• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

miya39のブログ一覧

2016年11月27日 イイね!

フォークオーバーホールに続きキャリパーオーバーホールへ

フォークオーバーホールに続きキャリパーオーバーホールへはい、雨です。。。

こんな日は玄関先の半畳ほどのスペースしか使えません。

エンジンはカバーを着ていますが雨に打たれています。

早くフレームの塗装をしてエンジン積まねば!・・・ と思っていても今日は無理。

本日は狭いスペースで昨日の続きです。


昨日初めの画像までバラしたフロントフォークですが洗浄した水分を乾燥させるために放置しておきました。

おおよそ乾燥しましたので組み付けていきましょう。

今日もこれが大活躍



イイものつくりました♪

そして今日もSSTの登場です。



フォークシールプッシャーです。

昨日行ったアストロプロダクツさんで買ってきました。


よくフォークのオーバーホールを紹介しているHPなどでは塩ビパイプを加工して自作している方も沢山みえますよね。

こういう方の場合は1台のバイクに長く乗り続けてメンテナンスも自分で行うために必要なのでしょう。

その場合はサイズは自分のバイクに合う一つで良いのです。

しかし自分の場合は短い期間に複数のバイクを弄っているため、ある程度の範囲をカバーできる専用品を今後のためにも用意した形になります。

こんなの買ってもったいない・・・ なんて言ってはいけませんよ。

いいですね。。。


と言い訳がましく説明していますが要するにアストロに住む魔物に逆らえなかっただけのことですw

もう少しで電動コードレスインパクト買っちゃうところだったしなw


話がそれました。



フォークシールプッシャーはこんな感じに使うのですがハンマーの部分は専用品という事もあり内側に傷つき防止プレートが付いていたりして使いやすいですね♪

非常に簡単にシールの打ち込みが出来ました♪

さすが専用のSSTですね。


オイルシールの打ち込みが終わったのちに外れ防止のスプリングを組み付けてダストシールを組み付けます。

そして規定量のフォークオイルを注ぎ込みます。



カタナ250の場合は345mlを計って注ぎ込みます。

まぁ計るのは100均で買った計量カップですので案外適当ですw

左右で差が出ないように計る所は気を付けましたよ。


最後にカラーを入れてトップキャップを組んだらフロントフォークのオーバーホールは終了です。

この後にボトムケースの塗装を行うまで倉庫の中に保管ですね。


時間がまだあったのでフロントブレーキキャリパーのオーバーホールを行います。



いつものようにキャリパーをバラして洗浄しまくった後にシール類を新品に交換していきます。

新品シールを組むと安心感が違いますね。 やっぱり。



各部をグリスアップしつつ組み付けていきオーバーホール完了♪

倉庫へ直行♪


この後にリアブレーキキャリパーをバラバラにして本日の作業終了~

今日も良い感じに作業が進みました。

来週は週末に雨が降らないと良いのですが・・・

雨が降ると塗装もできないし組み付けもできないですよ。


晴れてぽかぽか暖かい日が休日には合いますよね♪


Posted at 2016/11/27 16:54:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | GSX250SSカタナ | 日記
2016年11月26日 イイね!

