• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kazuhixのブログ一覧

2019年03月21日 イイね!

減速プーリー装着

441ミシン+中華サーボモーターで設定ではゆっくり縫えないためのプーリー減速終了編。

中華サーボモーターは思うにアパレルミシンに特化しているような感じで三菱Limiservoと比べるとおもちゃ。Limiservoなら最低速度をミシン上軸で50rpmとかにもできるからプーリー減速は要らなさげ。

前回まででピローブロック2個にシャフト通して大小プーリーにシャフト穴あけて留めネジ加工までやった。

ベルト張り調整が要るので最初はもともとあるモーターマウント穴を使おうと鉄板から切り出した。


が、これは使わず好きなとこにネジ留めすることにした。使ったのはエアコンコンプレッサーブラケット。



ブラケットは2ピースなんだけど、適合後に鉄板溶接で橋渡しした。


軸通すパイプはステアリングコラムのコラプシブルの内軸を使った。内径が10ミリだったんで。


装着には8ミリのネジ。抜ける方向には力掛からないので大丈夫と思うが、グラグラしてきたときはM8の鬼目ナットを埋め込んで使う。


このプーリー軸の下にモーターをつけるんだけど、一本足タイプミシン台なので角パイプ足にクランプするブラケットを作った。最初の構想があいまいで作る過程で仕様変更がだいぶん入って手間取りました。高ナット溶接したあと、M10ボルトが入らなくてタップ切ったらガッチリ噛むんで、「あ、M10-1.5のナットやな」パッケージ確認したら「M10高ナット40ミリ    細目」っての見落としてた。M10のすぐ次にピッチ書けよ。
この作りならスライドさせてちょうどいいとこで固定できる利点あり。足と当たる部分に革を貼りました。上下ひっくり返してブラケットを右に寄せれば三菱サーボも付けることができます(狙って作ったわけでなくあとで気づいた)。


装着状態。1次ベルトの張り調整ロッドはプーリー軸ブラケットから伸ばしています。長さ延長は溶接はせずに高ナット使いました。


コントローラーは最初の写真のモーターブラケットについてたけど、台裏のテキトーなとこにつけてピットマンアームにてペダルと接続。

2本のベルトのテンションの方向や、収まりなどほぼ理想的なレイアウトにできた。

あと、モータープーリーを55ミリから65ミリにして減速しすぎないようにして試運転。スローはいい感じ…なんだけど上が2500rpmしか回らない。プーリー4個掛けの総減速比は1:12あたりなのでミシン上軸は200rpmとかだ。このサーボモーター不良品やんか。しおしお。今度コントローラーリセットかけて治るか試してみよう。5,000rpm回るはずなのよ。ミシン側の最高回転は750rpm。回転バランスが悪いミシンなのでビッグツインみたいに振動します。
2次側の50ミリプーリーの留めネジM5は小さすぎかもでまた滑るようならM8に拡大します。
Posted at 2019/03/22 00:35:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミシン | 日記
2019年03月18日 イイね!

減速プーリー追加工

ビードローラーじゃなく今日はミシン。



留めネジがないので穴開けるんだけど、これがまあボール盤移動台上フトコロギリギリという有様。ロングドリルはぬるぬる逃げます。ちょっと削って平面にしてもダメ。鋳鉄なのでチル層硬くポンチじゃドリルの先は収まらない。皿にするだけなら届くドリルを電動ドリルドリルドライバーに咥えてとっかかりの窪みを作ってようやく。

4ミリで開けてM5タップの予定がロングタップ持たんから、別のロングドリルで7ミリに拡大して


ロングM8タップ。


けど沈みネジの予備持たんので注文せねば。小さいプーリーは4.5ミリで普通に穴開け。普通の長さなら柱面でも逃げない。そしてM5タップ。下穴デカいけど、たぶん自宅に持ち帰っていて品切れちゅう。

…なんだけど、大プーリー径20㎝超えてるんでミシン台への装着の設計的に邪魔でしょうがない。ミシンのモーターのプーリーを確認してテーパー軸じゃないのなら1次側は歯ベルトにしようかな。

これにチェーンはないですw ここんとこ減速の造作多いので、勘が冴えてる?
Posted at 2019/03/18 19:08:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミシン | 日記
2019年03月03日 イイね!

