• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もけけxのブログ一覧

2013年09月29日 イイね!

バンパ取付け、振り出しに…。

バンパ取付け、振り出しに…。(追記)
 ヤフーオークションの出品業者から連絡があり、送付されたバンパは下部が別にあり、同梱し忘れたとのことでした。フォルティス用で間違いないようです。
 一部の変形がなければ、ちゃんと取り付け部の穴も開いているので、良い商品だと感じます。
 機会があれば、また挑戦したいですね。

-----------------------------------------
 ヤフーオクションにて落札したエボXルックリアバンパを付けることになり、商品が三菱ディラーに届いたのですが、オークションの商品説明に掲載されていた写真のものと、実際に届いたものとが異なっていました…。
 当初、三菱ディラーから、ナンバーを取り付けるところがないとの連絡があり、エボXと同じ場所に付ければいいのにと思いながら、言っていることが理解できませんでしたが、現物を見て納得です。

 オークションの説明写真は、下記のものです。


 ところが、実際に届いたものは、下記のものです。


 つまり、バンパ下部のディフューザーやナンバー取付部のリヤバンパエクステンションキットが一体化されておらず、バンパ上部のリヤバンパフェースだけが送られてきたのです。
 タイや中国でよく見かける、下記のような一体型ではありませんでした。

 恐らく、エボX用の純正リヤバンパエクステンションキットが必要なのでしょう。
 もしかしたら、これはフォルティスには付かず、完全にエボX用の恐れまであります。
 さらに、トランクに接する部分に歪みがあり、開閉に支障が出るかもとのこと。

 よって、出品業者に返品となりました…。
 出品業者が商品を誤って発送した恐れもありますが、今から送られても間に合わないので、結果的に、純正品を取り付けることに。
 今回は、社外品を諦める結果になってしまいましたが、フォルティスに対応した商品が手に入る機会があれば挑戦したいですね。15万円程の出費を覚悟をしなければなりませんが。

 インプレッサは相手の保険会社の代車のため、返却となり、三菱ディラーから無償で代車を借りることに。当初の燃費はリッター12kmでしたが、運転の仕方が荒いのか、最近はリッター10km前後。心臓に悪いアイドリングストップが付いてこれでしたら、フォルティスの方が燃費は良いです。
 また、クリープでの走行が速過ぎて落ち着きません…トヨタ車とは異なります。この点の味付けはフォルティスの方が好みですね。
 代車はekワゴンです。

 ekカスタムが最近のミニバンを小さくしたみたいで、これに乗りたかったかも。


 では、いつもの食の話題に…。
 いつも混雑しており、なかなか駐車場に車を止められないラーメン屋が札幌市北区の東8丁目線上にあります。『麺や けせらせら』です。

 裏の冠婚葬祭場の駐車場まで、ここのラーメンを食べるために路上駐車が続いていました。
 いつも待っている人がいますが、待っている間に注文を聞きにくるので、座って1分も経たずに、ラーメンが運ばれてきます。
 今回注文したのは味噌ラーメン。

 ここのチューシューは絶品です。そのため、ラーメンと合わせて250円のチャーシュー丼を注文する人が半数以上。
 通常、ラーメンは食べた後の後味が悪く、しばらくラーメンは食べなくていいやとなるのですが、後味がすっきりしており、また翌日も食べに行きたくなる味です。
 ダシに付けられた半熟卵、麺の硬さ、どれをとっても欠点が見つからない。
 しかも、値段も比較的安く、人気店なのも頷けます。


 この大繁盛のラーメン屋の側に、別なラーメン屋があります。
 海老と鳥のダシをつかった『麺屋 雅龍』です。

 近くに大人気店があるので閑散としていました。
 ここは通常の麺と、とうがらしを練り込んだ麺のどちらかを選択できます。
 今回は、とうがらし麺を食べてみました。

 海老のダシの濃厚さは残念ながら、石狩の『らうめん無双』の『えびみそラーメン』に遠く及びません。それだけ、『らうめん無双』の『えびみそラーメン』が旨いということなのですが…。

 麺は固めで、食べ終わるまで固い感じがしました。
 ラーメンの熱々さが足りないといったところでしょうか。
 でも、この店ならではの良いところもあります。
 カレーが安いことです。
 ミニカレー250円でこのボリュームはなかなかないのではないでしょうか。
 味も悪くありません。



 次にデザートが食べたくなるところです。
 それでは、究極の穴場を紹介します。
 これは何だと思いますか?




