• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ノッシーのブログ一覧

2013年05月30日 イイね!

クルマのパワーを改めて知りました

クルマのパワーを改めて知りました1週間のご無沙汰になってしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

またコメントや返信ができずに、すみませんm(_ _)m

実は…お恥ずかしながら、

「Gulf 東京ノスタルジックカー2&4フェステイバル2013のイベント内カービートの野外勉強会」

終わった次の日から、一気に左肩の痛みだけでなく、胸の苦しみも相まって、昨日まで寝込んでおりました…f(^^;)

僕の異常に気がついたのは、何とカービートの総務関係を見てくれている木村さん…この方もクルマ好きではありますが…

実は、Gulf 東京ノスタルジックカー2&4フェステイバル2013のイベント内カービートの野外勉強会においても、陰ながらチェックをして頂いて、僕の携帯メールをしてきて、至らないところを僕に指示出しをしてくれたりと…

でもシャイな性格のあまり、皆さんには気づかれないようにしていたのですが…f(^^;)

さてさて、僕が相当にボルテージが上がっているため、ヤバいと思ったのでしょうね…なかなか事務所などの方に顔を出さないから昨日、心配してくれて自宅までやってきてくれて

ぶっ倒れている状況みて、色々と食糧の買ってきてくれて…

「本当に手間のかかる子供で、すみませんm(_ _)m」と、僕は謝っておりました…f(^^;)

ところで…
Gulf 東京ノスタルジックカー2&4フェステイバル2013のイベント内カービートの野外勉強会

ノスタルジックカーショーの実行委員長の関さん

カービートの副編集長を務める.REOさん
https://minkara.carview.co.jp/userid/725926/blog/30151327/

謎のスカG乗り方や

愛知県の堀さんや加藤さんたちにも助けて頂き

ベストカーの編集部の人間たちも加勢して頂いた上に

シルバーアローSD4Rさん
https://minkara.carview.co.jp/userid/781303/blog/30140079/

安藤健二 さん
https://minkara.carview.co.jp/userid/1714744/profile/

にも、お目にかかることもできまして

本当に楽しいイベントになりました…ありがとうございますm(_ _)m

そうそう、Gulf 東京ノスタルジックカー2&4フェステイバル2013のイベント内カービートの野外勉強会にいらっしゃった方

さぞかし裏話が聞けたかと…

例えば、元マツダの小早川さんは
「4ローターで767Bが最後だったはずのに、もう1年、もう1度だけということで787Bで出場したら日本初のル・マン優勝を体感できた。簡単に諦めてはダメなのです…」

S30のプロジェクト主管の武井さんは
「本当はプリンスと日産が合併した時、セドリックとグロリアのように兄弟車となって、スカイラインは無くなるはずだったんだよ。そのために、日産ローレルが登場したんだから…」



日本維新の会の中田宏さんとも親睦のある平成立志社の中村崇さんは

「クルマの税金は、国や自治体にとって美味しい財源です。トータルで約10兆円の税収がありますから、

政治家も官僚も、自分たちの集票だったり天下り団体への資金投入のためには、クルマにかかる税金をおいそれと離したく訳がないのです…それにTTP問題…

橋下徹氏が騒ぎになっている、今の政治家の裏側は…」



あまりにも、裏話を披露し過ぎて、後でメーカーや政治家たちから恨まれてしまうのではないかと、ヒヤヒヤと…f(^^;)

でも、コレがカービートらしいところかもしれませんが…f(^^;)

余談になりますが、今、カービートの方で取材してきた動画をピックアップしておりまして、少しずつアップロードをしている最中です

Gulf 東京ノスタルジックカー2&4フェステイバル2013(準備風景) CarBeat

http://youtu.be/VUA45zNm-h8



Gulf 東京ノスタルジックカー2&4フェステイバル2013(土1)CarBeat

http://youtu.be/famk6t-9v4E



Gulf 東京ノスタルジックカー2&4フェステイバル2013(土2)CarBeat

http://youtu.be/sHpC0oAPvA0



よかったら、どうぞです(^^)

ということで、今日も頑張って生きたいと思いますよ(^^)v
Posted at 2013/05/30 10:46:05 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2013年05月24日 イイね!

