• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ノッシーのブログ一覧

2010年01月29日 イイね!

本当に自動車保険って大丈夫…?

本当に自動車保険って大丈夫…?一応、僕は何やかんやで、資格を6つほど
持っています(^^)

もっとも、あっちこっちとプラプラとしていた時に
習得したものが多くて、今になっては、
ほとんどがペーパー免許と
化しておりますが…f(^^;)

まぁ資格をいくつか持っているせいか、
保険に関する相談も友人から事故の相談を
受けることが多いのですが、どれもこれも、もうちょっと話し合いを
スムーズにさせれば損をしなかったのに…と
感じることが多くて…

ですから、こんなことをクルマ雑誌の実例と説明で
掲載してあったら面白いなぁ…という思うネタを1つ…(^^)

事故にあった時に、加入している保険で処理してもらおうと
思う人がほとんどだと思いますが

保険会社の担当者の対応のサジ加減によって
事故をした人が大幅に免許において減点されたり、刑事罰を受けてしまったり
割の合わない損害を受けたり、なかにはのらりくらり交わして時効に持ち込まれたりと…

不満に感じたことがある人も多いかと思います

とくにヒドい会社は…ここでは言えませんが…
実際に僕が体験したことなのですが某社の自動車保険に入っていて、
人身事故を起こした際に事故処理に当たった埼玉県の越○警察署の警○官と結託し
もう少しで殺人未遂犯に仕立て上げられそうになったことも…

保険金をできるだけ支払わないようにするために
そんな担当者もいるくらい、僕らの周りにいる業界人たちは
「保険会社は信用しても信頼するな」と…

だからこそ保険会社をキッチリと選ぶが大切ですし、
できるだけ顔と顔を付き合わせてお話が出来る保険代理店を利用するのが
一番だと僕なんかはつね日頃、思います…(^^)

さて、事故に遭遇した際
よく加害者や被害者の両者が「保険会社に任せているから大丈夫」と
口にするケースを多く見られますが、実はコレって「めちゃくちゃ危険な行為」なのです

なぜなら、法律の上では加害者と被害者との話し合いにより
責任割合や賠償金を決めることになっており

保険会社が勝手に決められるものではなく

また加害者と被害者との賠償責任について協議し仲裁して話をまとめる場合も
法的に代理人になりえる資格を持つ人、

つまり、弁護士や裁判官など法的従事者でなければならないため

保険会社の単なる社員が仲裁協議をして勝手にまとめてしまうと、
簡単にいってしまえば、弁護士法違反に当たる可能性が高い…

そのため、ある一定のレベルを超えて、双方のどちらかがごねた場合には
保険会社の社員は積極的には動けないというのが現実

だから保険会社はある程度の段階にいったら、行動を止めてしまいますので
その点を加味しておいた方がいいと思います…f(- -;)

もし、それを理解していないと…

当然、加害者は誠意ある行動が見られないと思われて、
刑事罰が重くなる可能性が高くなります。

一方、被害者の方は事故に関することを放置していたと言うことで
黙認し容認したことになりますので、損害賠償額が少なくなる場合もあります

ですから、できるだけ加害者と被害者で話をまとめていくというのが
本当はベストな選択なのですが…

感情論になると、まとまるものもまとまらなくなる可能性がありますし

勝手に加害者と被害者と話をまとめられると保険会社としては
出費が多くなってしまう可能性が出てくるので、
できるだけ抑えようと思うために、色々と工作してくる可能性も出てきます

では、ベターな選択方法は…僕なんかは事前に保険に加入する段階で
弁護士特約を付けるのが良いと…

つまり相手がごねて、なかなか示談に応じない場合には弁護士特約を利用して
先方に交渉を促してもらうよう保険会社に依頼をして
保険の契約内のなかで相手に会わなくても示談交渉を円滑に進めていくことが
可能になります

さらに弁護士特約が付いていれば…

かりに保険会社がこちらの弁護士依頼に応じない場合には契約違反になるので
逆に保険会社を契約違反条項で裁判するという手で無理矢理に動かすという
手段をとることも…

ですから、犯罪に触れるような行為でなければこちらの依頼要求に対して
保険会社を動かせることが可能になります…

したがって保険会社の担当弁護士に動いてもらって、話を進めていくという方法も
選択肢として持てる訳なので、心にも余裕が生まれてきます(^^)

本当はもっと、もっと詳しくお話をしなければ誤解を生んでしまうのですが、
スペース上に制限があるため、あえてかいつまんでお話ししました(^^)

したがって僕が書いことは内容につきましては読まれた方の判断にお任せしますし
無責任のようですが、ココに書かれていることでトラブルになったと言われても
一切の責任は負いませんので、ご理解くださいm(_ _)m

ただ、もう一度、自分の自動車保険は、どうなっているんだろうと
確認することも大切だと、ふと思ったので、ブログに書いてみましたよ…f(^^;)
Posted at 2010/01/29 16:54:34 | コメント(10) | トラックバック(0) | 日記
2010年01月28日 イイね!