 クルマを洗車するタオルやスポンジ?


 惜しいです。



 実は、ケーキです。



 しかも、一つの袋で100円から150円。
 何故、こんなに安いのか、それはホテルなどに卸すケーキを作った際に切って余った部分だからです。形は崩れても味は変わりません。
 このようなものを毎日食べていては、太らないわけありませんが…。


 ここは、ホテル専門でケーキを卸しているケーキ工場です。
 ホテルのケーキバイキングなどでは、このケーキ生地にホイップクリームをトッピングしているのをよく見かけ、食べてみると、ここの味だなと思います。
 このまま食べるより、生クリームを買って、トッピングするのがお薦めです。
 特にチョコケーキが美味しいですね。
 海苔みたいのは、アボガドテラミスケーキです。(これは300円でした。それでも安い…)
 今回は、手前の白い生地のケーキをタダで貰いました。
 従業員さんはスバル好きなようで、小生の代車を事務所から出てきて、スバル車は良いとの会話に。大半を冷凍保存しますが、これを全部食べきったら、また買いに行きたいですね。

 温泉巡りにて、札幌市内で最も気に入っているところは『ていね温泉ほのか』です。

 温泉に入れば、無料の漫画喫茶やインターネットが出来るサービスがあり、子供専用の広めのお風呂があります。月に1回は、アヒルのおもちゃをお風呂いっぱいに散りばめており、子供にとっても楽しめるのではないでしょうか。

 でも、やはりここにもいました。

 アメ車、特にコルベット乗りは、いつも2台分のスペースをぶんどっていることが多いです…。
 ここの温泉は人気があるため、駐車場が満杯のことが多く、これはないですね。
 特にアメ車の下落率は欧州車に比べ大きいですから、このタイプは中古屋で相場が100万~150万円程度です。高級車とは言えません。
 
 温泉巡り、続いては石狩市本町(石狩浜海水浴場の近く)にある『番屋の湯』です。

 洗い場で、お湯が出ない席があるなど、故障しても改修されていないところがありますが、湯はさらさらしており、湯あがり後もベタ付きがなく良いです。
 何より上がったあとの休憩室にある飲食の料金は、他の温泉に比べ安いです。

 『番屋の湯』への通り道に丹野商店があります。(丹野商店の写真がなかったので、google検索で引用)

 ここの商品『チーズソース』はお薦めです。これだけの量が入っていれば他の店では千円近いですが、値段は130円。驚きの低価格です。しかも塩加減がやや強く好みの味です。

 リッツなどのクラッカーやパンに付けてもいいですし、カレーにかけて、チーズカレーにしても、スパゲティーに絡ませてペペロンチーノにしても美味。バター焼きした鮭にかけてもいいですね。チーズ好きなので、いつも3個ぐらい買っています。
 でも、あまり知られると自分の買う分がなくなってしまうかも…。

 先のケーキ屋の帰り道、非常に珍しいクルマに遭遇しました。

 ドライバーは、60歳以上の高齢の方。
 オペル・スピードスターです。何故かエンブレムが外されています。

 エンブレムが無いと、数千万円のクルマですかと勘違いされそうですが、相場的には中古車で200~300万円前後です。
 ロータス・エリーゼの姉妹車で、性能を比べれば、通常はエリーゼを買ってしまいますが(エボXを買わずにフォルティスRAを買うようなもの…)、日本には80台しか入らなかった車ですので、あまり見ないはずです。
Posted at 2013/09/29 19:10:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2013年09月20日 イイね!

