• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もけけxのブログ一覧

2017年05月27日 イイね!

クルマの漫画と増毛えび地酒まつり

クルマの漫画と増毛えび地酒まつり架空のクルマではなく、実際のクルマを題材にした漫画と言えば、真っ先に思い浮かぶのは『湾岸ミッドナイト』と『頭文字D』ではないでしょうか。
世代によっては『よろしくメカドック』という方もいることと思います。


最近まで麻宮騎亜の『彼女のカレラ』を読んできましたが、途中で方向性が変わり、読むのをやめてしまいました・・・。


土日の僅かな時間を利用して、クルマのイラストや漫画を描くのも楽しそうだと思いますがなかなか実行できていない状況です。
スクリーントーンも以前は千枚オーバーだったのですが、今は200枚程手元に残っています。
1枚500~1000円のトーンを買わなくても、今はパソコンでデジタルトーン処理ができるので、費用も安く済みますし、トーン処理にかかる時間も格段に短縮され、手作業でやっていた時代の半分以下で時間も費用も短縮できそうです。

大学生の頃はイラストの仕事をやっていましたが、その内容はとても人には言えません・・・。
でも、そのうちクルマに関わるものを描きたいという気持ちはあります。

話は飛びましたが、『彼女のカレラ』以外に『カウンタック』を読んでいましたが、話の作りが荒く、これも途中で読むのをやめていました。自身の感性にあう作品というのはとても難しいものです。

ここ暫く、漫画を読んでいなかったのですが、久々にチェックしてみると、なかなか面白そうな作品が出てきていますね。

『ジゴロ次五郎』は古い作品ですが、面白いのか気になります。


『QUADRIFOGLIO(クアドリフォリオ・ドゥーエ)』は実車の写真からトレーシングして描いている感じがします。自分もクルマの漫画を描くのであれば、ドライブゲームのガレージにて描きたいアングルでキャプチャーし、それをPhotoshopで球面や曲座標等の変形処理をして、トレーシングすると思います。


『カーグラフィックJK』は、ほのぼの系な感じがします。クルマ好きには消化不良ぽさも感じます。


『オーアバーレブ!』は、連載が13年前に終了していますが、機会があれば読んでみたいですね。


『ガタピシ車でいこう!!』こういうのも面白そうです。


さて、前回見つけたヘッドライトですが、oneightyのワンオフだと判明しました・・・。
光軸が日本向けでない等不安があり、海外だとなおさらです。



コンセプトのライトもなかなか良い感じです。
フォルティススポーツバッグのコンセプトのテールライトがとてもよかったのですが、実車のデザインは異なってしまい、結局はセダンにしました。



バンパー加工のベースは純正形状でFRPがないので、サンラインレーシングのがベストではないかと思い、程度の良い中古を探しているのですが、なかなか出てきませんね。
さすがに純正を型に取るのは時間がかかりそうです・・・。



海外サイトではPP素材のはありますが、とても雑な構造で、グリルの目が太過ぎです・・・。



これがFRPなら加工できたのですが、PPは加工が厳しいです。
取付けられているのはエボではなくフォルティスです。


亜流もあります。


このバンパーもまだ日本や米国ebayには入っていないですね。



このスバルぽさのあるボンネットはインパクトがあります。


もちろんエボではなくフォルティスに付いています。


フォルティスのガルウイング仕様まであります。


小生はフォルティスRAでこのようなオーバーフェンダーを考えていました。
結局、費用の面からエボXに乗り換える選択を選びましたが、どちらが正解ということもなく、これはこれでいいですね。



今日、明日と増毛町で開催されている『増毛えび地酒まつり』に行ってきました。
雨天の出発です。


降りが強くなったりぱらついたりの繰り返しです。


途中、浜益の白銀の滝に寄る際に事故に会いそうになりました。
後ろの軽自動車は前が詰まっているにも関わらず、小生のエボを煽り続けていたのですが、よく見ると、その軽自動車の後ろを別の軽自動車が煽り立てていたのです。

