• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年01月15日

コレクションホール・・・もてぎ。

コレクションホール・・・もてぎ。 三連休に、もてぎコレクションホールで
写真を撮ってきました。

ホール1階の季節替わり展示物がそろそろ
模様替えする頃かなと・・・

本田宗一郎さんの若い頃の写真パネルを
写真に収めておきましょう~ と。

コレクションホールの入り口は、絵の描いてある鏡のようなガラスに写る景色がイイです。

鏡に写る・・・今は冬の景色。 秋の紅葉はワンポイントですがとても良いです。

ホール1階の右奥。

クラシックカーと 1928年の写真。 誰が本田宗一郎だろ??

少し寄ってみると、アート商会の文字は消えますが、「エンジン」が「エンヂン」です。

車体塗装という看板文字もあります。当時はしゃれてたんでしょうね。本田氏はどれ?
たぶん、真ん中の黒っぽいブレーザーの眼鏡青年。 1928年って、私は-30歳です。

次に1936年の本田宗一郎氏 と 1941-1945=第二次世界大戦。

眼鏡が丸いです。 年齢もだんだんと進んできますね。

1948年=今から70年も前の写真。 本田技研工業1948年設立 でしたか。。

ホンダを始めたお二人。 私は-10歳。 戦後まだ3年?

このフロアには、hondaの初めの頃の四輪車=S360が展示してありました。

市販はされなかった360。 この後、出てくるS500~800とはインパネがちょっと違ってました。
スピードメータもタコメータも最大値が「14」でした。 レッドゾーンありません。

 ここで1階を離れて2階へ

歴代二輪車の市販車コレクション。 柱の写真パネルは1958年とむこうに1969年。

私が0歳の時にスーパーカブ誕生! 還暦過ぎましたね~。 C100って何ccだったのだろ??
CB750Fourは1969年だったのかぁ~  元祖ターミネータのシーンが浮かぶ。違ったっけ??

二輪を見よう。 若い頃にあこがれたCBナナハン。 足が地面に届かなかった(';')


なんとメーターが最大値140!?  mph でした。

レッドゾーンは8500~9300rpm。 意外に低回転でした。きっとトルクフルだったのでしょう(^^)/
米国向けだけかな??   エンジンはSOHCだっけ。。

国内仕様の展示車もありました。 元祖CB750/500/400お揃い。


これのメーターがなかなか写真撮りにくいです。 スマホの自撮り棒なら楽なんだろうなぁ~

ナナハンのスピードメータは最大値220でした。 
タコメータのレッドゾーンは9~10位。すみません数値の写真が取れてませんでした。

CB500のメーターは絶対撮れないのであきらめ。 
   ・・・CB500=ネットで調べたらSOHCエンジンでMAX9000回転らしいです。

赤いCB400Fourのメーターをパシャ!  メーターから独立したランプ群がダサいと感じます。
  ハンドルが回る真ん中の赤いランプはウルトラマンの3分警告灯を連想(';')

スピードの最大値は180。フルスケールは190でした。 この頃はSOHCだったんですね!
Fourは4バルブじゃなくて、単に4気筒をアピール。
タコのレッドゾーンは10000~11000rpm ですよね~ 。
二輪免許は排気量限定無しですが、もうリターンライダーにはならないと思います(*´з`)

で、2階フロアの反対側で市販四輪車の歴史を・・・・

途中の通路から見下ろすhonda初めの二台。

やっぱコレがいいです。

2階の市販車展示に去年はアスコット・イノーバがあったはずが消えてました。臨時だったのね。
他は、ほぼ同じ顔ぶれ。  壁のパネルもカッコ良いですね。

ビートは1990年?1991年生まれだったっけ??
写真パネル手前の赤い屋根の車は元祖Todayです。 
うちはこれ<Today>の後期型<四角目>の4ナンバー車がセカンドカーの始まりでした。

なつかいマイカーは、やはり・・・・アコード_エアロデッキ。

タイヤはなんと185/70-13でした。 今どき13インチって・・・軽の商用車ですね
当時、5MT車に乗ってました。1800LXR-Sでした。

1985年は長男の生まれた年。  リトラクタブル・ヘッドライトが流行ってました。
1800ccですがDOHCで4バルブでした。 エンジンヘッドカバーがカッコ良かったです。

