• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もけけxのブログ一覧

2013年12月22日 イイね!

DIY中に頭を強打してしまいました

DIY中に頭を強打してしまいました 自作フロントバンパを昨年補修しましたが、その際にホルツのパテを使用したところ、シンナーの成分が他のパテやFRPと相性が悪かったのか、成形時は綺麗な平面でしたが夏の炎天下で、盛り上がり、とても醜くなっていたので補修作業に入ります。


 成形時は綺麗な平面でしたが、小学生の粘土細工みたいに…。


 これ以上の伸縮はないと思われるので、平面に整形して塗装します。
 ここまでやれば大丈夫でしょう…。


 他のヒビ割れ等も入れると、雪解けまで日曜は補修の日になりそうです。

 作業に必須なのがベルトグラインダーです。


 しかし、安いものでも3万円近くするのですが、通販モノタロウにて、グラインダーにベルトグラインダー用の金具を付けて、グラインダー本体と合わせても5千円程度ですので、手頃な値段ながら重宝する工具です。(グラインダーは高いものを買っても壊れる時は同じですので、安い物を使い捨てした方が無難です)



 さて、このベルトグラインダーで、フロントバンパの重量増の原因となっている余分なパテやFRPを削ったのはよいのですが、フロントバンパを作業部屋に運ぶ際に、入口の仕切りが狭く、コンクリートの縁に思いっきり頭をぶつけてしまいました。
 フードを頭からかぶっていたのですが、頭をぶつけた際に、メリメリと頭蓋骨が音を発てたのです。
 その時は、やばい!死ぬかもと思いました。
 首も痛いし、背骨も痛く、全体的に背が低くなった感じがして、さらに耳の聞こえも変です。
 慌てて、鏡を見たところ、特に目は血走っておらず、顔も腫れていません。

 その頭蓋骨強打時の音が気になって、作業どころではなくなり、あわてて実家から自宅に歩いて帰りました。
 帰宅し、頭蓋骨強打時に音がした場合の症状について調べたところ、頭蓋骨には、わずかに隙間が空いており、脳を守るため、強打した場合にその隙間が埋まり音がするとのこと。
 ただし、くも膜下出血した場合は命にかかわるので、数日して眩暈や吐き気がしたら、速やかに検査をした方がいいとのことです。
 嫁には、明日の朝、小生が布団で冷たくなっていたら見るようにと資産と行うべきことを紙にまとめました。(嫁は大袈裟過ぎるとあまり相手にはしてくれませんでしたが…)
 人はいつどのようになるか分からないので、毎日毎日を大切にしなけらばならないと、つくづく思います。

 それでは、食の話を…。

 北海道には中華料理『暖龍』がありますが、最近まで全国チェーンかと勘違いをしていました。
 札幌と宇都宮だけのようです。

 今までリクルートクーポンを使用していなかったのですが、履歴を調べると今まで3万円近くのポイントが有効期限で消えていたことが分かり、残りのポイントを使用して食べに行ってきました。

 子供向けメニューは、これにアイスクリームが付いて500円なので、随分安いです。
 小学3年生の息子はラーメンを食べきれず小生が食べることに。


 小生は担担麺。ピーナッツではなく、カシューナッツを荒く砕いたものが入っています。


 あんかけ焼きそば。普通ですね…。


 昨日は、定期的に訪れる札幌ガトーキングダム。自宅から10分程のところです。
 ここには、3種類のバイキングあり、以前にも紹介した中華バイキングはお薦めです。


 今回はケーキバイキング。大人1200円です。


 ケーキはあまり食べ放題に向いてないですね。


 少ない量で腹がいっぱいになった気がします。
 普通サイズのショートケーキを3個も食べれば、もう十分な気がしますので。
Posted at 2013/12/22 23:19:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2013年12月12日 イイね!

