• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年12月05日

大阪万博と名古屋のいとこ

1970年に大阪万博が開催された。当時、私は小学校5年生。中一のとき、両親が離婚した私にとって数少ない家族旅行になった。全線開通した東名・名神高速を使い父が愛車を自慢気に運転していたことを憶えている。帰路は名古屋にある父方の伯父の家に数泊した。一個上のいとこがおり、彼には沢山遊んでもらった記憶が今でも鮮明。

そんないとことそれ以来会う機会もなく約30年の歳月が流れた40才の頃、私の父が大病を患っていることがわかり入院。仕事の研修で東京に来ていた彼が見舞いに来てくれるという。ならば大人同士、一緒に酒でも飲もうと居酒屋で話が弾みすごく楽しい想い出になる。
と、ここまでは楽しい想い出。ここから先は重苦しい話になるので、お疲れの方はここまでとして、以後はスル―してしまってください。

そんな彼、その一年後に他界した。いわゆる突然死というやつ。夜は元気に布団に入ったものの、奥様の話では朝起きたら息をしていなかったという状況。晩婚だった彼、当時、幼い女の子が居た。
通夜、葬式に参列した私ですが、何があったかわからず「お父さんは?」と母親に言っている姿に言葉が出なかった記憶がある。

人間、明日がないと考えて生きている人は年代にもよると思いますが少ないと思う。事実、私もそうでした。ですが、これ以降、しばらくは愛車のガソリンタンクを満タンにできないで居た。明日があるかわからないのに無駄な給油は残された家族に負担になるだろう。そう考えてしまったから。そこまでナーバスにならんでも。私もそう思います。ですが、目の当たりに命のはかなさを実感するとそうなってしまった自身が居たのは事実。

いとこの彼。次の休日には娘さんと遊園地に遊びにいく約束をしていたらしい。死を少しづつ予感、予想できる状況であるなら、約束を先に持ち越すことはなかったでしょう。生命に限らず、今日までは何気に出来ていたことが突然できなくなるかもしれない。人間が機械でない以上、それは避けらないことなのでしょうね。

時が立つと忘れてしまいがちなこと。2025年に大阪万博が開催されることになり、いとこの彼とのことを思い出しました。
不謹慎な話ですが、カンレキ前のおっさんの私。いやいや、老若男女を問わず人間である以上誰でも。
今、この瞬間が継続するとは限らない、なので、人様にしてあげたいこと、感謝の気持ちを伝えておきたい方が居るのであれば、今日にでも明日にでも、というような極端なことではないにせよ、極力、先に持ち越さないよう生きていきたい。

とは言え、老後の心配をしている私(笑)
言っていることと現実は相当違う。
あくまで心持として書かせて頂きましたv
ブログ一覧 | 雑感コラム | 日記
Posted at 2018/12/05 12:27:10

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

EXPO'85
take-cさん

半世紀のTower of the ...
ELTENさん

きみといった
真清田娘太郎さん

酔狂な事に
G爺さんさん

友人の結婚式&息子とデート
ポールリードスミスさん

GW最終日 〜公共交通機関は懲り懲 ...
ELTENさん

この記事へのコメント

2018/12/05 12:50:28
こんにちはです(ΦωΦ)

『命』ってのは儚いものですね。
そのお話ではありませんが、朝になって必ず目覚める保証など、誰にもドコにもありません。
いうなれば、今この瞬間にも、心臓が鼓動を止めればそれでおしまいです。

ただの動物とは違い、幸いなのか不幸なのかはワカリマセンが、ヒトには知恵があります。学んで得た知識もあります。周りを気遣う心があります。だからこそ、今この時に出来ることを全力でやる、ベストを尽くすしか無いのだと思います。

ヒトの命は有限、可能性は無限、ですね。
コメントへの返答
2018/12/05 15:49:15
ジムニー、早くバックカメラ欲しいですよね。
昔は無かった装備なのに今は無いとだめな私^^;
 こんにちは。

ほんと、まさに今、この瞬間に心臓が・・・ってこともあり得るわけですものね。
夜、ベッドに入る前には一応それなりの覚悟をして横になりますが、朝目覚めると忘れてます(笑)
朝、何事もなく目覚めること。
当たり前に思ってはいけませんよね、これマジで。