自動車雑誌を引っ張り上げた立役者の一人が…

自動車雑誌を引っ張り上げた立役者の一人が…たまたま昨日、僕の精神的に爆発している一方で

イエローハ○トの創業者の鍵山秀○郎さんとは若い時に
デトロ○ト商会というパーツ屋で一緒に汗を流し

その後、古巣である内外出○社に入ってからは
創業直後から月○自家用車という雑誌の販売や
広告営業に尽力し、
内○出版社の初代社長の葬儀委員長を務めたり

独立した後はカービ○トという雑誌をつくるなどして

クルマ雑誌の業界の風雲児と呼ばれながら
常に自論展開しながら本気でクルマ雑誌業界の復活を信じ、最後の最後まで
クルマ雑誌業界を何とかして盛り上げようとしていた人が享年75歳で
お亡くなりになったという連絡を受けてショックを受けました…

実は晩年の4年間は、その人のところの一部をウチの会社の
東京事務所としてまかりし、交流を持っていました。

しかし、その一方で、僕の知らないところでチョコチョコと工作し
色々と迷惑をかけられたりすることもありましたので
何度も僕がその人に対して怒って抗議したことも…

ただ、さすがに僕も去年の秋口にガマンが出来なくなり
ウチが東京事務所を引き払うことになってから約1ヶ月後に
その人が急に脳梗塞で倒れられ、昨日まで意識が戻らないまま
この世を去っていってしまいました…

ちなみに後々倒れた原因を聞いてみると、
ウチに制作費を払ってくれない出版社の担当者と口論になり
いきなりプッツンといってしまったようで…

正直、その担当者の非人間的なやり方というか、
自分だけ何とかなれば良いという行動に対しては憤りを感じ、
今月末に約束が実行されない時には
法的手段による吊るし上げしかないなぁと思うくらいの行動を…

さて、確かにアクの強い人で、色々な人が泣かされていたことも事実ですが

変なところで親分肌だったり可愛げあったりと人間臭い部分も持っていたので
なぜか仕方なくながらも付き合ったり、応援していた人も多く、

かなり年上の人にこんな言い方をして失礼ですが、僕も何度も激怒しながらも、
どこか可愛げある部分に対してついつい許してしまい、
ズルズルと4年間も付き合っていきましたが…

まぁ実際に亡くなってみると、やっぱり寂しいものです…f(- -;)

確かに迷惑をかけられた部分も多分にあるため心から好きにはなれませんが

しかし、どんなカタチであれ、彼がクルマ雑誌業界で50年間も頑張り続け
倒れる瞬間までクルマ雑誌業界を盛り上げようとしてきたという実績は
本当に素晴らしいことだと思っておりますし、その点は尊敬をしています

もうすぐ僕は39歳…2月を迎えると、また新たな歳を重ねていきます…

今となってみれば、水道橋にあった東京事務所も遠い過去のこと…

僕も、どこまで頑張れるかわかりませんが
クルマ好きな一人として、ずっとクルマに関わって生きていければいいなぁと
思っております(^^)
Posted at 2010/01/28 16:53:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2010年01月27日 イイね!

久々に大爆発…

久々に大爆発…最近、疲れがたまっているせいか
大爆発を…

携帯の液晶は壊れるわ、

シグマのリヤスポに付いている
ストップランプを割るわ、

仕事上でミスが発生するわ

企画書を渡していたものを先方の人が無くすわ

支払いはされていないわ、

税金の取り立てられわ…

胃と心臓が痛い思いをしております…f(- -;)

そんな時に…めちゃくちゃ運転をしているヤツに出くわし
まるで、ぶつかるように割り込んできたものですから
メチャクチャ頭に来てしまい、信号で止まった際に…

つい少年時代の文部省の規定に外れていた時の血が騒いでしまい…f(^^;)

僕もカーときていたので、みさかいがなくなっていたのかもしれませんが
それこそジ○ガーから出てきた人はその道の職業の方が出てきまして…f(^^;)

でも頭に血が上っている時には、バリバリの大阪弁で迫っていたら
「すみません」と言われてしまって、いきなり戦意喪失状態に…f(^^;)

後で同乗していた人に、「ノッシー、人を殺すような目をしていたよ」と言われて
僕はビックリ…f(^^;)

とはいっても、僕が大阪の高槻市に住んでいた時には、近所で
クルマのトラブルによる射殺事件に発展したという事件が発生したり
刃物を振り回して大けがしたという出来事があったので…

それに、もしそういう事件になっていたら、かみさんを泣かすことにもなるし…

まぁ、埼玉で良かったなぁと思いつつも、会社は大変でも、
少しゆっくりと休まなければ…と自覚した出来事でした…
Posted at 2010/01/27 20:55:43 | コメント(13) | トラックバック(0) | 日記
2010年01月26日 イイね!

若者はクルマに興味がない訳ではない?