タンク凹み修理とフロントフォークO/H

タンク凹み修理とフロントフォークO/H今日は朝から一人でお留守番です♪

という事は朝からバイク弄りが出来ますよ。

いつもやってるけどね♪


本日はカタナ250のフューエルタンクが届いたので塗装の前に凹みを直してみようと思います。

このタンク、下画像の様に車両左側SUZUKIの一つ目のUの部分を中心に広範囲に凹んでいます。

またIの文字の画像でいうと右上も凹んでいます。



分かりますかね・・・

Uの文字の凹みはSの文字方向に広範囲に凹んでいました。

Iの文字部分も凹みは浅いですが広い範囲に凹んでいますね。

これをひっぱり君で引っ張ってみました。




ひっぱり君というのはグルーガンを利用したケミカルプーラーですがこういう緩い凹みには結構効きますね。

見る見るうちに凹みが引っ張り出されてきました。





Uの部分は凹みの起点となったえくぼのような凹みが残っていますが凹みの範囲は1/10以下となってくれました。

このくらいであればパテで修正可能でしょう。

Iの文字右上は目視では分からないくらいに修正できています。


良い感じでタンクの修正が出来ました♪

この後花咲かGタンククリーナーをタンク内に充填し来週まで放置することにしました。


次にフロントフォークのオーバーホールを行います。

フロントフォークはオイル漏れを起こしているのでオイルシールの交換が必要です。

先日Webikeさんでシール類を一通り購入しておきました。


早速バラして行きましょう。

ここでフォークをバラしたことがある方は分かるかと思いますがフォーク底面にあるボルトを抜かない事にはシリンダーが抜けません。

自分はインパクトで一気に・・・と考えていたのですが右側のフォークがインパクトでも供回りしてしまい全く抜ける気配がありません・・・

これは供回りを防ぐための専用工具が必要なようです。

さすがにそんな工具は持っていませんのでサクッとSSTを作ってみました。





3枚目の手に持っているのがシリンダーの尻の部分です。

22mmの六角ボルトがぴったりな12角レンチの形をしています。

22mmのソケットなど持ち合わせていないので棒の先っちょに22mmのボルトをくっつけてやりました。

ちなみにくっつけるのに使用したのは先ほどタンクの凹み修理で使用したひっぱり君使用後のゴミです。

棒の部分は庭に放置されていた使えなくなった塵取りの柄ですね。

サビサビですが気にしない♪


これで供回りを防げるはずです。

案の定このSSTを導入することによりあっけなくフォークをバラバラにすることに成功しましたよ♪



スライドメタルはまだ大丈夫っぽいのでこのまま再利用します。

スプリングも規定値ギリギリですが再利用可能なようです。

今回はパーツの洗浄にサンエス化学工業のパーツクリーナーK-1を使用しています。

水に溶いて使用するパーツクリーナーですがオイルなどは良く落ちますね♪

しかしスプレータイプのパーツクリーナーとは違いすぐには乾燥してくれませんので水気を切るために一日インターバルを置こうと思います。

なので組み付けは明日にしましょう。


本日はここまで♪


今回使用する工具が足りまかったので途中で愛知県春日井市にあるアストロプロダクツさんへ工具を買いに走ったのですが・・・

やっぱり色々と買ってしまいますねwww

1/2の8mmの六角ロングソケットを買いに行っただけの筈なんです。

金額にして480円です。

しかしレジで支払った金額は8460円・・・

やっぱりあの店には魔物が居るなw


今回買った工具たちは今後のブログのどこかで登場してくれると思いますのでお楽しみに♪

今日すでに8mm六角ロングソケットとサンエスK-1が登場しています。

他は何でしょうね♪
Posted at 2016/11/26 17:40:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | GSX250SSカタナ | 日記
2016年11月20日 イイね!

