• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クロハチ71号車のブログ一覧

2015年09月26日 イイね!

NC71号車2回目の車検とナラシドライブで86レースの応援

NC71号車2回目の車検とナラシドライブで86レースの応援2010年10月から5年。71号車が2回目の車検を迎えました。

左の写真は2010年の11月、NCに乗り始めて3回目のサーキット走行で袖森を走っているところ。

まだゼッケンもステッカーも貼ってなくてツルっとしてますね(笑)

そこからスタートして、走行距離は8万キロ・サーキット走行は約180回・レースは20戦以上。

単独クラッシュをしたけれど、レース中の接触もあったけれど、ボディは飛石で傷もできてしまったけれど、71号車は共に戦ってくれ、自分にレースの楽しさを満喫させてくれました。

「今シーズンの残り2戦に万全で臨むために、やるべきことをしよう。」今回車検を通すにあたって考えました。

クルマの状況を思い出しながらと、カルテ(諸々のパーツ交換時期等を記録したもの)を見ながら検討。


一番の大物はクラッチ一式の交換。



最近のシフト時の感じからそんな気はしていたけど、ディスクはかなり摩耗した状態。

前回交換した時と同じ距離数なんだけど、前回より遥かに摩耗している・・・。

レースのスタートの仕方を変えたから??それとも富士を走るようになったから??



あとは使い込んでトゥルントゥルンを通り越しバックスキン風になっていたステアリングも交換。



MM氏から新品同様のステアリングを破格で譲っていただきラッキー。

MMさんありがとうございました。


あとはダンパー交換だけど、これはいろいろ考え敢えて富士のレース後、筑波の最終戦前に実施することにします。



ナラシも兼ねてちょっと富士までドライブ。



GAZOO 86/BRZレース クラブマンクラスに参戦している富士仲間の166号車さん・723号車さんの応援も兼ねて。

予選に間に合わなくて残念だったけど、お二人ともAレースのまずまずの位置につけていて何より。



明日の決勝レース頑張ってください。


富士から帰ろうと思ってふと駐車場を見ると、そこにはこないだのエコ耐久のⅠクラス優勝車両が・・・。



ちょっと調べてみたけどこのクルマ、HONDAの拘りが詰めこまれたクルマなんですね。

今回のレースで実力を見せつけたインサイトはなんだか自信ありげに見えました。

富士からの帰り道、ちょっとエコランしてみると、NCの燃費がなんと17.1km/L!!

まー標高650mの富士スピードウェイからほぼ0mのところまでの下りなので、こんなもんでしょう。




車検と大物メンテも完了。

来週からは10月末の富士チャン最終戦に向けて始動します。
Posted at 2015/09/27 00:55:11 | コメント(7) | トラックバック(0) | カーライフ | クルマ
2015年09月23日 イイね!

【15年第23/24走】TMSC(トヨタ・モータースポーツ・クラブ)富士6時間耐久エコノミーランにSKY-D デミオで参戦

【15年第23/24走】TMSC(トヨタ・モータースポーツ・クラブ)富士6時間耐久エコノミーランにSKY-D デミオで参戦シルバーウイークの中盤21日・22日、富士スピードウェイで行われた、TMSC(トヨタ・モータースポーツ・クラブ)さん主催の富士6時間耐久エコノミーランに、DO-ENGINEERING  Team with TMSCチームとして、DOエンジニアリングさんのSKY-D デミオで参戦してきました。

このイベントは、深夜の富士スピードウェイで、6時間のエコラン(燃費縛り・タイム縛り=3分20秒以下のラップはノーカウント)で競うイベント。
車両はエコカー減税対象車であることだけど、参加者はほぼ全台数プリウス等のいわゆるハイブリッド車。今回から参加が認められたディーゼル車は我らがSKY-DデミオとCX-3の2台のみ。

トヨタ資本のサーキットである富士スピードウェイで、トヨタのモータースポーツクラブ主催で、参加者の大多数がトヨタのハイブリッド車で、関谷氏率いるチームが優勝候補で・・というトヨタ尽くしのイベントに、マツダのSKYーD車両で殴り込み(笑)という訳です。

