• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もけけxのブログ一覧

2010年02月28日 イイね!

マフラー交換&リミッター解除対応策なし

 ・自作リヤスポイラー
 ・自作バンパー
 この2作に並んで、実は、3作目として自作マフラーを計画していました。
 デザインや材料集めは自分でやって、加工は板金屋にお願いする計画でした。

 ところが、今まで作業部屋として使用していた12畳間を、子どもが幼稚園の年長になるため、子ども部屋として明け渡すよう嫁に言われ、3月中旬より、作業は自分の本やゲームの物置と化した狭い6畳間か屋外での作業になる予定です。

 そうなると日数的にマフラーは厳しく、吊るしで対応せざるおえません。
 当初計画していたのは、妄想発動しますが、下記写真のような4本出しです。
 


 上記写真は合成です。インプですら4本出しているのが正規で出ていますし、エボXもアフターパーツショップから登場予定です。(海外では既に売られていますが、車検対応は、その爆音から無理そうです)
 走行性能は4本出しでRAの性能では抜けすぎて落ちるのはあからさまです。実際に写真を合成して見ると、イマイチ感があり、2本出しのほうがやっぱり良いかなと感じました。

 さて、リヤバンパーの一部加工を考慮し、2本出しでデザインを考えていましたが、先の工数、作業場所の関係から、自作は諦め、既製品で手っ取り早く解決することにしました。

 デザインでは、非マフラーカッター、大口径(大きすぎない程度)、ブルーの焼け具合で選択を絞っていくと HKSのリーガマックス・プレミアムが理想に近く、ヤフオクだと6万2千円前後、自分で取付ければ安く済みそうです。でも、この冬場の雪が積もった駐車場で、不安定な足場で車の下に潜りたくなく(しかもマフラー重く、持ち上げながら一人で作業は苦行です)、6千円程度ならDラー持込みでも、6万8千円程度で済むのではと思っていました。
 ただ、Dラーでリミッター解除について聞けるはずもないので、数多くのリミッター解除商品の出ているHKSの地元のプロショップ、Make-upさんにマフラー交換はついでの口実に、リミッター解除できないか相談しました。

 回答は、やはりHKSでもRA用対応商品が出ていないので、エボX用を付けるにも、実際に付けてみなくては分からないとのことです。
 そのうちRA対応品が出るかも知れないですねとの、愛想の良い女性店員さんの言葉でしたが、エボXの一割程度しか売れていないマイナー車なので、心情では、それも難しいかなと感じました。
 やはりECUを直接書換えできるものを、模索するしかなさそうです・・・どんなに給排気や冷却をチューンしても、リミッター解除できないのであれば、サーキットを走る意味が半減ですので。それらの作業は、リミッター解除が無事成功したらですね・・・。

 マフラーについては、アイドリング時の音は純正とそれほど変わりません。
 走行時の音は、純正より若干大きく、振動も僅かながらより感じられます。(車検対応品で、けっして爆音ではないので安心です)
 走行性能よりデザイン重視で選択しました。トータル的に十分満足できるマフラーだと思います。

 参考に取付け画像をアップします。
 



 純正に比べ少し出ます。この出具合がちょうど良いですね。



 ほど良い大きさ、色具合です。

 


 と思ったら、Make-upの店長さん、もうブログにRAをアップされていたのですね。作業が早い・・・。
 今回は、ご無理な値段で承諾して頂きました。またパーツ追加の際にはお願いしたいと思います。下記アドレスにRAと、コメント欄にどこかで見覚えのあるあの方が・・・。
 http://www.do-blog.jp/makeup/








 
Posted at 2010/02/28 19:42:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2010年02月24日 イイね!