輸入バンパとドライブレコーダー

輸入バンパとドライブレコーダー 現在、小生のフォルティスラリーアートは9月12日の事故以来、三菱に預けたままです。
 今のところ、一切、補修のための手は付けられていません。
 純正のバンパでしたら、今時期ですと交換が終了している頃ですが、小生が社外バンパを提案したことから、色々問題があり、何も進んでいませんでした。

 しかも、保険屋からは今月いっぱい、あと一週間程で代車を返すよう言われています。
 代車のインプレッサは1日あたり1万5千円だとか。10日間延長すると、15万円…。
 その分は自己負担になってしまいます。

 当初、チャージスピード製のバンパの取り付けをできないか三菱ディラーに依頼をしていました。

 ところが、三菱ディラーでは、2本出しにあたる部分にRを付けるだけの技術がなく、スパっとカッターで切るだけになるとのこと。さらに、ダクトの部分を加工できないとのことから、下記の写真のようにマフラーの窪みにダクトの窪みが繋がった状態になるとのことでした。

 パテで整形すればいいのでは?と思いましたが、冬に、リアバンパが雪の轍で押される恐れもあり、その場合、パテとPPの接合部分にヒビが入る(最悪、パテ部分が取れる)恐れがあります。
 さらに、ラリーアート用ではないため、他にもどのような不具合が出てくるかわかりません。
 そのため、チャージスピード製を諦めることにしました。それは昨日時点の話です。
 国内では、もうフォルティス用の社外バンパを出しているところはありません…エボXは沢山あるのですが…。
 ところが、以前、タイのLancerEXClubにて、エボX風のフォルティスラリーアート用リアバンパが掲示板で売られていました。タイはアフターパーツの作成が活発で、特に小さい会社が様々なパーツを提供しています。その創作意欲に驚かされます。
 しかし、タイの言語を理解できないので注文を諦めていましたが、昨晩、何気なくヤフオクを覗いていると、輸入業者がそのバンパを出品していました。しかもCY4AだけでなくCY3A、NA用まであります。

 値段も安く35,000円で…純正の半額以下です。みんカラの黒でんちさんが、伊藤自動車に依頼して作らせたエボXとフォルティスのニコイチバンパが、こんなに安く売られているのです。
 ところが、みんカラ等ネットを検索しても、誰一人、日本人でこのタイ製エボXルックのリアバンパを付けている方はいません。
 人柱には慣れています…。
 フロントバンパ、ウイング、アイライン…輸入して、まともな製品はありませんでした。
 このフロントバンパも色々問題はあると思いますが悩んでいる暇はありません。
 何せ残り一週間しか無いのですから…。
 24日に発送、27日工場(三菱BP)到着。残り2日間で仮合わせ、塗装、取り付けです。
 正直、無理に等しいです。
 送られたバンパに割れや、アフターパーツ特有の細かい穴等があっても、パテ埋め等の補修時間はなく、いきなり塗装するしかありません。
 また、上部をホワイト、下部を黒に塗り分けると時間がかかるため、全てオールホワイトで塗装です。

 この点に関しては、塗り分けると、エボXのパチモンと思われかねないので、全てホワイトに塗装することで、エボXとは趣が異なり、オリジナル色が出て良いのではと思います。
 小生が目標としているのは、脱エボX、脱フォルティス化ですので・・・。
 また、バンパの下部が黒いと腰高感が出てしまうので、ホワイトに塗ることで、幾分解消され、目だたないディフューザーが強調される利点もあります。
 ただ、純正のエボXは、リアコーナーエクステンションを付けていないと、腰高感があります。何故、最初からリアコーナーエクステンションを付けた形状にしなかったのかとも思いますが、ダート等悪路での使用も考慮して、選択できるようにとのことからなのでしょうか…。


 しかし、この部品だけで4万円…バンパよりも高いです。チャージスピード製は、この点が考慮されたデザインだったのですが、エボXルックですと、リアコーナーエクステンションがなければ、純正のエボX同じく腰高感があると思うのです。以前は、ヤフオクでパチモンが6千円ぐらいで売っていたのですが、今は見かけることがありません。純正品を買っても、加工しなければ、かんたんには付かないと思います。
 リアコーナーエクステンションについては、クルマが戻ってきてから、自分で加工して付けても遅くはないので保留にしています。

 次に、ドライブレコーダーについてです。
 ドライブレコーダーが壊れていたので事故の際には役に立ちませんでした。
 今までは、『安心mini』(定価29,800円)を付けていましたが、解像度が低いため、近づいても、クルマのナンバーが読めず、当て逃げ等の際に証拠となりません。
 またLED信号に対応しておらず、性能的に色々不満がありました。


