両重量は 660kg


燃料の種類の欄には、、


「情熱」




文字通りのライトウエイトスポーツカー、カニ目(^^)




みかん号は、25年前のクルマです。


まだまだダネ (^^)/






Posted at 2017/05/30 23:03:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旧車 | クルマ
2017年05月29日 イイね!

その2 カニ目と呼ばれるクルマを知ってるかい?

.


5月29日 5時間目 「旧車を知ろう」





現世のクルマとカニ目くんはずいぶん違います。


なかなかカニ目くんに触れる機会もないと思うので、せっかくだから紹介させてください。




まずは、カニ目に乗り込もうとすると,,,,,






ドアを開けるためのアウトサイドドアハンドルが見当たりません。


どうやってドアを開けるんだ??と、あなたは戸惑います。



ドアハンドルは、、



ありません(^^)






ドアの内側を見ると,,,






小さなレバーがあります。


このレバーを下に押しさげると、ドアが開きます(^^)



ドアの前に立って、ドア内側に手を入れて、このレバーを押し下げマス。










隊長さんのカニ目。


オールドイングリッシュホワイトの外装に、オシャレな赤の内装の組み合わせが素敵です。






シートベルトが義務化される前のクルマです。


ちなみに、バックランプもありません。






さて、エンジン始動♪


カニ目のキー。







市民プールのロッカーキーだって、もうちょっと立派です^^;








セルを回す前にニュートラの確認。







シフトレバーはこんな感じの華奢なヤツです(^^)






キーをどこに挿すのかというと、、








ダッシュパネルの中央にキーシリンダーがあります。




しかーし!



キーをヒネってもセルは回らないというか、ヒネることはできません。



もちろん、プッシュボタンもありません。




セルは、、







「S」とレタリングされたノブを引っ張ると、セルが回ります。



(^^) たいがいの人がエンジン始動さえ出来ないと思います。


















現世のクルマは各種センサーとコンピューターが適正なマネジメントをやってくれます。


しかーし、カニ目にはチョークさえありません。



あなたとカニ目が気持ちを合わせてエンジンを始動して、、



あなたはカニ目くんの様子を見ながら、カニ目くんがアイドリングするようになるまで、右足でアクセルをあおって暖気されるのを待ちます。


あなたが右足を動かしてあげないと、カニ目くんのエンジンはとまってしまいます。







もちろん、エンジンかけてすぐに走り出すのはムリです(^^)






燃料は、、






おぉ、隊長さん、強気ですね!


満タンに入れたんだw


まだどうだか分からないのに(^^)





でも、





整備書は積んでありますから、覚悟は出来ているようです。


全文英語です。


でも大丈夫!


英語だろうが、ドイツ語だろうが、古代エジプト象形文字だろうが、カニ目が好きだとなんとなく伝わってくるのです。


「これは“緩める”っていう意味だ!」てな感じで。







メーターはスミス製です。


一流♪







サム・スミスじゃないですよ。







愛を求める気持ちが切々と歌われていますね。




暖気が進んで、放っておいてもアイドリングするようになったカニ目くん。



ちょっとエンジンルームをチェックしてみようか、、






どこを探しても、ボンネットのオープンレバーが見つかりません。



カニ目にはないのです。








見ているだけで思わず笑ってしまうカニ目くんの前に立つと、、




フロントカウルとナンバープレートの間にレバーが見えます。









このレバーをヒネることによって、フロントカウルを開けることが出来ます(^^)









ガバっと大ワニのように開くフロントカウル。



アタマを突っ込んでチェックしていると、、



ときにこのフロントカウルが勝手に落ちてきて痛い目に遭います(笑)






ちなみに、昨日僕は一番先にLLCの香りを嗅ぎ当てました(^^)/ エッヘン


ラジエータのアッパーホースから漏れてました。





さて、いよいよ出発。


でも、きっとあなたはウィンカーが出せません。



右にも左にも、ウィンカーレバーが見当たりません(^^)




ウィンカースイッチは、、







コレです(笑)



この小さなレバースイッチを右に左に倒してウィンカーを出します。



そして、たぶん、ヘッドライトも点けられないでしょう(^^)




ヘッドライトは、、







エンジンをかけるためにキーを挿し込んだ、この黒いシリンダーを回すと点灯します。





そしてそして、、



ロービームとハイビームの切り替えも出来ないと思います。





ライトの切り替えは、、







クラッチペダルの横にあるスイッチを足で押して切り替えます(^^)



古いミニやロールスロイスも同じです。





でも、理にかなっていますよね。



ステアリングから手を放さずに、ロー&ハイビームの切り替えが出来ます(^^)





1速にシフトして出発。



でも、要注意。


ギヤにシンクロはないので、現世のマニュアルと比べたら、すんなりとは入りません。



クラッチを踏み直したり、一度2速に入れてから1速にシフトします。



バックに入れるときも同じ。


ムリするとギヤを傷めてしまいます。





街の中にカニ目で乗り出して、、



一発目のブレーキであなたは汗をかきます(笑)



止まりません! 効きません!