片道一車線の道路でしたので、右折して白銀の滝の駐車場に入ろうとした時、軽自動車が2台越えの追い越しをかけてきたのです。
気づいた時には反対車線を渡っている小生の真横に追い越そうとセンターラインを越えて爆走する軽自動車が迫っていました。
慌てて、アクセルベタ踏みで狭い駐車場に入り、サイドを引いてクルマを反転させましたが、追い越しする時には、店や観光名所等他のクルマが急に入ることを考慮しないといけません。
加速の悪いクルマでしたら死んでいましたね・・・。

これはネタになると思い、ドライブレコーダーを確認すると、ちょうどその前後30分間だけレコーダーが停止していました・・・。この間、修理に出して新品に交換したばかりなのですが、台湾製ガーミンのドライブレコーダーは日本製より高いのに駄目ですね。

死んでいたら見れなかった白銀の滝です。


絶壁になっている岩は今にも落ちてきそうな雰囲気です。


札幌から1時間半で増毛町に着きました。
今回、制限速度内の安全運転でしたので、飛ばす人なら1時間で着きますね・・・。
海の岸壁のところに駐車です。


最初は酒蔵を通ってメイン通りに向かいます。


酒は飲まないので銘柄が分からないですが、果物ぽい甘い香りが立ち込めています。



振る舞い酒が配られていました。


甘酒なら小生でも飲めそうです。


香りがいいですね。とても飲みやすいです。無料なのは嬉しいことです。


漬物屋さんに入ります。


様々なピクルスの試食がありました。


いもやトマトのピクルスまであるんですね。ビーツが一番好みでした。


大根の漬物等も試食できます。ピリカラのはご飯にとても合いそうです。


海鮮弁当も気になります。


たらこのつめ放題なども。


札幌から離れたこのような小さな町に古い建物が多いのは不思議な感じがします。


旧旅館富田屋は昭和8年築とのこと。1階には人影が見えます。


魚なども安いです。


海老まつりだけあり、焼いた海老が美味しそうです。


ホタテ稚貝が200円。


結構入っていそうです。味噌汁にしたら美味でしょうね。


髙橋菓子店にて一休み。


饅頭か最中にお茶がついて100円の安さです。


酒かすはこのお店で作っているとのこと。


やはり饅頭はこしあんですね。お土産を買えば良かったかな。


とてもリアルな猫の置物がありました。


港町市場の建物に入ってみます。


エビ汁が100円です。


エビが4匹入っていました。結構、濃厚な味がします。


次はたこザンギとエビ唐揚げ、それぞれ300円。


たこザンギは意外とボリュームがあり、1個を3人で分けるのがちょうどいいかも。2個は多かったかな。


エビ唐揚げは丸ごと食べられます。


母はタコや甘エビを買っていましたが、500円にしてはかなりの量が入っていました。
また来年も来たいですね。

雨が降っていると海は波が穏やかです。


続いて増毛町にある『岩尾温泉あったま~る』です。


海の近くの温泉というと石狩・番屋の湯のように大抵は塩辛いのですが、ここは無味無臭です。
色は透明。内風呂1個所、露天1個所と風呂の数は少ないですが、綺麗に清掃されていて、湯も良かったです。大人500円というのも良心的です。


石狩浜益のカフェガルで昼食と思ったのですが6月から営業のようです・・・。


結局、地元篠路の回転寿司・銀次郎にて、夕方3時の遅い昼食。


客は小生家族のみの貸切状態でした・・・。


値段は少々高いですが、味、鮮度はいいんですよね。


鮪も身が厚く、100円の回転寿司とは比べものにはならない程、良いです。


鮪アボガドは3皿も食べてしまいました・・・それだけ美味です。


珍しくあなごを食べましたが、やはり鰻の変わりにはならないですね。






カタラーナがなかなか濃厚で良かったです。


夕方、買い物に行くと、ようやく雨が上がりました・・・。
来週のつどーむのイベントは晴れるといいですね。

Posted at 2017/05/27 22:48:17 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月20日 イイね!

