• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年12月30日

トヨタでも売ることが難しかったクルマ「WiLL サイファ」

トヨタでも売ることが難しかったクルマ「WiLL サイファ」 【販売帝国トヨタでも失敗!!】トヨタでも売ることが難しかったクルマ 5選
11/23(土) 7:06配信

 現在、全国約6000店舗におよぶディーラーを持つトヨタ。「販売のトヨタ」とまで言われ、販売力は他社を圧倒している。他社であれば、あまり人気がなく販売台数が見込めない車種でも、それなりに数を売ってしまうと評されている。

 そんな強力な販売力を誇るトヨタをもってしても、過去には売れなかった残念なモデルがあった。今回は、そんなディーラーマンが売り方に困った5台にスポットを当てて、その残念さを解説していきたい。

文/片岡英明
写真/TOYOTA

■WiLL サイファ(販売期間:2002~2005年)

「WiLL」はトヨタを筆頭に、花王やアサヒビール、現・パナソニックの松下電器産業、近畿日本ツーリストなどが参加して行われた異業種による合同プロジェクトである。

 ターゲットとするのは、新しい感覚の商品に興味を持っているニュージェネレーション層だ。トヨタはWiLLシリーズに「Vi」と「VS」を送り込み、2002年10月には第3弾の「サイファ」を投入した。ベースとなっているのは初代ヴィッツのプラットフォームで、デザインコンセプトは「ディスプレイ一体型ヘルメット」である。

 エンジンは、FF車が1.3Lの直列4気筒ハイメカツインカム、4WDは1.5Lのハイメカツインカムだ。トランスミッションは4速ATを組み合わせた。個性的な内外装のデザインとともに注目を集めたのは、トヨタ初となる車載情報通信サービスのG-BOOK対応モデルとしたことである。

 カーナビを標準装備し、今につながるカーコネクティッドを先取りした。また、カーリースプランも用意している。これも驚きだ。利用するユーザーは多かったが、採算割れは誤算だった。

 狙いはよかったが、価格はヴィッツよりかなり高かったから、販売は低空飛行を続けていた。2代目のヴィッツが登場し、WiLLプロジェクトにも陰りが見えてきた。そこでWiLL サイファは2005年春に販売を打ち切っている。近未来のシステムを先取りしたことは評価したいが、ちょっと先走りしすぎたようだ。

最終更新:11/23(土) 7:06
ベストカーWeb


トヨタ・WiLL サイファ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

WiLL サイファ(ウィル サイファ、WiLL Cypha)は、トヨタ自動車でかつて生産、販売されていたハッチバック型の乗用車である。

トヨタ・WiLL サイファ
NCP7#型
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2002年8月-2005年8月[1]
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
エンジン 2NZ-FE型 1,298cc 直4 DOHC (FF)
1NZ-FE型 1,496cc 直4 DOHC (4WD)
駆動方式 FF/4WD
最高出力 87PS/6,000rpm(2NZ-FE)
105PS/6,000rpm(1NZ-FE)
最大トルク 12.3kgm/4,400rpm(2NZ-FE)
14.1kgm/4,200rpm(1NZ-FE)
変速機 4AT
サスペンション 前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式(FF)
  トレーリング車軸式(4WD)
全長 3,695mm
全幅 1,675mm
全高 1,535mm(FF)1,550mm(4WD)
ホイールベース 2,370mm
車両重量 990kg(FF)1,090kg(4WD)
後継 2代目ヴィッツに統合
プラットフォーム トヨタ・NBCプラットフォーム

1 概要
WiLLブランドの自動車第3弾として発売され、2000年・2001年に登場したWiLL ViやWiLL VSとは異なるコンセプトで2002年10月に発売された5人乗りのハッチバック型自動車である。デザインコンセプトは「ディスプレイ一体型ヘルメット」。

プラットフォームを初代ヴィッツと共有する。エンジンは前輪駆動(FF)が2NZ-FE型 1.3L 、四輪駆動(4WD)が1NZ-FE型 1.5L、共に直列4気筒エンジンを採用し、トランスミッションは4速ATである。

ネットワーク社会とクルマが融合する「サイバーカプセル」がテーマ。広告キャッチコピーは「育てるクルマ」(CMのナレーションでは「自分以上に育てるクルマ」と言っていた)。

