• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

takashi@Z33のブログ一覧

2012年09月30日 イイね!

マニー・パッキャオがティモシー・ブラッドリーと再戦しない理由とは?

マニー・パッキャオがティモシー・ブラッドリーと再戦しない理由とは?マニー・パッキャオが再起戦で求めたものは刺激的な試合でした!12月8日(日本時間12月9日)に再起戦を行うマニー・パッキャオが、7年ぶりの敗戦を喫したティモシー・ブラッドリーと再戦せず、ファン・マヌエル・マルケスと戦う理由を語りました。

「4度目の対決となるマルケス戦を選んだ理由は、エキサイティングな試合がしたいからだよ。ブラッドリーと再戦しても、再びワンサイドゲームになると思う。それじゃあ、つまらないよ」
「ブラッドリーと再戦して、ブラッドリーやファンに何かを証明する必要があるのかな?私は、あると思えない。力を尽くして、良いボクシングで初戦を終えたんだ。不可解な判定が原因で負けてしまったけど、初戦はワンサイドゲームだったよ」
マニー・パッキャオは2012年6月、ティモシー・ブラッドリーと対戦。僅差の判定負けで、7年ぶりの黒星を喫してしまいました。しかし、マニー・パッキャオの勝利を支持する声が多く、「ボクシング史に残る恥ずべき判定」として、今もなお、議論が続いています。
不可解な判定負けで、正念場に立たされたマニー・パッキャオ。再起戦の相手に指名した「宿命のライバル」ファン・マヌエル・マルケスを撃破して、フロイド・メイウェザーに存在感をアピールすることができるでしょうか?マニー・パッキャオの決断の行方に注目ですね。
Posted at 2012/09/30 23:47:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | ボクシング | スポーツ
2012年09月30日 イイね!

期待しちゃうぜぇ~^^

10月27日(土) 全国公開!

期待しちゃうぜぇ~^^
Posted at 2012/09/30 14:13:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画/DVD | 音楽/映画/テレビ
2012年09月30日 イイね!

その女、凶暴につき

その女、凶暴につき■アンジー、ミラに続くアクションスター誕生の予感

 リングあるいは金網から銀幕へ進出し成功を収めた例というと、2000年以降ではWWEのザ・ロックことドゥエイン・ジョンソン、MMAからは『エクスペンダブルズ』シリーズのランディ・クートゥア、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』のクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンらが思い浮かぶところか。
 そして今回、アカデミー監督のスティーヴン・ソダーバーグ、同じくオスカー俳優のマイケル・ダグラス、さらにユアン・マクレガー、アントニオ・バンデラスといった名立たるキャスト・スタッフが脇を固める『エージェント・マロリー』に抜擢も抜擢、大抜擢を受けたのが米MMA界の華ジーナ・カラーノだ。

 本作でジーナは冒頭からオモプラッタや腕十字といった、よく見知ったグラウンド技術を使った格闘シーンを展開。ムエタイがベースで打撃よりのファイターであるジーナだが、のっけから寝技を見せ、“総合格闘家”という自身の出自を見せつける。パンチと蹴りがほとんどで、キックボクシング的攻防が大概である従来の格闘シーンに対し、一味違うところをアピールしているかにも思われる。
 ソダーバーグが好きだという初期007シリーズを志した本作は、爆破シーンを連発してファンタジー化してしまう愚を犯さず、リアリティを追及している。
 そのため格闘シーンにも“生身感”があり、凄腕エージェントのマロリーも決して無敵の存在ではなく、体格・体力の差がある男を相手に苦戦を強いられる。すんなり一蹴、やっつけるという訳にはいかない。

 MMAファイター・ジーナゆえのサービスなのか、相手に反撃の余地(=バスターなど)がある三角絞めやフロントチョークを多用するためかえって窮地に陥り、「寝技はいいけど上を取るかバックにつかないと危ないよ!」などと、こちらに気を揉ませてハラハラさせたりもする。
 だが一方で「生き方が、芝居に出る」と高倉健も語ったように(NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」)、MMAファイターというジーナの出自が映画と格闘シーンに説得力を持たせているのも事実だ。

 女性アクションといえばアンジェリーナ・ジョリーやミラ・ジョヴォヴィッチらが浮かぶが現在は確たる存在が不在であり、空きのあるこのポジションにジーナは有力候補として躍り出たと言えるかもしれない。
 マット界では輪島大士、北尾光司、小川直也の例を見ても他分野からの転向組を快く思わない風潮があるが、ジーナは次作に『ワイルド・スピード』第6作への出演が伝えられ、『エクスペンダブルズ』第3作への出演も噂されるなど、映画界で好意的に受け入れられている様子。金網発の女性ファイターが銀幕にも大輪の花を咲かすことができるか、まずは今後のお手並みを拝見、といったところだろうか。
Posted at 2012/09/30 06:36:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画/DVD | 音楽/映画/テレビ
2012年09月29日 イイね!

さすが『ミスターパーフェクト』


武道をしているから身体が柔らかい^^
しかし、何度見てもすげー背中だな・・・。
Posted at 2012/09/29 15:26:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | トレーニング日誌 | スポーツ
2012年09月29日 イイね!

危険アクション!KOされる俳優・スタント続出!

危険アクション!KOされる俳優・スタント続出!主演に女子格闘家起用 リアリティー追求 スティーブン・ソダーバーグ監督 映画「エージェント・マロリー」

 格闘技がめっぽう強いクールビューティーによるスパイアクション。戦闘能力に秀でたエージェント、マロリー(ジーナ・カラーノ)は軍事企業トップの元恋人(ユアン・マクレガー)から依頼を受け、バルセロナで人質救出作戦に成功する。だが、殺人の濡れ衣を着せられ…。

 カラーノは米女子総合格闘技で活躍する人気選手で、ムエタイをバックボーンとした確かな実力とルックスの良さでテレビ番組の出演も多い。主演映画への出演は初めてだ。作中でMI6の元諜報員を演じ、カラーノと激しい格闘シーンを見せたマイケル・ファスベンダー(35)は「プロの俳優ではない人が演技すると面白い。怖い者知らずですからね」と振り返り、「彼女は正確さを求めていた。じっと座って話を聞き、吸収し、応用する能力が優れていましたよ」と誠実な仕事ぶりを評価した。

 スティーブン・ソダーバーグ監督(49)はカラーノ起用について「アクションシーンのリアリティーをひたすら追求した」と説明する。短いカットを積み重ねて編集でカバーする必要がなくなり、長回しのエキサイティングなシーンが撮れるメリットも生まれた。一方で、監督はフルコンタクトに見えるギリギリの演技を求めるあまり、俳優に肉体的なリスクを負わせることは避けたかったようで、「テイクは極力少なめにした。2人のファイトでは1テイクしか撮らなかった部分もある」と明かした。9月28日、全国公開。

観たい映画なんだけど近くで上映映画館がない!
なんと言っても監督がスティーブン・ソダーバーグだよ!
格闘技ファンだけでなく映画ファンは是非とも押さえて置きたい映画ですね^^

えっ!
スティーブン・ソダーバーグって誰?って~~~~~~~~!
監督映画ざっと挙げれば~
セックスと嘘とビデオテープ Sex, Lies, and Videotape(1989)
KAFKA/迷宮の悪夢 Kafka (1991)
わが街 セントルイス King of the Hill  (1993)
蒼い記憶 Underneath  (1995)
スキゾポリス Schizopolis (1996)
アウト・オブ・サイト (1998) Out of Sight(全米批評家協会賞監督賞)
イギリスから来た男 The Limey (1999)
エリン・ブロコビッチ Erin Brockovich (2000) *全米映画批評家協会賞監督賞、ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞など
トラフィック Traffic (2000)  *アカデミー賞監督賞、全米映画批評家協会賞監督賞、ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞など
オーシャンズ11 Ocean's Eleven (2001)
フル・フロンタルFull Frontal (2002)
ソラリス Solaris (2002)
オーシャンズ12 Ocean's Twelve (2004)
愛の神、エロス Eros (2004) [ミケランジェロ・アントニオーニ、ウォン・カーウァイとのオムニバス]
Bubble/バブル Bubble (2005)
さらば、ベルリン The Good German (2006)
オーシャンズ13 Ocean's Thirteen (2007)
チェ 28歳の革命 The Argentine (2008)
チェ 39歳 別れの手紙 Guerrilla (2008)
ガールフレンド・エクスペリエンス The Girlfriend Experience (2009)
インフォーマント! The Informant (2009)
コンテイジョン Contagion (2011)
エージェント・マロリー Haywire (2012)
マジック・マイク(原題) Magic Mike (2012)
リベラーチェ(原題) Liberace(2013)

どうです~?
知っている映画ばかりでしょ^^
スティーブン・ソダーバーグ監督の映画に出たいという俳優は沢山いるんですよ。

この映画のキャストも
マロリー・ケイン:ジーナ・カラーノ
ポール:マイケル・ファスベンダー
ケネス:ユアン・マクレガー
ジョン・ケイン:ビル・パクストン
アーロン:チャニング・テイタム
ロドリーゴ:アントニオ・バンデラス
コブレンツ:マイケル・ダグラス
バロゾ:エディ・J・フェルナンデス
スコット:マイケル・アンガラノ
ジャン:アンソニー・ウォン
スチューダー:マチュー・カソヴィッツ
ジェイミー:アーロン・コーエン
ゴメス:マックス・アルシニエガ
ジェイソン:ティム・コノリー
リリアーナ:ナターシャ・ベルグ

超有名俳優が沢山出演しています。

もう観るしかないでしょう!
僕は上映している映画館を探して観に行くつもりですよ~^^

しかし、素晴らしい前蹴りですね~^^
Posted at 2012/09/29 12:38:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画/DVD | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「[整備] #フェアレディZ エンジンオイル&エンジンオイルフィルター交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/432418/car/1802335/4952281/note.aspx
何シテル?   09/09 10:27
愛車はフェアレディZの『チャーリー』です。 フェアレディZは1969年に北米日産社長・片山豊氏の情熱により誕生した車です。 当初311フェアレディの名で呼ば...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

リアバンパー交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/26 12:48:31
3月3日のドライブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/03/17 03:24:18

お友達

世界中で永く愛され続けるスポーツカーこそがフェアレディZ。
車好き、格闘技好き、映画好き、音楽好きな方なら基本誰でもウェルカムです!
宜しくお願いします!!
整備記録(備忘録)として利用しようしています。
90 人のお友達がいます
rikarikarikarika * dolphin33dolphin33 *
DAlDAl * 23nismo23nismo *
CAR-CLINICCAR-CLINIC *みんカラ公認 赤い貴婦人-乙赤い貴婦人-乙 *

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ Charlie(チャーリー) (日産 フェアレディZ)
よろしくお願いします。
三菱 エクリプス RENA (三菱 エクリプス)
残念ながら手放すことになりました。
スズキ Kei コボちゃん号 (スズキ Kei)
軽自動車の所有は初めてなのでしかも平成11年式 HN11S F6Aの希少車なので頑張って ...
三菱 FTO マイベックン (三菱 FTO)
エンジンは最高。足回りはビルシュタインを加工して装着。マイベックコントローラーでカムの切 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.