バラシまくりです

バラシまくりです昨日の夜から子供が熱を出していました。

今日になって熱が下がって一安心。 しかし今日は出かけるような事はやめようという話になりましたので一日バイクを弄る時間が出来ました。


朝からひたすらカタナをバラして行きます。

バラした部品は玄関先のウッドデッキ上へ移動・・・

バラして・・・

移動・・・

バラして・・・

移動・・・

・・・・

・・・

・・

何回繰り返したか分かりません。



昼にはメインハーネスがはぎ取られフロントフォークを抜きました。

この辺でやめておこうかとも思いましたがもう少し頑張ってみる事にします。


作業をしていると見慣れたストマジが家の前に到着。

ストマジ乗りのMさんがカタナを見にやってきました。

作業をしつつしばらくお話をしていました。

そしてお土産をいただきます。




カタナとエスティマのミニカーです♪

ってカタナのミニカーなんてあるんだw すげぇwww


Mさん、いつも気にかけていただきありがとうございます。

またお立ち寄りください♪


そして作業は進みます。

最終的に今日はここまで行きました。





・・・・全バラやん・・・・www


今日はちょっと頑張りすぎたかもしれませんね。

でもエンジンが降りたという事は来週からフレームの修正にとりかかれますね♪

とにかくこの小汚いフレームの錆落としをしないと何も始まりません。

錆を落として塗装をする。

すべてはここからですね。


フレームはワゴンR純正のシルキーシルバーメタリックが近似色と情報がありましたのでそれをベースにしてウレタンクリアで仕上げます。

カウルとタンクはこのシルバーとマツダのレッドメタリックを組み合わせてアニバーサリーカラーを再現したいと思います。

カウルはシルバーの方が楽なのですがエンジンがアニバーサリー用の黒エンジンなのでシルバーだと似合わないんですよね・・・

あとホイールは黒か白どちらかに全塗装します。

ホイールのみカスタム色となりますが純正のガンメタはどうしても似合ってないと思うので。


あぁ・・・塗料だけでものすごくお金がかかる気がする・・・

でも塗装を終えないと組めないしな・・・




駐車場で雨ざらしのエンジンが腐る前にフレームを綺麗にしたいと思います。

年が明ける前には塗装を完成させたいなぁ・・・

頑張りましょう♪



Posted at 2016/11/20 17:57:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | GSX250SSカタナ | 日記
2016年11月13日 イイね!

小刀到着~

小刀到着~さぁ お待たせしました。

本日某オクにて購入したGSX250SSカタナが陸送会社により運ばれてきました。

ちなみに到着するまで嫁さんには一切バイク購入したことを伝えていませんでしたw


ドキドキのご対面ですが嫁さんの一言は『汚いバイク・・・』 以上!!

そこで娘が『汚いバイクを綺麗にして動くようにするのが楽しいんじゃん!』

なるほど、俺の娘だwww


ともかくmiya家に迎え入れられたので良かったです。


いつも通り階段下の手術台に乗せられたカタナを一通りチェック。






外観は立派な放置車ですねw

所々錆が出ていますので今回も錆との戦いが繰り広げられることでしょう。

武者震いがします。

いや、悪寒かな・・・

またサイドカバーなど欠品がありますね。

オクの画像には付いていたのですが・・・

まぁいいや、この辺りも別途調達です。




前後サスペンションですがフォークからはオイル漏れていますがインナーは比較的綺麗で錆が少なくて良かったです。

シール交換で生き返りそうですよ。

リアはロッドが錆びているため使用不可。

交換ですね・・・

この手の2本サスは社外品が安く出ているので助かりますね♪

そういうのを使うかどうかは分かりませんけどね。



タンクは中がサビサビだったので底の部分をドライバーでつついたら大穴が空きましたw

これは補修するより交換の方が良さそうです・・・

他にもたくさん穴が開いているようなので底面全体的に腐っている感じですね。

この色のタンクはオクに出物が無い様なので違う色のものを買って塗り替えかな・・・


こんなところですね。

さて、それではエンジンに火を入れてみましょう。

といっても動くわけありませんね。

まずはキャブレターを摘出します。



エアクリボックスが非常に邪魔ですが何とかキャブを分離。




ダイアフラムは破れや変形なく健在です。

フロート室は車両外観から酷いものだと予想していましたが予想を裏切り結構綺麗♪

ジェット類を抜いてパーツクリーナーでお掃除した後に組み直します。


その間に新品バッテリーに液を注入。



イグナイターとバッテリーが欠品している車両という事は分かっていたのでイグナイターも中古品ですが用意しておきました。

念のためレギュレーターレクチファイアも購入しておきました。




キャブレター、バッテリー、イグナイターを車両に取り付けまして点滴で燃料を接続。




チョークを引いておもむろにセルを回した結果・・・

いとも簡単にエンジン始動しました♪

良いですねぇ。 特に気になる異音も出ていないようです。

これは当たりだな♪

エンジン始動すると俄然やる気が出ますねw


しかし今日はここで日没1時間前です。

11月も半ばですがいまだに蚊が沢山出ていますので本日はもう撤収とさせていただきます。


来週からはひたすらバラして行こうと思います。

まずはフレームの錆落としと塗装から初めて行きますよ。


ガンマが結構高く売れてくれたおかげで潤沢な予算で臨めるカタナ250。

交換部品は早めに準備して今後に備えようと思います。


他で使っちゃう前にね♪



Posted at 2016/11/13 17:09:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | GSX250SSカタナ | 日記
2016年11月12日 イイね!