参加するチームは、DOエンジニアリングさんのお客さんの富士チャンピオンレースデミオレースのドライバーが中心。

取りまとめ役の34号車Tさんは今年度のポイントリーダー、メンバーの75号車Nさんは連続シリーズチャンプ、昨年度から参戦されている51号車さんと、富士におけるデミオ使いの皆さん中心のチームに、DOのTさん、TMSCのSさん、51号車さんの友達であるSさん、と私の7名のチーム。
「DOさんのデミオでエコ耐久出るよ」と某SNS等で告知したところ、複数の方から「町田選手と出るんだね!!」と連絡をいただいたけど、残念ながらクルマだけ参加で、チームは全参加チーム屈指のオッサンチームとなっていた模様・・(笑)

●21日午前

当日は午後の3時に集合だったのだけど、午前中から富士に入りライセンス枠(NS-4ツーリング枠)で練習走行。

NSツーリング枠とはいえ、3分20分をターゲットタイムとする走行なので、周囲の迷惑にならない様に養生テープで≪エコラン≫と掲示して走行開始。



「うぉ~脚がいい!トルクすげぇ~!」FF車両での富士は初めてだったのだけど、その脚の良さでとても走りやすいです。流石先日の富士チャンでDE1500ガソリン車両に勝っているだけある・・。

富士を3分20秒で、且つ省エネで走るためのライン・ギヤ選択・アクセルワーク等を探りながら走って燃費は20キロオーバーなのはなかなかの好感触。

ショートに走りに来ていたCLUB PANTERAの富士チャンNB77号車、8Beat JP-3クラスチャンプの77号車さんの二人の若者が顔を出してくれました。



●21日15:00 参加受付 ~ 18:00車検

参加車両は見てのとおり、プリウス、アクア、プリウス、アクア、プリウス、アクア、プリウス、アクア、プリウス、アクア、プリウス、アクア、そこにホンダのフィットHV・インサイトがちらほら。

そこにレース仕様で武装するSKY-D デミオ。他の参加者の方も「な、何?この車・・。」って視線(笑)




●21日17:45 ドラミ

ドラミでは通常の諸注意事項・シグナル等の説明に加えて、「夜間なので鹿・狸のコースの横切りには気を付けて」と一風変わった注意事項が(笑)

●21日20:00公式予選

すっかり暗闇となっているコースで、3分20秒を超えない範囲でのタイム順を競います。



チームDOは、ドライバーはデミオレースチャンプの75号車Nさん、ナビ(タイム管理等で助手席にナビが乗るのがこのレースのルール)は自分というコンビで予選アタック。

結果は3分21秒台で47台中14位とマズマズ。



同じピットだった富士チャンロードスターカップ仲間の富士ロードスターカップコミュニティチームのインサイトは18位。決勝の結果はこちらを。



予選後に燃料を満載し、給油口キャップには封印が貼られ、決勝後に再度満タンまで給油を行い、規定消費量以内が入賞の条件となります。

●21日23:00 決勝スタート

暗闇のコースのスターティンググリッドでスタートを待つSKY-D デミオ。

これから翌22日5:00までの長丁場となります。




ところどころ照明で照らされているところもあるけど基本暗闇のコースは、思ったよりも見やすくて助かりました。

平均燃費も目標をクリアしながら3分23秒前後のペースでラップを重ねます。

周囲のハイブリッド車も思った以上の走り・競り合いを見せる決勝レースは、当初思っていた以上に≪競技≫な感じで、十分楽しめました。

約50分ごとにドライバー・ナビチェンジを繰り返し、ほんのり明るくなり始めた午前5:00にゴール。

DOチームは総合3位に食い込むも・・・。



燃料規定違反で失格となってしまいました。

決勝後の再給油で、想定以上に燃料が入ってしまった・・・。つまり燃費が悪かったという事。



ちょっとだけ計算が狂ってしまって上位入賞はならなかったけど、普段はガソリン車と混走のワンメイクレースを戦っているそのままの車両・タイヤで、エコレースも十分戦えるって、DO-ENGINEERING SKY-Dデミオ恐ろしや・・です。



