• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月20日

今こそ「愛」の時代ちゃうのん? (セカンドカーの選択肢)

今こそ「愛」の時代ちゃうのん? (セカンドカーの選択肢) 世の中には車に対するいろんな選択肢があるべきだ、と思ってます。

ひとつ、皆様に問いたいこと。

「とある車に乗るとき、そのほとんどを何人で乗りますか?」

例えば、僕の147については僕はこう答えます。

「基本的に2人乗り。エマージェンシーで+2人。だからこの車1台で事足る」

例えば家のファーストカーがお父さんのミニバン(ベルファイア、アルファード、ノア、ボクシーとか)
お母さんの足車が軽 といった場合。

時にはお母さんが子供たちを乗せてミニバン乗って出かけちゃう。
お父さんはひとりで軽で近所の本屋にでも出かけるか・・・・・  みたいな。

こういうお家の場合、セカンドカーの軽は別にハイトワゴンでなくてもいいわけです。


そこで「愛」ですよ「アイ」

僕はこの車が出た時の事をよく覚えてます。

日本でこんなデザインの車が出せるんだ・・・・・
こんな思い切った発想の車が出せるんだ・・・・

僕はこの車を日本のスマートフォーツーだと思っていて、
前席2席を乗用に、後席を荷室に使っていざというときには+2人  2+2
そう考えると非常に荷物を積める2人乗りのコンパクトカーになるわけです。

RR(リアミッドシップ、リア駆動or4WD)のレイアウト。 ロングホイールベース。
前後異サイズのタイヤ。  トレッドが狭いのは軽の枠組み上、やむを得ないか・・・


3気筒のターボ。
かつてはミニカダンガンを作っていた三菱です。

この車、今の軽の中古市場では非常に割安で販売されています。

それは「三菱」だから?
デザインが奇異だから?
背が高いくるまじゃないから?

その理由はわかりません。   

でもだからこそ「お得」な車のひとつだと僕は思います。


もう生産中止化から早4年。

そろそろええタイミングかと。

全国に3万から120万までで700台ほどあります。

そうそう、この車「タイミングチェーン」です。

エンジンは非常に凝った造りのアルミエンジンで、コストは掛かってます。

街で「アイ」がトコトコ走ってるのを見るとついつい目で追ってしまいます。

デザインだってデビュー時の頃と今とでは感じ方が違ってきてませんか?

こんな時代だから

そして、今だからこそ「愛」「アイ」じゃないですかね?

新車販売当時も、そして今中古車を手に入れる人も
この車を選ぶ人には明らかな「思い」を感じます。

それは「この車が好きだ」って思いですね。

他の当たり前のじゃ嫌な人です。

僕はその選択に共感します。

当時書かれた試乗ブログをリンクします。
http://yosshii.blog.so-net.ne.jp/2006-03-08-i

(追記)
ちなみに中古になってしまえば4WDを選んでもあんまり中古価格が変わらないので
ねらい目かも?
4WDモデルは前席にシートヒーター付いてきます。
悪条件下の操安性など有利な部分も。
あ、燃費は落ちますけど。
ブログ一覧 | 車種選び | クルマ
Posted at 2018/02/20 22:07:47

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

三菱アイ
アメ★ショーさん

近未来的なスタイルは12年前の車に ...
lupin_kidsさん

なぜこのタイミングで…
朝帰りのお爺ちゃん☆さん

さようなら、三菱アイ
M2さん

他車流用ショック こいつをアイに履 ...
コータロさん

アイミーブ生産終了のニュースにi( ...
harinashi(はりなし)さん

この記事へのコメント

2018/02/20 22:34:00
私は今、スマートフォーツウ orIQで悩んでいます。
長距離乗るなら、IQかな。
コメントへの返答
2018/02/20 22:40:42
そうなんです♪
僕も スマートフォーツー 
そしてIQは気に入ってます。

IQは「さんちゃん?」さんの影響もあり、
IQ用のLSD開発の部分、応援してます。

軽には「軽の制約」というものが確実にあって、そこがどうしても最終的には不満につながって行くのはしょうがないところです。

でも、アイとR1、R2は気になる軽であり続けています。
2018/02/20 23:00:44
実はiは購入を考えたことがあります。具体的なカスタマイズの妄想までしていましたw
自分的なこの車のネックは壊滅的なインパネ、ダッシュデザインです。車のカスタマイズで一番手が入れにくいのがこの部分ですので余程気合を入れて(コスト的には100万仕事?)弄らないとこのインパネを見て過ごす羽目になります。ここが外観なりのデザインであったならば国産屈指の名車だと思います。
コメントへの返答
2018/02/20 23:20:28
なるほどです。
内装ってのは日本の軽にとってウイークポイントになってくる部分ですよね。
軽としてのコストの壁がかなり厳しいのだと想像します。