『北海道オールドカーフェスタ in 樹海ロード日高』に行ってきました(3/3)

 『北海道オールドカーフェスタ in 樹海ロード日高』に行ってきました(3/3) 『北海道オールドカーフェスタ in 樹海ロード日高』シリーズ最後と食関係です。

イベントの帰り道、追い越し車線のある樹海ロードにて、前のクルマを追い越したものの後ろから猛烈な勢いでイベント会場にいた黒のマツダ・RX-7が追い付いてきたので、登坂車線に移動して先頭を譲り、夕張まで煽っていないよアピールをしながら延々とこの状態でした。


夕張道の駅で買い物をしたかったのですが、同じ駐車場へ後ろに付いていった時には少々気まずかったですね・・・。


目的のコロコロ夕張メロンパンを購入。写真がブレています。やはりCanonのカメラは駄目ですね。


お一人一個まで・・・。


ついでに炭鉱の町でしたので、どらやきも購入。


メロンパンの間にメロンクリームが挟んであり、食べごたえのあるパンです。
どらやきは4種類ぐらい味がありますが、嫁の好きなかぼちゃ味に。


夕張メロンソフトクリームも購入してみました。


メロンは緑色の方が味は好みかな・・・。


途中、雨に当たりました。ハコスカの方が早々に帰宅されたのは正解でしたね。


奇跡的な遭遇。
シルバーの三菱・ギャランフォルティス2台が連なっています。
小生のエボXもオールペンしていますが、元はシルバー。


眞子様もギャランフォルティス(色が前回と異なるので同じギャランフォルティスからの乗り換え)ですね。元々婚約の話はなかったそうですが、マスコミが騒ぎ立てたので、そのまま婚約にまで流れてしまいそうです。


元彼の山守天皇(山守凌平)の方が良かったのではと思いますが、それは言ってはいけないですね・・・。



帰りにフロマージュの杜にも100円ケーキ目的で寄ります。


テレビで何度か放映され、100円ケーキしか買わない客が増えたせいでしょうか、このケーキはもう売られていませんでした・・・。
代わりにこのケーキがありましたので購入です。


ホワイトチョコでコーティングされたチーズケーキです。息子は絶賛していましたが、やはりあの100円ケーキのインパクトには欠けますね。この90円のパンは翌日の職場での昼食にしました。


昼食はやまべのおにぎりとソフトクリームしか食べていないので、パンを購入。





紙かと思ったらハルマキの皮みたいなものです。


遠出のついでに、アストロプダクツにてセールでしたので、ブロワーを買いに。


先日、買いそびれた1.5倍能力の高い方は売り切れ。
それより千円程安い2500円の低出力のが1台だけ残っていたので購入です。
洗車後の水滴を飛ばすにはこれでも十分かなと思いました。


ところが店を出る際に縁石の乗降口が馬の背になっていたらしく、リアディフューザーを破損しました・・・。


車高を純正の高さに戻してこれですので、新発寒のここは要注意です。東側から出るべきですね。


リアディフューザーはヒビが入ったものの目立たない場所ですので割れていないことから、そのままで大丈夫そうですが、それに繋がるリアバンパーがやられました。


ボルトを緩めて、高さ調整をしましたが、元々爪に引っかかっていないので駄目そうです。
走る分には支障がないので、割れが出てくる等状況が悪化したらFRP補修するしかありません。



このイベントは以上です。
次のイベントは自宅からクルマで15分程の近場で開催される6月4日(日)の『北海道オールドカーチャリティーミーティングつどーむ2017』です。近いというのはいいですね。