 取り付ける以上、クルマのナンバーが読めるHD1080pのフルHD画質。できれば、映像がなめらかに再生される30fpsは欲しいところです。
 日本製では『ドライブマン』が筆頭ですが、HD1080pの割にあまり映像が綺麗ではなく、ナンバーの読み取りも厳しいです。
 発売されている様々なドライブレコーダーの再生動画をチェックしたなかで、韓国製の『FINEDIGITAL FINEVU CR-500HD 』(26,990円)の映像はとても美しいのですが、韓国製ですので、果たして本当にこの画像が、このドライブレコーダーで撮られたものか疑わしく感じます。また説明書も韓国語のため、取り付けや使用方法で困っている方が多いようです。

 そこで、最終的に選んだのが、台湾製の『Garmin GDR35D 』(定価39,800円)です。

 これは、前方用カメラ、後方用カメラがセットです。
 画質はナンバーを読み取ることができます。
 今回の事故で、後方用のカメラもあったほうが良いと感じました。
 ただ、ドライブレコーダーは、精密機械のため、夏場の直射日光で高温になると基盤が駄目になりやすく、消耗品として割り切るしかありません。 
 来月までに車検、スタッドレスタイヤ購入と、出費が重なり、好きな外食や風呂屋巡りを控えなくてはなりません。
 先週は、つきさむ温泉に行ってきました。同じ千円以上出すなら、ふとみ銘泉万葉の湯の方が安く満足度が高いと感じます。

 温泉の建物のなかに、チェーン店、『とんでん』が入っています。


Posted at 2013/09/21 00:13:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年09月14日 イイね!

後ろから追突されました…でも、思わぬ展開に

後ろから追突されました…でも、思わぬ展開に 仕事の帰り道、赤信号のため停止していたところ、後ろから黒色のフィットが近づいてきます。
 バックミラーを眺めていると、一向に減速する気配が見られません。
 わずか数秒のことですが、走馬灯のように様々なパターンが頭を駆け巡りました。
 前方に少しでも詰めてはどうか…いや、後ろから追突された勢いで、小生の車が前方の車に追突し、小生が加害者になる恐れが出てきます。
 路肩に逃れてはどうか…車高が低いので路肩を乗り越えられません。フロントバンパーを破損させるだけです。
 では、反対車線に逃れてはどうか、反対車線からはダンプが迫ってきます。
 もう、これは衝突を受け入れるしかなく、前々からリアバンパーを非純正に変えたいと思っていたじゃないか…これらの考えを並列的に考えているうちに、鈍い衝撃が襲いかかりました。(実際には色々頭のなかでは考えても、体は全く動かないものです)


 人は、死ぬのではと思うとき、このように、途轍もない速さで思考が駆け巡るものです。
 通常の車両であれば、首を捻ったり、むち打ちになっていたことでしょう。
 しかし、幸運なことに小生のシートは、フルバケットシートです。
 フルバケットシートは、サーキット等の急なコーナーにて体がズレるのを防止するためのものですが、シートに座ると頭や首はシートにピッタリと凭れ掛かることになりますので、衝撃があっても一か所に集中せず、体全体で衝撃を受け止め、加わる力が分散されます。

 衝撃の後、すぐさま車から外に出て、相手の方は、車の中でごめんなさいと手を合わせています。 年齢は50代といったところでしょうか。
 小生自身、どこにも怪我はなく、別に怒りも湧いてきませんでした。終始ニコやかに対応です。
 気の荒い方ならきっと、倍返しだ!と熱り立つかも知れません。


 誰にでも間違いはあるものです。その後の対応に誠意があれば、文句はありません。お互い、体に障害が残らなければ良いのです。車はいつか買い替えるものですから。むしろ、新しいリアバンパーに交換できる口実(嫁に対する。もう改造費だけで150万円以上ですから…文句を言われます)を与えてくれてありがとうといったところでしょうか。

 唯一は事故車扱いになれば、車の査定、売る時の価値が30~40万円程下落してしまうことです。ただし、事故車扱いになるのはフレームまで損傷が及んだ場合です。この程度であれば、影響はないはずです。
 往来のなかですが、車を一切動かさないように伝えました。
 動かしてしまうと、警察の実況見分ができないからです。