エボXファイナルが最後のエボなのか考察

エボXファイナルが最後のエボなのか考察 定期的に出ては消えている噂話があります。
 それは、マツダのロータリーエンジン最後のクルマ『RX-8スピリットR』のように、『ランサーエボリューションXファイナル』が、エボシリーズ(ガソリンエンジン)の最後となる噂です。
 最近、またその話が出てきたみたいです。

 この話は、2011年の春頃、英国自動車メディアを中心に出始めました。
(エボXが最後のエボとなることを記載した記事です。日付が2011年3月です。)



 ここからは、三菱自動車が株主向けに公表している資料を基に考察してみます。
 2001年の資料です。


 この年はランサーエボリューションが第2世代から第3世代(エボⅦ)に移りました。
 一方でFTO、GTOが前年で生産終了し、ekワゴンが登場しています。
 若者がスポーツ系から維持費の安いコンパクトカーや軽自動車に移り変わった時代の節目が分かります。それは不景気による賃金低下、燃料費高騰が背景にあります。

 2002年の資料です。

 ミラージュが生産終了し、この年に新世代コルトが誕生します(現在は、コルトが生産終了し、ミラージュが復活しています)。

 2004年の資料です。


 2005年の資料です。



 前年までと大きく方向転換し、パジェロとエボ開発に力を入れているのが分かります。
 2005年には一部に根強い人気のあるエボⅨが誕生し、この時には現行エボXの姿も垣間見れます。

 2006年の資料です。
 
 フォルティス、エボXが登場しますが、相変わらずの不景気及び燃料費高騰により、余裕のある人はプリウス等ハイブリッドやミニバン、お金のない若者は軽自動車に流れ、売上が伸びず、次世代の開発に暗雲をもたらす結果となったのです。
 また、スポーツモデルの不人気は、ハイブリッドでもCR-Zが売れない前例を作ってしまいました。

 そして、現在、公表されている最新の情報として、中期経営計画 (2013.11.6)の『2014年度~2016年度中期経営計画ニューステージ2016』では、次世代エボを匂わす内容が見られません。
 SUVは引き続きですが、セダン枠が削減されています。
 それどころか、セダンは全て日産・ルノーのOEMになる恐れがあります。


 
 ここからは、今月のホリデーオートの記事と重なります。

 次期ギャランは、三菱製ではなくなる可能性が高く、今のフォルティスのデザインが気に入っている人は大事に乗った方が良いと思われます。
 ギャランのDセグメント車両は、ルノーのOEM。ルノーサムスンで生産されたルノー次期ラグナです。つまり、南朝鮮製になってしまう可能性があるということです。
 いくらルノーの看板をしょっていても、日本市場でのヒュンダイの割合を見ると、誰も見向きもしないように、歴代のギャランを買い続けていた人達が離れていく恐れもあります。
 三菱が一時、ヒュンダイにエンジンを供給していたのを嫌い、三菱から離れた人もいたぐらいですので。

 また、ランサーのCセグメントすらも、ルノーのOEM、次期メガーヌと同じプラットフォームとの噂もあります。ホリデーオートは、メガーヌベースのエボは難しいと記載していますが、それはガソリンエンジン車の話であり、PHEVならありえるのではとの話もあります。

 ホリデーオートの言うエボXIが2017年以降という根拠は、2016年までの中期計画では、エボXIが登場しないことが明確になっているからです。
 では2017年以降の次期中期計画で登場するのかとなると、先に三菱の過去の資料を掲載したのは、波が寄せてはひくように、スポーツモデルのブームが去り、一時は計画から消えても、再び戻ってくるからです。
 ちょうど、2017年以降の時期は、新型WRX STIが既に誕生していますし、ホンダのNSX、S660、トヨタの新型スープラ等、各社スポーツモデルが出揃い、ブームの再来です。また、消費税増税により一時は景気が悪化するかも知れませんが、東京オリンピック等の公共工事に伴い景気が上向きになっているかも知れず、三菱がその波に乗らないはずはありません。