篠路駅前団地のスーパーマーケット・ラッキーにて職場の先輩に偶然会いました。
相変わらずエボを綺麗にしています。


ようやく欲しいヘッドライトを見つけましたが、入手ルートが不明です。
もしかしたらワンオフかも知れません。


ワンオフの場合、殻割して、メッキ部分をつや消し黒に塗っても、真ん中の部分は社外品を埋め込む必要があります。


市販品で出て欲しいですね。


プレミアム・トミカを購入しました。


スープラとR33の出来が良いです。



R34はいまいちでした。


欲を言えば200円ぐらい値上げしてでもテールはクリアパーツにして欲しいところです。




ハードディスクの上に仮置きです。


東京の方はいいですね。こんなイベントがあるなんて・・・。



ポンパレが共同購入事業から撤退となり、北海道では最後の券となった、天然温泉 岩見沢ゆららに行ってきました。


暫く快晴が続きます。半袖の方も多いですね。


途中のショップにて車種不明のクルマが・・・。


その店の前で新型コルベットを積載車にて納車しており、それを見て、嫁と子供が凄いねと言っていましたが、まさか小生がそのクルマを一時購入することを考えていたことなど、とても言えませんでした・・・。
フォルティスからエボXに乗り換えた際には内装を全く同じレイアウトにてして、塗装とエアロを替えただけで、フォルティスのままだと逃げ切れたのですが、内緒でセカンドカーを購入したとなれば、離婚に発展するので、未だ悶々としていますね。いずれにしても、札幌のシボレーディラーの先日の冷たい仕打ちにあそこでは買いたくありません。


岩見沢まで渋滞が多く、あまり快適なドライブとは言えませんでした。


ようやく目的地到着です。



お風呂は相変わらず良かったです。ただ塩分が強いので、上がる時には股間をシャワーで流さないと暫くヒリヒリします。
以前の食事はボリュームがあったのですが少々残念なことに。

鉄火丼を注文しました。


値段が半分以下の海鮮丼丸の鉄火丼より、マグロが薄すぎて、ボリュームがありません・・・。
1分程で小生は食べ終わり、嫁と息子が食べている様子をずっと眺めているのは辛かったですね。


一方で、息子の食べた焼きカレーはチーズたっぷりでとても美味しそうです。


帰りはボストンベイクの工場へ。


子供の頃は1個食べてあまりのくどさに半日寝込んでいたこれを買います。


この新作のチーズパンは中にもチーズが入っており、久々に美味しい新作です。


目の前にからあげ専門店『からやま』を見つけ、鉄火丼の少なさにはらべこの小生を誰も止めることはできません。


極だれとジューシもも丸を3個ずつ購入。


極だれは美味ですね。ケンタッキーより好みです。


ジューシもも丸は小生的には普通でしたが、嫁はこちらの方が好みだったようです。


その他の食の話題です。

もはやホームグラウンドとなりつつある石狩・瑠玖の600円バイキング。


今回は袋入りのパイ(ボンヌール製?)が良かったです。


このザーサイ風の味付けの切干大根と小魚が美味でしたね。


たまにはスーパーで弁当でもと思いましたが、余計な物も購入して、店で食べるのとあまり変わらない金額に・・・。もちろん、これ1食分です。


母の千葉からのお土産。


海老の頭をつぶしたものが1枚に1個入っており、少々グロテスクです。


息子の中学入学祝いのお返しを購入するため瑞宝社に買い物です。


このへたうまなイラストがいい味出ています。




このカップもいいです。


ムーミンのしお・こしょう入れが欲しかったですが、嫁に言わせると、洗いにくいので不衛生になるとのことで見送りです。


やっぱりこれは買っておくべきでした・・・。



ルイボス茶を買いたかったのですが、産地がよく分からなかったですね。
Posted at 2017/05/21 00:57:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月18日 イイね!

