• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

そら007のブログ一覧

2017年06月27日 イイね!

お勧め♪ おがわ温泉 『花和楽の湯』 (埼玉県比企郡小川町)

.


カレンダーを見れば、週末には7月を迎えます。ハヤッ

「夏」という文字を見るだけで、どこか遠くへ行きたくなりますね。

去年の夏は新しい水族館目的で仙台に行きました。

庭園を眺めながら美味しい朝食、、

素敵な庭園だったのですが、ポケモンGOをする人がウロウロ ^^;



どこか遠くの空の下で過ごしたい、そんな夏。

たまにはゆっくりと温泉に行きたいですよね!

夏空の下で大きな風呂に入り、美味しいモノを食べて、ぐっすり寝て、、



でも、


でもでも、



なかなか行けないですよね,,,


ね!



なかなか行けないですよね!


ね!


ねっ!



ねーーーっ!



ウン



ご賛同ありがとうございます(^^)



というワケで、本日ご紹介しますのは日帰り温泉です♪



埼玉県は小川町にあるのが、、

ドドンっ♪

「花和楽の湯」さん (^^)/

「かわらのゆ」と読みます(^^)



一度紹介ブログを書いたのですが、システムが変わりました。

なーんと、、お泊りできるようになったのです(^^)

ビジホ代わりにも最高です。

もっちろん、素敵なパートナーと泊まるのも◎デス。

朝食、美味しいらいいですよ。



そして、

なーんと、

泊まるだけでなく休憩にも使えるプランもあります(^^)ソレッテ





花和楽の湯。

なにが良いって、純和風の造りなのです。















中ではずっと浴衣で過ごします。

日帰り温泉というと、健康ランド的になんか恥ずかしい館内着を貸し出されたり、ジャージやスウェットのお兄さんお父さんがウロウロしがちですが、ここでは全員が浴衣です。

すれ違う綺麗なお姉さんも皆んな浴衣♡

ちんとんしゃん♪ 浴衣美人がウロ(^^)マジ



雰囲気的には、泊まりのない温泉旅行のような花和楽の湯。

行き慣れると、、

緩みます♪

ユルユル。





浴衣美人と一緒に行ったら最高な花和楽の湯に、、



先月、イトちゃんと行って来ました ^^;


「呑ましてやるから来いっ!」

(運転させません)




入館料金は、ちと高いのですが、浴衣やタオルに岩盤浴の利用料金も岩盤浴用の入浴着もコミなので、まぁいいかーと思えてきます。

(webでその日から使えるお得なクーポンあります)


お風呂の種類は少ないのですが、泉質GOOD(^^)

「源泉掛け流し」を超える、セレブの憧れ「全量総入替方式」。

いつでも新鮮なお湯に浸れる花和楽の湯さんデス。


このブログカテゴリの中で紹介した古河の「いちの湯」さんと一緒で高濃度の炭酸浴も楽しめます。

そのネーミング、「ラムネ風呂」 カワイイ

身体につくアワアワを無心に眺めるのが◎

ドイツでは医療行為にも認められている炭酸浴。

身体に良いらしいですよ。


決して、「明日は朝から2000個生産して、そっこーで3時には納品して,,,」なんちゅーことを考えてはいけません。

夏風に揺れる裏山の葉っぱでも眺めながら、ユルユルのユルで湯に浸かるのが◎です。



露天風呂。

木の枕が置いてあります。

足首深さの露天風呂もありますので、そこで寝湯が楽しめます。

ふだん陽にさらさない部分をお日様にさらして入る寝湯もなかなかデス。

(ミョンミョンはタオルで隠しておいてくださいね)


そんな露天風呂でユルんでいると、スタッフさんがラムネを売りに来ます。

真っ裸で風に吹かれながら飲むラムネ。

これがまたなかなか♪


蒸し風呂ではロウリュウが行われることがあります。

知らないでしょ、フィンランド発祥のロウリュウ。

スタッフさんがアロマなスチーム熱波をあなたにかけてくれます。



食事もチョロくない。

ちと高いけれど、美味しいです。

イトちゃんと豪華美味美味料理をビシっと決めました。




シラス&漬けマグロ丼。

ゴマ油の味付けが◎







その名の由来の瓦で焼く牛肉♪




いつもはカツ煮を食べます(^^)

好きなんです、ここのカツ煮♪

カツ大好きアジア代表の おハナちゃんにお勧めデス(^^)/




寝られるところも、マッサージもエステもあります。

彼氏や彼女さん、ダンナや嫁、、知らないおっちゃんと並んで足湯もいいです。



(イトちゃんと並んでマッサージ)

(おかげさまで肩甲骨がガッと開いた感じです(^^))



彼女としっぽり入りたい方は家族風呂(別料金)もあります。

世話をしながら高齢の親を気兼ねなく入れてあげたいときもいいですね。





花和楽の湯を気持ちよく堪能するポイントは一つ!

