• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kazuhixのブログ一覧

2016年11月30日 イイね!

オイルホース最後の一本

車検が残り1.5か月となったので、お急ぎモードに入ったんですが、昨夜は風邪っぽく昼間から鼻水ティッシュ大量消費でガレージ寄らず直帰で飯食って寝てたら悪化することなくもう治った。

ドライサンプのバキューム系ホースとかはパーツがそろってから考えることにした。それが出来てから撮影して改造届出書に貼らないといけない。塗装もやる暇はないので前回以上にボディの状態がヒドイままでいくことになりそう。まあ車検切れても構わないんだけどね。仮ナンバー借りて返すのが面倒なのと、車検前に試運転は必要と思うから。

オイルフィルターブロックからエンジンへのホース。超短いですが、オイルブロックの位置がバッチリの位置に付いたので、ホースに無理はかかりません。間違って買った-12ANb ORBエンドがうまいこと収まる配置にできてラッキー。プレッシャーサイドなので陰圧でつぶれないからナイロンメッシュ被覆でおk、つかもうステンメッシュはストック無い。



もう一本オイルクーラーからオイルフィルターブロックへのホースも作って、エンジンオイル入れれる状態になった。

オイルは全部タンクに投入してヒーターで加熱後、オイルポンプのベルトを外した状態でデカいドリルでオイルポンプを回します。ヘッド潤滑しようとエンジンに投入しちゃうとスカベンジ経路にオイルが回ってポンプの回りが重たくなるから。ポンプ回したらカムカバーのオイルフィラーを開けて目視でオイルが回ってくるまで。ウェットとは手順が違う。エンジンは回らないので初期潤滑とか考える必要はありません。

ラジエータコアサポートが取れるから、前からアクセスできオイルポンプをベルト使わずダイレクトでドリルで回せるので以前より楽になりました。

オイル流路にかんだエアは抜けにくいので理想的にはカムを外した状態で穴からオイルが出てくるのを確認するのがよいようです。

今週の平日夜作業目標は、

1.オイルクーラーを灯油で洗浄確認(もうホース本締めしちゃえ…やっぱり思いとどまった)【更新】黒くなった灯油が出てきただけで固体は無しおk。
2.配線終わらせる

です。灯火系配線の末端部分は以前のままで、H4LEDバルブが届いても車検済むまで放置。
Posted at 2016/11/30 22:38:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 潤滑系 | 日記
2016年11月27日 イイね!

オイルバキューム系の配置決まり

今日はあんまり作業せず。

電柱に広告を巻くステンバンドでヒーターを留めたが失敗した。一度締めるとアウト。半周くらい脱線したままオイルタンク装着。結局右側の配線はエアコンの圧スイッチだけになった。

バキューム系のパーツは揃えたつもりだけど、うまいこと通らんな。



時間かけて試行錯誤し、燃圧レギュレータを移動させればなんとか入ることがわかった。手持ちのホースとフィッティングで大丈夫。
【更新】これだとエンジンの振れを考慮してないのでダメ。ホース部分が短すぎるからすぐどこかが折れるに決まってる。



あと、カウルの排水ホースなんだけど、ID40の60度エルボ薄手っての探すのメンドイのでなんとか再生できないかと、



茹でてみたがぜんぜん違うwww



エンジンオイル塗ってみたがこれも全然違うな。グロメットは見つけたのでいいけど、ホースはなんとかしないとな。
Posted at 2016/11/27 22:42:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 潤滑系 | 日記
2016年11月09日 イイね!

油温センサー移設

オイルブロックの油温センサーをオイルが滞留している場所からばっちり流れている場所に移設。ただし、センサーの先は割と太くて奥まで刺さるので、オイルの流れをブロックしない場所を選ばないと×。



そして、燃料配管が室内から出てくるところに-6ANバルクヘッド貫通フィッティングをナイロンワッシャーをかまして装着。バルクヘッド貫通フィッティングってさ、一人で付けるの面倒だよねー。

室内を燃料配管通すの危ないからダメ―

と言ってたオレだけど、途中になんかかましたり、繋いだりしなければおkというなにかの規則読んだんで。
Posted at 2016/11/09 22:26:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 潤滑系 | 日記
2016年09月17日 イイね!

Earl'sホースエンド+Russellステンメッシュ

Earl'sホースエンドを組んでみた。



1.メッシュがバラけないように切ると、ナットにはすんなり入るが、内側に食い込んでるステンワイヤーの一部がエンドのカッター部分にガチあたりして入っていかない。

2.そもそも組み方説明書きが間違ってると思う。締めこんでいってホースがナットから抜けていかないようにおさえておくのバイス使ってもかなり無理…ホース端がエンドに底付きしてるから抜けないように締めていくの不可能というわけ。

このくらい抜けてくるのは当たり前。微妙にEarl'sとRussellのホースの径が違うのもあるかもしれないが、やっぱりEarl's(を含むカッタータイプエンド使うのは今回で最後にしよう。





反対側はRussellエンドなのでさくっと終了。



次は太い-16ANのナイロンメッシュをRussellエンドで組む。ナイロンにマスキングテープ直巻きだと剥がすときにナイロンがバラけるので、テフロンテープを巻いてから、