『北海道オールドカーフェスタ in 樹海ロード日高』に行ってきました(2/3)

  『北海道オールドカーフェスタ in 樹海ロード日高』に行ってきました(2/3)
前回のブログ 『北海道オールドカーフェスタ in 樹海ロード日高』に行ってきました(1/3)の続きです。

まずは三菱・ランサー(A73)GSRです。
ボンネットのサイドにあるダクトがいいですね。




中華版フォルティスのテールはこのランサーのテールを逆さにした感じです。


三菱・ギャランクーペFTO(昭和48年)です。
この尖っていないデザインが時を経ても色褪せなくていいんですよね。



三菱・ギャランGTO(昭和49年)です。
エボXファイナルまでボンネットダクトの系譜は続いていました。


VR4もGTOと並んでクラシックカーの仲間入りです。





三菱・ギャランGTOを見ているとエボXにもルーバーを付けたくなります。



86、BRZ用のルーバーがありますが、エボでルーバーを付けているのは見たことがありません・・・。クーペのようにリアガラスの傾斜が緩くないと似合わないというのもあると思いますが、汎用のルーバーが無いのは、車種によりサイズが異なるのでワンオフしかないということなのでしょう。


三菱車ばかりでしたので、他のメーカーも見てみます。

クラシックカーではもはやお馴染みのマツダ・コスモです。




とても綺麗に維持されています。



スバル・360 ヤングSです。



ホンダ・シビック(昭和50年)
子供の頃は、どこでも見かけるクルマでしたが、いつの間にか見なくなりました。



いすゞ・ベレットも年式によりテールのデザインが異なるんですね。





会場では数少ない輸入車です。
フォード・ムスタング マッハ1



トヨタ・セリカ初代(ダルマセリカ)
小さい時、父が一時乗っていました。
今見てもやはりいいですね。


このリアの逆スラントがいいのです。



日産・スカイライン(ケンメリ)です。

リアは独特のオーラがあります。



ベンツはあまり詳しくないので・・・。


日産・バイオレット
1950年前後は魅力的なクルマが多いです。



当時CMが印象的だったホンダ・シティです。


当時、このボードゲームがお気に入りでした。
捨てずに持っていたらと思います(親にキン消しと共に捨てられたのですが・・・)。


今回、クルマのイベントと一緒に『日高「春」の味覚フェア』なるものがありましたが、店舗数が少なく、ショボイものでした・・・。

一番の目的だった、たこめしは、既に売り切れ・・・。


少々高いですが、やまべの天むすを昼食とします。


やまべが入っていますが、これが意外と美味でした。シソと梅でさっぱりとした味付けがしてあり、来年はこれを食べるために来てもいいですね。



続いて、やまべの唐揚げ。


その場で揚げています。


味はカレーにしましたが、塩が無難そうです。


かなり小さいので1匹100円は割高ですが、清流で育ったやまべはクセがなく食べやすいです。


今日5月18日の為替相場は久々の買場でしたが、つまらない残業で、ベストポジションの18時台で購入しそこないました・・・。



無期限で指していた2万通貨が高値で掴んでしまって旨みがありません・・・。下がれば、ナンピンするのみです。



明日の株式市場は、ある程度日経平均も下がると思われる一方、反発も考えられるので、どれだけ指値に引っかかるかです。サッポロドラッグ株は配当期日を過ぎ、かなり下がったので追加したいところ。ゆうちょ株はこれ以下の下げは高配当なので拾っていくばかりです。
470円台で買っていた三菱自動車株価は今や720円と1.5倍・・・。もう少し三菱を信じて多く買っておくべきでした。とりあえず明日、三菱自動車100株を寄り付きで追加購入してみます。

最後となる(3/3)は後日記載します。


Posted at 2017/05/19 00:01:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月14日 イイね!

『北海道オールドカーフェスタ in 樹海ロード日高』に行ってきました(1/3)

『北海道オールドカーフェスタ in 樹海ロード日高』に行ってきました(1/3)札幌の昨日の天気予報は雨でしたので、洗車もクルマいじりもしませんでしたが、結局、雨は降りませんでした・・・。当初、日曜の今日は晴れの予報でしたが、前日の予報では雨となってしまい、平日は仕事で残業が多く、息抜きにドライブに出掛けたい気分だったことから、『道の駅・樹海ロード日高』にて、開催されている『北海道オールドカーフェスタ in 樹海ロード日高』に行ってきました。