まるで小舟です。



踏みつけてないで、ポンピングしちゃった方がいいです(^^)




もしくは、雲の上にイッてしまった爺ちゃんの名を絶叫して、ご先祖パワーにすがるのです。


「よしじろーう!! 止めてくれー!!!」






でも、大丈夫♪


毎日付き合っていればカニ目に慣れます。



カニ目のことが分かり始めたら、カニ目はあなたの良き相棒に変身します。





ここだけの話ですが、、




すっごくモテます♥







子どもとお爺ちゃんに♪





Posted at 2017/05/29 22:07:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | 旧車 | クルマ
2017年05月28日 イイね!

カニ目と呼ばれるクルマを知ってるかい?

.


5月28日 (給料日翌日の日曜日)



大阪にあるオートバイのカスタムショップ、モーターガレージGOODSさんから戻って来たエストレヤ。


フルカスタム♪


そのエストに乗って福島へ行って来ました(^^)


ドリームさん夫妻と待ち合わせてチュルチュルデート。


好きなベース弾きがブログで絶賛していた、とら食堂の「焼豚ワンタン麺」を食べて来ました♪


美味しかったです!


でも、ナニよりもドリームさん夫妻と会えたことが嬉しかったです♪ホント


食べた後は珈琲ショップに移動して仕上げのケーキ♥





(撮影 ドリームさん)


とら食堂やらナニやら、デジカメで写真をパシャパシャ撮ったのですが、、

カメラにメモリーカードを入れ忘れていました(ToT)



ドリームさん、すっかりご馳走になってしまいました!


次回はゆっくり寄らせてください(^^)





南パラに戻って隊長さんを待ちます。


とうとうこの日がやって来ました。


隊長さんのカニ目復活のお手伝い。


今日からカニ目を預かります(^^)


隊長さんとカニ目 → こちら♪



いよいよだぁ(^^)


走行動画を撮るために呼び出された まかさん夫妻も来てくれました(笑)



隊長さんのカニ目♪







まかさん夫妻も興味津々(^^)























この後、4人で街に飛び出しました(^^)




(つづく)



Posted at 2017/05/28 22:29:36 | コメント(5) | トラックバック(0) | 旧車 | クルマ

プロフィール

「郡山朝会議、支部長夫妻は元気です!」
何シテル?   04/15 07:56
小さくて古くてパワーそこそこのクルマが好きです。 今は25年前のカプチーノと、26年前のジムニー、そしてミニクーパー・クラブマンが新しく仲間入り。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

その2 ルーフパネルをもっと簡単にしまえたら、オープンなカプチーノをもっと楽しめるのではないかと思った件。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/21 19:07:09
お勧め♪ おがわ温泉 『花和楽の湯』 (埼玉県比企郡小川町) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/28 06:15:03
全塗装 その21(エアコン関係OH) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/20 17:01:27

お友達

うぇるかむ♪

☆お気軽にどうぞ☆
198 人のお友達がいます
TOMY.TOMY. * まっさかまっさか *
枝豆やみん枝豆やみん * ちばちょちばちょ *
職人。職人。 * ハブチハブチ *

ファン

275 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ カプチーノ みかん号 (スズキ カプチーノ)
今までに見たなかで一番程度の悪いカプチーノ。何とかしてやれると思ったので連れて帰りました ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
元々は幌車のフレームにバンボディが載っています。シャックルやリーフスプリング交換の公認改 ...
カワサキ エストレヤ エっちゃん♪ (カワサキ エストレヤ)
大阪のGOODSさんにお願いして、僕好みのオートバイを創ってもらいました。 25年以上 ...
KTM 200 DUKE でゅーく (KTM 200 DUKE)
重度のオレンジマニア、オレンジフリークの僕にとって避けられないメーカー(KTM・オースト ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.