• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

秋代のブログ一覧

2014年06月29日 イイね!

この 1週間。

この 1週間。先ず、 先々週の金曜日に 17年間 酷使して居た
自室の エァコン が 壊れました。 自分で遣れる
メンテ を施す も 室外機の コンプレッサ が全く
動かず。3つ目の仕事の同僚に電話で訊く。
幾つかの 検査方法を教わり試すも やはり 駄目。

高校来の工事技師の友人に来て貰い 検査すると
どぅやら、 パワー トランジスタ の パンク らしぃ。
3つ目の同僚に補用部品の在庫を訊く。既に 無しと。




たった 3個の 部品だが、 交換部品が 無いなら
已む無し。気持ちを切り替えて エァコン の調達に
真剣に取り組む。 先ずは売場を観ようと繰り出すと









道中で火災が在った様子。 何気に 兆し カッコ ィイ 。










以前、 ブログ で 掲載した クール ベリー が 珍しく
2時間 残業で 駐車場に残って居た。 し っ  っか し。

この 「 ホィル 」  シブ 過ぎ やろ。

何処から持って来たのやら。







毎年、 この時期は 都内に私用で出張する。 色々と 普段の
秋代 「らしからぬ」 しりぁす な 応答をして 色々と 謂ったり
確認したり、納得したり、苦言を云ったり する。 目先の潤いに
絆されず、 5年 10年 の 永い取り組み を 熱望する処だ。







複数名様の みん友さん の指南の甲斐 在り、
無事に 次期 エァコン の 施工が完了。  つぃでに 部屋の
レィアゥト を変更し、 PC 環境を 少々 弄った。

しかし、 PC の 音源を DIATONE で 鳴らすと  凄まじい。

さて、今週は 色々と 「動く」 事が多い。 又 忙しく成るのかな。
Posted at 2014/06/29 23:32:33 | トラックバック(0) | 雑記 | その他
2014年06月23日 イイね!

タィヤ を 吟味する。

タィヤ を 吟味する。... さて、 VR の タィヤ を 考えて 診ます。

VR の 純正 タィヤ の 諸元は
6.5J +43 205/45/16 です。実は此れ。
物凄く 善く考えられて居ると個人的には思います。

何てったって、Pri と 同じ タィヤ 諸元なんです。
総重量 1.48t の Pri と 1.2t の VR  で。


同じなんですよ  ね。

因みに 純正基準で Pri の 諸元を 割り出すと、
6.5J + 34 205/45/16 なんですよ。 


まぁ、 実際には 7JJ に してしまうので、

7.0JJ +38 205/45/16 に 成ります が。


つまり、 Pri より 280kg 軽いのに、Pri と
同じ タィヤ を履いている事に成ります。

普通に走れば Pri より 「速い」 と。    そして、
純正の DOP の 17inch 。

7J + 35 205/40/17 に成りますが、此れも
善く考えて 作って在ります。   実は、 この規格で
Pri に履くと 見事に Front が 食み出すんですよ。

そぅなんです。 DOP の ホィル を VR に 組む
だけで、 Pri よりも ワィド トレッド に成っていると。

更に。

7J に限って絞り込むと +32 も 夢 ぢゃぁ 無い。
この寸法で 走ると 顔が ニヤ ける動きをしますね。
車の動きが 軽快に成るんです。 タィヤ の サィズ
は 一切 替えなくても 劇的に動き方が変わるんです。

個人的な 好みは S-13/RPS-13 の Front用
7JJ + 38 16inch が
総合性能の纏まりが好いです。 215/45/16 の
サィズ に抑えて ブンブン 振り回すと 面白いかと。


昔は 1mm 刻みで ホィル Offset が注文出来る
ホィル が 何種類も在りました。    1mm の差は
流石に判りませんでしたが、3mm の 「差」 は結構
解るんですよ。 解る 3mm×3 。      9mm 。

+ 43 から 9mm 換えると + 34 で、 0.5J
増やすと 6mm 太るので + 37 に成るんですよ。

..... ね 1? 。 S-13 の 適応 ホィル って
面白い のが  わかりますでしょう !?   (含笑)。
Posted at 2014/06/23 01:55:21 | トラックバック(0) | 雑記 | その他
2014年06月21日 イイね!