午前9時半と遅い出発です。
西の空も、東の空も雨が降りそうな雰囲気です。



ポルシェセンター札幌の前を通ると、911がショーウィンドウに配置されています。
オールドカーのイベントと言えば、北海道クラシックカーラリーを代表するようにポルシェ等輸入車の割合が多いです。ただ個人的には子供の頃、よく見ていた国産車のオールドカーを見てみたいですね。今日のイベントは地方での開催ということで期待です。


ゴールデンウィークは終了したものの札幌市内は渋滞気味。
先週の深夜のような信号に一度も捕まらないどころか、前回の3倍程、札幌を出るまで時間がかかりました・・・。


郊外に出ても片側2車線を遅いクルマが並行して走行しているので、抜き去ることができません。


先週の集合場所、マオイの丘公園。ここでほとんどのクルマがこの道の駅に入っていくので、予定より大幅に遅れた時間を取り戻すため、少々飛ばして行きます。


遅いクルマも前方になく、とても快適なドライブです。


実は先週、ウイングを外していました。暫く遠出はしないと思っていましたので。


樹海ロードを先週と同じ速度でカーブを曲がる際に安心してブレーキから足を離すことはできません。リアの安定感が薄らいでいるからです。橋と道路のつなぎ目がカーブになっているところは特にですね。如何にウイングによりアンダフォースが生じていたか分かります。いくら、アンダーディフューザーを付けていても、ウイングの効果に比べれば僅かなものです。やはりエボXで速度を出す走行をする場合にはウイングが必須です。


あと15分程で目的地に着くところで、以前、石狩市の自宅を訪問したことのある方のハコスカとすれ違いました。雨の日は絶対に走らせないと言っていましたので、イベントで会いましょうと言っていた約束を果たせませんでした。
となると、その方は7月16日開催の『地域創生モーターショーin侍士別2017』に参加するので必然的に行くことになりそうです。前回は運営に不信感を抱きましたが、改善されていることを祈るしかありません。また、店主が骨折で食べれなかった蕎麦屋にも行きたいところです。



正午を過ぎてようやく会場入り。

駐車場からして、目を和ませるクルマが散見されました。


トヨタ・スプリンタートレノ初代(1972~1974)。イベントに参加せず、一般駐車場なのはもったいないですね。



ハコスカ等も一般駐車場に・・・。




ロータス・エスプリは初めてみました。



一般駐車場でも満足できてしまいそうです。




さて、会場に入ります。


左右に並んでいますが、奥を曲がると、さらに並んでいます。
予想以上に台数が多くて驚きます。




それでは気になったクルマを見ていきます。

日産・スカイラン(ジャパン)GT-EX 1978年




いすゞ・ヒルマンミンクス 1956年 - 1964年
6人乗りといのが時代を考えると凄いです。



マツダ・ルーチェレガート 1977年
小さい頃は外車だと思っていました。



MG ブリティッシュレーランド 1979年
初めて見るクルマでした。



いすゞ・ベレットGTタイプR
やはりベレットは時代を超えてもカッコ良いです。




好きなクルマは写真が多いです。



いすゞ・117クーペ



皆さんナンバーが117。



ダットサン・フェアレディS310系


三菱・コルトギャランGTO
青がとても似合います。GTOと言えば、神のGTO(踏めば走り出す・・・)で悪い印象が付いていますが、初代コルトギャランは色褪せない良さがあります。


このエンブレムが良いです。


このスリットは今でも使われていますね。
次期GTOの噂が出ていますが、吊り目より丸目がいいです。


日産ブルーバード510
SSSエンブレムは速さの象徴でした。



もうクラシックカーに片足を突っ込んでいたのですね・・・。


30年程前に200万円で札幌で手に入れて20年程寝かしていたそうです。
赤の純正色でこれだけ綺麗なのは珍しいかも。




いすゞ・ピアッツア
いすゞのデザインは今見ても洗練されていると思います。



ハコスカ・ケンメリ等


マルダ・ルーチェ
子供の頃のクルマの紹介の本を見るとこんなマツゲが付いていましたね。



こちらはルーチェ・クーペ



カローラですらカッコ良く見えてしまう・・・。


あれ、クラシックカー?