若者はクルマに興味がない訳ではない?そうそう数日前、リサーチのため
原宿に行ってきたときのこと…

たまたまかみさんが休みということもあり、
一緒に連れて出かけましたが

あらためて原宿というところを見ると
昔に比べて、寂しくなってしまったなぁと感じてしまいました…

というのは昔に比べると原宿には若い人よりも
アラサーやアラフォー世代と呼ばれる人が多くて…
若い人が形見の狭い思いをして歩いているような感じがしたから…

またクルマも昔のような個性的なクルマが少なく
ドノーマルなクルマが多くて…

昔のどこかの雑誌で、原宿に新車をおいて、どれだけ女の人がクルマに
興味を持つかという企画もありましたが

たまたま「おっと、すげーじゃん」と思うクルマにも
誰も見向きもせず、ただ目的地に向かってある人たちを見てるだけ…

よっぽど、ウチの地元の方が若者に活気があるなぁ…と思いました(^^)

こうして見ると、若者はクルマに関心がないと思ってしまうかもしれませんが

実はその一方で、若者はクルマに興味がないという訳ではないということも感じております

というのも、最近、みんカラなどのSNSを通じて25歳前後の人たちと友達になり
彼らと集まって語り合ってみましたが、

やっぱり一番何したいと聞くと「クルマでドライブしてみたい」と答える人が多く
そう答えた人に「なぜクルマを持たないの?」と尋ねると、
「税金などがかかるから維持費が大変」と答えるケースが多くて…

でも、「友達がクルマを持っているのであれば、それに便乗してどこかに行きたい」と
思っているようです…

昔は自分のクルマ、自分の部屋、自分の家…というように「自分のもの」を持つため
必死になって努力してきましたし、

僕も欲しいものを実現するためには、それこそ自分の時間や、やりたいことを犠牲にして、
必死になって頑張ってきたのですが

今の若い人たちは、「その瞬間だけ間に合えば、別に人のものを借りれば良いじゃない」と
ある種、合理的で、無駄がない考え方をしているんだなぁ…と

もっと言ってしまえば長期プランを考えて生きていくよりも目の前をクリアしていき
いずれ親がいなくなれば家もクルマも手に入るから無理しなくても良いんじゃない?と
思えるような発言をするのでガックリ…

幸いにも、ウチのスタッフや今、みんカラで繋がっているお友達の方から
まだまだ昔の香りがいますが、興味本位で覗いていく人やメッセージをくれる人は
そんなこともないのかなぁ…と寂しく感じこともあります


Posted at 2010/01/26 11:15:51 | コメント(19) | トラックバック(0) | 日記
2010年01月25日 イイね!

色々とバタバタとしています…

色々とバタバタとしています…先週の週末あたりから
色々とバタバタとしておりますm(_ _)m

そのためコメントが疎かになってしまって、すみませんm(_ _)m

実はココ最近、新メディア構想の関係で
神奈川の方まで出かけ、
帰りは川崎経由の下道で帰って来たりと、
色々と動いている状況なのです…f(^^;)

ところで、もうご存知の方もいらっしゃいますが
KDDIの筆頭株主がジェイコムになりましたよね…

それと、出版の販売物が2兆円を割るというニュース…

恐ろしいですが、本格的にクルマ雑誌業界も
激震がありそうな状況が見えてきました…

しかし、しかし…新メディア構想を考えている人たちにとって
クルマというジャンルのコンテンツは大変魅力的であるそうで…

なぜなら言葉が通じなくても、
クルマという分野のコンテンツは見て理解できるため
とりわけ新興国に対するアピールは大きいものがあると…f(^^;)

そういう話を聞くと、僕にも将来があるのかなぁ〜と…(^^)

それにしても、クルマ好きは世界中にいるものなんですね…(^^)

もしかすると、今年は色々なところから、
色々なクルマのメディアが誕生するような、そんな予感をする気がしてなりません(^^)

ですからクルマ好きな人にとっては、昔のように見て楽しむ時代が
やってくるかもしれないと思ってしまいました…(^^)
Posted at 2010/01/25 20:03:55 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「カーオブザイヤー組織との裁判所での対決 いよいよ判決に向けて http://cvw.jp/b/427650/38925849/
何シテル?   11/28 11:03
クルマのメディアを中心に活動している貧乏オヤジです(^^) 編集プロダクションの社長でありながら カービートというクルマのメディア(電子本カービー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

悪役のイラストとか♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/16 20:43:20
午前中は運転手でした。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/11/09 09:13:56

お友達

クルマいじりが好きな人と情報交換ができれば、助かります。何卒、宜しくお願い致します。
132 人のお友達がいます
じおんぐじおんぐ * kazu530kazu530 *
kotaro110kotaro110 * てつ230てつ230 *
だまち @製造初年1981だまち @製造初年1981 * ナカガーナカガー *

ファン

151 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 シグマ 三菱 シグマ
相棒は平成元年式のギャランシグマです。 そろそろパーツを集めて、末永くつきあっていこう ...
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
昔、雑誌で活躍していた燃えて死んでしまったC230を復活させるため、同じ型のクルマを手に ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
平成17年式の実家のクルマです。とはいいつつも、時々、コイツでお出かけします。実は50系 ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン
かみさんのクルマです。最近、ちょくちょく利用させて頂いておりますので、加えさせて頂きます ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.