• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

銀 ~SilverBullet~ 弾のブログ一覧

2014年03月27日 イイね!

散々だよ、最速戦。

散々だよ、最速戦。最速戦が終わって、早1週間弱。
もう熱気も冷めきった頃なのに、最速戦でのダメージが。

月曜からか、体調がすぐれず・・・

悪寒・発熱・咳が日に日に悪化。
なかなか回復の目途が立たないので病院にて診察を受けると


インフルエンザ(A型)


だった・・・。
最速戦が終わっての土日は一切、家から出ていない。
そして月曜の朝からは体調がおかしかったということは・・・


最速戦のどこかで!?


私の他にも何人か、最速戦に出てた人が風邪ひいたって言ってたけど


それ!本当に風邪ですかっ!?
Posted at 2014/03/27 20:52:01 | コメント(7) | トラックバック(0) | その他? | 日記
2014年03月21日 イイね!

中山最速戦 2014

終わった。

個人的には不完全燃焼に間違いない。
それでも、今年は主催者側として初めてお手伝いをさせていただいてて、正直に

無事に終わって良かった。

ホッとしてる気持ちの方が大きい。
それにやっと期日に追われることなく、自分の車の状態や乗り方などの擦り合わせができるっていう余裕ができた。



まずは自分自身の最速戦について。

最速戦に参加し始めて、一番、ダメだった大会でした。
タイムは7秒1止まりでS2000の中では最下位。
ブレーキに自信が無く、ウエットコンディションでリスクを冒す位置にもいないのでレースは棄権。
開催前から、時間が足りないと感じていたままの結果でした。

不明だったエンジンチェックランプの点灯は前日のアルティメイトデータ書き換えで今現在まで点灯していないので問題はソコの可能性が高いのかな。
車両自体の問題点が解消した事で、今後の課題はブレーキ周り。
中山サーキットではコの字・最終コーナーでのABS介入に乗り手が委縮して攻めきれず。
少し時間を掛けて、乗り手の技量からブレーキバランサーの設定、パッド銘柄を含めて考えていきたいと思います。



主催者側の手伝いとしての最速戦について。

主催者側といっても、あくまでもお手伝いレベルなのですが・・・
とりあえず、大きな問題・不具合も無く終えてホッとしています。
現場の雰囲気では、ご参加いただいた方々にも楽しんでいただけたのかなぁと思うし。
ブローや事故などでの赤旗中断が無かったので、予定から大きな変更もなく締めくくれたのも良かった。

今回は私がお手伝いすると決めたので 『 THUNDERBIRD 』 メンバーにも積極的にお手伝いして貰って助かりましたので、ここでお礼を。

来年以降、最速戦自体が継続されるかどうかはメイン主催者のALTEX氏・piyo氏あたりの心に火がつくかどうかですが・・・
今回、裏方の動きを見ながらの課題とすれば、まずは参加者の確保方法でしょうね。
期日・台数を区切ってはみましたが、エントリー状況の一元化がイマイチでリアルタイムでの発表が難しかった事もあるのですが、期日を越えてのエントリー者が毎年多いのも何か対策が必要。
とはいえ、主催者側もエントリーが少なければ赤字リスクが発生するため、エントリーを受けざるおえないのも実情ですし。
特に今年は最速戦の開催決定自体が遅かったのも一因かもしれませんが、参加の呼びかけやアピールなどももう少し考えていかないとダメなのでしょう。
来年については、開催するかどうかの決定を早めに行い、時間の余裕を持って動ければ良いのですが。



最後に、まずは各クラスで優勝をされたみなさん、おめでとうございます!