47チームで各チーム7~8名はいたと思うので、400人くらいの参加者での記念撮影。



初の耐久、それも燃費縛りのあるエコ耐久でしたが、最初はゆる~いイベントだと思ってたのだけど、やってみると燃費縛りのある走行も、データに基づく作戦検討等も含めて、なかなか面白いもんだなぁと感じました。

仲間内でハイブリッド1台用意して、皆でワイワイ楽しむ。

エコカーで楽しむこんなモータースポーツってものいいもんですね。


来年はまたこのメンバ・チームでハイブリッド勢にリベンジしたいと思います。



SKY-Dデミオを貸し出していただきましたDOエンジニアリングTさん。
チームの仕切りをしていただいた34号車Tさんをはじめとする、チームDOの皆さん。
大人数でのイベントの仕切りをされた主催者さま、富士スピードウェイ様、参加者の皆さま、そしてなんと言っても夜間のレースの運営をしていただいたオフィシャルの皆さまありがとうございました。




イベント後は眠気に抗うためオープンにして丹沢の温泉までドライブ。



山はすっかり秋の様相で、コスモスが満開。





道中は気温20℃以下でエンジンも絶好調。

プチオフシーズンもそろそろ終わらせて、10月末の富士チャンロードスターカップ最終戦、11月末のパーティレース最終戦に向けて始動します。
Posted at 2015/09/23 14:16:09 | コメント(7) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2015年09月18日 イイね!

SWはDJ SKY-D DEMIOでEco耐久

SWはDJ SKY-D DEMIOでEco耐久明日からシルバーウィークで5連休。

その9/21~22(月・火)に富士スピードウェイで行われる「TMSC富士ナイター6時間耐久エコノミーラン」に、DJディーゼルデミオで参戦します。

このDJディーゼルデミオは、富士チャンピオンレースデミオレースにDO-ENGINEERINGさんから参戦している車両で、8月の第三戦では見事優勝もしているクルマです。


DOさんのDEMIOレーサー達中心のチームに、今回混ぜていただきました。

深夜のサーキットにおいて、燃費も競ういわゆるECO耐久です。

次のレースは10月末となるため、今はプチオフシーズン。

初秋の富士スピードウェイで、SKY-Dの走りと耐久イベントを楽しんできます~!!


Posted at 2015/09/18 22:54:40 | コメント(5) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2015年09月02日 イイね!

【15年第22走】富士チャン2015Rd4 ロードスターカップNCレース第3戦 決勝動画付

【15年第22走】富士チャン2015Rd4 ロードスターカップNCレース第3戦 決勝動画付アップが遅れましたが、8月29日(土)富士スピードウェイで行われた「富士チャンピオンレースシリーズ2015Rd.4」の、ロードスターカップNCレース(チャレンジクラス)第3戦に参戦してきました。

ロードスターカップNCレースは改造度に応じたオープンクラスとチャレンジクラスの2クラス、さらにデミオレースと86/BRZのナンバー付きレースである8Beatの合計3レース21台で予選・決勝が行われました。

Photo by FRCCカメラマンさん



予選はクラス1位・総合で9位、決勝はクラス1位・総合6位と表彰台の真ん中に立たせていただき、昨シーズンからの連勝を6としました。

メンテ・タイヤ交換等のサポートをいただいた、ピレリーヨコハマさんNOPROさん

レースサポートをしていただいたKAZ20NCさんとよゆきさん

写真撮影をしていただいたたくさんの皆さん。

応援に来ていただいたレース仲間・富士仲間の皆さん。

そしてご一緒いただいた参加者&サポートの皆さん。

主催者・事務局・協賛企業の皆さん。

お疲れさまでした&ありがとうございました。

昨年度クラスのシリーズチャンプを獲得させていただいたこのレース。

今回の優勝で今年度のシリーズランキングもトップとなりました。

最終戦は連続シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります。

以下、ワンパタンの参戦レポートですが、宜しければお付き合いください。


                                                 
●レース前準備

レースが近づくにつれどんどん悪化してゆく天気予報。

豪雨の中でのレースだった前戦が頭をよぎる。

SNS等で「雨男の俺が出るからもちろん雨でしょう!!」等の冗談めかしたやり取りをしながら、その裏(笑)で雨レース対策のためストックしている新品のRE-71Rを投入。