441ミシンは車内装は縫えない

前回、縫い生地と糸の太さの塩梅で0番糸を上下に使うと糸目が生地の中に隠れないので、下糸8番を使うべ、と試した。

ボビン巻きは回らない病が治ってなかったので、ゴムを削って小径扁平化し、上軸のディスクの縁にかからないよう加工し、ボビン1つ巻いたらカッターで切ったガタガタゴムが削れて均されていい感じに。

8番糸でめいっぱいテンションかけてもあかんな、そもそもこれ5番より細い糸で縫えないんだった、というわけで5番糸をボビンに巻いて縫ってみるが生地がもっと厚くないとダメじゃないかというわけで、革縫うことに。


2枚重ねで向き変えるときに針引っ張って曲げたまま刺してガチンして折りました。で、ナイフ形状の革針に変えて革4枚重ね、総厚11ミリにしたら調子よい。普通の総合送り工業ミシンだと縫えるか縫えないか限界の厚さなんだけどなあ。


でこれから0番糸でステッチ入れる予定のエクセーヌとスポンジの縫い合わせたとこを手に取ってみたら、こんなん縫えないわティッシュペーパーかよみたいな感覚、やっぱ441は極厚ミシン、車の内装の縫製には使うことないことがわかったとさ。

というわけでステッチは0番糸で縫えるチェックしたロングベッドLLW8でやります。縫い目ピッチ最大6.5ミリなんで悪くない。
Posted at 2019/03/03 18:51:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミシン | 日記
2019年03月02日 イイね!

アメリカ製革押えセットとアストロT型ヘックスレンチ

押えセットが届いた。上3つが外押えの左、両側、右、次のが中押え、下2つは元の極厚布地用押え。



外押えの軸下寸法は同じ、中押えが5ミリ短かった。革押えは押え部分の面積がとても小さい。とくに前後方向。外押えが中押えの真横をまっすぐ沿う形状なので、中押えの左に飛び出している留めネジが干渉するのでそれを移設してある。よって革用外押えと布地用中押えという組み合わせで使えるのは右押えだけ。


中押えの針孔の後ろに突起があり、縫ったばかりの糸を沈めていくためのものだけど、まっすぐ縫うときだけ使える。


この革押え4つで3万5千円すんだぜ、嘘みたいだろ。あとこっちからPriority mail指定したんでモロ原価に消費税かかり郵便配達員に支払った。

これ、単なる真似っこコピーじゃない。元祖のFerdco 2000の押さえは短くて形状が違い、会社なくなった今は同形状は出回っていない。中押えの留めネジも沈みネジ2個ついてるものもあるようだし、アメリカなめんな、ということ。RB26で言うとGReddyサージタンクは中華コピーがあるが、Nismoコレクタータンクのコピーはないのと似てる。

【更新】つけてみたら外押えの左と両側はネジ穴が上に開いてるので、長めになる。右押えはおk。中押えは短いのと、針と当たるギリ。なんだこのクォリティw 押えの高さが前後違うのは、たぶんわざとだと思う。オレみたいなユーザーが買ってJuki TSC-441につけるとまともに縫えない、ってのを狙って。ディーラーのメカじゃないと総合送りの前後タイミング調整はうまくできないとこ。構造は他の総合送りと一緒なんでオレは調整できるが、高さそろえたほうが楽。外押えは長穴化、中押えはJuki形状のギザのほうを短縮するのが楽だ。長穴化は超硬エンドミルで削れるといいのだけど。あとうちのクローンは外押え棒のネジ穴が中押えのネジと同じ11/64"ミシンネジタップ切ってあるが、Juki TSC-441の外押えのネジは9/64"-40だ。どうりで押えの穴にネジが入らないわけだ。

--------

で、アストロで見かけたけど買わなかったヘックスよりベターなものは見つからないので今朝買いに行ってきた。こういうサイズごとに形状が違うものはモノタロウ等で探すのも結構難しい、というか使えそうなものは見つけきれなかった。

奥にありかつ高トルクネジが多い工業ミシン。幸いこのミシンはマイナス頭からヘックスに代わってる。

いや、「幸い」とは言えんのよこれが。マイナスドライバーのほうが軸が太いのは明白、ヘックスのズドン形状はしなってアウト。

前から持っているオレンジハンドルのヘックスはシャフトがしなって緩まなかった。当然90度に曲がってる普通のレンチもダメ。


上の画像の右にあるのがアストロにある3wayT型ヘックスレンチ。先端よりシャフトは一段太くなってるとこがミソ。↓は3ミリと6ミリ。



3ミリはここまで長い必要はなかったか。穴が小さいからエクステンションなどは通らないところ。


6ミリも長いが、3wayの短いほうを入れるとよりトルクかけることができる。

Posted at 2019/03/02 16:08:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミシン | 日記
2019年03月01日 イイね!