VR の ハンドル 操作の「肝」。

VR の ハンドル 操作の「肝」。さて、 大物 ブレーキ の弄り以外の 大きな「装飾」も
遣る事は無く、 気分は 43歳の控えの GK の様な。

後は  「 刻 」  が来るのを座して待つ処でしょうか。


さて、 VR の 「癖」と ゆぅ か、 「特性」と ゆぅ か。

ハンドル 操作の 「おさらぃ」 を しておきましょぅ  か。




其の 「前」 に。













部屋の エァコン が 木曜日の夕方に 大往生しました。   4つ目の
仕事が 3交代の仕事で 夏季の日中就寝の対応の為、17年前に購入。
当初、自力で治そうとしましたが、  「肝」 の パワー トランジスタ が
製造中止/廃盤 の為 断念。  秋代は  エァコン っ子(笑) なので、
ほぼ、年間を通して 10ヶ月は稼動させていました。 まま、大往生かと。

壊れたのは 已む無し。 無いのは死活問題。  そんな訳で  最新の
エァコン 事情を検分するべく 電気屋さんへ。 途中、 「店舗」に寄って
欲しかった整備図面を頂いて電気屋さんに着いて  あれこれ と 相談。

やっぱり XV に この色 欲しいよ なぁ  と、 痛感しました   (笑)。



さて、 VR の ハンドル 操作の 「肝」 です。
..... まぁ、 「大体」 の貴兄は周知の事ですが、 VR の ハンドル。
サークル センター が 出ていません。    左に  「ズレ」 て居ます。








そぅ です  ね。

大体の 「位置」 は 時計の調整棒の 下  150mm 位 でしょぅ か。

ドラィバー の視線から 追って行くと  こんな感じ  の位置に成ります。









自分の 運転方法だと、 右に曲げる時と 左に曲がる時とで 「結構」な
感触の「差異」が出ます。

右は 微かに遅れて曲がって 左は機敏に反応する。   なので、当方の
対応としては、  基本、 「左」 の 反応の感触を基軸に VR を 扱う。

そぅ しなぃと、 左側通行の日本の道路事情では 「危ない」 からですね。

恐らく 「そぅいった」 物を ひっくるめて 純正の VR の 脚の 調律は
されていると思います。 自分程度の しょっぱぃ 運転技術ならば、余裕で
対処してくれる秀逸な 脚 だと思っています。 破綻しない調律。 此処が
重要で大切なんですよね。 純正の性能として は。

唯、 時々 ゼロ カゥンター で VR を 振り回す時に この 「ズレ」 が
足枷に成ります。
走行中に 左右で 「均等」 に VR を振り回すのに 「手間」が掛かると。
自分が山道を走るのを「体験」している人なら判りますが、 右 と 左 で
ハンドル の送り方を意図的に「換えて」居ます。 Pri と、異なった操作を
して居るんです。 Pri は 見事に ハンドル の サークル センター が
出ているので フルカゥンター でも問題無く 振り回せますが、  VR の
場合は、意図的に 左の カゥンター を 遅く送ります。   そぅする事で
車体の 「待ち」 を 調整する必要が 在るからなんですね。

左右の ハンドル 操作を意識して切り替える。 此れが VR の個人的に
肝に銘じている 「儀礼」 だったりします。



... さぁぁ って、 次は ホィル かな。

オフセット の 差で どぅ変わるか。 実は VR って、     ね  (遥)。
Posted at 2014/06/21 19:10:04 | トラックバック(0) | 雑記 | その他
2014年06月16日 イイね!