土日祭日は特にですが、10時前に到着することです。

すべてをマチなしで気分良く進めることができます。


平日に一人で行くのもまたいいんだなぁー



行き慣れると、純和風温泉旅行的に楽しめる埼玉県は小川町の花和楽の湯さんです。

機会がありましたら、どうぞデス(^^)


花和楽の湯 → こちら♪



2017年05月08日 イイね!

群馬の田舎を召し上がれ♪

.


豊かな自然に恵まれた万座や草津、そして県北の温泉地ばかりが紹介されますが、桐生市から栃木県の日光に抜ける道沿いに広がる「わたらせ渓谷鐵道 (けいこくてつどう) 」のエリアは僕のお気に入りの場所デス(^^)


南パラから55km、1時間ちょいちょい、


そこに僕がいちばん好きな「神戸駅」があります。


(こうべ じゃないよ)









駅の顔、駅名看板がたまらない





見飽きません。


素敵な魅力があります(^^)





ホームに立ちます。



右手を見ます。








左手を見ます。




素敵だ! 笑ってしまう


なんて雰囲気が良いのだろう(^^)


春に来ても、秋に来ても、いつ来ても素敵なホームからの風景です。





ホームの向かいに使われなくなった列車が置いてあります。




レストランです。







車内は、、






まんま、、です(^^)






地元の食材でできた、、





舞茸の天ぷらそばと、お代わりは肉そばをいただきました。




気分だけは、



先日話題になっていた高級寝台列車「四季島」でいただく、豪華なランチです(^^)








蕎麦を食べていると、、


ホームに地元のオネエサマが集まりだしました(^^)





なんて素敵な表情なんだろう。






間もなく列車が到着するのです。


お弁当や菓子を売るオネエサマたちが車両が来る方向を眺めながら世間話をしています。




みんな、笑顔。


都会の人の笑顔とは少し違うように見えます。





すべての時間がゆっくり流れて行きます。






駅前にクルマを停めるのも無料。


「食事に来ました!」と声をかけ、構内に入るのも無料。


(都会じゃ考えられないですね)



蕎麦を食べながら、ふと気が向いたら、そのまま電車に乗って、二つ隣の水沼駅に行けば、駅構内で温泉につかれます(^^)



もちろん、、


SuicaもPASMOも使えません。




そして、


窓のないオープンタイプのトロッコ列車にも乗れます♪








数年前、この駅から電車に乗って通学していた一人の女子高生のことをよく話に聞いていました。


季節が冬だとまだ暗いうちから、首にマフラーをグルングルン巻きにしてホームに立ち、列車が来るのを待っていたそうです。


本当に大変だったろうと思いますが、この駅の一日の始まりと四季の風景を誰よりも良く知っていることを羨ましく思います。




時間がゆっくり流れる、わたらせ渓谷鐵道の神戸駅の紹介でした(^^)/




2015年05月26日 イイね!

お勧め♪ 『いちの湯』 (茨城県古河市)

.



我ながらよく遊びましたぁ、ゴールデンウィーク(^^)

しかーし、そのGW後はまったく休日がありません。

GW後、明日は初めての休日です。

イトちゃん、イベちゃんと一緒に部品の配達をしに福島へ♡



短時間で気分転換するのは得意技の一つです。

一昨日の日曜日はそんな日。

夕方、仕事を早めに切り上げて、いちの湯&丸満へ。



いちの湯は茨城県古河市にある日帰り温泉施設です。

雰囲気的には花和楽の湯(かわらのゆ・埼玉)の方が好きですが、いちの湯さんは僕にとって5つの素敵なポイントがあります(^^)

南パラ館林から古河市へ行く裏道は、田んぼが広がる田舎道です。

古河に向かいながら、少しづつ緩みます♪


1つ目のポイント。

高濃度の炭酸浴が楽しめます。

皮膚表面から取り込めることができる数少ない物質の一つに炭酸があります。

血行を良くして、身体のこわばりを取ってくれます。

湯温が低いのでボーーーっとしながら炭酸浴を楽しみます。

「OO建設さんの見積りを、、、」なーんてことは考えてはいけません。

スマホのことも忘れて、身体の表面に付く泡泡を見つめます。

血流の量がなんと7倍になるという炭酸浴。

炭酸、かも~~~ん♪

医療効果が見込める炭酸浴です(^^)