後部座席の窓はハメ殺し。 <正確には後部座席はあのパッチン窓=風通しだけ出来ました>
これで良かったんです。 子供小さかったから、この方が安全。


運転席は・・・懐かしい。  今どきのクルマに近くなってきました。

なんと、レッドゾーンが6500~8000rpm。 なんなんでしょう1800DOHC/4バルブなのに・・・・
これ、良いクルマだったんですが、渋滞で足がつる5MTで、
この次からメインカーはオートマになりました。
それにしても、この頃の普通車、みんなタイヤが小径です! 185/70-13が主流。
インスパイヤでも14インチ。
レジェンドになってやっと15インチだっかかな。 今じゃNBOXが14/15インチです。

エンジンの回転数とかスピードメータとか・・・・

赤いオープンのS500。 レッドゾーン9500~11000rpm。 スピードはMAX160。オドメータのみ。
変わって黄色いS800。 レッドゾーン8500~11000rpm。 スピードはMAX200。トリップ付き!

ウインカーとワイパーはどんな操作レバーだったか?? 左の水平に伸びたレバーは何?
時代の流れだったんですね。インパネの形状と計器類の配置はほぼ一緒でした。素材は変化。

一方、元祖のS360は、・・・・

レッドゾーンはありません。14000回転まで回るだけ回せたんでしょうか!!
スピードメータは140MAXですが、でたのかな?
インパネが360の方がカッコイイと思いました。 なんとルームミラーが斬新!
インパネのノブを引っ張るワイヤー式チョークって、知ってる人は還暦かな!!
  やがてオートチョークって画期的な発明。これで誰でもが運転できるようになった気がします。
・・・そもそもチョークって、プロレスの反則技だよね。
あと、デストリビュータって何? とか。。 今ではダイレクトコイルさえも古いのか??
白ねこラッキーさんなら知ってるよね。  みや君スケ君は知らないだろう( ゚Д゚)

おまけ。  なんと昔は空冷エンジンで四輪車を販売した時代が・・・・暖房どうしてかんだか。


昔は機械式キャブレター。 京浜工業地帯が発祥なのか? なぜかカナではケーヒンって変です。

ワンキャブかフォーキャブかで普通のかスポーツなのかが分かれてた気がします。

それと、判らないコレ??

キャブの下に、ぽっかりと開いた開口部。錆サビ色のこれは、いったい何???

すみません話が長くなりました。
今日は連休も終わって、ちょっと時間が取れたので、昔を懐かしむことに・・・・
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2019/01/15 14:46:16

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

先日の ”名車“  US仕様のよう ...
《 ジャック 》さん

つぶやき①~タコメーターのレッドゾ ...
fu-kipapaさん

後付けタコメーターのレッドゾーン
LeoneRXIIさん

タコメーターが その3
だだ( ´∀`)さん

いすゞ ジェミニ4ドアセダン ZZ ...
XGさん

今更ながらオートサロンネタ N-O ...
ぶぉんさん

この記事へのコメント

2019/01/15 15:33:16
あれ? エアロデッキの後部窓って、一番後ろ(ラゲッジ)がはめ殺しで、後部座席はあのパッチン窓だったと思いますよ。

私は知り合いがリトラタイプに乗っていたので、CA(キャビンアテンダント?(笑))を選んで乗っていました。
欧州でリトラはパッシングするのにワンテンポずれるのが嫌われるとか。。。
プレリュードもインクスなるリトラでないモデルも追加されましたっけね。

その後、CAから乗り換えた、アコードインスパイアはモテ車でした!(笑)
コメントへの返答
2019/01/15 19:12:06
コメントありがとうございます(^^)/
嬉しいですね~ 知ってる人がコメント下さる!
早速、本文をちょい修正しました!
そうなんですよね。エアロデッキの後部座席は確かに後ろ側がちょいだけ開くパッチン窓。今でもミニバンなんかに採用ありかな??
子供はパワーウインドウとか勝手に開けて閉めてるうちに手や頭を挟まれる! それ、大変です。挟み込み防止センサーが普及したのは不幸な事故が連発したあとなんでしょうね~ =製造物責任ってことで。

当時はリトラライトでもパッシングしましたよ。あれ?四角いハロゲンライトにしたっけかな??。=それほどタイムラグは気になりませんでした。さすがhondaでした。手放すまでリトラは壊れませんでした。さすが!