Cクラスは、一緒に走った事もあるとも♂さんが見事に優勝!
スーパーラップもトップタイムでお見事でした!
ウエット路面のアドバイスをいただいたのですが・・・棄権してすいません(^_^;)


ターボクラスは、初参戦の源さんが優勝!
決勝レースの走りも素晴らしかったですが、やはり、Sタイヤでのアタックは盛り上がりました。
やはり単純にタイムが速いのはカッコいい事です。

今回はロードスターで参戦していただいたyori7110さんも、積極的にレース参加もしていただき、とてもありがたかったです。
内藤自動車さんはディレッツアチャレンジでも超有名どころですから、その両名にご参加いただけた事は光栄なことだと思っております。


NAクラスはALTEXさんが二連覇!
特に今年のNAクラスは色々なプライドがぶつかり合う場で、その中でも勝利に対する想いの強さが天候をも変えたのではないでしょうか?
雨天レースという事で経験値の差も出たレースになって見ている方も楽しめました。
2位のトラウトマン大佐も凄かったですし、3位のあっしもさんも雨天ウィナーの貫録の走りでした。



最速戦の借りは最速戦で・・・
なのですが、来年はどうなる事やら。

とりあえず今年一年はS2000で最下位という不名誉を胸に、走り込もうと思います。

参加された方々・観戦された方々にも、それぞれに最速戦で感じられた事があると思います。
何かをみなさんをその気にさせる事ができていたなら、最速戦は成功だったと言えるのかな。
Posted at 2014/03/22 17:29:43 | コメント(10) | トラックバック(0) | 中山サーキット | クルマ
2014年03月20日 イイね!

中山最速戦 タイムスケジュール

ついに明日になりました


中山最速戦


ですが、どうやら公式ブログ(?)は削除されてしまったみたい?(>_<)
取り急ぎ、タイムスケジュールをアップしておきます。


07:30~08:25 集合・受付
08:30~08:55 ドライバーズミーティング
09:00~11:00 フリー走行・タイムアタック(各クラス混走)
11:00~11:25 Sタイヤ車両によるタイムアタック
11:30~12:10 Cクラス スーパラップ(8台)
12:15~12:55 ターボクラス スーパーラップ(8台)
13:00~13:40 NAクラス スーパーラップ(8台)
13:45~14:25 Cクラス 決勝レース(10周)
14:30~15:10 ターボクラス 決勝レース(10周)
15:15~15:55 NAクラス 決勝レース(10周)
16:00~16:25 フリー走行
16:30~16:55 表彰式
17:00~      解散


* Cクラスはターボクラス・NAクラスから足切りにて作成する予定(台数・タイムによって当日設定)
* スーパーラップ参加台数・決勝レース周回は当日の参加台数・運行時間によって変更の可能性あり。


大まかな流れはほぼこの通りだと思われますが、当日変更の場合はその都度ご確認をという形でお願いします。
参加台数も、現時点でどうやら50台弱までは届いているようですし、今日の雨が上がったら明日は晴れそうなので熱い大会になりそうです!
ちなみに急遽開催決定となった11:00からの『Sタイヤ車両によるタイムアタック』ではFDとエボによる中山最速ラップを目指したアタック合戦が見られそうでコチラも楽しみ。

参加者の方で、ここを見られた方はコピペ・リンク・トラックバックなどで情報共有していただけると助かります。
また、ご質問・ご確認等があったら、ご連絡ください。
Posted at 2014/03/20 11:05:55 | コメント(4) | トラックバック(1) | 中山サーキット | クルマ
2014年03月15日 イイね!

一歩進んで・・・

一歩進んで・・・エンジンルーム内をオイルで大惨事にしてくれた


オイルゲージ抜け


なのですが、多分?コレが原因でした。




オイルゲージ自体のヘタリなら交換、もしくはストッパーの作成しかないかなと考えていたのですが、某氏の助言でチェックして見ると画像の状態なのを発見。
キャッチタンクからインテークに戻す配管が画像のように折れ曲がっていて、エンジン内部の圧力が抜けない状態だったのでオイルゲージが抜けたのだと思われます。
以前にもこの辺りの配管の取り回しは見なおした方が良いとご指摘を受けた事があったのですが・・・
とりあえず、応急処置で負荷のかからないような取り回しに変更し、全開走行してみましたが大丈夫そう。