マツダ・サバンナRX-3
RX-7もいいけど、RX-3もカッコ良いです。

このテールが良いのです。


このリアガラスのフィンはエボXにも欲しいです。


ホンダS500?
これも初めて目にしました・・・。




トヨタ・カリーナ
うちの親は何台廃車にしたのだろう・・・。
当時はカッコ悪いと思っていたのですが、今見ると、これはこれでなかなか良いです。

このテールがいいです。


こんなスポーティーなものが付いていたのですね。


マツダ・カペラ





ダクトはダミーだったのですね・・・。



ヨタハチも参加していました。






(1/3)の最後を飾るは三菱ランサーEX・ランタボ






今回、クラシックカーの所有者は白髪の高齢の方が多いというのが印象です。
どのようなクルマでも、たとえ高級車やスーパーカーでなくても、大切に長く乗れば、それはその人にとって宝物であるだけでなく、次世代の人達に感銘を与えることができるのだと分かります。
いすゞ・ベレットはもちろんながら、トヨタ・カリーナには今更ながら驚かされました。
どうしても新しいクルマに目が行きがちですが、このような古いクルマを維持していくのも良いものだと感じたしだいです。

台数が多く、後日、(2/3)、(3/3)を記載します(食の話題はそちらで)。
Posted at 2017/05/14 22:23:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月05日 イイね!

十勝スピードウェイ誕生祭に行ってきました(GW4日目)

十勝スピードウェイ誕生祭に行ってきました(GW4日目)ゴールデンウィークのイベント最後の日となる本日4日目は十勝スピードウェイ誕生祭です。
土日も休みですが家で休養したいと思います。

深夜0時起床のはずでしたが、夜9時半頃、床についたものの、いつものごとく全く眠れませんでした・・・。
午前1時15分に自宅を出発。ところが自宅から北広島まで奇跡的に一度も赤信号に捕まらなかったため、カプチーノ乗り3人(カマッチカプチーさん、YAPONここすさん、カロチーノさん)との集合場所であるマオイの丘公園(長沼町)にやたら早く着いてしまいそうです。


コンビニでカー雑誌を読んで時間を潰しました。


マオイの丘公園まで延々と他のクルマと擦れ違うことなく、ひたすら暗闇を走行します。


30分程早く到着しましたが、既にカマッチカプチーさん、YAPONここすさんが待っていました。
スズキ・カプチーノはもう20年程昔のクルマですので、小生の思い込みで、自分より年上40~50歳台の方々かなと思っていたのですが、会って見ると皆さん若い方でした。


カロチーノさんも到着でメンバーが揃いました。


小生はスマホを持っていないので、はぐれないように、先頭のYAPONここすさんについていきます。


朝焼けのなか、カプチーノは軽い車体を活かしてカーブでの回頭がとても俊敏です。特に下りは圧巻でした。


そんな先頭を走るYAPONここすさんに北海道特有の自然の驚異が襲いかかります。
何が起こったかはそのうち動画が公開されると思います。(買い物から帰宅し、ドライブレコーダーを確認するとその件の30分後から動画記録があり、買い物前にデータを回収しておくべきでした・・・)
ニュースでは良く見ますが、目の当りにしたのは初めてですね。


