• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

銀 ~SilverBullet~ 弾のブログ一覧

2016年12月24日 イイね!

クリスマス・ラン

世間では聖夜。

暖かな部屋で温かな時間を過ごされてる方々が多い中、やはり。
いつもの面々がいつもの場所に集う。


カレンダーの流れで個人的には今日が走り納めになる可能性が高い。
タカタで卸したばかりのフレッシュタイヤをホームコースでゆっくりと馴染ませていくつもりが、早々に白い機体が待ち構えていた。

申し訳ないがいきなり先頭で引っ張る自信がない。
最後尾で様子見させてもらうつもりが、フォーメーションに組み込まれてしまう。
先行するチャンピオンホワイトのS2000に、後ろに回り込むグランプリホワイトのS2000。
手荒な歓迎に応えるよう、アクセルをガンガン開けていく。

2017年もこの2台と、そして黒いBRZとの4台でギリギリのバトルを行うだろう。
その中に居続けられるように、来年も一歩一歩。

焦らず、自分のペースで前に進められるように心を強く持ち続けていきたい。


Posted at 2016/12/25 22:48:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 現役ランナー | クルマ
2016年12月18日 イイね!

目標届かず。

目標届かず。タイムアタックシーズンインから数ヶ月。
巷では各社各種の 『 ラジアル戦争 』 が勃発している。
かくいう私も流れに乗って07RRを購入しようとしたのだが在庫切れ。

そのため消去法でやっぱりのZⅡ☆を購入へ。
しかし直後の

ZⅢ発売発表!

もしかしたら全国で一番最後にZⅡ☆を購入したのが私なのでは・・・
なんとも複雑な気持ちを胸に、春以来のタカタサーキットへ。


事前予測通りというかそれ以上に濃い霧に包まれたタカタサーキット。
画像はこれでもお昼前の11時。
午後からの走行に向けても不安がよぎりましたが、お昼休憩中に出てきた晴れ間で全開OK。


自称 「 最後のZⅡ☆アタッカー 」 として、なんとか自己ベストの更新・・・
いや分切りはマストだ!と13:20に1本目のコースイン。
路面はほぼ問題なしだし、ZⅡ☆は使い慣れただけあって即座にシンクロ。
流行りのハーフに浮気せず、ここは純国産の安定感を選んで正解なのかも(笑)
しかも前日に調整しておいたPバルブの恩恵で、タカタで何となく違和感のあったフルブレーキングも安心。

タイムは自己ベストに0.1秒届かずの60秒5。

できればココで60秒前半、2本目の走行枠で分切り!が理想だったのだけどマズマズの手応え。
しかし気になるのは走行中、ずっと背後にいた某BRZな先輩。
やはりというかなんというか、60秒入りされておりヒタヒタと足音が聞こえてくる。


なんとか逃げ切りたい2本目は14:20から。
カラッと覗いた太陽で路面はさらに好転するが、気温は上昇。
そして2本目で決めようと意気込みすぎてかカラ回ったタイムは60秒6。
そしてついに某BRZな先輩も同タイムで足音どころか肩に手が掛かった状態に。


そして最後の3本目は15:20から。
実はヘルメットがイマイチ頭に合わず、歯を食いしばるとコメカミが痛くなるトラブルが発生。
3本目は止めようかと思っていたのですが、観戦のシロビアさんが中敷きのスポンジを大胆にカット!
そのお陰で何とか耐えられそうなので、分切り!というよりも某BRZな先輩から逃げ切るためにコースイン。





0.2秒ですが春に記録した自己ベストを更新。
分切りは達成できませんでしたが、なんとか某BRZな先輩の追撃をかわすことができました。


個人的にここ数ヶ月、乗れてない感が半端なく自信喪失していました。
でも、とりあえず4月の自分は少しだけ超えられた。
4月からすると、エキマニが替わったりバネが替わったりでもっとタイムが出ても、とも思うのですが。
それでも、1つの指標として半歩でも前に進めていると確認できたのは心強い。

その点で、タイヤを前回と同様のZⅡ☆にしたのも比較をクリアにするために結果良かったのだと。

目標には届きませんでしたが、それはまた次の機会に。
牛の歩みも千里、半歩づつでも今よりも前へ。
Posted at 2016/12/20 02:09:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | TSタカタ | クルマ
2016年12月11日 イイね!