 小生の父は、それで失敗しました。
 横断歩道で赤信号のため、停止していたところ、民家の駐車場からバックで出てきた第一タクシーに追突され、その場で、タクシーの運転手は全て自分が悪いと非を認めたにも関わらず、北警察署の実況見分の際に、第一タクシーの事故担当者が現れ、父に責任があると訴えたのです。タクシーの事故担当者は北警察署の職員と顔なじみだったためか、ニヤニヤ話し合っています。タクシーの乗車客が衝突の際にむち打ちになり、いつの間にか、信号で停止していただけの父が悪いことにされてしまいました。北警察署の職員はその晩、ススキノで美味いタダ酒でも飲めたのではないでしょうか。最終的には揉めに揉め、お互い責任を追及しない、つまり相手に損害を求めないことになったのです。
 そのため、事故があったら何があっても車両を動かしてはならない。さらに、ドライブレコーダーは必要だと強く思ったのです。

 話を戻しますが、路上に小生ら車両2台を停めているものですから、周囲が渋滞になり、帰宅の方々には迷惑をかけたと思います。
 小生は携帯電話を持っていないため、相手の方の携帯電話にて警察に連絡をしてもらいました。どこに電話をかけたのか、聞くと110番だそうで…。30分待っても警察が来ないので、再度電話をかけてもらい、45分程して、ようやく警察が到着。札幌駅の方から来たとのこと。これだけ時間が掛かっているとは、緊急事態だったらどうするのでしょう…。
 警察到着までの間、半年前に壊れて使えなくなったドライブレコーダー(ドライブレコーダーは直射日光により5年も持てばよいほうです…だいたい熱で駄目になります)から、メモリカードを何気なく取り出し、『大丈夫ですよ(小生にとって)。事故までの映像はすべてこのメモリカードに記録されていますから』と、何としても10:0に持ち込むため、何も記録されていないメモリカードを目の前でちらつかせます。これで相手はもう非を認めざるおえません。

 小生の車の損傷は、リアバンパの損傷(割れは無いものの塗装の剥離)、ナンバープレートの折れ、バックカメラケースの塗装剥離、封印の崩壊、リアバンパ取り付け部の破損です。
 それともう一つ、大事なものが。
 先日、ガソリンスタンドで窓拭きの際にエルボされたウイングです。
 週末は、十勝スピードウェイに走りに行くために月曜から積みっぱなしだったのです。
 警察の実況見分の際には外装しか見ていなかったのですが、帰宅し、確認すると、ウイングの小さなヒビ割れが、衝撃により、広がっており、他の部分も他の工具にぶつかり傷が付いていたのです。
 これは、ウイングも相手の保険で直して、貰わなければなりません。

 相手の車の損傷は、ナンバープレートの変形とフロントバンパーの傷程度です。
 写真の白い塗装は、小生の車の塗装が割れて吹き飛んだものです。
 小生の車は、元の塗装の上に、DAYで重ね塗りしていたので、その部分が割れて飛び散ったのです。つまり、小生の塗装がヘタだということです…。

 警察にお互いの運転免許証、車検証と自賠責証を見せます。
 運転免許証は常に持っていないと、いくら安全運転をしていても、いつ追突されるか分からないので必要ですね。
 警察の実況見分は10分程で終わりました。後は、お互いの話合いによるとのこと。
 警察を呼んだのは、後々事故証明が必要になった場合に備えてです。
 小生は携帯電話を持っていないため、30分後に間違いなく保険屋が自宅に電話をするよう伝え、別れました。
 時間になり、約束どおり保険屋から電話を受け、相手が謝罪しに窺いたいとのことから、住所を教えてかまわないかとのことに。
 翌日、相手の方が、お菓子を持参し、謝罪にきました。

 買ったら4,000円ぐらいするようで、息子は喜んでいました。
 わざわざ、謝罪に来てくれたこと、また家族(自分も含め)が喜ぶお菓子のお土産を頂いたことに感謝を述べ、相手から名刺を渡され、それを見て、驚くことに…。

