• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hiro72の愛車 [マツダ RX-7]

クラッチマスター、レリーズ OH&交換 (FD3S) ピストンすっぽ抜け

カテゴリ : 足廻り > 駆動系 > オーバーホール
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間6時間以内
作業日 : 2016年06月04日
1
クラッチのマスターシリンダーとレリーズシリンダーをOH&交換しました。マスター&レリーズOH交換は8で経験していましたが、FDの整備手帳も幾つか読ませてもらって、事前準備は完璧?だった、はずでしたが。。。。。

沢山、整備手帳もUPされていますが、今回、思わぬところで躓きましたので、紹介しておきたいと思います。

マスター&レリーズは中古(4型)を入手して、それをOHキットでOHして準備済みです。 写真は交換後のマスター&レリーズです。

FDのマスターはレリーズに行く流路にワンウェイが入っていますが、
バラシテいくと最後のところで白っぽい樹脂の変な角(つの)が残ります。実はこの角が、その手前のスリーブみたいなやつとワンウェイバルブを構成しています。

この角の抜き方が判らずに少々難儀しました。角がOリングとかを介して、マスターと勘合しているかと思ったのですが、そうではなくて、角のシッポそのものがちょっとしたハメアイでマスターにはまっています。とにかく角を引っ張るしかないのですが、角が細いんで(2~3mm)、先細を養生して引っ張り抜いたんですが、少々キズついてしまいました。本来は交換したいところなんですが、何と、この角だけが単品の設定が無いのです。。。。   というわけで、使い回してしまいました。 無理?して抜かなくても良かったかもしれません。

リザーブに行くところのブッシュと樹脂パイプも交換しました。最初はパイプは使いまわそうと思ったのですが、どーにも抜けなくてあきらめました。 組立ても少々厄介ですが、万力くらいで押し込めます。ワセリン等を塗って、ブッシュ→パイプの順で押し込めました。2枚目の写真にあるようにパイプの上が平らな面に変更になっていて押し込みやすいです。
2
これは交換後のマスターです。
ちょっとメンドウですが、シートは外して作業しました。シートを外して仰向け姿勢をとれば、ペダル側の作業はかなり楽です。

マスターはペダル側のナット2個を外せば、エンジンルーム側は特に付帯構造物は外さずに脱着できます。組立て時はペダル側のロッドをY字の支えに載せて穴の真ん中になるようにしといて、マスターをエンジンルーム側から押し込めばOKです。
3
これは交換後のレリーズです。
レリーズはミッションカバーを外せば、セルはそのままでも脱着できます。ホースとパイプの結合部を外して、レリーズ固定の2本のボルトを外せば、レリーズとパイプが一体のままで外せます。
4
エア抜きは少々厄介ですが(負圧で引けば大したことはありませんが)、何とかレリーズから出てくるまでやってから、ペダルをパカパカやっていると尋常じゃないくらいにリザーブのフルードが減っていくのにペダルの踏み応えがもどりません。
この時点で気付くべきだったのですが。。。。。。

と、そのとき、クラッチの点検窓の隙間から、ポタポタとフルードが垂れてくるのではありませんか。
5
高価で、厄介なブレーキフルードをシコタマ撒きました。

レリーズシリンダーって、抜け方向のピストンのストッパーが無いんですよね。レリーズフォークがストッパーを兼ねているというか。

つまり、レリーズのさきっぽがチャンとレリーズフォークに嵌っていないとピストンがすっぽ抜けてフルードを撒きまくるわけです。 
あ~~、無知って怖い。

で、レリーズを再度外して、ピストンを押し込み直して、再組立てしたのですが、レリーズのさきっぽって、ブラブラしていて、レリーズフォークとキチンと勘合?したのかどうかの感覚がとれません。 レリーズが入る穴から指を突っ込むとレリーズフォークの半球型の窪みが確認できるのですが、結構、奥にあるので難しいです。

何とか、納得できる感覚を得てから、エア抜きに臨むとまたやってしまいました。。。。
6
ここでやっとクラッチ点検カバーを開けてみようということに気付きました。(遅いよ。。。)


クラッチ点検カバーを開けると、奥の方に見えました。レリーズのさきっぽが思わぬ?ところにあります。

この状態でペダルをパカパカやれば、どんどんクラッチケースの中にフルードを充填することになるわけです。 とほほ。

7
3回目のやり直して、やっと正規の位置に嵌めることができました。
レリーズを左手で保持しながら、点検マドから目視できます。


8のときは何も苦労せずに嵌められたので油断していました。

下から上向きの作業、しかも間にセルがあって、という状況なので、方向、位相などの感覚が狂いますので。。。   セルはメンドウでも外せば失敗しなかったかもしれませんが。

今回も勉強しました。てか、疲れました。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ミッション積み

難易度:

クラッチ回り製作 SR20swap

難易度: ★★★

デフオイル交換

難易度:

デフオイル交換

難易度:

ミッションオイル漏れ修理

難易度: ★★

クラッチSW交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2017/05/23 20:49:55
ワタシんとこは1速とリバースのシフトがメッチャ固い?つか切れてない?症状に陥ってます。。
今更ですが・・・マジメに参考にさせていただきます(・∀・)
コメントへの返答
2017/05/23 22:49:15
あらら。

まさか、とくっちょさんですから、的を外すなんてことはないはず。。。。。

これって、事例には全然、お目にかかった
ことはなくて、こんなバカは自分だけだと思ってます。

プロフィール

「@K tune さま  お気持ちは理解できますが、ここは何とかリラックスしてください。いらいらしても+にはならないかも。」
何シテル?   05/02 22:29
こんにちは
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

トリム取外し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/20 17:53:09
 
How to rebuild mazda rx8 13b rotary engine  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/26 23:15:52
 
The Best First Cars For New Car Enthusiasts. 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/18 22:32:47
 

ファン

65 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
Ⅰ型。 1992年4月28日生まれの26歳です。 養っていけるかな??
マツダ RX-8 マツダ RX-8
11年目(21万km超)でお別れしました。
日産 キューブ 日産 キューブ
9年間(7万Km弱)お世話になりました。 9年間大きな故障もなく、まだ走れる状態でしたが ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
家族の車としてキューブに代わってやってきました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる