• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クロハチ71号車のブログ一覧

2013年04月29日 イイね!

【13年第13走】5月5日のレースに向けての筑波練習走行ともろもろ

【13年第13走】5月5日のレースに向けての筑波練習走行ともろもろGW前半中日の昨日、5月5日のパーティレースⅡ第二戦に向けた練習走行で筑波に行ってきました。

←1週間後のレースに向けパーティレーサー仲間や他のレースの皆さんでコースは満員御礼状態でした。Photo by なつまるさん











レース前1週間の走行という事もあるので、無理してクルマやタイヤを壊したりないよう《目標タイム》を設定し、そのタイムが出ればその後はパート練習をするつもりで走行開始です。

想定タイム=気温係数×湿度係数×路面温度係数×タイヤ状況×体調×気合×経験からくる直感(笑)

にて算出したところ、『ベストのプラス1秒』という事で、9秒中盤が出ればOKということになりました。



しかし・・・・・走行開始後、スマホに驚きのタイムが・・・・。



『8秒2だとぉ????コースレコードじゃん!!!』

スマホのGPS機能を使うとまれにタイムがぶれることがありますが、この日はちゃんとGPSロガーと連携をかけていたため、そんなに誤差が出ることはあり得ませんが、気温が20℃を上回るこの日ではいくらなんでもこのタイムはあり得ません。

このタイムは無視して走行を続けます。



数周走ったところで9秒5、6という妥当なタイムが出たのであとは課題の最終コーナーの練習をして走行終了。

『あの~クロハチさんですよね??』片づけをしていると声をかけられました。

以前からみんカラでやり取りをさせていただいているしゅん@ロドスタさんにやっとお会いできました。


Photo by しゅん@ロドスタさん

風が強い中の撮影ありがとうございました。今度一緒に流し撮りしましょう(^^)

1週間前の練習走行は無事終了。走行後はもちろんいつものメンツでCocos。レースに向けての情報交換等楽しいひと時を過ごしてこの日は終了。

あとはしっかりメンテをして、5月4日に最終練習走行をして5日の本番を迎えます。

5日はOLD/NOW Car festivalというイベントの中でのレースになります。このOLD/NOW Car festivalはクルマ好きなら絶対楽しめるイベントなので、皆さん是非遊びに来てください。

参戦するパーティレースⅡNC2シリーズクラスは第1レースになるので、朝から予選・決勝と続くハードな日程です。



朝から決勝まではバタバタしていますが、午後はたっぷり時間があるので、レース後は第2レースに出場される3亀さんの決勝の応援とイベントを楽しもうと思っています。

パーティレースⅡ主催者・スタッフの皆さん、エントラントの皆さん、サポートいただくTeam80(笑)の皆さんよろしくお願いします。



もろもろ① まぼろしの8秒2を検証

家に帰り、まぼろしの8秒2を検証しました。ログデータをLap+でデータ検証。その結果・・・・。



右コーナーのはずの2ヘアからなぜか左折し大幅ショートカットしていました。タイムは8秒3。

これは完全にスマホ(アプリ)で受け取る前にロガーの時点で異常が出ていた事になります。

走行30分前位には電源をONにして衛星を捕捉させるのをこの日は10分前位にしたことで、ちゃんとデータがキャッチできていなかったことが原因と思われます。

GPSロガーの電源ON&衛星捕捉を30分前に徹底することにします。


もろもろ② 消防法改正の煽りで携行缶にガソリンが入れられなくなる(のか??)

今日行きつけのガソリンスタンドに行ったところ、『もううちでは携行缶にガソリン入れれませんカラ』と宣言されました。



このスタンドはセルフなので、今までもドライバー自ら携行缶に給油はNGだったのだけど、スタンドの人にお願いすれば給油で来ていました。
しかしお兄さん(社員と思われる)曰く『消防法の改正で、セルフでは誰が入れようが携行缶には給油できなくなった。』との事。

ちなみにお兄さん曰く『セルフ以外のスタンドならOK。ただし上限ができて10Lまでです』とのことです。

帰宅してその辺の情報を探したのだけど、見つからず・・・・。どなたか詳しい人いませんか??

5日のレースに向けて、前日にバタバタしないように皆さんご確認ください。


もろもろ③ サーキット走行に使うコンタクトレンズに関して

いつもはメガネの私ですが、サーキット走行をする時は使い捨てコンタクトレンズを装着しています。

それが無くなったのでいつものコンタクト屋へ。

まずは検眼と言う事で裸眼の視力を測ると随分視力が上がっているそうな。

今まで使っていたコンタクトは装着すると遠くは良く見えるのだが、近くを見るのが厳しく『あぁ・・RGか・・・。』と淋しく思っていたのだが、どうやら度が強すぎるレンズを入れていただけのようです。

度数を2ランク落としたところ、遠くは同じ位見えるのに近くもとても見やすい。

それと、今回コンタクトの製品を別のタイプに変えてみました。

以前からサーキット走行時やレース時にコンタクトがズレて危険な事があったのだが、《コンタクトがズレる理屈》により、今までよりも水分含有量増量+レンズのカーブが緩やかなタイプにしてみました。

これで走りに集中することができるので安心です。

今まではまとめ買いで安く買ったりしましたが、視力や目の状態は日々変化するので、半年に1回は検査したうえで購入することにします。
Posted at 2013/04/29 22:12:05 | コメント(17) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2013年04月20日 イイね!

ハヂメテのクルマ、トヨタ TE71カローラレビン  

ハヂメテのクルマ、トヨタ TE71カローラレビン  この記事は、マツダもいいけど、三菱も( ・∀・) イイネ! ハヂメテの車、ミラージュアスティの思い出について書いています。

最近仕事・プライベート両面で忙しく、ブログ・コメント等サボり気味ですが、なんとか元気にやっております。

3亀さんのこのブログを読んで、自分もハヂメテのクルマに関して書きたくなりました。

16でバイクの免許を取得し、リアルバリ伝(の『カメッ!!』の頃)をしていた私。18でクルマの免許を取得した時に『欲しい!!』と思ったクルマは当然《走れるクルマ》でした。

その頃の走れるクルマと言えばなんと言ってもAE86レビン・トレノ。こいつがまさに新車で購入できるころだったのでもちろん第一候補になりました。

ちょうどマイチェンしたAE86。初期モノの中古が流通しだし、廉価バージョンの2ドアGTであれば100万円を切るタマもあったのですが、当時『大学の学費は出すがそれ以外は全部自分でやりくりしろ』と両親から突き離され、クルマの免許取得費用もバイトで稼いで取得した自分にはとても手が出ませんでした。

『86は無理かぁ・・・。』もう少し手頃な価格のクルマを探すも、当時他の走り系のクルマというとT60系カリーナ・T14系コロナやPF60系ジェミニZZ(ダブルズィー)等でしたが、これらは86よりも車格がやや上のため価格もそれなりです・・・。

ちなみにこの頃日産L型エンジンをチューンしたZやスカイラインやチューンドロータリーも言ってみれば走りのクルマでしたが、ゼロヨン・最高速系がメイン(と思っていた)なそれらに関心は無かったのです。

『大学出たら家継ぐって約束でクルマ買ってもらったわ。スーパーホワイトのソアラのツインカムターボ。本当は3リッターが欲しかったんだけどね~。』こいつはまた特別でしたが、周りの仲間達も同様に何かしら家から援助を受けて86を購入してゆきます。

峠に仲間の86の助手席で通う日々・・・。

『う~ん。俺も早くクルマ買って走りたい!』焦り出した自分の前に現れたのが、《地元の先輩の友人が経営する中古屋》に並んだTE71(ナナイチ)レビンでした。AE86の前の型のレビン・トレノです。

初期モノのTE71レビンは6年落ち・7万キロ・車検2年付けて込み込み40万。

バイトを終えてから見に行ったところ、86よりもスクエアなデザインのボディは夜の街灯の灯りに輝いて見えたことと、《型は古いけどレビンだという事》に惚れ込んでしまいローンで購入を即決しました。

後日納車日に昼間の太陽の下見た71レビンは、下回りはボコボコ(今思えば土系競技車両だったかも)だわ、ドア・リヤフェンダーの下の方には錆が浮いてるしでビックリ。

そしてまだ希望ナンバーなんて無かった頃付いてきたナンバープレートのナンバーがなんと『86-17』=ハチロクいいなぁ・・・(-.-)



初めて購入した愛車71(ナナイチ)で毎日のようにドライブや峠でリアルイニDでした。『自分の腹を満たすかガソリン入れるか。』そんな二者択一で悩んだりして(笑)

やっぱり86と比べると遅いし、そこらじゅう壊れるし、錆は日に日に酷くなってきて穴ボコは空くしで、辛く厳しい想いもしましたが、初めての愛車にいつもワクワクしながら走っていたものです。

この71との楽しい生活のおかげで今こうしてクルマ趣味を続けているんだろうなぁと思います。

パーティレースにチャレンジしようと思った時に『ゼッケンは何にしよう』と考えた(パーティレースのゼッケンは自己選択方式)時、『あの時のワクワクした気持ちでレースにチャレンジしたい』と言う理由で71を選んだのです。

やっぱりハヂメテのクルマは心に強く残っているものですね。
Posted at 2013/04/20 14:59:32 | コメント(14) | トラックバック(0) | 日記
2013年04月06日 イイね!

【今夜から毎週土曜日】おぎやはぎの愛車遍歴

【今夜から毎週土曜日】おぎやはぎの愛車遍歴BS日テレで放送中のおぎやはぎの愛車遍歴。

「愛車遍歴を辿れば、その人の人生が見えてくる!」。ゲストの愛車を振り返りながらクルマに纏わるエピソードを語るトーク番組です。

司会はおぎやはぎのお二人とカージャーナリストの竹岡圭さん。




今まで毎週水曜日の22:00からの放送でしたが、今日から毎週土曜日の22:00からになります。

その土曜日最初のゲストがなんとあの番長清原さん

バブル期のスーパーカーの話とか豪快な話しが聞けそうで楽しみです(^^)

この番組クルマ好きには堪らん番組だと思うのに、あまりみんカラでは話題にならないのがとても不思議です。

全放映を見てはいないのだけど、Top3をあげるとこの3人。

柳生博さん

鈴木亜久里さん

高嶋ちさ子さん


下町のRさん、土曜日も奥様にTVのチャンネル握られてますか??(笑)

是非見てください。
Posted at 2013/04/06 15:18:00 | コメント(9) | トラックバック(0) | カーライフ | 音楽/映画/テレビ
2013年04月05日 イイね!

念願のインチダウン Newホイル&タイヤ購入

念願のインチダウン Newホイル&タイヤ購入我が家の家グルマDEデミオのホイルとタイヤを購入しました。

DW/DY/DEとデミオを3世代乗り継いでいるが、過去の2台と同様『あらら・・・左前輪のアルミが傷だらけ+タイヤバーストかよ~。じゃせっかくだからアルミとセットで交換するかぁ~。』がきっかけです。

クルマが無いと買い物や送り迎えも厳しい地域なので、主婦である妻も月に1000キロ位は走っているため、このような事はしょうがない事だと思います。





交換するとなれば当然15インチにインチダウンです。

そうです。インチアップじゃなくてインチダウン

我が家のDEデミオはスポルトであるため、標準装着タイヤは195/45-16です。

なんと205/50-16のNCロードスターNR-Aよりロープロファイルなタイヤが標準装備なのです(笑)

DEデミオの剛性の高いボディ・しっかりした脚まわり・なかなかハイグリップなTOYOプロクセスR31と相まってかなりのグリップを見せつけてくれました。

この接地感・ドッシリ感・グリップ感はドライブや高速の時は良いのだが、街中だとちょっとやり過ぎ感を感じていたのです。

以前乗っていたDW・DYデミオの頃いい意味でデミオを《サンダル感覚》と表現しました。気を使わず気軽に街中にぷらっと出かけられる。デミオの良さってそんなところだと思っていたのだけど今のDEデミオは言ってみればスニーカーかスポーツシューズ位の感覚だったのです。

『15インチの185/55にしたら凄く良くなるだろうな・・・。』とずっと思っていたのです。



値段とカッコと色(ボディのシルバーより少しだけ黒っぽいガンメタ)で選んだアルミは15インチ6Jインセット47。メーカーは良く知らないメーカーです(笑)

国産の普通のタイヤを条件に選びましたYOKOHAMA DNA エコス185/55-15。

4本でなんやかんやで5万円強で収まりました。

走ってみたところ想像通りの乗り味。とにかく街中で軽快です。

やっぱデミオはこうでないと(^^)

先般ある人との会話で『いじり倒した○○を降りるのでノーマルに戻したら、その気持ち良さに感動していじったの後悔した。』って話があったのだが、今回家グルマデミオの標準装備のちょっとやり過ぎチューンをデチューンしたら上手くいきましたという感じです。

ハイトの高いタイヤの柔らかい乗り味。

そこそこグリップ&10mmスリムなタイヤで軽快な街走り。

でも1500ccのエンジンでバイパスや高速はパワフル。

購入して1年のDEデミオが理想の感じに進化してくれました。



注:うちの用途の場合ともすればスポルトを買わずに15C等を購入した方が良かったわけで、スポルトのスポーティーさ自体やそれを楽しまれている方を否定しているわけではありません。《走れるホットハッチ》を求めるなら、デミオスポルトは素晴らしい車だと思っています。

Posted at 2013/04/05 17:24:30 | コメント(12) | トラックバック(0) | カーライフ | クルマ
2013年04月04日 イイね!