2つ目。

打たせ湯があるのです。

お国の取り決めで、今から数年前に、循環させた湯は打たせ湯に使えなくなりました。

そのために僕が行く温泉施設の多くが打たせ湯をやめてしまいました。

いちの湯さんでは沸かしたての湯を使って、今でも打たせ湯を続けてくれています。

けっこうな湯量の打たせ湯を首筋や肩にあてるのが僕は好きです。

こわばりがホグレます(^^)



3つ目。

露天の風呂の種類がまぁまぁ多いです。

普段、陽にあてない場所もノビノビ日光浴。

風に吹かれて露天風呂。

気持ちいいですよね、露天風呂。



4つ目。

土日祝祭日は朝の7時から営業されています。

日曜は仕事ですが始業が遅いので、朝風呂ダッシュが楽しめます(^^)



そして、最後のポイントですが、、

餃子の丸満さんから3kmちょっとの好立地。

なによりです!

いちの湯さんでユルユルに緩んでから丸満へ(^^)

一昨日の日曜日がそんな日でした。


茨城県古河市の「いちの湯」

機会があったら、どうぞデス♪



いちの湯HP → こちら♪

炭酸パワー!












2015年05月24日 イイね!

お勧め♪ 『餃子の丸満』

.



(^^)

餃子ってテンションあがりませんか?





「餃子の?、、」と言われたら、

「王将!」じゃなくて、僕の中では「餃子の丸満♪」デス(^^)/



餃子の丸満 本店

茨城県古河市本町1-2-39
Tel 0280-32-3615

定休 月曜日

平日 11:30~1400 16:00~21:30
土日祝 11:30~21:30
(ラストオーダー 20:45)




2人で行ったら何を頼めばいいか,,,,

焼き餃子を2.5人前、ほんとんスープを2人前、大根サラダを1、春巻きを1、冷奴を1。

様子を見ながら焼き餃子を追加オーダー。

これでよいかと(^^)


ほんとんは大きなワンタンが入ったスープです。

本場台湾の味。

大根サラダにはホタテの貝柱が乗ってます。

チラして食べてください。

ふつーの価格で食べられる春巻きの中では、丸満の春巻きが僕の中では一等賞デス(^^)



他のどこの餃子とも違う、丸満の餃子。

ニンニクは入っていません。






ほんとんスープ。




みん友さんのムスコちゃんが7歳のときに、「今までに食べたモノの中で一番美味しい♪」と言ったスープですw

7歳のお墨付き。

7歳の人生の頂点(^^)





大根サラダ♪



ちょー熱々の餃子と相性よし(^^)




春巻き♪








(^^)

丸満の常務さんにドリームさんのブログを見せました♪

「どうっすか?この焼き色!」

そのブログ → こちら♪


ドリーム3号さんの完璧な焼きワザ!

ご家庭にて、この色で焼き上げた餃子を僕は初めて見ました(^^)

丸満の常務さんも納得の完璧な焼き。

初の認定♪

ドリーム3号さん、丸満一級(^^)/


「一番好きな果物はマンゴーで、一番好きな食べ物は餃子♪」なのは、ジョアちゃん。

餃子ってホント良いですよね。


独特の香りがあるので、たまに苦手な方もいますが、僕も僕の仲間たちも皆んなが大好きな丸満の餃子です。

機会がありましたら、ぜひどうぞ♪




【おまけ】

(最後はみんカラ的に)

店内のテーブルに置いてある丸満の塩。

見えるかなぁ,,,,,



左手の円の中のニンジン。

半年ほど忘れ去られて黒いヒモのようになってしまったニンジン。

この干からびたニンジンを丸満の塩水に浸けておくと、、

写真右手の通り!

丸々と大きなニンジンに(^^)/

(食べろ、と言われたら躊躇するけれど)



皆んなの統一意見。

圧縮が弱くなったイベンツ号のエンジンに丸満の塩を入れたら、、

ピストンリングが丸々と太って、圧縮が13,,,,いや、15くらいに復活するんじゃないか!!



ジョーダンです(^^)

2015年05月04日 イイね!

お勧め♪川村記念美術館 (千葉)

.



今日は川村記念美術館に行って来ました(^^)

関東にある数多くの美術館の中で、僕がいちばん好きな美術館です。

GW渋滞の激しい今日は遠かったぁ ^^;


もちろん館内は写真撮影できませんが、

美術館の雰囲気だけでも写真でご紹介。



駐車場にクルマを停めて、




こんな小道を歩いて行くと、、


空と景色が急に広がります







じゃ~~~ん♪











空が青いっ!