Gulf 東京ノスタルジックカー2&4フェスティバル2013in 袖ヶ浦フォレスト・レースウェイの参加準備で…

今日はいつも以上に、せわしなくしているノッシーでございますm(_ _)m

コメントや返信ができずに、申し訳ありません

Gulf 東京ノスタルジックカー2&4フェスティバル2013in 袖ヶ浦フォレスト・レースウェイも、いよいよ明日から…
http://www.nostalgic.co.jp/tokyo2013/index.html

カービートもそれに伴い、特設会場で
Gulf 東京ノスタルジックカー2&4フェステイバル2013のイベント内で、カービートの野外勉強会を行うため

色々と大変でして…f(^^;)

ただ、今までカービートが掲げております
「クルマ産業が元気になれば、日本が元気になる
 クルマ文化が盛り上がれば、希望あふれる日本になる」


講師は元 北米マツダ副社長 小早川隆治さん
(日本初 ルマン優勝 マツダ787Bの車両の前で)

元 日産自動車 顧問 日産自動車車両実験部S 30フェアレディZプロジェクト主管  RJC 元会長 武井道男 氏
(S30フェアレディZの前で)

日本新党 広報部次長(細川護熙内閣総理大臣)や新進党広報部
衆議院議員 岩國哲人氏の秘書を経て、2010年に前 杉並区長 山田 宏 氏、前横浜市長 中田 宏 を中心に結党された日本創新党にも参画し、日本創新党選対副委員長 日本創新党 幹事もされました、スパリストでありカービートでも連載中の、

平成立志社 代表 中村崇さんも、

クルマという視点から参議院議員選挙前の、現在の政治経済の裏話も話して頂く方向でこざいます(^^)

進行スケジュールの方ですが

10:00~ カービート編集部からのご挨拶

10:30~小早川さんのルマンでの日本初の勝利の秘訣

12:30~武井さんよりS30Zの開発の裏話

14:00~中村崇さんのクルマでの日本元気計画


そのほか、RJCカーオブザイヤーの選考員などにも声をかけまして、クルマの面白さ、楽しさなどを直接、皆さんとディスカッションしながら交流を図れるよう、準備しております。

またカービートの取材班だけでなく、懇意にしておりますベストカーさんの取材班、僕の大学時代のテレビ局関係者たち、また新聞記者(とは言っても、政治記者が多いですが…)にもお願いし

参加された方々、いい思い出の場になるように…

さらに希望日本で知り合いましたfacebook交流会のお仲間たち、一般財団法人 日本学力検定協会の塩野時雄 理事長や平成立志社 中村崇さんなどに声をかけて、「クルマで日本を盛り上げる」ために、日本全国の大学生や専門学校たちから、国家官僚や政治家たちまで訴えていきたいと思います

さらには、ノスタルジックカーの保護のため、多くのクルマ好きな方々が、もっとクルマと親しくなれるよう、自動車税などの税金の軽減を、カービートとして大きな声で訴えるための場にしたいと思っております。

もちろんGulf 東京ノスタルジックカー2&4フェステイバル2013に、入場された方や参加されている方、全員は無料で聴衆できます。

ということで、明日とあさって向けて、頑張って生きたいと思いますよ(^^)v
Posted at 2013/05/24 12:58:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2013年05月22日 イイね!

RJCカーオブザイヤーでおなじみの「RJC」の定例総会で、理事になりましたm(_ _)m

今日もバタバタとしているノッシーで、ございますm(_ _)m

昨日、RJCカーオブザイヤーでおなじみの「RJC」の定例総会がありまして…

一般の会社で言うところの「重役」や「役員」にあたる理事という大役に、就任しましたm(_ _)m

これもみんカラを通じて、またカービートを応援して頂いている皆さん、色々と助けて頂いている小早川さん、武井さんをはじめRJCの会員の方々、自動車メーカー…本当に、皆さまのおかげでございますm(_ _)m

今だからお話できますが、RJCの理事が決まるまで、ドラマティックなことがたくさんありました…f(^^;)

RJCの組織の理事は2年1度、改選があり…というよりも法人組織のため、株式会社などと同じで2年1度、役員メンバーの見直しがあるのですが、

通例ですと3月に次期理事が決まり、5月に定例総会で承認されて理事になるというのが定例なのですが

今年は乱戦となり3月時点で決まらず、4月の時点で定数6名のところ、僕を含めて理事候補が7人となり、昨日の定例総会で決定選で最後の最後まで、もつれにもつれまして…

僕も7人の1人の理事候補になりましたものですから…というよりも、

「クルマが元気になれば、日本も元気になる
クルマ文化が盛り上がれば、希望あふれる日本ができる」

と、カービートで掲げている以上は、どうしてもRJCの会員だけでなく、自動車メーカーの人たちなどにも理解をして頂き、クルマ文化の活性化を図りたいと思い、これまで必死になりまして訴えて参りましたm(_ _)m