 三菱自動車は先の英国自動車メディアが、エボXが最後のエボだと開発者が述べた情報をリークしたことに対し、2011年3月3日、ランサーエボリューションの公式Twitterにて、
「次期型は各国の法規や市場からのフィードバックに照らし合わせて、エンジニアリングやパッケージング、デザインを煮詰めていく。期待してほしい」と記載しています。

 つまり、次期型は作ると述べているのです(エボXIとは言っていません)。

 益子社長は、次期エボに対し
 『当社は引き続き、世界市場の要望に応じた変更を加えながら、ランサーエボリューションをブランドのハイパフォーマンスモデルに位置づけていく』
 『次期エボリューションを従来のコンセプトのまま進化させるつもりはない。異なる方向へ進化させる。この新しい方向性とは、技術革新を伴うもの。近い将来、形になった商品をお見せできると思う』
 と述べているのです。

 これは、ルノーのOEMではないことが読み取れます。三菱独自開発です。
 さらに、「新しい方向性」とは脱ガソリンエンジン、この中期計画で培ったPHEVだと、過去の発言から読み取れます。

 ランサーの名称を冠した『ランサーエボリューション』は無くなるのかも知れない。
 従来は、ランサー(ギャランフォルティスは海外ではランサーの車名で販売)をベースにしていましたが、ランサーがルノーのOEMとなると、三菱独自規格のクルマとは別物となるからです。そうなると、ランサーの名称は使えません。

 『スカイラインGT-R』が『GT-R』になったように、『インプレッサWRX STI』が『WRX STI』になったように、『ランサーエボリューション』は『エボリューション』になるのかもしれない。或いは、新たな名称を冠し、『○○エボリューション』になるのかも。

 それであれば、『ランサーエボリューションXファイナル』がガソリンエンジンの最後のエボであっても、PHEVになった『エボリューション』が残るのではと感じます。
 でも個人的には『ランサーエボリューションXI』が分かりやすくていいですね。
Posted at 2013/12/12 23:04:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年12月12日 イイね!

三菱ディラーとCRUISEさんとテスト&サービス

三菱ディラーとCRUISEさんとテスト&サービス 今日、明日と少々早い冬休みです。
 先日、CRUISEさんに応急措置をしてもらったアンダーカバーですが、次の日には持ちませんでした。それだけ酷い悪路だったのです。
 今朝は早起きして、200m先まで広がったアンダーパネルの破片を回収です。
 これが原因で他のクルマがパンクでもしたら大変だからです。

 写真は回収できたアンダーパネルです。

 今回の破損は、前方のアンダーパネルより1枚センター側です。
 ずっぽり抜けています。

 CRUISEさんに依頼したアルミ製アンダーカバーで、ここまで保護されるか気になるところですが、前方がアルミ板になれば、この部分の破損もある程度防げるのではと思います。

 このため、雨天や雪が解けて路面が濡れている際に、ハンドルを切ると、キュルキュル異音が鳴っていました。
 もしかしたら、アンダーパネルの破片がベルトを傷付けているのではと心配になったので、朝の清掃が済みしだい、三菱ディラーへ。

 確認してもらったところ、特に破片がベルトに絡んでいる様子はなく、ベルトにも亀裂はありませんでした。アンダーパネルが無くなったことで、雨等がベルトに付着して、それが鳴きの原因になっているのではとのことでした。
 ディラーではお金はいらないということで、寂しい財布には大助かりです。

 CRUISEさんのアンダーパネルの施工は年明けです。
 今は路上の雪は解けましたが、施工までには降り積もっているはずです。
 それまで、エンジンルームに雪が入り込んでベルト等を痛めたり、オーバーヒートしないことを祈るばかりです。

 続いて、CRUISEさんとここ数日交渉してきたことが決定しました。
 前回の支払い時には、金銭的に余裕があったので、金額は値切ることなく、色々CRUISEさんにお願いしていたのですが、通帳を見てびっくり、クルマ1台分の金額が消えています…。
 勝手にリボ払い設定されて、利息だけを払い続けていた楽天カードを一括して清算したためです。
 ボーナス後に引かれるかなと思っていたのですが、予定より早い支払いに、通帳の中身はカツカツでした。
 