でも、ですよ。
この車、今、中古で50万以下でゴロゴロしてるんですよ・・・・・
いいカスタムベースになりえませんでしょうか?
カスタムしてもいいでしょうし、そのまんま乗りつぶすのも大いに「あり」だと僕は思ってるんですよ。
2018/02/21 01:40:03
安いのは三菱だからでしょう 笑

アイ、気に入っています。

基本的に妻用なので、たま~にしか運転しませんが、運転も楽しいです。
背は高いケド、低重心なのが良いですね。

帰宅してアイが家の前に停まっているのを見るだけで楽しい気持ちになります。
妻に駅まで送ってもらって、妻が運転して走り去るアイを眺めているだけで楽しい気持ちになります。

今、アイを所有されているオーナーさん、おおよそ似た感じだと思います。
なんとなく選んだ人とか、惰性で乗っている人って少ないと思います。

車高は少し落としたいので、近々の車検の際に、ローダウンサスを入れようかと考えています。
コメントへの返答
2018/02/21 07:29:08
おはようございます♪
あ・・・・・・mistbahnさんちの家車、アイでしたか!
以前ご自宅前にお邪魔したときプジョーがあったのでそのイメージが残ってました。

三菱がアイの開発で進めた車づくりの発想が
現行のスマートやルノーのTWINGOにもつながっているわけで、三菱の派生エンジンが今も生き続けています。

エンジンレイアウトによるメリットデメリットはもちろんあるのでしょうけど、それすら「他に同様の車が無い」という事になります。
この車ならではの個性ですよね。
それが他車には真似のできないルックスを生んでいるわけで。
2018/02/21 20:57:48
私もデビュー時から目をつけていましたが、先日、代車で乗りました。走りがバランス良い本当に良い車だと思います。オートマしかないようですがMTだったら最高に楽しいクルマです。デビュー時に試乗した際は、椅子がちょっと小さくてチープに感じましたが、先日代車に乗った際は気になりませんでした(マイナーで改良されたか?)。こんな凝った構造の車はなかなか出せないので、既に値上がりしてしまった旧サンバー同様、狙い目の中古車だと思います。
コメントへの返答
2018/02/21 22:14:19
デビューから12年経つんですよね。
でも、古く感じない、どころか今改めて見ると
目にも馴染んできてるのもあってちょうどいい感じなんですよ。

今後、こんな「軽」を日本のメーカーが作ることはもう無い、という事を考えると、なんて思い切った車を作ったんだろう!と思います。

そこには当時満身創痍だった三菱。
その三菱の技術者たちの「意地」を感じるんです。

そして、それまで提携先だったダイムラーに対しての「意地」も。

結果として欧州メーカーがその後そのコンセプトを模倣し、欧州では受け入れられた。

日本では当時も今も決して受けられていない感じがするのは残念です。

現行TWINGOのセールスポイントは12年前のアイのセールスポイントとほとんど一緒なんですよね。

http://www.renault.jp/car_lineup/twingo/features/02.html
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ゴーン逮捕へ
http://a.msn.com/01/ja-jp/BBPRMRX?ocid=se
何シテル?   11/19 18:12
2012年8月14日からアルファロメオ147 2.0TS 5MTに乗り始めました。 15年以上前から好きだった車、今だからこそ147。  出来るだけメンテナ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

【気になる記事】高級外車の売却益隠し続出 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/22 17:29:20
Alfa 147 リヤ スプリング ダンパー サス交換 DIY No.5 取付 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/03 18:35:34
オイル漏れ修理 (カムカバーパッキン交換) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/19 14:28:24

ファン

62 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ 147 銀ちゃん (アルファロメオ 147)
(銀) 2012年8月から乗っています。 2018年3月31日、初年度登録から15周年 ...
ホンダ XR250R ホンダ XR250R
USレーサーの逆車。91年式。 アチャルビスビッグタンク、マルカワレーシング強化ジェネレ ...
ヤマハ BW'S100 ヤマハ BW'S100
台湾ヤマハ 2サイクル時代のものです。 オイル吐出量多め。ミラーに映る白煙に時代を感じる ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
UA-DY5W スーパーコージーキャンバストップ 1.5L(黄) 久しぶりのマツダ車。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.