あの頃は本当はモテ車の2代目プレリュードに乗りたかったんだけど、その前に結婚できた時代でした(笑) あとはセダンとワゴンとミニバンを3台乗り継ぎ。やがて子離れ。
で、とうとう憧れのインスパイヤにも乗れず。
代わりに、晩年、S2000に乗ってカッコつけてました(笑)
アコードCAにも乗っていたとはさすがhondaフリーク!! 尊敬( *´艸`)
2019/01/15 18:44:34
こんばんは~♪
ホンダのもてぎコレクションホール(^O^)

以前。。FIT3の乗り始めに・・
オフ会でみなさま見学~って。。垂涎でした(T_T)

古き良き時代の憧れ車が。。イッパイ観られる(^O^)
大型バイクはヤマハでしたが・・一時エルシノアにも

当時はメーターが並んでる車がスポーツカーでしたネ
(●^_^●)
コメントへの返答
2019/01/15 19:19:46
コメントありがとうございます(^^)/

コレクションホール、さすがに岐阜からだと遠いですよね。我が家からは35kmでラクチンです。入場料高いので、あそこに行くためにホンダ株持ってます(笑)

本田宗一郎さんは偉大ですね!
ホンダジェットが飛ぶ時代ですから、よく何十年も投資し続けたものです。エライ!

二輪はヤマハでしたか!!
中学の頃は先輩が何人もDT250のケッチンでアキレス腱切ってたんでヤマハは乗りませんでした(笑)
スズキ・ハスラーは兄貴が乗ってました。
ニケツ乗せられて自然にバイクは覚えました。懐かしいですね~~
ありがとうございます(*´з`)
2019/01/15 21:28:16
こんばんわ〰️🎵
呼ばれたようなので出てきましたー。
 
ちょっとだけ、世の中に出るのが早かった車がたくさんありますよね。
アコードエアロデッキもその一つでしょうね。
もうっちょっと時代が遅ければヒットしたかもですね。
 
僕もリトラ車乗ったんですよー。
当時は、デートカーとも呼ばれていましたね。
プレリュード2000si 4ws。
さらに、初代リトラのプレリュードは、本田技研狭山製作所で生産されていましたが、半年ほど
生産にも携わりました。
初めてもらったボーナス新宿歌舞伎町で90分で無くなりました〰️\(^-^)/
懐かしいですー。
 
ちなみに車歴は、忘れた部分もありますが、
・CITYターボ
・ACTY 4WD
・アコード
・アコード2000si
・プレリュード2000si 4WD
・アコードインスパイアー
・初代ステップワゴン
・CITY
・インサイト
・ステップワゴン3代目
・S660
です。途中他社も3台ほど乗り継いでいます。
 
ちなみにS360のキャブレターはCVキャブと呼ばれるものでキャブの下に見える黒いものは
ガソリンが漏れても直接オルタネーターに飛散しないための防壁防滴カバーと思われます。
火が着いちゃうからね。
穴は不明です。すいません。
 
暖房ですが、運転席の足元にエンジンルールとつながる開閉扉があって開閉させて暖を取っていました。
そういえば、エアークリーナーの吸い込み口も夏冬で切り替えるレバーがありましたね。
 
スポーツエンジンのキャブレターは、海外製のウェーバーやソレックスが主流でしたが、国内では一早くミクニ製のキャブを各社で採用され始めました。
KEIHINは、もともとミクニの技術者が立ち上げた会社でHONDA専用の気化器メーカーからスタートしたんですよ。
 
エアークリーナーを見ると当時の開発者の苦労がわかりますね。
エアークリーナーはアルミ製で中の部品も金属製です。
キャブ車は減速時バックファイヤーが発生するのでエアークリーナーから火を噴くんですね。
燃えやすいものが周りにあると火事になります。
 