 まず、その驚きを伝える前に、玄関先では、マンションの他の住人に聞かれる恐れがあり、マンションの外に一緒に出て、ウイングを見せながら話をします。
 
 実は、今回の事故を起こした方は、ガソリンスタンドにて従業員が窓拭きの際に、小生のウイングをエルボで損傷させたガソリンスタンドグループの支店長代理だったのです。
 何という運命の巡り合せなのでしょうか…。
 先日の、ガソリンスタンドでの、ウイングの損傷の件を伝えると、ウイングの修理代は、今回の事故による保険ではなく、別で請求して欲しい(会社の経費で支払う)とのことになりました。その方が、本人の負担も減り、従業員に責任転嫁できるからでしょう…。

 その後、保険屋から電話を受けましたが、明日以降、別の担当窓口が対応となり、夕方5時以降は対応できないとのこと。
 小生は携帯電話を持っていません。しかも、勤務中に私用で電話を使うこともできませんので、翌日は昼から仕事を休んで対応するしかありません。
 自営業ですと、営業補償費とか現金で出るのでしょうが、公務は出ないので、口にはしませんでした。
 代車はオートマでもよろしいですかと聞かれたことから、ハッチバックや軽は避けてください。できればセダンがいいですと伝え、恐らくカローラか、スズキのキザシあたりだろうなと思っていました。

 ところが、今日、三菱のディラーに行くと、予想に反して、インプレッサG4が代車として停まっていました。なんという皮肉でしょう。三菱の駐車場にスバルとは。どうりで、着いた時には、この代車が見えないところに隠されていたのも納得です。
 三菱の営業の方も、笑顔ながらも少々顔が引きつっていました…。



 乗ってみて、確かに良い車です。アイドリングストップで停止中から、いきなりアイドリングがかかっり心臓に悪いを思いをしたり(静かな中、ブレーキを踏んでいるのに急にエンジンがかかるため、他の車が衝突したのではと思ってしまうためです)、車線変更の際に警告音が鬱陶しく感じますが、今までカローラに乗っていた人達がインプレッサに乗り換えるのも納得です。でも、買いたいとは思いませんが…。
 これから一か月近く、小生の足になるので、満喫したいですね。

 ただし、やはりフォルティスラリーアートに比べ、足回りがフワフワしていたり、加速が鈍のは否めないです…。スポーツモードがありますが、フォルティスラリーアートのノーマルモードからスポーツモードに切り替えした際のあのじゃじゃ馬的な加速感の違いはないです。燃費もカタログ値リッター17kmですが、実際は12km程度です。それでも日常で使うには十分過ぎる性能です。
 エボXやフォルティスラリーアートと同じく、シーケンシャル(パドルシフトでマニュアル的な操作)でギアを落とすことができます。SSTと異なりCVTなのですが、エンジンブレーキってこんなに利くものだったのかと…この点は、エボXやフォルティスラリーアートに欲しいところです。


 三菱自動車のディラーに一つ相談をしてきました。
 純正のリアバンパに替えるぐらいならば、社外品がいいので、チャージスピード製のリアバンパにできないかとの相談です。


 フォルティスラリーアートを後方から眺めると、いくら車高を落としても、腰高感がぬぐえません。
 それは、リアバンパの底部の形状に原因があります。


 ここを克服するために、ディフューザーやカナードを付けたりして一部のフォルティスラリーアートユーザーは苦労されているようです。

 ただし、このチャージスピード製のリアバンパは、一本出しマフラーのNA用のため、二本出しのラリーアートには対応していません。接続部分はNAもターボも共通ですが、この部分だけは加工が必要です。
 そうなると、代車期間が延長されることになり、保険屋の承諾が必要です。できるかどうか、三菱自動車からの回答待ちです。
 ただ、半月代車期間が長くなれば、代車費用は小生の負担となります。社外品と純正の差額の負担はもちろんですが、半月の代車は10万以上になると思われるので、あまりにも高額になるのであれば、フォルティスラリーアートを売ってエボXに乗り換える選択も出てきます。
 しかし、エボXは、トランクスルーが無く、トランクスペースも少ないです。日常生活で使用するには不便な点があります。街乗りの加速であれば、時速100kmまでの到達タイムはエボXもフォルティスラリーアートも変わりません。同じエンジンですし。
 回転最少半径はフォルティスラリーアートの方が小さく小回りがききます。
 5cmの車両の幅の差で立体駐車場に入れないことがあります。
 それを捨て去って、ブレーキにブレンボが付いている、フェンンダーに膨らみがありスポーツカー然としている、サーキットでの最高速度はエボXの方が上、アフターパーツが充実しているといった要素を選ぶかです。