エンジンのチェックランプの方も原因かもってポイントを見なおしてみましたが・・・
こちらは原因とは関係無さそうでした。

診断機 ( ELM327でも確認できました ) で確認すると、前回同様に

『 空燃比(リーン) 』

が出ています。
ただ街乗り領域でしか現象が出ていないので、午後から中山サーキットへ。

チェックランプは結局、中山サーキットでもコースイン直前と帰宅直後に点灯(空燃比)。
全開域では着かないので、やっぱり一番怪しいのはO2センサーなのかな?
新品を買えばいいんだけど、新品買って原因がO2センサーで無かったら辛いので踏み切れません。
燃料・点火・吸気関連だったら全開域でも点灯しそうな気もするし・・・。

参ったな。


ちなみ?に、中山サーキットのタイムは 6秒4 。
今日は、タイムにはこだわらず、とりあえずできるだけコースインして走ろうと思っていました。

周回数は39周。
内アタック周は13周かな?
当日ベストの6秒は4周目 ( アタック2周目 ) に出てました。

これがまた微妙で・・・
3周目・4周目って7割程度の感覚で走ってたんですよね・・・。
コの字と最終コーナーって、どこからブレーキ踏んだらABSが作動するんだろうっていう確認をしつつ。
ただ1つ、1コーナーからスタンド前まで、少し引っ張って3速で走ってました。
当然、届かないので、全然手前からアクセル抜いてコーナーに進入してたんですけど。

相反して、当日の最終アタック周の38周目が7秒2 。
4周目よりは、走りがまとまった気がして気持ちよく走れてたんだけど7秒台。

むーん。

ま、いっか。
中山サーキット自体は楽しく走れました。
久々にS2で攻めた感じがして良かった。


ただ・・・

チェックランプの件は未だ闇の中です。
Posted at 2014/03/16 01:47:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 中山サーキット | クルマ
2014年03月14日 イイね!

やはり・・・?

実は1月から、まともに走れてません。
ポッと乗ってピューと走れるような 『 天才肌 』 では無い私。
それどころか、少しづつ少しづつ体を慣らしていかないと走れない人なのです。

最速戦?中山サーキット?とんでもない。
どうしても、どうしてもホームコースで体を慣らしておきたい。

その一心で、久しぶりにホームコースへと向かおうとしたその矢先。


エンジンチェックランプ点灯!


出たよ。
ほら、出た。

前回、チェックランプが着いた原因として 『 O2センサーの劣化 』 が考えられ中古品に交換済み。
その中古品もが 『 劣化 』 していないとは100%言いきれませんが、別の理由が濃厚か?

某氏と相談しつつ「あれかも?」ってヤツにアタリを着け、対策は後日に。
とりあえずバッテリーを外してチェックランプを消し、ホームへと向かいました。


が、なぜかホームコース付近だけ微妙に雨上がりっぽい感じで路面が荒れてます・・。

とりあえず7~8割で数本走行してみますが、路面状況か、タイヤの摩耗か、全くグリップしねーって感じ。
しかもここにきて、コントロールするブレーキングでは全く違和感無いのに、ヒール&トゥーするブレーキングだけ踏力のコントロールが大雑把になるからか、『親の敵か!?』ってくらいにブレーキが効いてつんのめる状態に。


乗り手の踏力コントロールでなんとかするしかないのですが
あぁ・・・こんな状態で、中山とか走るの無理だ・・・


そう遠くを見つめる私に追い打ちが。
肩を落として帰り支度してると、エンジンルーム内がオイルまみれに・・・
噂には聞いていましたが、トドメの


レベルゲージ抜け


が発生していました。
ホント、次から次へとテンションが下がります。
Posted at 2014/03/15 02:47:38 | コメント(3) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ

プロフィール

「ZⅢが無いー。」
何シテル?   12/05 00:30
生涯 『現役ランナー』へ向けて。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/3 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

2013 「道場破り」 in TSタカタ サーキット  ドラテク編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/08 02:20:56
真夏のアウェイ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/05 13:19:26

お友達

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
長年FCに乗り続けてきましたので、NAもレシプロも、HONDAも初めてです。 S2000 ...
マツダ RX-7 真っ赤なFC3S (マツダ RX-7)
平成3年式のGT-Rです。 平成8年12月に購入し、平成24年11月まで本気で走っていま ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
「一生に一度はFDに乗りたい!」ので手に入れた嫁用弐号機(あくまでも初号機はデミオくん) ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.