FCRデミオレースの監督をしてきました

FCRデミオレースの監督をしてきました3月31日。

富士スピードウェイで行われた富士チャンピオンレースデミオレースの監督をしてきました。

ドライバーは地元の先輩であり、今ではサーキット仲間である車椅子レーサーのまさhitさん

⇒Photo by 留美さん




チーム監督とは名ばかりの、ただのメカニック兼タイムキーパー兼246セブンイレブンへの買い出し係兼広報担当ですので朝から大忙し。



朝一の車検の際には周囲の出場者のサポートの皆さんの手もお借りして無事車検合格。


Photo by 留美さん

ブリーフィングを経ていよいよ予選です。

この日のデミオレースの出場台数は3台とちょっと少なめですが、連続シリーズチャンピオンを獲得されている75号車さんと、表彰台常連である34号車さんという強力なメンツです。

コースイン。雨の中攻めるまさhitさん。

右手のみでステアリング、左手でアクセルとブレーキを操作します。ベース車両はDE5FSデミオスポルトのCVTオートマ車両です。


Photo by 留美さん

攻めすぎて1コーナーでフルカウンターなまさhitさん。

途中までクラス2位だったが、34号車さんに抜かれクラス3位へ。


Photo by 留美さん

しかし最終ラップで見事逆転、デミオクラス3台中2位を獲得!!

レースアナウンサーの方にインタビューされるまさhitさん。



この日のタイスケは予選と決勝の間がなんと5時間。

その間ちょっと外出。富士スピードウェイ近くの温泉&蕎麦を堪能してきました。



自分が不在にしている間に富士スピードウェイに遊びに来られていたkenkenDEMIOさんがピットに遊びに来られたようだがニアミス。

kenkenさんすみません。監督のくせに温泉行ってました(笑)

次戦もまさhitさんのお手伝いに入るので、その時にでもお会いしましょう。

途中濃霧発生で時間が押したりしましたが、無事決勝を迎えました。

レースは7台のロードスターNCレースと混走なので総台数10台。

レッド点灯。

レッド消灯 スタート。


Photo by 留美さん

レースは終始34号車さんとのデッドヒート。

途中34号車さんに抜かれクラス3位に沈むも次周には再び2位に浮上。


Photo by 留美さん

24号車対34号車さんのバトルは最終ラップまで続きました。


Photo by 留美さん

なんとか2位をキープしたままゴール。

見事2位表彰台を獲得されました。


Photo by 留美さん

残念ながら既定の50%ルールがあるため、ポイント獲得はならず。

まさhitさんからは『次こそ優勝』という言葉が出ているので、次こそ正式入賞・ポイントゲットを見せてくれることでしょう。

応援に駆けつけてくれたキワムさん、写真撮影にきてくれた留美さんもありがとうございました。



一昨年からZchallengeに出場されているSiNさん、FCRデミオレースのまさhitさんのサポートに入らせていただき、お互いにレースをサポートし合っています。

今年の開幕戦は偶然にも全員2位スタートと幸先がいいです。



残りのレースで誰が先に優勝するか(^^)

皆で頑張りましょう!!
Posted at 2013/04/04 22:04:15 | コメント(11) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ

プロフィール

「怪我から復帰後に実践していること http://cvw.jp/b/438639/44769062/
何シテル?   01/17 22:28
-富士山麓タイヤ啼く(ふじさんろくたいやなく)- 趣味でサーキットを疾っています。 10代・20代の頃、TE71レビン・ジェミニZZ・NAロードスタ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

富士ロードスターカップコミュニティ(略称FRCC)サイト 
カテゴリ:サイトリンク
2014/10/07 02:34:28
 
ロードスターパーティレースⅡオフィシャルサイト 
カテゴリ:サイトリンク
2014/10/07 02:31:01
 
風は西から 
カテゴリ:サイトリンク
2014/05/17 03:29:23
 

愛車一覧

マツダ ロードスター NDロド71号車 (マツダ ロードスター)
NCロードスターNR-Aパーティレース71号車からの乗り替え。 2017年2月24日納車 ...
マツダ デミオ 4代目デミ男 (マツダ デミオ)
本日12月8日。 4代(台)目デミ男 DJデミオ15S Touring 納車しました。 ...
マツダ デミオ 3代目デミ男 (マツダ デミオ)
新しい相棒。DE5FS デミオスポルト CVT です。 DW型に7年、DY型に7年、そ ...
マツダ ロードスター 初代71号車 (マツダ ロードスター)
《元ロド乗りはロドに回帰する》その言葉通りに、ロードスターに帰ってきました。20代の頃に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.