モッタイナイお化け

週末が予報外の雨で肩透かしを喰らってしまった。
それでいつもよりも少し多めにモヤモヤするのは、多分タイヤが原因。

週が変わって12日の週には発注してたタイヤが届く手はず。
4月の頭から履いている今のタイヤはお役御免となる。

ざっと見るにリアはインジケーター無しでフロントは1本が消えかけか。

もう充分楽しませてもらった、という気持ちと、モッタイナイナという気持ち。
最後にしようと思っていた日が雨で肩透かしを喰らった訳で・・・


翌日、軽くいってみようとイレギュラーに走りに出た。
完熟ペースでコースインして3速で曲がる右コーナーでリアタイヤが心許ない。
それを踏まえた上での次の左ヘアピンでテールハッピー。
熱入れのためにも2本ほど続けて走ったが、一向にグリップが上がってくる感触もなく撤収した。


摩耗度合か経年劣化か、どちらにしろグリップが落ち切ったのを確認できたのは良しとすべきか。



そして今週、新しいタイヤに交換予定であるが、ここでも少し肩透かしを喰らっている。
V700から71Rまで視野に入れつつ、コストパフォーマンスで1択!と発注を入れた07RR。
だがしかし、タイムアタックシーズンで一気に人気が集中したせいか255サイズが欠品。

この辺りが時代の流れで、18インチの265辺りは在庫があるそうだが。

もうドリフトでも255なんて中途半端なサイズを履く方が少ないのだろう。
まぁ、これも運という事で、購入したのはZⅡ☆。
細々と仕様が変わっていたりもするので、確認の意味を込めればアリかな。

ダンロッパーとして、もう1サイクル頑張ってみよう。
Posted at 2016/12/13 02:12:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 現役ランナー | クルマ
2016年12月03日 イイね!

今そこにあるリアル

世間はタイムアタックシーズンたけなわ。
ご多分に漏れず、某氏がアタックにやってきた。

V700を履き、実測280馬力。
岡山国際サーキットを46秒台で走る状態でアタックに入ったS2000だが・・・
ZⅡ☆で出している自己ベストに0.5秒届かなかった。

タイヤサイズや路面状況などのかみ合わせにも一因がある。
ただ興味深かったのが、同じV700を履いた別のS2乗りが、やはり驚くほどグリップ感が無いと言っていた。
外気温が10℃を下回った当日のコンディションでは、もしかしたらV700の「適正温度」に届かないのかもしれない。

果たして路面なのかタイヤなのか。
比較の一端で、某BRZな先輩にもアタックを依頼。
インジケーターが1本あるかないかのZⅡ☆で、前出のS2から0.5秒落ちのタイムを叩き出した。

コースのあやというかコンディションのあやというか。
この辺りが難しく、そして面白いところなのかもしれないが。


せっかくなので私もアタックをしてみたのだが、3秒ほど遅いタイムに辟易。
ラストにアタックしたNAロードスターとのタイムは微差で、実際にバトルとなっていれば撃沈されていたかもしれない。

しかしこれが今のリアル。
受け止めて前を向こう。
Posted at 2016/12/04 14:57:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 現役ランナー | クルマ

プロフィール

「ドライブ経路で凍結防止剤をふんだんにゲットしていたので、キッチリ洗車。
荷物はそのまま車内なので、3週間近く積みっぱなしになる予定・・・。」
何シテル?   02/17 18:43
生涯 『現役ランナー』へ向けて。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

2013 「道場破り」 in TSタカタ サーキット  ドラテク編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/08 02:20:56
真夏のアウェイ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/05 13:19:26

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
長年FCに乗り続けてきましたので、NAもレシプロも、HONDAも初めてです。 S2000 ...
マツダ RX-7 真っ赤なFC3S (マツダ RX-7)
平成3年式のGT-Rです。 平成8年12月に購入し、平成24年11月まで本気で走っていま ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
「一生に一度はFDに乗りたい!」ので手に入れた嫁用弐号機(あくまでも初号機はデミオくん) ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.