まったくおっしゃる通りかと。
学習もできるし、それを活かす知恵もある。
過去の経験を糧に悔いのないように今を生きるってことでしょうか。

そうですよね。
その限りない可能性を命あるうちに発揮しておきたいと思いました^^
2018/12/05 12:59:37
こんにちは

身近な人が突然亡くなると、きっと誰しも、こういちさんの様に色々と考えてしまうでしょうね。
病気では無いにしろ事故でという事もありますし誰にでも起こり得ることです。

40歳前後に大変な体調不良になったことがあります。
様々な、病院に掛かりました。
結果は以上無しだったんですが体調は良くならず、死を覚悟・・・今にして思うと大袈裟なんですが、その時、身の回りの整理をした覚えがあります。
突然だと何もできませんものね。
そんな日々を過ごしている中、今度は嫁さんが病に倒れ、その対応に追われる中で体調は良くなっていきました。
今思えば体調不良の原因は多分最初は何かしらあったんでしょうけど、途中からは精神的におかしくなってたんですね。

長くなりましたが、そんな経験をしたので何も無くても身の回りの整理は多少しておかないとなと、たまに思ったりしてます。




コメントへの返答
2018/12/05 19:49:40
こんばんは^^

ジョグと元気に今は早朝散歩のジョグ爺。
ほんと人生お疲れさまです。

体調が悪いのに原因がわからないっていうのは精神的にもまいってしまう一因ですものね。
死を考え身の回りの整理。
相当ウツな状態に追い込まれてしまったんだと推測致します。
そんな中、夫婦だから不安の連鎖もあったのかもしれませんね、奥様の御病気も。

でもでも、最愛の奥様が倒れたことにより爺の気持ちにカツが入ったのかも、きっと。
そうやって助け合って、互いに命の恩人。

ブログを拝見していても素敵な夫婦だし今後も助け合ってラブラブで\(^o^)/

就活ならぬ終活ですよね。
マジな話、私もエンディングノートは持ってますよ^^;
今は書いてませんけど、ほんと真剣に考える年頃です。
2018/12/05 13:54:03
兄貴!お疲れ様です。昨日は12月の寒さではないですね。今シーズンは雪降らなそう・・・

本日は夜勤明け・・・、たいへん疲れています(ーー;)
ですが、お疲れの方はスルー?お笑いの「押すなよ、絶対押すなよ」のお約束と一緒かと思い読んでしまったじゃないですか~。

人は2度死ぬと言いますからね。肉体的な死、そして人の記憶から失くなるとき。時々思い出し話題になることで故人も幸せでしょう。
事件、事故、病気・・、一寸先は闇ですからね。その通りだと思います。仕事は先延ばしにしたって、その人のために今しか出来ないこと、伝えたいことは先には持ち越さないことですね。自分の先もわからないし、その人だってわかりませんからね・・・(^_^;)

すみません。夜勤明けで文章にまとまりがなくて・・・m(__)m
そうだ!また親孝行してあげよう!
コメントへの返答
2018/12/05 20:44:21
そうなんですよ兄弟。
昨日の前橋は25℃近くまで。
標高1100を超える榛名湖も18℃前後あったりして。
    夜勤、お疲れさまでした^^

流石兄弟、良いこと言いますよね。
記憶から失われるときが2度目の死だとすれば、永遠に人様の記憶に残るようなブラザーで居ましょう\(^o^)/
 ブラボーv

まさにそこなんですよ。
仕事なんて、なんだかんだ言っても代わりは居るんです。
それより大切なもの。
それを優先して生きて行かないと。
我々にとって重要なのは、峠を制覇することですv
そして一番重要なのは人間関係。

兄弟が親をリア席に乗せブースト計の針を見つめながら峠を快走。
そして旨い飯を共有し峠ステッカーをゲットする。
 どう?これ一石二鳥でしょう(^^♪
 
2018/12/05 14:21:59
こんにちは!
『今、この瞬間が継続するとは限らない』
その通りです。

私が小学生の頃でした。
一回り以上離れた従兄弟が自らの命を絶つ出来事がありました。
事実を知った当時の私は、凄く考えさせられました。

今現在、私も思いもしなかった病が…

私は思うんですが、いい晩年を過ごす為に、後悔しない、諦めない人生を生きる。
人様に後指を指されない様に、歩んで行こうと思います。
偉そうな事を書いて申し訳ないです。m(._.)m
コメントへの返答
2018/12/05 21:12:04
ジュンペイ爺がそうおっしゃると言葉の重みが私とは全く異なります。
  こんばんは^^