リヤスポ加工その3 (プライマー、サフプラで塗装剥離)

リヤスポの整形が済んだので、シリコンオフで下地までしたのはよいのですが、プライマーを吹いたところ、次々、古い塗装部分が水ぶくれ状態になってしまいました。
ホルツのバンパー用プライマー(通常のプライマーより足付けが強力です)でしたので、PPでないと古い塗装が剥離してしまうのかもと考え、今度は、一般的なサフプラを吹きましたが、再び、旧塗装面が水ぶくれに・・・。

PPが露出しているところやパテ、FRP部分は、正常に吹き付けができているだけに考えてしまいます。

SOFT99等のHPなど見ても、普通に古い塗装にプライマーやサフプラ吹いているし、なかなか上手くいかないものです。

考えられる原因として、古い塗装への足付けを良くするために、軽く研磨しましたが、それが強すぎて、目に見えない細かい空洞ができ、そこにプライマー等が入り塗装面を持ち上げたのではと考えられます。

とりあえず現状では、古い塗装を全て剥離するしかありません。
時間がかかりますが、地道にやるしかなさそうです。

また、作業の際にマスクをしようとしましたが、手が滑り、マスクのゴムがパチンと、こないだとは反対の眼球にぶつかり、5時間程その痛さに悶えていました。本当に、何故か目ばかり怪我をします。

話は変わりますが、先週、Dラーへ行ってきました。
マイナス5度以下になると、ブレーキパッドが固着し全く発進できないことが多々あったためです。
寒い中、洗車したまま、走行してブレーキパッドを乾かさず放置したり、昼間、雪解けで水しぶきをあげながら走行した後、夜に急激に温度が下がったりした時に多く、外出先で固着したときは、ビニル袋にお湯を入れ、それをパッドにかけて、固着を溶かして発進していました。
この作業は人に見られると、三菱やフォルティスのイメージが悪くなるので、なんとかしなくてはと考えていました。先日も、最新の車なのに大変だねと言われり、笑われることがあったので、これは流石にディラーへ行って何らかの対策が必要だと感じたためです。
Dラーの担当者へ話しをすると、同じRAで1件同様の症状が客からあったそうです。
対策として、水吐けを良くするためパッドの端を削ってもらいました。
最初は、そのことで、ややブレーキが甘くなったかなと感じましたが、それ以来、固着はありません。北海道内でもRAは何台も走っていますが全てのRAにその症状が出ているわけではないので、もしブレーキの固着が気になるのであれば、ディーラで同様の処置で改善されるかも知れません。何といっても気温が低い時にパッドが濡れたまま放置せずに多少でも走行して乾かす必要があることだそうです。
どうしても、お気に入りの車なので、こまめに洗車したくなってしまいます。そういえば、前の車は、年に1~2回しか洗車していなかったので、全くそんな症状はありませんでした。これはフォルティスだからというわけではなく、どんな車でも起こりえることなのかも知れません。



Posted at 2010/02/24 01:22:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2010年02月22日 イイね!

リヤスポ加工その2

自作パテは、日にちを置いたほうがFRP樹脂に馴染んで、使いかってが良くなりました。
2~3度、研磨、パテ盛りを繰り返して、写真のとおり整形がだいたい完了です。
裏側は、カーボンシールを貼るので、多少の凸凹があっても、手を抜いてそのままでいこうと思います。

次回の作業は、シリコンオフで清掃してから、プライマーです。
現状の表面は、FRP部分、パテ部分、既存塗装部分、塗装がハゲたPP部分と、カオスになっており、段差や穴が非常にわかりにくいので、プライマーを吹き均一な色にすることで、それらを見分けることができるのではと考えています。(またプライマーには、多少の小さな穴や段差を埋める役目もあります)

研磨作業は、本来、給排気のしっかりした施設でないと、健康面に様々な悪影響を及ぼします。実際に、研磨作業等を伴う作業場には、給排気の施設が義務付けられています。
DIYとは言え、粉塵用のマスクはしていますが、作業が終わった後は、頭から足元まで、ガラス繊維やFRP樹脂の粉まみれの状態で、マスクをしているとは言え、外すと口や鼻の周りが白くなっています。(あわてて、完全密封のマスクを買ってきました)
一昔、ガラス繊維の研磨した粉は、アスベストと同じように癌になると言われていましたが、最近の研究で、それは間違いであったことがわかりました。(その安全性の確認もあって作業に取り掛かりました)
だけど、タルクやFRP樹脂の粉末が人体にどんな影響を及ぼすか不安なところはありますね。
お金に余裕があるならショップに頼むのがベストです。(オリジナルエアロを頼むと50万以上平気でかかってしまいます・・・リヤスポ程度ならそこまでかからないと思います)

