• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kazuhixのブログ一覧

2016年09月29日 イイね!

ビートルとBMWミニクーパー

Posted at 2016/09/29 21:03:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | YouTube | 日記
2016年09月27日 イイね!

塗装に向けてガレージの片づけ進んだ

エンジン降ろせる感じまで到達した。今後の作業の段取りは、

【エンジンベイ】

1.エンジン降ろして鉄板つながってない部分を完成させる

2.ワイパーリンク外してバルクヘッド塗装剥き、錆があったらサビキラーPro塗っとく

3.バルクヘッド側にタワーバー受けの造作、オイルフィルターブラケットの設置

4.クルマとガレージの徹底掃除

5.フロントウインドシールド、ドア以降のマスキング、車体からガレージ床までマスキング

6.仮置きの排気ダクト(べニア板+ダンボール)をガレージ入口引き戸に設置するボックスファンまでつなげる。間にフィルターを

7.2.5m四方タープテントを組んで、吸気ダクトを造作。周囲にシートを貼る。吸気ファンはスポットクーラーを使用。蛍光灯を入れないとダメかも

8.フロントクロスメンバーに補強入れて塗装。車体はシリコンオフ後、ニッペパワーバインド塗装、速乾性なのでその日のうちに2液ウレタン白塗装

9.変性シリコンで室内水侵入や錆の問題が起こりそうなとこだけシール(手が入らなくなるとこ以外後回し可)

10.ダクトやタープを撤去。

11.フロントクロスメンバー装着、ラック装着

12.エンジン周りちゃんと組んでから搭載

エンジンベイの塗装はパテやプラサフ研ぎの出番なし。以降の作業↓

【フロントフェンダー、オーバーフェンダー、ボンネット、ドア、テールゲート】

【ボディ】

室内と床下は塗装予定に入っていません。

10月の3連休でエンジンベイ塗装まで終わり、その次の週でエンジン載せるのが理想なので、後回しにできる作業をよく考えながら進めよう。
Posted at 2016/09/28 00:41:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | ツールとガレージ | 日記
2016年09月25日 イイね!

スタビリンクアーム側ブラケット完成

TIGった。電極ぶっこんで鉄がさきっちょについたまま溶接してたらアークが集中せず全体に熱が回ってもうたのでラッカースプレー全部取れた。なぜか下塗りした亜鉛スプレーは耐熱。



位置関係は問題ない仕上がり。ピロがロアーアーム軸の真上にないため、スタビ効いたときにロアーアームが回転するモーメントが若干発生する。

このあと、ぜったい塗装なんて無理つか、エンジン降ろしたらえらいことになってまう、というわけで足回りを中心にもう使わないものを捨ててガレージを整頓した。
まだ圧倒的に棚が不足してるのだけど、うまいことを思いついた…置き場のないやつは一時的にクルマの中にいれちゃえばいいってことに。

で、塗装に向けてガレージ内の養生を考えていた。やっぱタープ買おう。まずエンジンコンパートメントとフェンダーの下を塗れば残る後ろ半分は3m未満なので、クルマがまるごと入るタープにする必要がないのと、クルマの横にタープ立ててドアやボンネットなどの塗装ブースにするのも楽だろうというわけ。
Posted at 2016/09/25 22:40:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | サスペンション | 日記
2016年09月25日 イイね!

ショップで錆退治

YouTube徘徊してたら、ショップの仕事にクレームしてるのがあった。’71マスタング。



んー。やる気ないやつの仕事。トランクのフロアだけはまともで、別人の仕事っぽい。たぶん雇用した人の問題なんだろうな、と思ってたら、クレーム付けられたショップのYouTubeがあった。



’68 全体が上の動画のトランクフロアのレベルの仕事。上のヒドイ仕事はやっぱマネジメントの問題っぽい。

コメントで、
通りすがり「上の動画の仕事お前だろ?」
ショップ「あれはうちの仕事。マネジャーとヒドい溶接してたやつクビにして、今はオレが全部溶接やってます」

とのこと。

ちなみにマスタングはリプロのパネルだけでクルマ作れる。アメリカのオイルショック前の車はだいたい毎年モデルチェンジしてるが、プレス型がダルになって使えなくなるのも理由の一つだとか。

このごろ高騰してるナローポルシェもひどいのがある。



日本人だと驚かないかw 日本でよくあるレストア済旧車みたいになってます。リヤのトーションバーの穴塞いでしまうのよく見るけど、メカのこと興味ないボディショップの仕事なのだろうなあ。

あ、思い出した。オレのzもほとんど上の悪い例と似た溶接だった。溶接したとこには正体不明の樹脂が盛ってあるんだよねえ。性状は硬化後のJBウェルドに似てて、ボディパテなどとは段違いの硬さ。
Posted at 2016/09/25 12:06:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | YouTube | 日記
2016年09月24日 イイね!

サビキラーProとスタビブラケット

昨晩は水ちょっと入れるつもりがドバっとはいってもうたので、しょうがなくそれを塗り、今日希釈無しを塗布。ねっとりしてるんだけど、割と伸びます。この部分の塗布終わり。



エンジンコンパートメントの作業に入る前にやっとかないと、の一つ、スタビブラケットをフレームにつけました。S14シルビアのブラケットはなぜだか10㎜の段差があるので、造作めんどいなあ…で2週間くらいしたら10㎜のアルミをかますことにして溶接するブラケット自体は簡単なカタチにした。

フレーム拡幅してシルビアより広いので、ナットはフレーム内縁より微妙に内側。ボルトが当たらないようフレーム下面より20㎜くらい下げました。外の曲がりがフレームの外に当たるのも嫌だし、という。リンクのロアーアーム側はTIGで厚板を溶接するだけでいけそう。



あとはエンジン降ろすことになるけどその前に、ストラットタワーバーの造作をしときます。左右よりバルクヘッドへのバーのほうが大事。ドライサンプタンクがあるので、外せるようにしないと。
Posted at 2016/09/24 22:13:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | ボディ・シャーシ | 日記

プロフィール

「[整備] #画像 ローコスト版の配線 https://minkara.carview.co.jp/userid/430350/car/2595970/4819830/note.aspx
何シテル?   06/04 09:42
240Zとのつきあいは20世紀最後の年の瀬も押し詰まった日から。といってもガワだけS30、レストアとか絶版ネタにはうといです。ポン付け市販パーツの欠点が買わない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

書無し車両の登録 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/23 23:46:04
NAロードスターにトヨタ用8ピンICウインカーリレーをどうにか取り付ける 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/15 04:49:53
ISOとJIS。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/20 01:53:29

お友達

ファン

74 人のファンがいます

愛車一覧

ダットサン 240Z ダットサン 240Z
一見キタナイDatsun 240zだが機能的には純正成分ほぼゼロ。 オレ帰国の際持ち帰っ ...
アプリリア RSVミレ Millcono (アプリリア RSVミレ)
ヤマハフレームとapriliaエンジンなので山P …の予定が、めんどくさくなりMille ...
その他 画像 その他 画像
ビードローラー配線の参考画像です。
スズキ その他 スズキ その他
移動手段の確保が切羽詰ってるので、手っ取り早く決めました。お金使いすぎたので大型カブとい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.