到着♪

美しい庭園と散策路がある川村記念美術館です(^^)/






↓この作品



この赤いリラックス・クッションのようなモノw

ヨロちゃんとあらちゃんを思い出しました。

「朱甲面」 (Red Mask) という作品です。

つまりマスク(面)なのですが、、

僕にはベロ(舌)に見えます(^^)

ベロ→舌→赤ベロだぁ→タン→タンと言ったら牛タン→宮城→仙台→太助→先月ヨロちゃんに奢ってもらっちゃった♪→麦飯お代わりしたのは僕だけだったなぁ→なんでイトちゃんはお代わりしなかったんだろう??→調子悪かったのかな→行きながら食べた餃子ドックと餃子パンの影響かな→また行きたいなぁ→今すぐ行きたいっ!→ヨロちゃんもあらちゃんも元気かな→あらちゃんが大出世して毎回奢ってくれればいいな

ここまで、2.78秒。

ラッスンゴレライしてる場合じゃありません。

美術作品を見てもみん友を思い出す、そら007デス。




さっそく美術館を楽しみます。

その作品の豪華さにはため息がでます。

そして、趣味がいい!

どう趣味がいいのかを書き出すと、2万文字くらい書きそうなのでヤメておきます。

ポップアートも、例えばウォーホールを置かずに、展示してあるのは、、、カキタイ

ここでしか観ることのできないロスコの、、、カキタイ

ピカソを買うとしても、これは買わないだろう、、、ツッコミタイ

書き出すとホント終わりがありません。


でもこれだけ。

『ダヴィデ王の夢』(ダビデ王の夢)を僕の一枚だと思っています。

みかん号の全塗装前、色を最終決定するときも「王の右隣りの青はどんな青だった??」とここまで確認しに来ました(^^)

この絵の中にあるたくさんの色が好きです。



美術館を出た後の楽しみ。

この川村記念美術館の大きな大きな魅力。

それは美術館のまわりの散策路です!

今日ものんびり歩きました。

千葉の青い空と一緒にご覧ください(^^)










おっ!



藤棚♪












ついつい藤の花に目がいっちゃいますが、幹がまた魅力的です。



なにかあったんですかねぇ,,,

思春期反抗期が辛かったにしても、グネグネグルグルが激しいです。

よほど何かあったに違いありません。

話がしたいですね。

お前、どしたん?






館内にはモネの「蓮池」

庭にも蓮池



まだ花が小さいですね




働く自動車(^^)



ピザやソーセージ、野菜ジュース、かき氷、、


こちらは移動式珈琲販売車






カフェラテ

ハートかな、ペンギンかな



クレヨンしんちゃんも思い出されます





買ったものを、この広く美しい芝生の上で楽しむことができます






連休中の今日、

この芝生の上で子どもたちが走りまわっていました。

手をつないで歩く老夫婦

静かに語り合うカップル

一つのかき氷を分け合う夫婦

ペンギンの不思議さを話す高校生たち

遠くから聞こえてくるテニスボールが弾む音

「やっぱオレンジだよね!」と、はしゃぐ声

心地よい五月の風

どこまでも青い空

自分のまわりにあるものすべてが平和で素敵です(^^)


往復270km

でも今日も来たかいがありました♪

しっかりネジ巻きできました(^^)/

連休最後の仕上げは明日から一泊で温泉です。




川村記念美術館

機会があったらぜひどうぞ♪


プロフィール

「その1 GTロマンの西風先生と自動車博物館を歩く(^^)/ http://cvw.jp/b/395378/42282446/
何シテル?   12/10 17:49
小さくて古くてパワーそこそこのクルマが好きです。 今は25年前のカプチーノと、26年前のジムニー、そしてミニクーパー・クラブマンが新しく仲間入り。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

その2 ルーフパネルをもっと簡単にしまえたら、オープンなカプチーノをもっと楽しめるのではないかと思った件。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/21 19:07:09
お勧め♪ おがわ温泉 『花和楽の湯』 (埼玉県比企郡小川町) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/28 06:15:03
全塗装 その21(エアコン関係OH) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/20 17:01:27

お友達

うぇるかむ♪

☆お気軽にどうぞ☆
202 人のお友達がいます
paje-kenpaje-ken * とあるプレオ乗りとあるプレオ乗り
@cyan@cyan あ・ら・フォーde Viewあ・ら・フォーde View
りんカプりんカプ booby_M+Sbooby_M+S

ファン

276 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ カプチーノ みかん号 (スズキ カプチーノ)
今までに見たなかで一番程度の悪いカプチーノ。何とかしてやれると思ったので連れて帰りました ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
元々は幌車のフレームにバンボディが載っています。シャックルやリーフスプリング交換の公認改 ...
カワサキ エストレヤ エっちゃん♪ (カワサキ エストレヤ)
大阪のGOODSさんにお願いして、僕好みのオートバイを創ってもらいました。 25年以上 ...
KTM 200 DUKE でゅーく (KTM 200 DUKE)
重度のオレンジマニア、オレンジフリークの僕にとって避けられないメーカー(KTM・オースト ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.