• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

のぶPのブログ一覧

2018年03月31日 イイね!

自走できなくなったワイw

HIDリレー交換しようかなぁ~
あ、バックカメラが落ちてた(適当な金具だったw)から、取り替えよう
リヤガーニッシュ外そう


alt


やっぱ新しいリレーは反応違うわー
カメラも取り付けたしOKだねぇ~

リヤガーニッシュ戻そう~

ナットを締め締め・・・あれ?パネル浮いてね?

締め締め・・・

バキバキバキ

(ノ ̄□ ̄)




ということで、リヤガーニッシュのFRPが折れましたw

ってか、ネジが錆びていた時点で気がつくべきでしたが、相当リヤガーニッシュ裏が錆びており、きっと松本の(信州まつもと空港付近)塩カル地獄でなったんだろうな~と推測できますw


既に某サイトでリヤガーニッシュは手配しており、錆びついたネジなどは発注済み。
車体側は先程再塗装を実施し、車体側そのもののサビ処理も仕上げておきました。

まさかの年度末にBPをダメにするとは思わなかった・・・・
というか、経年劣化ですわねぇ(´・ω・`)

なんだかんだ言っても1万円位飛んでいきますし、来週も作業しなければなりませぬ。
とりあえず、セメダインで固定中ですが、仮に固定できなければ自走できません。

セメダインで1週間耐えてくれるかなぁ・・・


え゛ ? 新しい車買えって?




XV-HVどころか、冗談抜きで考えないとヤバイですねぇ ( ´∀`)


Posted at 2018/03/31 20:44:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 生活の日記 | クルマ
2018年03月29日 イイね!

ハイブリッドって何だったんだろう。

”ハイブリッド”ときいて何を思い浮かべますか?

車業界では”ハイブリッドカー” ”ハイブリッド方式”などと使っていますね。
辞書から引いたとおり「複数の方式を組み合わせた工業製品」そのものです。

だから、複数の方式であれば、ハイブリッドカーなので言い方によっては、

燃費が悪くても
加速が悪くても
応答性が悪くても
故障があまりにも多くても


複数の方式を採用した工業製品、つまりクルマであればそれはハイブリッドカーなのですよね。

見事に2013年に文字の通りを具体化してくれた富士重工業(現・SUBARU)

そして、見事に何一つメリットのなかったハイブリッドカー:XVハイブリッド


この5年間、XVハイブリッドというクルマを選んだ以上、何か良いものがあるだろうと探して探して探して・・・

やっぱり見つかりませんw
どうしても見つかりませんww


オイル漏れ、エアコンコンプレッサー故障、動力モーター交換、エアコンの配管漏れ、オートライト故障・・・

皮肉にも、2008年式のステラ(RN):もうすぐ10万キロと、同年式レガシィ(BP):23万キロが何一つ壊れていなかったものが次々と壊れていく素晴らしき”ハイブリッドカー”。


次期フォレスターでは、トヨタ方式のHVが搭載されるかも?という期待感が非常にある一方、FB20+10kWモーターを載せたこのモデルは一体何だったんだろうかと。


あと1,2ヶ月の間に次車を決めなければならない状況で、ふと感じています。

2つの方式を組み合わせたもの・・・

既存+故障 を組み合わせたハイブリッドカーだったのかもしれません(笑)
Posted at 2018/03/29 21:55:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | XVハイブリッド | クルマ
2018年03月25日 イイね!

謎の不具合

バックランプのお話です。

バックランプのHIDが突然点灯しなくなりました。
点灯するときと、しないときが半々くらいで、最終的には全く点灯しないという状況に・・・

点灯 → 3秒後くらいで消灯 という状態や、
点灯 → 3秒後くらいで高速点滅 という状態。


バラストやバーナーを変えても事象は変わらず、エンジンをかけていても、止めていても良ければ点灯直後に高速点滅が発生するほど。

バラストへの入力は
バックランプ → リレー → リヤのアクセサリーソケット裏からの分岐(つまりACC電源) となっていますので、
バック信号からのダイレクト入力ではなくて、アクセサリーからの入力になっています。