そろそろ441クローンミシンのバグ出し終わりかな…

下糸ボビンが入ってるとこを釜っていうけど英語ではhook、昨日のニードルガードってのは針が釜側に曲がるのを抑制してる。フックつまり引っ掛けるとんがりと針はギリで交わしつつ針穴に通っている糸をすくうんで曲がってくるのをガードしてる。

で、試し縫い。だいたい本番と同じようなものを0番上下で縫って上糸張りを下げつつボビン張りを上げていき、結局上糸調子バネを弱いやつに変えるべ…水平釜のSeikoのはいくつもあって合わせてみたら同じ形状で、弱いバネに交換して上下の糸調子は合った。


むっちゃ接写してる風だけど、糸が太く縫いピッチも6ミリとかのせいでの錯覚です。だが、0番糸で縫う厚さじゃないので上下糸が交差するとこが見えてしまう。下糸8番にするべ。Seikoロングベッド使ったほうがすぐ済むと思うが、いちおうセットアップも兼ねてるんで、441のボビンに8番糸を巻…巻けん。上軸と摩擦車の圧が足りてないのかな…外してみた。




上軸にはまっている摩擦車のセット位置を微妙に変えつつ組み戻したりしたんだけど、断続的にしか回らんぞ…


装着しないままペダル踏んでみた。上軸がスラスト方向にガタガタ動いてるやん、その量10ミリはあるかと。試し縫いのときのカタカタというかカチカチ音変だなあ の原因はこれか。
このミシン、ハンドホイールの軸部にスラストベアリングが付いてるんだけど、そこに隙間ができていた。このベアリング本家Juki TSC-441にはついていないんだけどなあ。

パーツリストをあたり、スラストセットカラーが上軸の途中にあるので裏から確認すると…


セットカラーが上軸スラスト規制に使われてなくて、上送りカム機構のコンロッドの脱落留めみたいにセットされてました。コンロッドは他端が両側留めなんだからこっち脱落せんやろ。で、上の画像はコンロッドから本体軸メタルに当たる位置で固定しなおした後のもの。
このあとハンドホイールもいったん外しベアリングが遊ばない位置で固定。

つまり、中国製機械そのものがしょぼいんじゃなくて組み方が間違ってる…と思ったが、ボビン糸巻きはあかんかも。本家もダメなのかもしれんけど。
でボビンつけて試運転してたら糸巻き止まりました。外したら摩擦車のタイヤ(Oリングが切れてました。


パーツあるので交換。寸法違うやんw このあとボビン巻けたけど、タイヤの硬さなど、スイートスポットから外れてるようだけどこの糸巻き装置の設計からしてイマイチ以下だな。


あともう一つ気になるのは0番糸でしばらく縫うと撚りが戻る。横置きボビン立て(立ってないのにw)を作るべかと思った。ビニモなんで接着してないせいで目立つのかな。

6角のロングはやはり別のとこのメンテで必要なのでやや遠い別のホームセンターまで行ったが、電動インパクトビットの長めしかなく、それじゃ届かなかった。もう一度アストロに行かんと。
Posted at 2019/03/01 22:12:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミシン | 日記

プロフィール

「[整備] #画像 ローコスト版の配線 https://minkara.carview.co.jp/userid/430350/car/2595970/4819830/note.aspx
何シテル?   06/04 09:42
240Zとのつきあいは20世紀最後の年の瀬も押し詰まった日から。といってもガワだけS30、レストアとか絶版ネタにはうといです。ポン付け市販パーツの欠点が買わない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

書無し車両の登録 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/23 23:46:04
NAロードスターにトヨタ用8ピンICウインカーリレーをどうにか取り付ける 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/15 04:49:53
ISOとJIS。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/20 01:53:29

愛車一覧

ダットサン 240Z ダットサン 240Z
一見キタナイDatsun 240zだが機能的には純正成分ほぼゼロ。 オレ帰国の際持ち帰っ ...
アプリリア RSVミレ Millcono (アプリリア RSVミレ)
ヤマハフレームとapriliaエンジンなので山P …の予定が、めんどくさくなりMille ...
その他 画像 その他 画像
ビードローラー配線の参考画像です。
スズキ その他 スズキ その他
移動手段の確保が切羽詰ってるので、手っ取り早く決めました。お金使いすぎたので大型カブとい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.