• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もけけxのブログ一覧

2017年07月30日 イイね!

クルマネタの4コマ漫画はじめます

クルマネタの4コマ漫画はじめますクルマの運転席は、土埃が付いたり、雨水や靴に付いた雪が解けて錆びの原因になりますので、運転用の靴に履きかえる、所謂、土禁にしています。

あまりにも大事にするが故に、それがかえって、クルマを傷めてしまうことになってしまいました・・・。

以前からイラストを描こうと思っていましたが、結婚するまではイラストをよく描いていましたが、結婚し、子供が出来てからはほとんど絵を描くことがなくなっていました。
久々にクルマを題材にした漫画を描こうと思いましたが、ピアノ弾きが暫くピアノを弾かないと弾けなくなるのと同じように、暫くイラストを描いていませんでしたので、納得いく絵が丸っきり描けません。

しばらく、気軽に描ける4コマでリハビリすることにします・・・。
タブレットの設定とか、Photoshopの機能など完全に忘れていますが、良い練習になりそうです。

小生は、息子など家族からは、ムーミンみたいだねと良く言われています。
それは嬉しいとも言えず、とても微妙な感じです・・・。
少なくともスマートでカッコ良いキャラではないですね。



あの腹の出具合はまさに太っている小生そのもの。
目がやや大きく、性格の穏やかさ、さらにはあまりおしゃべりではない、普段何も考えていないほどほどのアホさ加減などムーミンぽいようです。

まだ、これだけなら良いのですが、とうとう職場でもムーミンに似ていると言われてしまう始末・・・。

クルマネタの4コマを描くにあたり、本人をムーミンでそのままで描くと著作権上よくありませんので、体系はムーミンで、猫好きでもあり、猫に模してみました(猫喫茶には家族は一緒に行きたがりません。僕ばかり猫が集まってくるからです・・・)。
絵のレベルが全盛期まで戻るにはかなりかかると思いますが、これから、ちょくちょく4コマを描いていこうと思います。

さて、最初に記載したクルマは土禁の話ですが、ショックなことがありましたのでその話を。



職場の駐車場は舗装されず砕石が押し詰められています。靴を脱ぎ、靴をクルマに入れる際に、靴の間に石が挟まっていたのに気づかず、それがポロンッと落っこちて、塗装に穴を空けてしまいました・・・。

遠目には分かりませんが・・・。



近くで見ると、穴が空いています・・・。


2個所あります。


さらに整備で擦り傷を付けられていたので合わせて補修します。


擦り傷はスピリッツでいきます。


麺棒で最小限の範囲で。


だいぶ目立たなくなりました。


塗装の割れはスピリッツでは消えませんので、錆止めと塗装剥離が広がるのを避けるため、スプレー缶をカップに吹いて、つまようじ塗り・・・。


こんなものですね。跡は消えないので、あまり酷くなれば、一度剥離してスプレーで直に塗装しかありません。


BRIDEのフルバケのシートレールは購入時から一部塗装剥げがあったのですが、雨雪が付着していくうちに案の定、錆が発生していますので、ここも早期に対策します。



錆を塗装ごと剥離して、


錆止めを塗りました。



後部の方も錆が進行していましたので同じ処理を。


食の話題を。
月に数回訪れる、石狩市花川にある『瑠玖』へ。


今回は600円バイキングではなく、豚丼を注文します。


650円でこのボリュームは凄いです。帯広なら千円近いですね。
ごはん、味噌汁もおかわり自由です。
味も汁だくで、ちゃんとした豚丼。満足感あります。


一方で嫁はバイキングでしたが、先日、土用の丑の日だったためか、牡蠣のグラタンに、うなぎの蒲焼・・・今回はバイキングにするべきでした。うなぎの蒲焼はすぐになくなり、代わりにコロッケが並んでいました。


太平のイトーヨーカドーに入っているモリモトへ。


目的のパンが焼きあがるまで20分程ありましたが、店員さんに伝えると早めに出してくれました。


このケーキが美味しそうです。夕張メロンより緑色のメロンが好きですね。


息子はカレーパンを購入。


小生は店内の他のパンも気になり


今回も昼食は結構な量に・・・。


母から『めめ』のおやきを貰いました。
それにしても高過ぎです・・・。


郵便局でスーパーマリオの切手シートを買ってきました。
オークションでゲームを落札した方に、これを貼って送ると喜ばれるんですよね。

Posted at 2017/07/30 20:06:57 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月18日 イイね!