「If」 に成りますが 2。

「If」 に成りますが 2。さて、 「もぅ 一つ」 の 「 I f 」 。 Pri の ホィル
資産を活かす要素を「クレヴァー」に 移管した場合の
選択肢に 「もしも」 を 入れたら。

例えば、 114.3mm/4穴の候補車が他に在ったら。

当方が真剣に通勤車を調達しようとしていた時期には。
既に 「新車」 では、 日産の ティーダ と ラティオ
しか、存在して居ませんでした。





しかし、 この 「新車」 。





何と、後 ブレーキ が 「ドラム」。






極限 迄、 弄った Pri からの乗り換えが  「ドラム」  とは。
余りにも 「哀しい」 。


中古市場でも、
96 Spec の DC2 か、 カプチーノ 位。 DC2 を 買うと
維持り の車が 更に 1台 増えて仕舞う。   カプチーノ は
F6 エンジン車は丈夫だが、  如何せん 荷物が 積めない。


其処で 「もし」 。


国内販売される 5ナンバー 小型車は 全て 114.3mm の
4穴車のみの 「条例」 が行使されていたとする。
そして、 ディスク ブレーキ の ABS が必須とする と成れば。


多分、 ZC31 スィスポ 。 ティーダ 6MT 。 を候補に揚げて
悶絶して 悩んで居たかと。 で、 悩んで居て、 コルスペ が出て


「やっぱり コルスペ を買って居た かも。」          (笑)。


兎に角、 国内市場に 「MT」 が 少ない。 フィット の 5MTは
自分の 「遣い方」 に合わせるのが大変。 アドバンテージ として
ティーダ には P12 譲りの 6MT の設定が在った。ZC31 は
切れの鋭い 運動性能が魅力的。   この時に出て居た VR は
レカロ エディション 。 既に レカロ を 3脚持っている自分には
正直、 「+」 の要素では無い。 税制面での 「差異」 は 在るか。

ZC31 は 1600cc 、 ティーダ は 1800cc 。
年間税納付が 5000円 高い。 但し、 暫定的に乗るなら NAで
燃費は善さそう。 さぁぁて、 悩んで居ると。 フィット が 6MT に
成って、 08 の コルスペ が出て、ZC31 に限定車が出て来た。

この環境に成ると、 ZC31 の アフター マーケット は 充実して
何でも出来る状態に成って居た。    Pri の 「柵/しがらみ」 で、
ティーダ 6MT を 買うか、 ZC31 の限定車を買うか。    と、

悩むだろうが、 実は この時、 相当に「真剣」に CT9A の MR
に 乗り換え様と思って居て、   三菱の店舗に 入り浸って 居た。
完全に ホィル は 友人/知人に譲って 114.3/5穴 に移行する
「寸前」 だった。 買う 買う と、 云って居て、 実は 他社に成った
なんて 「不義理」 な事は 人として不遜。






やっぱり 「コルスペ」 に 成って居たんだろぅ  なぁ      (笑)。
Posted at 2014/06/16 11:03:21 | トラックバック(0) | 雑記 | その他
2014年06月16日 イイね!

「If」 に成りますが 1。

「If」 に成りますが 1。もし、 自分の「環境条件」が 17年 「遅く」、 繋ぎで
乗って居た車から 「 さら 」 で
VR を新車で買って弄って 行ったとしたら。

どんな事を どんな取っ掛かりで 遣っていくだろぅかと
考えて診ます。

時々、親しい間柄の貴兄各位様に 謂われる事が在り、
「If」 ですが、考えて看ても 好いのかな と。



先ず、 そもそも の 「根幹」、 Pri の ホィル資産の
移行の為に VR を買った訳です。

30本の 114.3mm/4穴 ホィル が勿体ない  と。

もし、 「其れ」 が 無かったら。














多分、 88/89 系か、 エクリプス/FTO の
純正 5穴 ハヴ を 流用していたかと。   VR の
車体 ディメンション は 実は 89系の ギャラン の
2.5L NA/FF と 「か な り」 共用部品が多いと。
なので、 2.5SV 辺りの 純正ハヴ の流用を真剣に
検証して、並行して エクリプス/FTO の  脚周り も
分析して居たでしょうね。 此れは、 ランサー Evo3
の シャーシ ディメンション と かなり 「酷似」している
「可能性」 が 在るからです。     細かい 「事」 は
「動いて居る」 各位様が居ますので、  「此処」 では
書きませんが、 ... まぁ、 「絢爛」な VR に成って
居たでしょうね。 ザックス か オーリンズ の倒立脚を
組んで居たかと。 そして、構造変更車検を通して 多分
乗って居たでしょうか。   後脚の 構造を 換えるので
いっそ、公認車検を通した方が   「 楽 」 か  と 。