小学生の子どもにとって、衝撃も半端ではありませんよね。
通常の死でも受けとめる裁量のない年頃。
それが自ら選択した死となればなおさら。

生命をどう捉えていくのか。
自分独りのものなのか、家族や支えてくれる周囲の方々と共有しているものなのか。
私は後者だと思うんですね。
周囲に必要とされている以上、ジュンペイ爺のように生きれるような気がします。
私のほうこそ。とってもお辛い状況の中、こうしてコメントをくださることに感謝していますよ(^^♪

ほんと、充実した晩年を過ごすために今があるんだと思います。
とりあえず高齢者マークまではお互い走り続けよう\(^o^)/
2018/12/05 17:42:07
こんばんは。

まさに、一寸先は闇ですね。
先週、2歳年上の同僚が朝息をしていなかったと他界したばかりで、同じ様な感じになっていたところです。
普段はまだまだ先の様に感じていますが、同年代にこういう事があると考えさせられます。

できるかどうかは別として、その日その日を後悔なく過ごしていきたいと思います。
まずは見られてはマズイものの整理から始めないとダメですね(^_^;)
コメントへの返答
2018/12/05 21:23:20
こんばんは^^

先週、そんなことがありましたか。
身近で、それも同年代の人となれば、現在のバレさんの心境は、当時の私と同様なのだろうと思います。

真面目な話、人間、明日命を亡くすことを前提に生きては居ませんけれど、万一のことを常に考え準備することは必要ですよね。
 と、ここまでが真面目な話。

最後の一文については、
私も心に沁みる言葉です^^;
 そういうものは処分しておきましょうw
2018/12/05 18:56:31
こんばんは♪
車の運転も人生も似ているなぁと思うのです。「だろう」ではなく、「かもしれない」・・・。

死なないだろうではなく、死ぬかもしれない。

こう考えながら生きる事は、人生をより良く生きる為の糧になるのではないかと思うのです。

今、この瞬間も考えようによっては、一生に一度のもの。

死を意識しながら生きる事は、生きる事をより有意義なものにしてくれるのではないかと思う次第です(笑)

コメントへの返答
2018/12/05 21:36:37
支部長、こんばんは^^

そうですよね。
その「かもしれない」という可能性が、加齢と共にアップすることは事実ですものね。

例えば1週間先にこの世に居ないかもしれない。
こう思うだけで、一週間の過ごし方が変わる。
7日間をベストに生きないと周囲にも申し訳ない。
そういうことの積み重ねで最期を迎えることができれば、後悔のない人生ではないのでしょうか。

私?
正直なところ、もういつ命が終わっても良いと思っています(マジレス)。
それだけ、今、この瞬間も含め、59年間、充実した人生だった。
どう?これが会長だよ(^^♪
2018/12/05 21:35:38
命は本来儚いものだからこそ毎日を悔いのないように生きたいものですね。
中々現実は厳しいですが。

大阪万博時私は3歳で記憶がないのですが聞いたところによると、両親は私を置いて万博に行きビフテキを食べてきたとか😅
コメントへの返答
2018/12/05 21:47:51
おっしゃる通り、現実に日々そこまでベストを尽くせるかっていうことはありますよね。

少年時代に流行った青春ドラマのように、「今日を一生懸命に生きる」
懐かしい言葉ですが原点なのかなぁとも^^;

ということは、早く4SP化しないと?(笑)

7つ違いとは初耳www
と、冗談はともかく、3つでは例えビフテキを食ったとしても憶えてないですよね^^
と言うか、そのビフテキっていう古い言葉、なんとかしてくださいよ(爆)



2018/12/05 22:48:38
こんばんは!

死を間近に感じたことは、父親の病死でした。今まで、病気などしたこと無いのに、突然の末期癌で余命が短いと判明し、その残りの時間を共有することが限りあるものだと意識しました。なんでも無いら日常から、そうで無くなる日常。活きた時間と無駄な時間といった区別は、過ごし方や気の持ちようだと今では考えるようにしています。自分で決めて、結果が出る。それが、たわいもないことでも、何かが変わると満足となります。
村上春樹の小説で、生とは死と対極するものでなく、死に含まれるといった表現があります。自分なりの解釈では、死は常に隣り合わせであり、そこからは逃れられないものである事実!でも、なかなか、それが現実(死が迫る)にならないとその貴重なことに気づけない。だからこそ日常は、大きく変化はないけれど、気持ちはポジティブに!今回も。深いテーマに引き込まれました^_^
コメントへの返答
2018/12/06 15:14:45
こんにちは^^