第3回『地域創生モーターショーin 侍・士別』に行ってきました。(2/2)

第3回『地域創生モーターショーin 侍・士別』に行ってきました。(2/2)第3回『地域創生モーターショーin 侍・士別』に行ってきました。(1/2)の続きです。

今回は紹介しきれない程、多くのクルマが参加されていました。


気になったクルマを引き続き紹介します。
まずは、ロータス・エリーゼ。フロント4灯ですので、一世代前のフェイズⅡです。



アバルト・124スパイダーです。ベースとなった現行マツダ・ロードスターも悪くありませんが、前後のライトの意匠はこちらが好みです。値段もお手頃ですので、嫁がセカンドカーを持ってもいいと言うのであれば候補に入っていたかも知れません。




いつも参加されている、みんカラ登録のNKPNさんのいすゞ・ピアッツアです。道内イベント皆勤賞ですね。


三菱・ランサーGSRは相変わらずいいですね。



今回は三菱・ミニカの初代が登場です。1960年代なんですね。


このエンブレムがとてもいいです。エボに付けたいですね。


ミニカですらも、クラシックカーとなると味があります。


リアは意外と洒落ています。



ダッジ・チャージャーでしょうか・・・。
写真を撮っていないアメ車はかなりあります。それだけ、このイベントではアメ車が多かったですね。



ロータス・セブンです。
座面が低いので、制限速度内でも加速感がありそうです。



ドラッグレースの車両です。エンジンがかかると遠くまで聞こえる程、かなりの爆音です。
タイヤに触れてみると、普通のスリックタイヤ以上にベタ付き感があります。



昼食のため、会場を出ました。
今回は再入場ができるように入口で紙のバンドを付けてもらいました。
バンドには番号が振られていますので、プログラムにある13:30からの抽選会の番号なのでしょう。


クルマで30分程のところにある蕎麦屋『淳真』さん(士別市多寄町36線東3 )へ。
店の奥に広い駐車場がありますが既に10台程停まっていました。


お店は外で数人待つほどの列ができていました。4グループ程ですので20分程待つことに。


ピリ辛肉つけ蕎麦で特盛を注文します。


熱々の肉の入ったつけ汁に、冷たい蕎麦を付けて食べます。
初めて道庁の議員食堂で食べた大特蕎麦(現在の店は味が違います)に似ています。エビの出汁を省き、肉を加え甘辛い味付けにした感じです。後半は出汁が薄くなるので、出汁を啜りながら蕎麦を食べるとちょうど良く、蕎麦を食べた後は一緒に出された蕎麦湯を残った出汁に入れて飲むことで、麦のおにぎりも付いていますので、特盛がちょうどよいボリュームですね。
お店が混雑するのも分かります。ここは来年も昼食に来たいところです。


蕎麦を食べている最中、土砂降りの雨が・・・。
抽選会は13:30ですので、まだ1時間程余裕はありますが、会場に向かいます。
途中、出展されていた車両と何台か擦れ違いました。この雨ですので退場されたのでしょう。


会場に着くと、来客駐車場も疎らです。


雨が落ち着くまで30分程、車内で待機していましたが一向に止む気配がありません。


あきらめて、抽選会が始まるまで、午後に参加したクルマも見られるので見学に。


まだ30分程ありますが、ステージで番号を読み上げています。テレビや旅行券等の抽選会が行われていますが、皆さん、商店街の福引券を持っています。地元の方のための抽選会が先に行われているんだろうと・・・。これが終わった後13:30に、腕のバンドの抽選会が行われるのでしょうと思っていました。


次々、車両が退場していきます。




クルマが古いためか、水溜りと化した会場ではいたるところで油が浮いています・・・。


三菱・ギャランGTOですね。


このルーフフィンがいいです。


フェラーリもずぶ濡れです。


トヨタ・カリーナはリアがいいですね。



クーペなのでスポーティーに見えます。


希少なスーパーカー達も濡れています・・・。


ランボルギーニ・アニバーサリーも。



ミウラも例外ではありません。



雨のなか、マクラーレン・675LTも見放題です。


先程は人がいっぱいで見れなかったこのクルマも。


雨で人がいないので、ダクトの中を見ることができました。これはとても冷えそうです。


ダットサン・サニーです。

リアの6灯テールがとてもかっこ良いです。



ベンチレーターがCピラーについています。



13:30になっても、バンドの数字の抽選会はありませんでした・・・。バンドは抽選券ではなかったようです。スケジュールに雨天時は早まると書いて欲しかったですね・・・。
ズボンや下着が雨でべしょ濡れなので自分も退場することに。


