• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kazuhixのブログ一覧

2018年11月13日 イイね!

PROSTREETだるまセリカ

SpeedHunters経由。



いや、おっさんデカすぎないか。
Posted at 2018/11/13 14:24:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | 読み物 | 日記
2017年02月04日 イイね!

Nostalgic S***d

地味にあばら痛いのと雨模様なので、買い物ついでに本屋にまた寄った。いつもと同じ、興味引く雑誌ないんでタマには旧車のやつペラペラめくってみた。うちにいてヒマだし買おうかと一瞬思ったけど、頭悪くなりそうなのでやめた(暴言)。このテのクルマは見せるのが目的なので、それじゃ機能的に?どころかあぶねーてのとか。

だけど、一ついいネタもらいました。純正形状のS30やC10系のロアアームで、インナーをピロ化するのは単純で、オレも今届出出してるけど、アウターボールジョイントをスフェリカル軸受化する方法は今まで考えたことなかった。

ベアリングを固定するカップに純正ボールジョイントと同じ取り付け寸法のボルト穴の開いてる形状のブラケットを溶接する、という、なんのひねりもないけど、必要に迫られていないせいもあり思いつかなかった。

もう届出が面倒なのよw 次の2年の間に最後の構造変更である右ハン化、ストラットE36M3化が待ってて、それ用のパイプロアアームも途中までできてるんだけど、純正形状のボールジョイントでロアアームが今届出してるのと同じカタチならストラット変更だけなので届出する必要なく車検パスする、という利点があります。

テーパースペーサーを溶接したM3スピンドル。自動車検査法人的正確な名称はナックル・アーム一体型スピンドルキャリア、ということになる。



E46ロアアームと合わせた状態。



ナックル・アーム溶接は、切断再溶接でなく、これのように付加物を溶接するのであれ、オレが一通り規則を眺めた限りでアウト。車検も改造届出も通らない。
M3スピンドルはオーバーストック投げ売りを買ったんだけど、今オカワリすると地味に高い。また切り落として、スペーサーとして使うか、ごにょごにょするか考えてたんだけど、溶接が見えなくすればいいんで。



ラバーブーツをテーパースペーサーと溶接部にかぶせてバレ回避。このブルガリアのラバーブーツ屋さん、対応早いし安いしウレタン製なのにあまり売れないの不思議。
Posted at 2017/02/04 16:56:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 読み物 | 日記
2015年05月06日 イイね!

Racecar Engineering誌を処分しようと

2000-2006頃買っていた英国発の雑誌。世界が違うのでやめたが書棚にある。
現在の事情にはうといけど革新的進歩はあまりないだろうな。3Dプリンティングが当時なかった程度。
パラパラめくって今みてもコレは独創的と思ったのはTVRスピード12の鋳造工程無しのスチール削り出し溶接ブロック。クランクケースとシリンダーは別パーツで上下からボルトで締結、のような書き方してあります。性能がどうこうじゃなくて少量生産にコストかけないための苦肉の策。ちなみに画像検索してもブロックの写真は出てこなかった。

うちのクルマは2000年ころのテクノロジーより新しいものはついてない。クルマ本体を抜きで考えるともうかなり古いw 今付けてるLinkECUは当時の本気レースECU程度の機能だし。しかしPCやビデオカメラは変わったなあ。8インチのタブレットPC(2万円)でECUやダッシュロガーいじって、車載をタブレットでみるようになるとは予想してなかった。

それと、可搬で4輪リフトできるQuickJackは20世紀のテクノロジーで作成可能なんだけど、イメージすらなかった。発明に近いと思う。

思い出した、知り合いがおとといのイベントで生産初期のS20エンジンを展示してたんだけど、エキマニがステン的板金もなか合わせ溶接で作ってあった。TIGですよねー、いや待て当時TIGはなかったはずなので酸素アセチレンだわ、と。今調べたらTIG自体は1930年に発明されたんだとw 歴史が比較的浅いのは交流TIGのほうかな。
Posted at 2015/05/06 13:59:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 読み物 | 日記
2013年05月20日 イイね!