あー、懐かしい。懐かしい。
 
KEIHIN=京浜。
神奈川県川崎市で創業開始です。
ケーヒンって変?
中国?の某メーカーが先に登録商標化したからっていうのは秘密ですよ〰️( ̄▽ ̄;)
コメントへの返答
2019/01/15 22:23:42
レクチャ~フル・コメントありがとうございます(^^)/
呼ばせて頂いた甲斐がありました。還暦前なのに、さすが本職は昔のことも忘れてないですね!
ケーヒン=京浜だったのですね。納得です。
京葉だとちょっとダサかったかも(笑)
ホンダ御用達のキャブ、CVキャブでしたよね。キャブの後はPGM-Fi。当時も小さなコンピュータが乗ってたんですね。遅くて大きかったようなぁ~ と。

リトラクタブルヘッドライトは昼夜で空気抵抗が違うから、昼は速く、夜はそれなりに
って安全とecoに役立ってただろうに・・・
それと青空駐車しててもヘッドライトが焼けて黄ばむことも無かっただそうに・・・・

若い頃は狭山で働いてたんですね!
なんか埼玉県人っぽいのは、それですね。
アコードやプレリュードの2.0Siって憧れましたが、お安いグレードが精一杯でした。

ラッキーさんと比較すると地味な車歴ですが、
アコード1600LX(中古)
アコード1600LX ここまでエアコンレス。
アコード・エアロデッキ1800LXR-S
 ここまで5MT。
コンチェルト・・・グレード忘れ。だるいAT。
マツダ・カペラカーゴ<Dスーパーチャージャ>で黒煙もくもく7人乗りで家族旅行。
そこからは・・・
初期型オデッセイ2200のL? 
 ここまでナビなし。
初期型ステップワゴン2000の4WD
初期型ストリーム2000これは上級。
 ここで子離れして
S2000(AP2)、もう一台S2000TYPE-S
でした。ここをピークに・・・
FIT2、FIT2HV、FIT3HVも併用。
S2000はS660にダウンサイジング。
でNBOX増車となりました。
ホンダ以外はマツダが一台のみでした。

CVキャブは燃料漏れも想定した造りだったんですね。
空冷エンジンで暖房を考えるとき、
日産リーフの暖房が、電気でお湯を沸かしているとか営業マンが言ってた言葉が疑わしく思います。ヒートポンプ式電動エアコンの方が省エネな気がします。

キャブ当たり前の頃。
クルマ好きな近所のお兄さんは、やれソレックスだのウエーバーだの語ってもらいましたが、そのお兄さんの最初のマイカーはなんと
空冷のフロンテクーペでした。
2stバイクのような軽スポでしたね(笑)
小学生だった私は、2stエンジンのオイルが燃えて煙幕を残して走ってくのが、その匂いも音も全部好きでした。
けど、大人になる頃はクルマはホンダと決めてました。

エアクリーナーが昔は不燃物オンリーで造られていたなんて今まで知りませんでしたが、
確かに昔はバックファイヤーとか当たり前で
、キャブ側にもバックドラフトだったの??
そりゃ~不燃物じゃないといけませんよね

レクチャ、ありがとうございました!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「新型車見物・・・FIT4HOME http://cvw.jp/b/429298/43731506/
何シテル?   02/15 12:14
青いS2000に乗ってました。H18年3月から22年末まで。 初めの3年で6万キロ=過走行。クルマはノーマルでした。 その後、H21年7月から6年間、黒いS...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

リンク・クリップ

夏の空・・・NBOXで群馬県 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/27 00:39:01
10月もそろそろ終わり・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/26 20:03:51
【YouTube】ふみっちょドライビングに出演しました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/12/22 09:00:49

愛車一覧

ホンダ S660 白エスろく (ホンダ S660)
平成27年3月に契約。平成27年8月生産。9月1日納車。 大地震や大津波もなく八千代工業 ...
ホンダ フィット3 ハイブリッド FIT3HBs (ホンダ フィット3 ハイブリッド)
DCTとリチウムイオンバッテリィで、Fit2HB(IMA)より進化してました。。 3度目 ...
ホンダ Nボックス ホンダ Nボックス
増車です。 ディーラーにあった見込み仕入れ在庫車でちょうど手頃な、日本で一番売れている( ...
ホンダ S2000 黒エス (ホンダ S2000)
2台目のエスは、最終モデルでした。6年間お世話になりました。 エアロの見た目は賛否両論。 ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.