ここ最近の弱音も…実は、そうした気持ちの表れでして…

何せ1人だけ、なれない訳ですから

でも、カービートの副編集長を務めて頂いている.REOさんの言葉…
https://minkara.carview.co.jp/userid/725926/profile/

「自分(.REOさんのことを示す)のことや見栄や外聞などに構わず、絶対にRJCの理事になって、クルマの世界を変えて下さい。そしてRJCの理事になって、光の当たらなくても必死になってクルマを愛し、一生懸命に汗を流している人たち

それこそネジを作られている町工場のオヤジや、塗装工、修理屋さんなどにもスポットが当たるようにするために、頑張って下さいよ。

そのために、自分が多少の犠牲を払ってでも応援しますし、手が回らないところは俺がカービートを援護射撃して支えます。

下の人間が頑張っているからこそ、上の人間を下の人間が支えているからこそ、上の人間が脚光を浴びて、上の人間が良い思いができる…

下の人間に、上の人間が感謝をし、また上の人間が下の人間を引っ張りあげる…

そんな社会にしていかなければ、良くならないし、いつまで経っても良くならない…それを知っているノッシーさんだから、

「1人は皆のために、皆は1人のために行動しよう」と訴えているノッシーさんだから

どうしても俺は上に行ってもらい、変えてもらい、もっとクルマの楽しさだけではなく、魂のこもったものであることを訴えて、変えて欲しいんですよ。

だから是非、負けないで、折れないでRJCの理事になってもらい、上の人間に訴えて欲しいんですよ、この混沌としたクルマ業界を変えて欲しいですよ…」

要約しますと、こんな話を、この3カ月間、しばしば毎日毎日、2時間以上、電話で話す時もあれば、直接対面という方で話し合い…

正直言いますと、カービートの副編集長を務めて頂いている.REOさんの犠牲のもと、踏み台にするようなカタチにして良いのだろうか…

本当に悩み苦しみました…

でも、.REOさんの「自分は傷ついても、どうなっても良いから、負けないで前へ突き進んで下さいよ」と一言で覚悟を決めまして

カービートの副編集長を務めて頂いている.REOさんをドロをかぶせることもして、正直言ってしまえば、RJCの理事の席を勝つ取ったようなもの…

何せRJCの組織は、たださえ平均年齢で言えば60歳以上の団体で、三本和彦さんなどを筆頭に、また元北米マツダの副社長の小早川さんや日産自動車 元顧問の武井さんのように

層々たるメンバーの中で、電子本のカービートのCD版の零細出版社なんて、吹けば飛ぶような存在…なおかつ僕は、年齢的に42歳と実は下から数えて3番目の人間が

大御所たちを相手に理事選に挑む訳ですから、本当に精神的に折れかかっても当然だと、僕は思うのですが…

でも、今回の僕は負けなかった…なぜなら仲間がいるから…

カービートの副編集長を務めて頂いている.REOさんが
https://minkara.carview.co.jp/userid/725926/profile/

時には盾となり、矛となり、支えて頂いたから

そして、みんカラでもおなじみの咲川めりさん
https://minkara.carview.co.jp/userid/289016/profile/

平成立志社の代表の中村崇さんも

一般社団法人 日本学力検定協会の塩野時雄 理事長も

師匠や小早川隆治さん、武井道男さんをはじめとするRJCの方々…

さらに、愛知県の堀さんというカメラマンさん

その他、多くの方々に支えられてカービートに応援してくれた方々がいたから

ADHDという発達障害を持った僕が、埼玉県吉川市でアタマがオカシイと言われ、周囲には理解されなかった僕が
https://adhd.co.jp/about/symptom_adult/default.aspx