 X以前のエボはⅠからⅨまで、ほぼ1~2年毎に新しいエボが誕生していました。このフォルティスラリーアートを買う時も、5年も経てば、新しいエボが出ていることだろうと思っていました。ところがまだ正確な情報すら出ていません。益子社長がモータースポーツに興味がないからと言われてきましたが、実は、モータースポーツに力を入れるだけの体力がなく、開発予算も足りない。ホイルインモーターの開発も成功していないのが正直なところです。それだけ、三菱自動車に新車を開発する力が失われており、一時、吸収合併の噂も囁かれていましたが、ドル円100円前後の為替の安定や東南アジアでの好調など、プラス要因から、トヨタの1/10に満たない三菱自動車の開発費にも明るい兆しがみえ、前世代サイズのエボの後継車開発の話題も出てきています。できれば、現行エボXに飛びつかず、エボ車の後継車が出るまでフォルティスラリーアートを乗り続けたい。もし、後継車が気に入るデザイン、性能でなければ、その時また、乗り続けるか中古エボXに乗り換えるか考えればよいことです。

 さて、恒例の食の話に。

 地元の篠路神社にてお祭りがあり、子供はあれが食べたい、これが食べたいと言います。

 しかし、こういうところのは、チンピラが不衛生なバケツで食材を練っている可能性が高いので、比較的衛生が保たれている、鳥くし、豚くしなどに…子供は、せっかくのお祭りなのにと悲しそうな顔をしますが仕方がありません。

 5回目の訪問で、『キッチンカフェSeeBees(シービーズ)』が開いていました。

 最近は、行っても開いていることが少なく、遠くから訪問する方は一度連絡したほうがいいかもしれません。
 いつのまにか、この店は北海道のフォルティス乗りのメッカになっているようですね…。
 メニューも色々変わっていました。

 このミリタリーカレーセットって何ですか?と聞くと、カウンターの下から、自衛隊が使うような、金属の大きな盛り付け用のトレーが出てきました。
 てっきり、GIジョー人形や戦車模型でもオマケで付いているのかと思いましたが、意外とまともなものでした。
 連日、大食いを繰り返していたので、控えめにチーズカレー(ノーマル)を注文。
 
 一口、食べて、以前より美味しくなっている。そう思いました。
 ご主人の日々の努力の成果でしょう。
 小生の場合、食べ物に生姜が入っていると、胸につっかえる感じがするので、前回は、同様の症状があり、カレーに生姜が入っているでしょ?と聞いたところ、その通りだったのですが、今のカレーは入っていないとのこと。
 ついでに、以前、黒カレーを研究している話を聞いていたので、ルーを試食してもらいました。
 スパイスにクセがあり好みが分かれるところです。小生は普通のカレーの方が好みですね。

 篠路のトライアルにある物産店は隠れた名所です。
 新作のパフェが出来たとのことから行ってきました。



 値段も手頃で、なかなか良いです。
 器がしっかり凍っており、フルーツの新鮮さが失われていません。
 
 息子はハンバーグカレーを注文。値段が安いのにボリュームがあります。
 大人が手を広げたぐらいの大きなハンバーグを食べただけでお腹いっぱいに。
 小生が残りのカレーを食べることに。


 小生の注文したピラフが届きました。カレーを食べた後でしたので、こちらは普通盛りである意味助かったと言えます。


 次は、石狩市の住宅街のなかにある『いそしぎ』です。

 値段が手ごろながら、ボリュームがあります。味も良いほうではないでしょうか。

 今回は、ザンギ定食とチャーハン。
 個人的には、ここのカキフライ定食が好きですね。 
 

Posted at 2013/09/14 16:14:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@karinsakura さん 気を使って頂きましてありがとうございます。楽しみにしていますね。」
何シテル?   10/05 21:20
北海道の寒い時期も洗車やDIYしています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
エボXSST終了となってからの購入です。 終わりからの始まりです。 車体色はダークブルー ...
三菱 ギャランフォルティス 三菱 ギャランフォルティス
エアロ作りが楽しかったですね。 とても思い入れの強いクルマでした。 エボXと外装が似てい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.