この車種はトヨタで初めて車載情報通信サービスの「G-BOOK」に対応しており、対応車載機(カーナビゲーションシステム)を標準装備していた。そのためかトヨタのコンパクトカーとしては初となる2DIN+2DINのオーディオ別体ナビゲーションでもあった。しかしながら、IT機器と自動車の進化スピードの著しい差を理由とした否定的な意見もあった。[2]

また、この車種限定の斬新なカーリースプランが用意されていた。車の走行距離に応じてリース料金が課金されるという従量制プランであった。携帯電話のように、基本料金+走行距離従量制料金が月額リース料金として請求され、その走行距離は搭載されているG-BOOK端末から送信される走行距離情報で計算されるというものだった。しかし、利用客は予想より多かったものの利用客の走行距離が想定していたよりも短く、採算割れになることから2005年2月で取り扱い終了となった。

やがて2004年4月のビスタ店の統合、6月にはカローラ店に同じクラスのパッソの登場、さらには2005年2月にヴィッツがフルモデルチェンジしたことで、WiLLプロジェクト終了と同時に2代目ヴィッツに統合される形で販売終了となった。

トヨタカローラ店とネッツ店(旧トヨタビスタ店)で取り扱われていた。

2 車名の由来
英語の Cyber (サイバー)と Phaeton (馬車)の造成語。

3 関連項目
・トヨタ自動車
・ WiLL
・トヨタ・ヴィッツ
・トヨタ・WiLL VS
・トヨタ・WiLL Vi

4 脚注
[1]^ カーセンサーより。
[2]^ CARトップ2002年4月号103ページにおいて、国沢光宏はこれを理由に「Willの第3弾に搭載されるような、クルマ専用の本格的なモバイル機器については否定的な意見をもつ。」(原文抜き出し)と名指しでこのシステムを否定している。

最終更新 2019年11月30日 (土) 09:23 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。


≪くだめぎ?≫
 ビスタ店とカローラ店の併売された"上級"なコンパクト車と言うべきか。個人的には"レクサス"のエントリー車として移籍しても良かったと思う、花王やアサヒビール、パナソニックなどと世界展開しても問題なかったはず!
 でも、後ろ姿は明らかに「パッソ」に流用されたと個人的には思い、「パッソ」ヒットの原動力になったのは明らかだ。
ブログ一覧 | 車全般 | クルマ
Posted at 2019/12/30 13:35:09

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

『プロボックス』『サクシード』 ハ ...
ディーゼルオート店さん

『ヤリス』 フルモデルチェンジ
ディーゼルオート店さん

昔の名前の車たち(トヨタ編 その2)
タケラッタさん

多人数である必要ないのかな?売れて ...
ウッkeyさん

ミツオカ・リューギ/リューギ ワゴ ...
ユタ.さん

シエンタ、細かい改良と隠れた値上げ
ユタ.さん

この記事へのコメント

コメントはありません。

おすすめアイテム

プロフィール

「緑の「新郷温泉館」から帰ってきて
"リラックス"中。」
何シテル?   06/13 14:13
 「昔々、有ったとさ、 『トヨタディーゼル店』、『トヨタパブリカ店』、『トヨタオート店』、『トヨタビスタ店』・・・」。      身長165cm・体重6...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/9 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

新明和工業・特装車事業部 
カテゴリ:鉄道・バス
2016/09/29 08:29:33
 
マイナビ ニュース 
カテゴリ:マスコミ
2013/02/20 15:01:45
 
都道府県タクシー協会 
カテゴリ:鉄道・バス
2011/01/06 11:50:45
 

愛車一覧

トヨタ ヴォクシー トヨタ ヴォクシー
ライトエース「ヴォクシー」4WD。 ハイエースショートの後継。ディーゼル車が無くなる。 ...
スバル サンバー スバル サンバー
母の嫁入り道具、父は車持ってなかった。後に事故廃車。
トヨタ マークIIバン トヨタ マークIIバン
事故廃車したため、購入。コロナバンがなかった・・。
トヨタ コロナバン トヨタ コロナバン
マークⅡバンの後継。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.