皆さんの期待と希望によって、RJCの皆さんのご支持をうけまして、僕はRJCの理事を大役を拝命することになりましたm(_ _)m

さてさて、さらにドラマティックなお話が…

電子本として生まれ変わったカービートを創刊から支援してくれ、僕をRJCカーオブザイヤーの選考員として推挙して頂いた、僕の師匠である青池武氏

実は今回のRJCの定例総会で、理事だけでなく副会長になり

そして、カービートとして連動して「スピードマインド」の方で動いて頂いております、元スピードマインドの編集長である飯塚 氏はRJCの会長に就任致しました

さらに、いつもアドバイスを頂いている自動車市場情報社の社長の植木 氏は継続して事務局長へ

モーターマガジンの元編集長であり、昔、テレビ東京で「モーターランド」という自動車番組の司会者をやっていた神谷 氏も僕と同じ理事に

カーグラの編集だった道田氏も理事として…

さらに、さらに…

確かベストカー創刊時の編集長であり、ベストモータリングの社長だった正岡さんもRJCの会員になるなど

つまりカービートの勢い、皆さんの応援が、大御所の中で、RJCの理事に持ちあげて頂き、僕がさら一歩大きな活動させて頂く場を与えてくれた…

本当に、皆さんには感謝するとともに、コレからさらに「クルマ文化」を盛り上げていくために、「勝って兜の尾を締める」ではないですが、

応援して頂いている、支援して頂いている方々の期待を裏切らないよう、それに答えられるように精進し、カービートをさらなるステージへ進むため、

皆さんとともに協力し合い、頑張っていければ良いと思っております。

本当に、皆さん、ありがとうございます。

今日もイケるところまで、生きたいと思いますよ(^^)v



http://youtu.be/Hi5K8yqLSD8
Posted at 2013/05/22 09:27:02 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2013年05月17日 イイね!

三菱自動車の記者会見へ行き、ホンダの緊急記者会見、インターネットTVの生出演の1日でした…

今日も飛び回っていますノッシーでございますm(_ _)m

本当に色々と時間がなく、それ以上にカービートのスタッフ、関係者も疲れております…

何せ、カービートの皆、ほぼ48時間の一度ペースで仮眠を取る状況…
自動車出版社のように、マンパワーも資金も力もなく

ただ情熱のみで戦っている状況

自動車出版社の社員は安定した給与をもらい、有給があり、交通費などは全て会社もち…

なおかつ与えられた仕事だけしていれば良い…

そんな厚遇の中、戦っているのですから仕方ありませんよね…

稼ぎもも、自分たちが努力してカービートを認知してもらい、買って頂いて、それで夢を実現して言っている訳ですからね…

僕は、カービートの仲間には、本当に頭が下がる思いで、いつか、皆と笑う日を目標に

カービートが訴えてきたこと

「1人が皆のため、皆が1人のために動けば、自分も含めて全員が幸せになれる」

そして、

「クルマが元気になれば、日本も元気になれる。クルマ文化が盛り上がれば、希望あふれる日本になる」

しかし、だんだんと僕らが言っていたことが、本当になってきたと思いませんか?

僕が大昔に書いてブログを読んで頂ければわかりますように
一緒に頑張っていこうと思っていた自分の会社の社員たちに裏切り合い

そして持ち逃げされ、横領され…

僕と一緒にいたら自分の利にならない思った人間たちが離れていき

1人のカービートだったけれど、

それが僕のブログを読んで頂き、人の痛みを良く理解されている

みんカラでもおなじみの咲川めりさん
https://minkara.carview.co.jp/userid/289016/profile/

そして、カービートの副編集長を務めている.REOさん
https://minkara.carview.co.jp/userid/725926/blog/29852347/

平成立志社の代表の中村崇さんも

一般社団法人 日本学力検定協会の塩野時雄 理事長も

師匠や小早川隆治さん、武井道男さんをはじめとするRJCの方々…

さらに、愛知県の堀さんというカメラマンさん

その他、多くの方々に支えられてカービート仲間たち…

僕のワガママに振り回してしまったけれど、それでも信じて頂き、
皆で「一緒にやっていこう」と言って頂いたから

1人、また1人の心を変えるために動いて頂いたから
世の中の空気が、少しずつ変わってきているとは思いますか?(^^)

最初は小さな石ころが転がった程度だったものが

1人、また1人の気持ちを変えていくことで、世の中は変わる…

昨日の朝、カービート編集部から出る前にあるファックスを取った瞬間から

僕が辛らつなことを書いていても、
ちゃんとお声をかけて頂いた三菱自動車さんの
パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム出場会見
http://www.carview.co.jp/news/4/185174/