癌というのは発見されたときには既にステージ4.そんなことが少なくないですよね。
末期となれば手術で完治も望めず、最期を待つばかり。
私も実母で経験し、生と死の境界線とはいったいどこに?
そんなことを沢山考えさせられましたね。
それが肉体を指すのか魂を指すのか。
答えは出ないまま見送ることに。

今思うのは、昼間は見えない星。
太陽により照らされ輝いているのは昼も夜も同じ。
生きているとは夜の光景であり、死は昼間の光景。
つまり、見えるか見えないの違いはあれ、どっちも輝いている。
そんなことでした^^;

村上氏の小説の文言はチロルさんに教えて頂き初めて知りましたけど、なかなか深いですよね。
 難しいですけど、私もちょっと読んでみようと思います(^^♪
2018/12/08 01:06:57
こういちさん、再びこんばんは(^^)♪

またまた高校で教わったお話で申し訳ないのですが、普段生活しているときは、死を意識することはほとんどありません。しかし、人は生まれてから刻一刻と死に近づいています。そのことを理解し、この一瞬一瞬をひたむきに生きること、未来を見つめて一生懸命に取り組むことが大事であると教えられました。明日死ぬかもしれないからと萎縮するのではなく、努力が実るかどうかにかかわらず命尽きるその時までひたむきに生きることがその人の人生を彩るのだと思います。
いとこさん、娘さんとお出かけの約束をされていたのですね。とっても良いお父さんだったのだなぁと想像しています。人が亡くなった後に残るものは、集めたものではなく与えたものです。いとこさんは娘さんや奥様にたくさんの愛情を与えられたのだと思います。その与えられたものとともに、ご縁のあった人々の心の中で生き続けていくものです。
…って、本当高校で教わった受け売りですが、そう思います。

万博、大阪は生まれる前でしたが、前回の愛知万博は結婚前の嫁さんと行きました♪
次回の大阪万博は家族で行こうかなぁと思っていますが、愛知の時と同じくメチャ混みなのだろうなと思って、躊躇しそうです。
って、まだチケットも販売される前から心配してどーすんでしょう(笑)
コメントへの返答
2018/12/09 14:27:16
ともさん、再びこんにちは^^

素敵な高校で教育を受けてこられたことがよくわかります^^
物事、人様、いずれにも常に真摯に向き合うってことですよね。
私もこの年齢になると、明日命がないとは思いませんけど、いつそういうこうとになるかわからない。
なので、人様に説明のつかないことだけは避けております。
何か誤解を残したままこの世を去ったのでは、自身もそうですけど、相手の方に申し訳ない。
そう思う次第です。

詰まるところ、命を失ったとき、真の涙を流してくれる人がどれだけいるのか。
それが生きた証ではないかなどと^^;

このいとこの彼とは30年ぶりくらいに会い、酒を飲み談笑。その少しあとにこんなことになり、ひょっとして父が引き合わせたのではないかと思ったりもしました。
彼が私に会ったことも私にとっては喜びを与えてくれましたし、そういう人柄だったんですよね。きっと。

1970年の大阪は生まれてませんものね。
2025年にともさんはどこに住んでいるのでしょう?
札幌から行くようになるのか、はたまた東京からなのか、沖縄からなのか、いずれにしてもチケットはまだまだ先です(w)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@ゲジマユゲ(^^♪ スーチャ―も良いですがTURBOぶち込むのも刺激的ですよv でもマジECU書き換えてみるのも?」
何シテル?   01/17 21:24
 18才で免許取得し、初の愛車は中古のスカイラインGT(箱スカ)でした。 その後も、ジャパン→R30→R31までスカイラインを乗り継いだ「西部警察」世代。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

みんカラ10年 想うこと 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/30 16:10:10
バレーノターボ 快走の秘密 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/07 22:19:43
スズキの隠れた名車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/01 13:48:44

愛車一覧

スズキ バレーノ BALENO TURBO-RS (スズキ バレーノ)
スズキの隠れた名車、バレーノXTターボ。 バランス良く楽しめるコスパ最高の一台です。 1 ...
三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
 <峠快速仕様> 下記ECUチューンを実施 ・純正ソレノイドによるブーストコントール ・ ...
日産 キューブ 疾走Z12号 (日産 キューブ)
HR15DE直4DOHC+エクストロニックCVTはスムーズでキビキビ走ります。 ホイール ...
三菱 RVR ハイパーR号 (三菱 RVR)
当時のランエボの2000ccターボを無理やり押し込んだ特別仕様車でした。 専用レカロシー ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.