国家レベルで自動車製造技術を開発するドイツ

ちょっと前に読んで「うえーっ」となった技術記事。高張力鋼板の使われ方のゴルフとオーリスの比較…25年前の325ですらコレが使われてる場所は多かった。日本の自動車は一度頂点を極めて現在低迷中、という漠然とした認識があったが、実は一度もドイツ車の車体製造技術に追いついたことはないのかな。

高張力鋼板は溶接したらなまくらになっちゃうから、古いクルマがいいや。日産リヤマルチリンクのアームとかはコレのグレードの低いやつでできてるみたい。アームにパッチ当てて溶接して強化しましたっていうのみるけど効果は疑問。溶接痕がTIGでもMIGでもない&サンダーで削ったときの火花が線香花火みたいに途中で枝別れして飛ぶことで識別できるらしいよ。

325の昔話、ストラットシェルケースもコレだった…15年前のイケイケなオレ、被覆棒溶接で車高調にしたwww 正確にはホームセンターで買った交流100vのアーク溶接機じゃうまくつけれなかったので、エンジンウェルダー持ってる人に溶接してもらった。まあ今もイケイケは完治してない。今後うちのzにM3のフロントサスを付けるときも溶接はするわな。
Posted at 2013/05/20 21:13:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 読み物 | 日記
2011年10月31日 イイね!

SCCAルールブック面白かった


GTクラスはNAのみ、タイヤが16インチまでなのね。それでグリップする16インチタイヤが売っているわけか。NissanでGT-1走れるのはz31とz32のみ。昔は除外ルールでL型にのせ換え可だった(「爺さん化け」と呼ばれてた)のは知ってるけど、今はダメらしい。
インドGPでニュースになったようなことが起こらないよう、ペット禁止だと思ってけど、意外なことにパドックまで可ピット不可なんだそうな。サーキットごとに禁止されてることもあって、ライムロックパークは不可なんだろうな。3度観戦に行ったけど見なかったもん。20世紀のAPでなーんも考えず監督としてピットに入れてたオレでも、ハナからライムロックには連れていきませんでした。
てな人としての規則が最初のあたりに書いてあって、セーフティ、車両規則に続くんだけど、半パンTシャツのカジュアルなアメリカ人気質をそのまま許すととんでもないことになるらしくて、ボディは泥ドロやサビサビ禁止、一部(全部)サフェ補修途中とか禁止、参加するときはこぎれいにって明文化してあったw 

来シーズンから頭首保護具が必須となります。600ページ超で図が20くらい、広告も5ページくらいしかないよ。
Posted at 2011/10/31 00:14:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 読み物 | 日記

プロフィール

「[整備] #画像 ローコスト版の配線 https://minkara.carview.co.jp/userid/430350/car/2595970/4819830/note.aspx
何シテル?   06/04 09:42
240Zとのつきあいは20世紀最後の年の瀬も押し詰まった日から。といってもガワだけS30、レストアとか絶版ネタにはうといです。ポン付け市販パーツの欠点が買わない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

書無し車両の登録 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/23 23:46:04
NAロードスターにトヨタ用8ピンICウインカーリレーをどうにか取り付ける 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/15 04:49:53
ISOとJIS。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/20 01:53:29

愛車一覧

ダットサン 240Z ダットサン 240Z
一見キタナイDatsun 240zだが機能的には純正成分ほぼゼロ。 オレ帰国の際持ち帰っ ...
アプリリア RSVミレ Millcono (アプリリア RSVミレ)
ヤマハフレームとapriliaエンジンなので山P …の予定が、めんどくさくなりMille ...
その他 画像 その他 画像
ビードローラー配線の参考画像です。
スズキ その他 スズキ その他
移動手段の確保が切羽詰ってるので、手っ取り早く決めました。お金使いすぎたので大型カブとい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.