テスターで測ってみても、バラストの入力端子の電圧はバッテリー電圧とイコールになっていますし、アクセサリー回路は特別に何か繋いでいるわけではありません。
(直近で細工した記憶もない)

ということで、整理すると以下の状況。

・ リレーは動作しているし、電圧変化もない
・ バラストを交換しても不具合は解消しない
・ バーナーを交換しても不具合は解消しない
・ もちろんバック信号にも問題がない(カメラも、リヤフォグも点灯する)


で、原因不明のまま取った対策は以下の通り

・配線を短くした → 結果NG
→ これはバラストへ入力していた電源が少し長かったのでノイズの影響を懸念し短くしてみました。

・使っていない本来のバックランプ端子にLEDバルブを差し込んだ →結果OK
→ 使っていなかった本来のバックランプ端子(T20)にLEDバルブを差し込んで、HIDと同時点灯させてみたらあっさりと解決w

しかもHIDの点灯も早いし安定しているw

で、外してみても何事もなかったかのように安定しているという・・・


alt


ほんとに原因不明のまま勝手に解決しちゃいましたが、私の少ない知識だと以下の原因を推測

・放置していた本来の端子がむき出しだったので、ノイズを拾っていた?

→ ビニルテープ巻にして露出を消し、バラストから遠ざけて配置(一応w)

・振動と共にずれたバックランプの端子がアースに落ちていた?

→ 嫌な話ですが、バック信号が変な形で金属部分に触れ、端子のアースとバックドアの金属部分が変な風に接地してしまっていた可能性もあります。

現に解決した対処が本来のバックランプ端子なので、ノイズかなぁ・・・と自分自身を納得させるしかほかないという現状w




まぁ、そもそもバックランプに直視できないほど明るいHID 35Wをブチ込んでいるのが悪いんですがねw


ということで、23万キロ超えてからの世にも奇妙な事象でした。

Posted at 2018/03/25 20:11:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | レガシィ | クルマ
2018年03月18日 イイね!

祝! 23万キロと牙をむくNEXTRY

alt


おかげさまで本日23万キロ達成しました!

松本に居たときと比べると、かなりの比率で走行距離が落ちました。
ただ、転職してからエンジンに火を入れない日がないほど毎日動かしていますので、スポーツシフトが動作しないとか、わけのわからない不具合は完全に消えています。

やっぱり今まで毎日動かしていたクルマというのは、長期で休ませるとロクなことが起きないんですね(笑)


さて、掲題の話になりますが、昨シーズン・・・といっても製造年月からいえば1年経っていませんが、浦和西警察署にお世話になったバースト事件で、急遽仕入れたブリヂストンのNEXTRYの件。
今シーズンも活躍するであろうと見込み、既に夏タイヤとして稼働中です。

で、昨シーズンはさいたま市の町中をドライブする程度でしたので、今シーズンは交換した以上は”それなり”の使い方をしないともったいない!ということで、早速お山に出掛けてきたわけです。

結論から申し上げますと、このタイヤは安いが凄いw
正直POTENZAがどの程度かわかりませんが、BPに入れたタイヤ史上最強のグリップですw
では何故にそう感じたのか・・・

事の発端を整理すると、23万キロだ~わー と浮かれた矢先に、リッターバイクに抜かれました。
で、平常心を保ちつつ工事につき規制されていた信号の、先頭で待っていたわけです。

交通ルール通り、停止線の手前で待っていたのにも関わらず、次から次へと大型バイクがオレンジラインを超えて、停止線より先に並び始めるわけですよ(わたしのBPを抜いて)

3台目が追加されたあたりかな・・・ 30歳手前にして恥ずかしい限りですが、ピッキーンと頭が切れまして、
どうでしょう並に信号が青になった途端に戦闘開始ですよ。
(大泉さんは突っ込んだけどw)

体を斜めにしてカーブに突っ込んでいくリッターバイク3台。
そしてピッタリと追従する23万キロのBP(しかも2.0L NA SOHC)