とりあえず僕が行き

http://youtu.be/6tx38Enl3Y4

http://youtu.be/6tx38Enl3Y4

そしてファックスの書かれていたホンダの

ホンダ&マクラーレン F1参戦 緊急記者会見

http://youtu.be/XI8VLolon-I

http://youtu.be/XI8VLolon-I

さらに、

オートガレージTVのスタジオにお邪魔させて頂き、

ノスタルジックカーショーの実行委員長 関始さんの番組である

ノスタルジックカーTV2&4の生出演させて頂きました

http://autogarage.tv/nostalgic24.html

コレらは僕の可視化できる部分を具体化したものですが

それぞれメニューが違えども

コレにカービートの取材や執筆、編集データ制作、電子本のデータ作り、CDのジャケット印刷、CDの焼け付け作業、販売、宣伝、販促活動…

ココまで、カービートの全員で行っているため、いかに激務か、いかに大変であるか、わかって頂けるかと思います。

でも、決して皆、弱音を吐かないんですよね…僕はよく吐きますが…f(^^;)

つまり、カービートが掲げている「志」を理解して欲しいという気持ちが強いから…。

本当に自分のためではなく、たった一人でも良いから、カービートを読んで頂いて、知って頂くことで、元気になって欲しい

こんな自分たちでも、情熱さえあれば、今すぐには山の頂上にはいけないけれど、一歩、また一歩と上がっていける…

目の前にある木になっているリンゴの木があるというので、自分の欲の赴くままに食べてしまうよりも、

時には我慢し、時には勝負に出る時に出て、育てているからこそ…確実に、結果と成果を残していっている

話は脱線しましたが、まだまだ有限実行は出来ていない部分は多いけれど、確実にカービートで頑張っている力は、確実に無視されない存在感として現れていると、僕は思います(^^)

そんなカービートを、是非とも読んで下さい(^^) 

僕らの汗と血と涙が、イッパイ詰まっていますから…

本田宗一郎氏と藤沢武夫氏が作っていた、昨日発表した「本田技研工業」のように…

頑張っていれば、希望を持ち、希望が願望へ、願望が現実へとマインドを変える魅力を持っていますから…

5月25~26日のGulf 東京ノスタルジックカー2&4フェスティバル2013
http://www.nostalgic.co.jp/tokyo2013/index.html


カービートもブースを出して、5月26日には

カービートの野外勉強会を行います。

カービートが掲げております
「クルマ産業が元気になれば、日本が元気になる
 クルマ文化が盛り上がれば、希望あふれる日本になる」

そこで、

講師は元 北米マツダ副社長 小早川隆治さん
(日本初 ルマン優勝 マツダ787Bの車両の前で)

元 日産自動車 顧問 日産自動車車両実験部S 30フェアレディZプロジェクト主管  RJC 元会長 武井道男 氏
(S30フェアレディZの前で)

そのほか、RJCカーオブザイヤーの選考員などにも声をかけまして、クルマの面白さ、楽しさなどを直接、皆さんとディスカッションしながら交流を図れるよう、準備しております。

またカービートの取材班だけでなく、懇意にしておりますベストカーさんの取材班、僕の大学時代のテレビ局関係者たち、また新聞記者(とは言っても、政治記者が多いですが…)にもお願いし

参加された方々、いい思い出の場になるように…

そのためにも、カービートのスタッフも、関係者も、頑張っております(^^)

今日も、どこまでイケるかわかりませんが、イケるところまで生きたいと思いますよ(^^)v
Posted at 2013/05/17 10:10:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2013年05月15日 イイね!

クルマ文化を盛り上げるために、ベンツのプレス発表会から下村大臣まで、三本和彦さんにも励まされながら、1日回りました

クルマ文化を盛り上げるために、ベンツのプレス発表会から下村大臣まで、三本和彦さんにも励まされながら、1日回りました体のあっちこっちが疲れているノッシーでございますm(_ _)m

いよいよ、カービートが掲げております
「クルマ産業が元気になれば、日本が元気になる
 クルマ文化が盛り上がれば、希望あふれる日本になる」

Gulf 東京ノスタルジックカー2&4フェステイバル2013のイベント内で、

カービートとして、クルマを走らせたり…色々としたかったのですが

せっかくカービートを応援してくれている皆さんには、色々と準備までして頂いて、やろうと思ったのですが

僕の会社が、そこまで元気ではないため、さらに僕の資金力もマンパワーも体力もなかったため、

また、カービートのスタッフ、関係者が疲労困憊で次々と倒れてしまい、カービートの統括編集長として、ココは恥も外部もなく、ごめんなさいと言いながらも

諦める部分は諦めて

Gulf 東京ノスタルジックカー2&4フェステイバル2013の袖ヶ浦のイベント
カービートの交流会ブースを出展し、野外勉強会を行います(^^)

(日本初 ルマン優勝 マツダ787Bの車両の前で)