マスキングテープ。



カッターナイフで切ったあとマスキングテープ剥がす前に一部はみ出てきたナイロンをハサミでトリミング。



-12ANと組み方が違ってて、エンドがホースに入る前にナットのネジがかかる。ネジ部分が-12ANと比べると縮尺比以上に長く、締めこんでいくとネジがホースにかかりだすとかなりの抵抗→バイスにかませて締めた。40㎜まで開くレンチは一本しか持たないし。長期在庫のホース、Earl'sのナイロンメッシュだな、青いナイロン繊維が入ってないし。



話題変わってHybridzでオランダの人がC31のフロントスタビなにか流用できん?とのことなので手持ちのS14シルビアのを採寸してみた。



ブッシュ間距離830㎜、全幅980㎜、レバー長210㎜だった。C31のレバー長は250㎜らしいんですが、なんか情報ないですか。
Posted at 2016/09/17 14:44:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 潤滑系 | 日記
2016年09月12日 イイね!

内圧コントロールブローバイ経路

ここんとこ作業あんまりしなかったけどネット上で勉強やサーチしてました。やっとエンジンの上のほうも決まった。

ドライサンプはスカベンジポンプでエンジン下にたまったオイルだろうが空気だろうがそこにあるものをを吸い出すので、スカベンジステージが3つ以上と多くなると、ピストンリングのシールがどの程度保たれているかにもよるが、陰圧になる。アクセルたくさん開けてるときはそれなりに吹き抜けがあって大丈夫かもしれないが、エンブレのときは負圧が大きすぎてクランク・カムシールが純正だとリップがひっくり返ることになるそうだ。アメリカンV8用にはドライサンプシールというのもあって、ギンギンに陰圧にしてるという話。クランクやコンロッドの空気抵抗はバカにならんとか。RBとか市販エンジンだとそこまで陰圧にしないコントロールをするためにバキュームレギュレータをカムカバーに付けておいて設定圧になったらそこから空気を吸う仕組み。

R.I.P.Sのエンジンだと吸気カムカバーの一番後ろに付いてる赤いのがPetersonのバキュームレギュレータ。いやでもこのSLAPIT Performance R32のおかげで、方向性がきまりました。ワンウェイバルブがカムカバーからオイルタンクへのホースの間にかましてあって「どっち向き?」という疑問から。



オレは訳あって、ドライサンプ用ではない、ウエットサンプでヘッドからブローバイを吸うのに使うバキュームポンプ用のレギュレータを買った。



コレの両端は-12AN ORB。方向は無い。シリコンホース突っ込んでるとこにエアフィルターを付ける。汚い空気入れるわけにいかんだろうと思って。

カムカバーにはNPTタップを切ってるので、-10AN-NPTのホースエンド2個をねじ込んで、ここのホースは陰圧になってつぶれる可能性があるので余ったステンメッシュを使用。



-10AN×2―12AN Yアダプターでバキュームレギュレータに接続。



バキュームレギュレータに-12ANのホースをつなぎ、-12AN―10ANアダプターをかまして、



両端が-10ANオスのワンウェイバルブにつなげ、



-10ANのカプラーでオイルタンクの-10ANオスに直接接続。



この組み合わせでどう機能するかというと、ワンウェイバルブが外向きなので、エンジン内圧が高いときはオイルタンクへ流れます。スカベンジポンプ効率のほうが高くなると、ワンウェイバルブでオイルタンクからの流れはシャットされ、陰圧になり、陰圧が行き過ぎるとバキュームレギュレータが開いて外気を吸います。バキュームレギュレータに圧ゲージ用のNPTタップがありますが、カムカバーに直でつけても問題ない。燃圧ゲージとエンジン内圧ゲージは室内に引き込まず、確認が必要なときだけインスペクションリッドあたりにむき出しで設置予定。

この部分はなにか不具合が起きてもヤバくないのでバキュームレギュレータ以外全部ちうごくでとても安く手配できました。ジジイ頭での思い違いがなければw

【更新】ステンメッシュにするの-10じゃん持ってないというわけで、ちうごくで1メートル買ったら1000円でした。送料タダなので発注漏れがないようまとめ買いする必要なくて気が楽。
Posted at 2016/09/12 22:23:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 潤滑系 | 日記

プロフィール

「[整備] #画像 ローコスト版の配線 https://minkara.carview.co.jp/userid/430350/car/2595970/4819830/note.aspx
何シテル?   06/04 09:42
240Zとのつきあいは20世紀最後の年の瀬も押し詰まった日から。といってもガワだけS30、レストアとか絶版ネタにはうといです。ポン付け市販パーツの欠点が買わない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

書無し車両の登録 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/23 23:46:04
NAロードスターにトヨタ用8ピンICウインカーリレーをどうにか取り付ける 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/15 04:49:53
ISOとJIS。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/20 01:53:29

ファン

74 人のファンがいます

愛車一覧

ダットサン 240Z ダットサン 240Z
一見キタナイDatsun 240zだが機能的には純正成分ほぼゼロ。 オレ帰国の際持ち帰っ ...
アプリリア RSVミレ Millcono (アプリリア RSVミレ)
ヤマハフレームとapriliaエンジンなので山P …の予定が、めんどくさくなりMille ...
その他 画像 その他 画像
ビードローラー配線の参考画像です。
スズキ その他 スズキ その他
移動手段の確保が切羽詰ってるので、手っ取り早く決めました。お金使いすぎたので大型カブとい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.