レースの二日前の夜、無理言って横浜のぴーよこさんで交換していただきました。ぴーよこさん、緊急対応ありがとうございました。

いつものようにNOPROさんにてオイル交換も実施。

富士走行前日に必ず観る《某86N1レースチャンピオンの走行動画》を数回観てイメトレ。自分が「FRで富士を走る理想の姿」と思ってバイブルとしている動画です。

レース前の準備は万端。


                               
●レース当日の朝

朝6:00前に富士の西ゲートに集合。路面はドライ&天気は曇り。


Photo by とよゆきさん

昨年から富士のレースをサポートいただいているKAZ20NCさん・とよゆきさんコンビも到着。

いつものように予選まではブリーフィング・車検・メディカルチェックと慌ただしいスケジュール。

車検をサポートのおふたりにお任せして、自分はメディカルチェック後着替え等の走行準備を実施。


Photo by とよゆきさん

サポートのおふたりのおかげで、予選に向けての準備を余裕を持って進められました。


                               
●予選

予選時間になっても天気は変わらず曇で路面はドライ。

「バリ山タイヤでタイムを出せるか?」こうなってくると新品タイヤへの交換をちょっと後悔。

気温・湿度・路面温度等から、目標タイムは2分9秒台と設定。

いろいろ悩んだが、先頭でコースインして前半でタイムを出す作戦でコースイン。


Photo by とよゆきさん

前半はNCオープンクラス8号車さんと連なってアタックするも、タイムは2分10秒5止まりとイマイチ・・・。

Photo by 留美さん

サポートのKAZさんから無線(携帯)でクラストップとの連絡を受け一安心するも、一緒に走っている8号車さんにはコンマ1遅れでNC全体では2位との情報。

ミラーに映る8号車さんは、ラップタイムが自分よりも速い感じなので、コカ・コーラ手前で道を譲って前後交代。

8号車さんに引っ張ってもらってのタイム更新を狙いアタックを継続するもタイム更新はできず、逆にタイムを伸ばした8号車さんとのギャップが拡大・・・。。


Photo by FRCCカメラマンさん

山があり過ぎるタイヤだったせいもあってか、目標タイムには届かずの2分10秒582も、なんとかクラスポール・総合9位で予選終了。


Photo by とよゆきさん

                               
●予選と決勝の合間

この日のレースは予選と決勝の間が約4時間あるため、サポートの皆さんとオリヅルで昼食。

併催のKOREANスーパーレースのピットを覗いたりしていると空からポツポツと雨粒。

予想通りの雨に作戦通りと思いつつも不安が頭を過る。

なぜならば、同クラスのライバル70号車さんは「雨が大好き」と公言される程ウェットが得意で、豪雨の中のレースだった前戦では終盤結構追い詰められたから・・。

ますます増える雨量。あめふるコールアプリの予報も完全に雨・・。

「雨の決勝で勝つために今からスタートまでにできることはなんだろう?」を考え実施。

前後バランスも含めた空気圧調整と、とあるパーツの締め込み具合を調整。

               
●決勝

車両待機場所からコースイン、サポートメンバーの待つスターティンググリッドへ。


Photo by スモールカミナリさん

1周のフォーメーションラップでは加減速を繰り返し、十分な準備(タイヤ暖気)を実施。

再度スターティンググリッドに着き、ギヤを1速・サイドを引きながらスタートを待つ。

全車整列グリーンフラッグ!!

●●●●●
●●●●
●●●●●
●●●●●
●●●●
●●●●●
●●●●●
●●●●●


スタート!!



