• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年09月12日

正統派5ナンバー・セダン

正統派5ナンバー・セダン 今回は日産・クルーのカタログです。





従来まで小型枠のタクシー仕様として継続生産されていたC32ローレルセダン&910ブルーバードセダンを統合、新たに5ナンバーのFRセダンとしてデビューしたクルー。



既存のセダンをベースとするのではなく、初めからタクシー用途を前提とした、極めて合理的なパッケージングを持つ新しい形のセダンでした。

スタイルはまさにセダンを絵に描いたような正統派のフォルム。



高めのルーフや右側より50mm拡大された左後ドアなど、乗降性を向上させた設計。
四隅を絞り込んだデザインは、最小回転半径4.8mというコンパクトカー並みの小回り性能も実現していました。



インパネもタクシーメーターやタコグラフ等の装着を前提としたデザイン。
ウィンカーレバー先端のハザードスイッチや、運転席と左後のみの「サンクスパワーウィンドウ」もタクシー仕様ならではの装備。



リヤシートはコンフォートやセドリックと同じく、あの乗客を包み込むようなソフトな座り心地。
運転席は料金の受け渡しをスムーズにするため、センター側のバックレスト肩部をカットした非対称形状になっていましたね。



エンジンはセドリックと同じLPGのNA20P型(82ps/16.2kgm)と、直6ディーゼルのRD28型(94ps/18.0kgm)の2種類。
ミッションはコラムシフトは設定されず、5MTと4ATのフロアシフトが組み合わされます。

興味深いのはオプションで、積雪地などでの走破性向上のために機械式LSDが設定されていること。
さらには急坂の多い観光地などでの動力性能確保にノーマルよりファイナルを低くした「登坂用デフ」というオプションもありました。



また、バルクヘッドに這わせたチューブにクーラントを流し、ワイパー下に溜まる雪を溶かす「融雪チューブ」も変わり種のオプション。

雪国の駅前ロータリーで客待ちするようなシーンでは大いに役立ちそうですね。

クルー営業車のラインナップ。



最上級のGLXは個人タクシー向けの豪華版。
クルーのメッカである地方の中小都市ではGLやE-Lあたりが沢山走っていますね。

因みにクルーには一般ユーザー向けに仕立て直した「サルーン」もありました。









基本的に営業車から大きく変わる点はありませんでしたが、ガソリン車はエンジンがスカイラインやローレルにも搭載される直6SOHCのRB20Eとなるのが大きな違い。



クルーサルーンのラインナップ。



最上級のLXサルーンには、本革巻ステアリングや15インチアルミを装備したGタイプもありました。
最廉価のLSサルーンFは、営業車E-L並みに装備を簡略化。
塩ビレザーシートでカラードバンパーやパワーウィンドウも非装着ながらRB20を積む法人向けグレード。

クルーはその後2009年までタクシー仕様が生産され、16年の歴史に幕を下ろすことに。
これで日産車から小型タクシーのラインナップが消滅してしまいました。

クルーの性格上、遊び心など微塵も感じさせない、極めて真面目なセダンではありましたが、画一的なモデルも多い現代においてはなかなか魅力的に見えてきます。

「質実剛健」といった言葉がぴったりのクルー、タクシーにでも乗る機会があればぜひ選んで乗ってみたい1台ですね。



ブログ一覧 | 懐かしの名車カタログアーカイブ | 日記
Posted at 2015/09/13 15:05:26

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

いつも はま寿司♪ 回転寿司で一 ...
タビトムさん

繊細な花のようなもの
1・2・3・○○!!さん

父の日も変わらず、男3人で過ごしま ...
そうしゅんパパさん

高密度無帯電エアーはオカルトグッズ ...
ノンタマさん

父の日は クルマ屋さん巡り・・・
ぢ~ぢさん

nine.worksステッカー
アチャさん

この記事へのコメント

2015/09/13 19:55:10
いやー、イイですね。クルー

それにしてもよくこんなカタログお持ちで‥
今度名古屋に行ったら、高原書店に行こう。笑

パトカー仕様も「萌えましたね」‥
セドグロと同じで銀鉄で。
リアのトレッドが広い感じでした。
VG30あたり積んでたのかなー
コメントへの返答
2015/09/13 21:24:21
斯く云う私も、クルーが新車として買える最後の頃にRB20E+5MTを真剣に検討したことがあります(^^;

今回のカタログは後で買い求めたのではなく、自分が中学生の頃に実際にディーラーで貰ってきたものです。
あの店でもなかなかクルーのカタログは出てきませんね。

パトカーは足回りは一緒でしたが、唯一ホイールが15インチの5穴になっているのが特徴でした。
でも、エンジンはRB20Eのみでしたね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「どうして人気なの? 『トミカ』とSUBARUの関係と歴史に迫る
https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180609-10316661-carview/?sid=cv
絶対どこかにあるはずの赤帽サンバー見つからず…(ToT)」
何シテル?   06/09 16:46
SG5フォレスターに乗っているみみ助です。 まだまだ30代半ばのお父さんですが、希少車や旧車が好きなせいでよく年齢詐称だと言われます。 それでもありきた...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

懐かしの名車カタログアーカイブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/28 23:00:09
 

ファン

119 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
MT車ライフ復活に向けて、メインカーとして約10年ぶりにカムバックしたSG5フォレスター ...
ホンダ スーパーカブ50 株蔵 (ホンダ スーパーカブ50)
嫁所有のスーパーカブです。 普段は自分が通勤快足&ちょっとしたお出掛けのお供として使用 ...
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
ルーテシア3 phase2の中でも最高級グレードとしてわずか30台のみ輸入された限定車、 ...
スズキ エブリイワゴン スズキ エブリイワゴン
荷物が積めて室内も広い軽自動車を探していたところエブリイにたどり着き、2006年式のPZ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.