今日は、地元ショップでマフラーの見積もりを依頼してきました。
非純正のリヤスポを付けるなら、非純正マフラーにしたくなります。
マフラーの取付けはボルトの付け外しだけなので、自分でもできそうですが、この冬場の雪の地面では、ジャッキが不安定で安心して下に潜れないので、安全のため4~5000円程度ならやって貰ったほうがと。

ECUのリミッター解除できるショップが地元にはないので、自分で書き換えできるA’PexiのパワーFCがどうかなと思えば、フォルティスは対応表にありませんでした。対応できそうなものを情報収集が必要そうです。無事リミッター解除できれば、そこのショップでは定期的に、白老カーランドでサーキット走行会などをやっていますので、会費も1万円と良心的な値段で参加してみたいですね。
Posted at 2010/02/22 23:56:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2010年02月14日 イイね!

リヤスポ加工その1 (悲劇が・・・)

悲劇が起きました。
いったい何が起きたのかと言うと・・・。

いつもは念に念を入れ、マスクにゴーグルで作業をしています。
一時、雪が降ったためゴーグルが曇りタオルで拭いた後、再びゴーグルをするのを忘れ、そのまま作業に入ってしまいました。
今まで、顔に破片や劇物が飛んできたことは一度も無かったのですが、その忘れた一回の時に悲劇が起こりました。



ポリパテを作ろうと20kg缶を開け、ピンク色のいかにも皮膚に悪そうな(注意書きにも肌に触れぬよう記載があります)粘性のあるFRP樹脂を計量カップへ移そうとしたのですが、少し傾けたところ、20kg缶の中身が満タンだったこともあり、わずかな手の圧力で大きく跳ね、顔一面にFRP樹脂がかかりました。
ぐぁ~~~と悲鳴をあげ、片目に樹脂が入り激痛のなか、急いで家へ駆け込み顔を洗いました。
とにかく洗浄です。作業中の20kg缶なんかは外に放置したまま2時間ぐらい湯で目をすすいだり
顔を何度も石鹸で洗ったり、眼科や皮膚科へ行こうとも田舎なので休日は休みです。
これは失明したかもしれないな・・・正直、そう思いました。
でも、2時間ぐらいゆすいでいるうち、顔の赤みは残るものの目の痛みは和らぎ、視界も戻ってきました。
目が見たことがないほど真っ赤で充血していましたが、今は白く戻ったので、眼科へは行かなくても大丈夫そうです。
(もう片方の目は車の扉の端に指して、白目に傷が付いています。これはトヨタディラーで挨拶したとき、そこに扉があるのを知らなくてザックリとやってしまいました)

日が暮れての作業続行です。(そんな状況でも作業をやるのかいと言われそうですが・・・)

まず、二度と同じ悲劇を繰り返さないため、ポリ蛇口という便利なものを買ってきました。
樹脂が余分にこぼれないのはもちろん、なんたって目に入る危険が回避できますw
こんな便利なものがあったのですね。



タルク20kgとキャシボール1kgを購入しました。
アエロジルが品切れだったので、単価が安くほぼ同性能のキャシボールにしました。
ポリパテは店で買うと高いです。2Lでも5000円近いです。自分で作ると固さ調整もできる上、値段も1割以下で済みます。
もちろん、目に入る危険はありますがw



また2L程度の缶があると作り置きもでき便利です。
塗料の缶がなかったので、空缶だけを買ってきました。



缶半分ぐらいのポリパテを作るには、タルク1000ccとダレドメのキャシボール(5%程度、今回は多めに100cc)に、同体積のFRP樹脂を入れます。
粉は小麦粉以上に飛散するので、マスク必須です。
粉へ樹脂を入れないとダマになります。