いつものようにNC勢が全体に好スタートを決め、前方の8Beat軍団に追い付きながら1コーナーへ。



イン側にポジションを取ろうと思ったところで一台の8Beat車両が右側に迫ってきてため、進路を大外に変更しこれが功奏。

前方がクリアな1コーナーの大外から2台の8Beat車両をパス、さらにNC8号車さんとサイドバイサイドでコカ・コーラに飛び込みイン側だった自分が8号車さんをパス、さらに100Rで8Beat車両を1台パスと、オープニングラップで全体9位から全体5位にジャンプアップ。



2周目のダンロップ飛び込みで8Beat77号車さんにパスされ全体6番手へ後退。

やや離れた後方に白いNCが2台、8号車さんと70号車さんがバトル状態。

後方が気にならないと言えば嘘になるが、ここは気持ちを前に向けて前方の8Beat車両を追うことに。


Photo by 留美さん

中盤5周目、バトルを征した70号車さんが少しずつ距離を詰めてくるが、残り周回をミスなく走りクラストップをキープ。



無事クラス優勝!!


Photo by スモールカミナリさん

そんな今回のレースの動画です。

本来公式戦のレース動画は公開禁止なのだけど、FRCCという富士チャンピオンレースロードスターカップ参加者自らがもっとレースを盛り上げよう・もっと参加者を増やそうと活動しているグループがあるのですが、その活動の一環としてレースの動画の公開を、レース主催者の富士スピードウェイさんが認めてくれているのです。

緊張のスタート・大混乱のスタート直後1コーナー~100R・ミスなく堅実に走った最終ラップ等をご覧ください。

今年の自分にとっては2戦目の富士チャンロードスターカップは、クラス優勝・総合6位で終了。


Photo by 留美さん

シリーズランキングもトップに立ち、最終戦のシリーズ獲得条件もやや有利になりましたが、油断は出来ません。

最終戦も頑張って、2年連続シリーズチャンピオンを目指します。


               
●祝勝会

レース終了後、サポートをしていただいたKAZ20NCさん・とよゆきさんと共に御殿場のかつ栄さんで祝勝会。



とんかつを食べようと思っていたのだけど、とよゆきさんの提案で皆でトンテキをオーダー。



甘~い脂身が最高に美味でした。

最近祝勝会はいつもかつ栄さんなのだけど、どうやら近々御殿場に静岡名物ハンバーグのさわやかが出店されるそうなので、最終戦も頑張って勝ってオープンしたてのさわやか御殿場店で祝勝会&シリーズチャンプのお祝いをしたいと思います。

ロードスターカップNCレースの最終戦は、10月31日(土曜日)になります。


Photo by 留美さん
Posted at 2015/09/03 00:10:06 | コメント(14) | トラックバック(0) | 富士チャンレポート | クルマ

プロフィール

「【ダイエット】その① 車載カメラ http://cvw.jp/b/438639/44756585/
何シテル?   01/12 20:50
-富士山麓タイヤ啼く(ふじさんろくたいやなく)- 趣味でサーキットを疾っています。 10代・20代の頃、TE71レビン・ジェミニZZ・NAロードスタ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/9 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

富士ロードスターカップコミュニティ(略称FRCC)サイト 
カテゴリ:サイトリンク
2014/10/07 02:34:28
 
ロードスターパーティレースⅡオフィシャルサイト 
カテゴリ:サイトリンク
2014/10/07 02:31:01
 
風は西から 
カテゴリ:サイトリンク
2014/05/17 03:29:23
 

愛車一覧

マツダ ロードスター NDロド71号車 (マツダ ロードスター)
NCロードスターNR-Aパーティレース71号車からの乗り替え。 2017年2月24日納車 ...
マツダ デミオ 4代目デミ男 (マツダ デミオ)
本日12月8日。 4代(台)目デミ男 DJデミオ15S Touring 納車しました。 ...
マツダ デミオ 3代目デミ男 (マツダ デミオ)
新しい相棒。DE5FS デミオスポルト CVT です。 DW型に7年、DY型に7年、そ ...
マツダ ロードスター 初代71号車 (マツダ ロードスター)
《元ロド乗りはロドに回帰する》その言葉通りに、ロードスターに帰ってきました。20代の頃に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.