先日、飲食店『日本橋』で苦渋を味わった道の駅・樹海ロード日高に到着です。
こうして見てみると、カプチーノの小ささに対し、エボがあまりにもデカ過ぎです・・・。


明るい場所でようやくカマッチカプチーさんのカッティングシートの全貌を確認できました。


コンビニが開店するまで待ちます。この時期の朝はとても寒いです。
来週はイベント『北海道オールドカーフェスタ in 樹海ロード日高』があるようです。


高速道路は最後尾でついていきます。
今日も暑くなりそうです。



コンビニで休憩の際に、カロチーノさんのカプチーノにて、ルーフをタルガトップにして、更にフルオープンにする様を見せてもらいました。


北海道も桜の季節ですね。


クラブマンコース体験走行の開始前に十勝スピードウェイに到着しました。


入場して、すぐにエボ初代が見つかり、初代番長さんとそのお友達に無事会うことができました。
エボ初代、エボⅦ(初代番長さんのお友達)、エボXと並んでいます。


後ろから見ると、エボXが極端にデカいです・・・。


サーキット走行していないのにした後のように見えますが、エンジンルームは3台とも純正からほとんど手つかずです。


エボ初代をまじまじと見れて良かったと思います。



クラブマンコース体験走行には2回参加しました。


コースは普通とゆっくりの2種類があり、先導車が付きます。
ただ、前のクルマとの車間を大きく開けていれば、リミッターに当てるまでのフル加速も可能です。


小生は今回、20mmワイトレを装着したことにより、急なコーナーでブレーキをかけずにどこまで曲がることができるかテストをしていました。


後ろを走行していた人はさぞ怖かったのではと思います。いつスリップしてもおかしくない状態でしたので。ブレーキングなしでも、リアディフューザーと大型ウイングが利いているのか、かなり無理な体制でもぐんぐん曲がっていきます。
あとはこれに速度を乗せてどこまで曲がるかですが、さすがにそれはテストできませんでした。


ノーマルではなく、スポーツモードにすると絶えずパンパン言っています・・・。そのせいかスーパースポーツモードには恐くてできませんでした。

初代番長さん達とのプチオフの後、クルマを見て歩きました。


















スーパーカーのレースも行われていましたが、HKSのお祭り程の華やかさはなく、台数も少ないです。何より、ランボルギーニ社のクルマが一台もありませんでした。
ウラカンやアヴェンタドールSを見たかったですね。


カプチーノ3人組とはぐれてしまったことに気づきました。
先程、ジュニアコースの話をしていましたので、そちらに行ってみると、Vitzの同乗イベントに参加していました。
カプチーノと共に新旧コペン、S660が並んでいます。


このコペンが好みですね。


スーパーカーのレースを最後に会場を出て、食事に向かいます。


フォルティスも1台だけ見かけました。


食事に向かう際にも眠気が時折襲ってきます。


カマッチカプチーさんのお勧めで、『レストランかしわ』にて豚丼を。
待ち時間は30分程でしたが、後のお客は2時間と言われていました・・・。
待っている間は時折うつらうつらして眠気が襲ってきていましたね。


炭焼きの肉は固くなく、タレとの相性も良く、混雑するのが分かります。
小生はこれ以外に他のメニューも注文すると大食いの有様にドン引きされそうでしたので、一杯で我慢しておきました・・・。


ここで各自解散となりました。
帰りは無料区間だけ高速道路を使用するつもりが降りるところを誤り、2700円徴収・・・。
日勝峠が開通するまでは、当分、十勝にはいかないかも知れません。


あまりの眠気のため、サービスエリアに入ろうにも駐車場待ちの長蛇の列を見て、とうとう休むことなく走り続けます。


モエレ沼公園側の通りを篠路に向かい、この時点で夕方5時。無事戻ってこれました。


今回は楽しかったですね。
カプチーノ3人組にしても初代番長さんにしても、メンバーの人柄が良かったのだと思います。

通り道で、里見さんのあの写真の場所が判明。


Posted at 2017/05/05 21:22:16 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@karinsakura さん 気を使って頂きましてありがとうございます。楽しみにしていますね。」
何シテル?   10/05 21:20
北海道の寒い時期も洗車やDIYしています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/5 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
エボXSST終了となってからの購入です。 終わりからの始まりです。 車体色はダークブルー ...
三菱 ギャランフォルティス 三菱 ギャランフォルティス
エアロ作りが楽しかったですね。 とても思い入れの強いクルマでした。 エボXと外装が似てい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.