マフラーを純正にしてみる

マフラーを純正にしてみる先日カタナ250を購入したブログを書きました。

次回からはカタナの話題かぁ・・・ と思ったあなた。 甘いですねw

本日は予想に反してZZR1100を弄ることにします。

だれも予想なんてしてないでしょうけどね。 フフフ・・・


さて、自分のZZR1100ですが購入時よりビートのナサートR・・・かな? チタンのフルエキが付いていました。

このマフラー大きな傷もなく非常にきれいな状態ですがちょっと音が大きくなってきたようです。

先回の車検では音量で引っかかったためインナーバッフルを新作してもらいました。

いいオッサンが大きな音のするマフラーを付けているのもちょっと恥ずかしくなってきたのでノーマルマフラーを購入して付け替える事にします。


純正マフラーはオクで調達。

傷ものですが1,100円という爆安価格で出ていたのでそれを購入。

またタンデムステップホルダーも色を赤く塗ってあるものが1,000円で出ていたのでそれを購入。

これでマフラー交換の準備が整いましたのでやっつけてしまいましょう。


まずはカウルを取り外します。

その後ラジエーターが邪魔になるので取り外してしまいます。




ラジエーターを外すとマフラーのフランジボルトにアクセスしやすくなりますね♪

以前乗っていたZX9Rのマフラー交換時はラジエーターを外さずに交換をしようとしたためえらく苦労したのを思い出します。



フランジボルトの固着を心配していましたが全く固着はありませんでした。

というかどのボルトも結構緩かったです・・・

このマフラー付けた人、きちんと増し締めしたのかな?

まぁ今回純正に組み替えるから良いのですが・・・


ここまで来たら後は外して交換するだけです。

早速つけてみましょう。



はい、付きました♪

純正なので特に苦労もなく付きましたね。

苦労したところといえば・・・

重いのですよ、このマフラー。 ビートのマフラーの3倍くらいの重さでしょうかね。

しかも左側は分割無しなのでフランジを差し込む際にもう一本手が欲しかったですw


取り敢えず無事についてよかったです。

あ、オーリンズサスの調整ダイヤルは悩んだ挙句にここに決定。



そう、このZZR1100 贅沢にもオーリンズのサスペンションが入っているのです♪

でもこのダイヤルで何が調整できるのかを自分は知りませんw


後は冷却水を入れてカウルを組んで終了です。

完成~





ビートのマフラーはかなりカチ上げされていたことが分かりますね。

自分的には純正のどっしりした感じが好きですね。


しかしタンデムステップホルダーが赤いのは・・・・

これは後日シルバーか黒に塗り替えます。


さて、これで静かになったはずなのでエンジンをかけて確認してみました。

少し音量は下がったようですが劇的に静かにはなりませんでした。

やっぱり逆輸入車は音量大きいですね。。。


ともかくZZR1100マフラー交換終了です♪

外したビートのマフラーは持っていても仕方がないのでオクに出してしまいましょう。

今後の種たちの糧にしていきましょう♪


おっと何か届いたぞ?



カタナ用のバッテリーですが箱開いたらこれですよ。

こういうの大好きですw
Posted at 2016/11/12 15:05:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | ZZR1100 | 日記

プロフィール

「[整備] #ブーン OZラリーレーシングお色直し https://minkara.carview.co.jp/userid/425473/car/2482630/5001668/note.aspx
何シテル?   10/14 20:24
バイク、車をイジルのが大好きです。 実際はイジっているのか壊しているのか(笑) 最近コメント返信が遅れがちです。 ゴメンナサイ。 でも必ず返信しますので...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2016/11 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

愛車一覧

ダイハツ ブーン ダイハツ ブーン
2017.10.28納車 エスティマで通勤していましたが大きい車での通勤は燃費も良くない ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
ACR40Wエスティマから乗り換えです。 またエスティマですが不満なく乗れていたので購入 ...
ヤマハ マジェスティC ヤマハ マジェスティC
オークションにて購入した不動マジェスティCです。 初期型の3連メーターです。 色々と修理 ...
BMW R1100RS BMW R1100RS
2018.10.13 ZZR1100の次のバイクとして購入しました。 ツーリングなどに使 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.