後は、 やはり、 純正の 5速 MT が  かったるぃ。

此れも、 実は 「アレ」 の 1.6L の MT が、仲々、
相性が良さそうなんですよ。
問題は ケース の摺り合わせ。   ま ま、 駄目なら
エンジン ごと 載せ換え でも 好いか (笑)。 此れも
「通勤車」 としては 御法度 な弄りですね。    でも、

17歳 「若い」 なら、 「上等」 と 、 遣って居たかと。



そして、 VR に 初代 ラリア の 純正 リァシート を
組んで居たでしょうね。 実は、 何か所かの 「加工」 を
すると 初代の ラリア の シート が附くんですよ。 が、
其の 「加工」が 「厄介」 なんですよね。面倒臭い(苦笑)。

そして、 ブレーキ も。

舶来品の ものごっつぃ 「業物」 を 入れて居たでしょう。
汎用性や、互換性や、簡易調達性やら  一切 ガン無視。
競技用 GT Car を制作する Shop で  パッド やら
OH やら 遣って居たのかも。             (笑)。








結局の処、 「淡々」 とした 「現実」 として、   Pri の
ホィル 資産を最大限活かす方針に変わりは無く、すると、
どぅ、考えても 「真剣」 に 5穴化を しよぅと は考えず、

常時 安定した走行性能を堅持する 純正 ディメンション
を換える事を 真摯に考える事も せず。  今の 当方の
コルスペ は 「 現状維持 」 に 成っているんですよね。




そもそも、 コルスペ の 「唯一」 の弄りの ブレーキ も。
純正の ブレーキ が 余りにも 「汚れる」 ので我慢為らず
最短の時間で最大限の効果を目論んで換えた 「だけ」 で、
他に 「他意」 は 一切 無いんですよ ね (苦笑)。車体が
ブレーキ ダスト で 「焦げ茶色」 に 汚れなければ、他の
要素は どぅでも善かった訳で。 つぃで で パッド の交換
が 簡易に出来る項目を盛り込んだ 「だけ」 だったりする。

唯、 「拘り」 は 少し盛り込んだ。 出来れば 三菱純正の
部品を組み込みたい と。  だから、 「ああ」 成った  と。

次に控えて居る
3○○mm/17inch  ホィル パツパツ(震) ブレーキ は
コルスペ 専用の 「ドレスアップ」 の 唯一 の 「弄り」 に
成ると思います。今迄は Pri の 「御下がり」 的な 即興の
「交換」 のみでした。通勤車として健気に頑張ってくれたので
コルスペ に 「おめかし」 を させてやりたい なぁ と  ね。
Posted at 2014/06/16 10:24:23 | トラックバック(0) | 雑記 | その他

プロフィール

「3500 パーセント スピードアップ !!。 http://cvw.jp/b/398015/42514556/
何シテル?   02/16 05:58
平成5年に新車でニッサンのプリメーラを購入後、 都合、5台 プリメーラを乗り継いで来ましたが、 相次ぐガソリン価格の高騰、旧年登録車に対する 割り増し課税...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2014/6 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ブログカテゴリー

愛車一覧

三菱 コルトラリーアートバージョンR 三菱 コルトラリーアートバージョンR
2008年の7月30日に納車されました。 色々と試行錯誤を経て 何となく Priより ...
ダイハツ シャレード ビァンカ ぢゃ 無ぃよ!?。 (ダイハツ シャレード)
色々な 「事情」 で 御金が無く、 しかし、 当時の 「軽」 は 狭く。 中学の先輩 ...
スバル BRZ スバル BRZ
遅くても 35ヶ月後には 何かしらの 「SUBARU」 車に乗って居ると思います。 ...
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
多種多様な貴兄の各位様に色々教えられて、 気が付けば、世界に一台のワンオフ組み立て プリ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.