使う分だけ紙コップに入れ、5%の硬化剤を入れ攪拌します。
この硬化剤でも硬さが緩くなるので注意が必要です。



さっそく、リヤスポに塗ってみましたが、緩すぎて形が保てません
バレンタインデーのチョコケーキにチョコホイップを塗ったくっている気になります・・・。
(嫁からは、ゴム板のような手作りチョコケーキを貰いました。なかなか噛み切れないw)
次回、タルクとキャボシールを2割程増やし調整が必要そうです。
手直しは、すぐに乾かないだろうからと、買い物に行っていた2時間の間にカチンコチンになっていました。
ホイップクリーム状態での完全硬化はなかなかキツいですね。
根気よくヤスリ掛けして、再度パテで整形が必要そうです。




今日の買い物時、ヒヤリとする場面がありましたので、動画をアップします。
やはりドライブレコーダーは必要ですね。
特に地元では女性ドライバーの惨い運転が多いので必須です。




Posted at 2010/02/14 21:23:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2010年02月10日 イイね!

フロントバンパ加工その1


某オクにてトラブルに巻き込まれ加工の材料が手に入りませんでしたのでリヤスポの加工は作業停滞中です。現在別ルートで、タルクとアエロジルを注文中です(安い分1ヶ月間程・・・)

海外で、なかなか厳ついバンパーが登場しました。(某掲示板にも張られていましたのでご存知の方もいるのではと思います)


このフロントバンパのサイドのダクトは、イングスぐらいでしか見たことがなかったので、自分も付けてみたいと感じていました。
ただ、エボXを見てもアフターパーツでも、このフロントバンパーのサイドのダクトは採用されていませんので、効果はあるのか、また悪影響を及ぼさないのかデータ不足な状態です。(現在のところイングスのは問題なさそうです)
そこで、ソフトを使用し流体をシミュレーションしてみました。
上が通常(サイドのダクトなし)。下がサイドを付けた場合です。

シミュレーション上では、サイドのダクト無しでは、流量が少なく停滞しています(熱が篭もりやすい状態)。ただ実際は、タイヤハウス内のフロントフェンダスプラッシュフロントシールドにダクトが付いていますので、ここまで惨くありません。また、大きなダクトは走行の際に、空気抵抗が大きいのではと思っていましたが、シミュレーション上では、反対方向の気流がなく停滞しているので、一種の壁のような状態になっているのが分かります。

一方、サイドのダクトありだと、冷却効果アップが期待できそうです。
これはシミュレーション上ですのでそのまま鵜呑みにはできません。他車種やアフターパーツメーカーが採用していないことを見ても明らかなとおり、実際はあまり効果は期待できないかもしれません。デザインが好むかどうかといったところでしょうか・・・。
RAでは、ここにワッシャタンクがあるため、内部が見えるように加工するとかえってカッコ悪くなりそうですので注意が必要です。

もし付けるのであれば、下記の赤丸のパーツが無難と考えています。


ただ、このパーツを流用すると、従来予定していた下記のデザインは不可能になります。



いっそのこと、一枚目の写真をパクッて、下記のようにしてしまおうかと。
これだと正面から、ワッシャタンクが丸見えなので、対策が必要そうです。


他にも、材質の異なるパーツをFRPだけで接続するのは不安なので金属で固定するにも、頭をどう隠すかなど、検討する課題は多そうです。しばらくデザインを考えてみます。


Posted at 2010/02/10 22:33:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@karinsakura さん 気を使って頂きましてありがとうございます。楽しみにしていますね。」
何シテル?   10/05 21:20
北海道の寒い時期も洗車やDIYしています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/2 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
エボXSST終了となってからの購入です。 終わりからの始まりです。 車体色はダークブルー ...
三菱 ギャランフォルティス 三菱 ギャランフォルティス
エアロ作りが楽しかったですね。 とても思い入れの強いクルマでした。 エボXと外装が似てい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.