元 日産自動車 顧問 日産自動車車両実験部S 30フェアレディZプロジェクト主管  RJC 元会長 武井道男 氏
(S30フェアレディZの前で)

そのほか、RJCカーオブザイヤーの選考員などにも声をかけまして、クルマの面白さ、楽しさなどを直接、皆さんとディスカッションしながら交流を図れるよう、準備しております。

またカービートの取材班だけでなく、懇意にしておりますベストカーさんの取材班、僕の大学時代のテレビ局関係者たち、また新聞記者(とは言っても、政治記者が多いですが…)にもお願いし

参加された方々、いい思い出の場になるように…

さらに希望日本で知り合いましたfacebook交流会のお仲間たち、一般財団法人 日本学力検定協会の塩野時雄 理事長や平成立志社 中村崇さんなどに声をかけて、「クルマで日本を盛り上げる」ために、日本全国の大学生や専門学校たちから、国家官僚や政治家たちまで訴えていきたいと思います

さらには、ノスタルジックカーの保護のため、多くのクルマ好きな方々が、もっとクルマと親しくなれるよう、自動車税などの税金の軽減を、カービートとして大きな声で訴えるための場にしたいと思っております。

もちろんGulf 東京ノスタルジックカー2&4フェステイバル2013に、入場された方や参加されている方、全員は無料で聴衆できます。

是非とも、来て下さいね(^^)

ということを伝えるために、

昨日はベンツの発表会からスタートし

三本和彦さんにも励まして頂きながら

途中、一般財団法人の塩野 理事長とも合流し



http://youtu.be/9aB6N9rf7tc

最後はお呼ばれしておりましたら、下村博文 文科大臣の交流会まで、都内を駆け巡りました(^^)

画像を見ていただければ、ヘロヘロになっているのがバレちゃいますが…f(^^;)

そうそう都知事選に出ていた、平成立志社の中村崇さんのお友達の「松沢 しげふみ」さん

みんなの党から立候補し

「クルマが元気になれば、日本が元気になる
クルマ文化を盛り上げれば、希望あふれる日本になる」を

選挙カーから言って頂けるように、調整している最中です(^^)

カービートは大手出版社のように、恵まれたクルマ社員編集部員と違い、企業広告もほとんどなく、

本当にカービートを買って頂いた皆さんと、それを応援して頂いているファンの皆さん

師匠をはじめ、S30フェアレディZのプロジェクト主管だった武井道男さん

FDのRX-7のプロジェクトリーダーであり、日本初ルマンの優勝の立役者の一人である小早川隆治さん

そしてRJCのお仲間の皆さんのボラティアなどで支えられている状況

それでも、応援してくれる人がいるからこそ、協力してくれる人がいるからこそ

一緒に動いてくれている人がいるからこそ、

僕ができること…

もしかすると、僕は経営の危機を超えて破産するかもしれないけれど…

僕は、今やれる力を出して、どんな小さくても、弱くても、「志」さえあれば、自らの行動し続ければ

大きな夢や希望を叶えることができる…

それを証明するため、頑張りたいと思います(^^)

ということで、今日もイケるところまで、頑張っていきたいと思いますよ(^^)v
Posted at 2013/05/15 10:00:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「カーオブザイヤー組織との裁判所での対決 いよいよ判決に向けて http://cvw.jp/b/427650/38925849/
何シテル?   11/28 11:03
クルマのメディアを中心に活動している貧乏オヤジです(^^) 編集プロダクションの社長でありながら カービートというクルマのメディア(電子本カービー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

悪役のイラストとか♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/16 20:43:20
午前中は運転手でした。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/11/09 09:13:56

お友達

クルマいじりが好きな人と情報交換ができれば、助かります。何卒、宜しくお願い致します。
132 人のお友達がいます
macモフモフmacモフモフ * だまち @製造初年1981だまち @製造初年1981 *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 ナカガーナカガー *
てつ230てつ230 * アリ・マキネンアリ・マキネン *

ファン

150 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 シグマ 三菱 シグマ
相棒は平成元年式のギャランシグマです。 そろそろパーツを集めて、末永くつきあっていこう ...
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
昔、雑誌で活躍していた燃えて死んでしまったC230を復活させるため、同じ型のクルマを手に ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
平成17年式の実家のクルマです。とはいいつつも、時々、コイツでお出かけします。実は50系 ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン
かみさんのクルマです。最近、ちょくちょく利用させて頂いておりますので、加えさせて頂きます ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.