一切スキール音を出さず、ブレーキタイミングではガッチリと路面を掴むNEXTRY。

途中から完全に楽しくなりましてねw
ミシュランのPRIMACY-HPでは決して味わうことの出来なかった領域に踏み込めました( ´∀`)


私の持論ですが、

ポルシェに抜かれても、”お互い水平対向エンジンだからBPも行ける”
レクサスに抜かれても、”お互いマフラー2本出しだからBPも行ける”
バイクに抜かれても、”こっちはタイヤ4本あるしグリップはあるからBPも行ける”

という持論でここまでやってきましたがw 今回のドライブでは特にクルマの基本性能もしかり、タイヤの凄さに驚かされました。


切り始めとか、曲がり始めはやっぱりエコタイヤの特性なんですよね。
少し心もとないというか、最近のエコタイヤらしくセンターが出ないようなふわっとした切り始め。

ところがどっこい、リッターバイクを追いかけ回せるほどグリップが強いとは思いませんでしたw

DIREZZAを使った方、あるいはそのランクのタイヤを使った方なら体感があると存じますが、表面のベタつきがありますよね。
あれが多少出ていて(小石が付くほどではない) それでいて静粛性もそこそこといった感じです。

距離数が死んでる? 安タイヤだから性能が悪い?
とんでもない!

1本1万ちょいでも結構な性能が手に入りますよ。


というのを感じた今日此の頃です。




さて、ブログにはしませんでしたが次期車(XV-HV)の後任選びを進めています。
既に試乗やら見積もりやらを始めていて、順次決まり次第ブログにしようと思います。( ´∀`)
Posted at 2018/03/18 19:59:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | レガシィ | クルマ
2018年03月03日 イイね!

折れてしまっていたw

さて問題です。

この部品がなんだか答えられますかね?w




たぶん、BPに乗っている方(乗っていた方)なら多分目にしたことがある部品だと思います。
(ってか、絶対に見てるはずw)

自分のはいつの間にか画像の通り折れてました・・・・(´・ω・`)

調べたところ、1000円ほどで買える部品なので、早速注文しましたw
明日には届くかなーと・・・

まぁ、普段無くても困らないですが、使いたいときに無いと気分が萎えますね~
今回直しておくことにしましょう。( ´∀`)



最後まで答えを書きませんでしたが、わかりますよねw


・ BHにはあって、BEには無いもの
・ BPにはあって、BLには無いもの
・ BSにはあって、BNには無いもの
・ BRにはあって、BMには無いもの

XVにはなかったはず・・・ SJフォレスターにはあったかなぁ・・・
Posted at 2018/03/03 20:07:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | レガシィ | クルマ

プロフィール

「どう考えても300万~350万位のクルマしか買えない。となると最早スバルに選択肢がなくなるわけでw」
何シテル?   11/13 19:59
群馬(太田) → 埼玉(杉戸町) → 群馬(太田) → 長野(長野市) → 長野(松本市) → 埼玉(さいたま) → 群馬(太田) と、暑いところから寒いところ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

歴代の携帯と機種変考え中。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/22 19:56:12
東京オートサロン2018レポート その2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/22 07:28:00
15日でガス抜けた(´Д` ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/01 01:20:18

お友達

メーカーは特に問わず・・・というかクルマ全般好きなので、お誘いいただければ幸いです。

あとは、ブログやSNSの”本質”・”常識”を理解して頂ける方、並びにご本人なりの理念をお持ちの方、難しい人間かもしれませんがよろしくお願いします m(_ _)m
61 人のお友達がいます
タビトムタビトム * かむっかむっ
HikkyHikky 伊 織伊 織
ゆうき@4stMINI+zc11sゆうき@4stMINI+zc11s 飲茶飲茶

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
2008/9/27に納車しました。総走行距離21Kmからスタート! Spec.B顔+ツイ ...
スバル ステラ スバル ステラ
RN1 H20年式 カスタムR Limited C型 WRブルーです。 今は親父がメイ ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
2018/06/30 梅雨明け発表の翌日、クソ暑い中新車注文しました! 2018/08/ ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
H22年式 レガシィB4 2.5i アイサイトです。 伯父が乗っておりますが、ほぼ長距離 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.