 ここで問題が生じてきました。
 今、テスト&サービスでは期間限定で20%割引です。
 お金に余裕ができた頃には、割引サービスが終了しています。

 でも、財布の中身は、他の出費を考え、20万円程しかクルマに費やすことができません。
 定期預金を崩したり、株など金融商品を現金化することは避けたかったので、
 恥ずかしい話ですが、車高を上げる工賃、サスペンション交換やアライメントをキャンセルすることで7万円少々浮きますので、テスト&サービスのある商品を加工して取り付ける費用の足しにすることにしました。

 車高が2cm変わっても、アンダーパネルに雪があたるのは、そう大きく変わらないと思われるからです。アルミ板になれば、多少凹みはしても、割れることはないと考えて、次の依頼時に回すことにしました。
 現状、10cm…。今までもこれで5年乗り切ったので大丈夫でしょう。


 上記で交渉が成立したので(CRUISEさんに無理を言ってまけてもらいましたが…)、さっそく差額を支払いに行ってきました。CRUISEさんまで車で20分程の距離です。
 ロシアから運ばれたGT-Rがあったのは嬉しいですね。外見からの見た目は純正とマフラーぐらいしか変わりませんでしたが。

 CRUISEさんが、忘年会で定山渓に宿泊していた日。
 小生一家も、定山渓ビューホテルに宿泊していました。

 ロビーはクリスマス一色です。

 最上階ですので、室内からの眺めはいいですね。

 夕食はバイキング形式。会場ではクリスマスソングの催しものも。

 大きなプールで子供と4時間ぐらい遊んだ後は、食事です。
 バイキングは3時間ぐらい粘るつもりでいましたが、1時間ぐらいで子供も退屈しだしてしまい、腹八分目に満たず部屋に戻ることになりました。
 夜景も綺麗ですね。

 昨晩、雪が降っていたため、朝起きると雪景色です。


 朝食は景色を見ながらのバイキングです。





 最近、食の話題はご無沙汰ですが、実は、以前紹介した店を何度も行っているためです。





Posted at 2013/12/12 15:14:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2013年12月10日 イイね!

エボXIが出るとしたら…

エボXIが出るとしたら…某雑誌に掲載されたランサーエボリューションXIの画像。




リアのサイドの張り出しはこの画像を彷彿させるデザインです。


休日、三菱コンセプトCA-MieVの画像を加工して遊んでいました。
各パーツの縮尺や全体的なフォルムを変えていくと、実はこれが他のコンセプト3台に比べ、エボXIのデザインに一番近くなるのではと、そんな気がしていました。
そんな最中に、このXIの画像が登場したので、少々驚きです。

CA-MieVは、プリウスみたいな形状ですが、これをクーペに形状を変形し、ウイングやダクト、フェンダーの膨らみ等加工していくと、なかなかかっこ良くなります。
下の画像は加工前のCA-MieV。加工後は気が向いたらアップします。
(前回、自作したミラージュサイボーグ化が不評でしたので掲載に躊躇しています…)

不評だったミラージュサイボーグ化


加工前のCA-MieV




個人的には、セダンが好みですが…この雑誌に掲載されたデザインが今までで考案されたもののなかで一番いいですね。このまま出たらきっと買います。
エボXI登場は、少なくとも2017年以降とのこと。
それまでフォルティスRAをいじれます。
アンダーカバー以外に、CRUISEさんにある問い合わせをしています。
金額しだいで実行するかどうかです…。
Posted at 2013/12/10 21:57:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@karinsakura さん 気を使って頂きましてありがとうございます。楽しみにしていますね。」
何シテル?   10/05 21:20
北海道の寒い時期も洗車やDIYしています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
エボXSST終了となってからの購入です。 終わりからの始まりです。 車体色はダークブルー ...
三菱 ギャランフォルティス 三菱 ギャランフォルティス
エアロ作りが楽しかったですね。 とても思い入れの強いクルマでした。 エボXと外装が似てい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.