会場を出たとたん、雨がピタリと止みました・・・。


帰りはやや渋滞気味で、遅いクルマの後ろを付いて、延々と一直線の道路を走行していると、強烈な眠気が襲ってきます。休憩スペースやコンビニもなく、その状態で2時間少々走り、ようやくコンビニで飲み物を購入し、眠気を回復させました。
オフや走行会であれば、自分のペースで抜けれず無理をするので、こういう時は危険だと感じますね。
札幌に着くと、士別のイベントに出展されていたクルマを見かけました。


今回のイベントは雨が降りましたが、とても良いイベントだったと思います。
来年も開催されるのであれば、また見に行きたいですね。

翌日は父母を誘い、家族で札幌ビール園の食べ放題に。
駐車場はドアパンチを避けるため、端を確保。


都心ながら歴史を感じる古い建物が多いです。


平日のランチの食べ放題があるのはライラック館です。


ジンギスカン食べ放題を。もちろん自分はアラカルトメニュー中心で。


最初に6種類あるジンギスカンから3種類を選択。
ビュッフェ形式で自分で取りに行くのではなく、店員さんに注文をして持ってきてもらうスタイルです。
自分は食べませんが、辛味噌、ツボ込み、醤油を注文。食べた後で、追加注文できますが、注文しても出てくるのが遅く、また時間が60分しかないため、焼いている時間もあり、食べ放題といっても、時間が足りなくて、家族みんな、お腹いっぱい食べれなかったようです・・・。


ジンギスカンは辛味噌とハーブが美味しかったようです。
自分はにしん漬けやサラダ、たこザンギ、唐揚げを。



ケーキは4種類ありますが、とても小さく1個1個注文するのも悪くて、4種類全部で注文しましたが、これではあっという間になくなってしまい、2回おかわりしても、食べ足りないですね・・・。
いい歳した男がケーキ全種類を何度も注文しているよと店員に陰口を叩かれそうで諦めました・・・。


お肉1品1品を注文する金額を考えれば安いのかも知れませんが、時間が短すぎて食べ放題と言えど、お腹いっぱいにならないので、家族が焼き肉を食べたいと言うのであれば運河亭やスタミナ太郎でいいかなと思ったしだいです。

その他の食の話題です。

札幌市北区太平にある『天ぷら倶楽部』に行ってきました。


ここは天ぷらを目の前で揚げ、皿に盛りつけてくれる高級てんぷら店のような提供方法でありながら、値段がリーズナブルです。
日替わり定食にしました。


塩辛等が食べ放題なのですが、今年はイカが不漁で塩辛がなくキムチになっていました・・・。
海老、ピーマン、白身魚の3点が最初に揚がり、


ナス、じゃがいも、もう一つの白身魚です。ご飯はおかわり自由でしたが、事前にスナック菓子を3袋+アイスを食べていたので、来店する前から満腹状態でしたので、おかわりしません・・・。


ボストンベイクのパン、ダッチーズの耳が猫みたいになっていて得した気分です。


エボ11のイメージ画像が出てきましたが、これにはなって欲しくないですね・・・。
あまりにもエクリプスの派生形で安直過ぎるデザインです。



アヴェンタドールがどうしても欲しくなったら、これでも十分満足できそうです・・・。


今年の夏のクルマ関連のイベントは家族の用事と重なり、今回の士別で最後かなと思います。
HKS夏祭りは行きたかったですが、日にちが悪かったですね。
良いイベントがあるまで、暫く、自分のクルマのメンテナンスやイラストに費やしたいところです。
Posted at 2017/07/18 13:16:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月17日 イイね!

第3回『地域創生モーターショーin 侍・士別』に行ってきました。(1/2)

第3回『地域創生モーターショーin 侍・士別』に行ってきました。(1/2)昨日は朝4時半起きで、士別市にて開催される第3回『地域創生モーターショーin 侍・士別』に行ってきました。第2回では散々な目にあったのですが、今回は期待です。写真が多いので2回に分けて掲載します。

一週間程前の天気予報では晴れでしたが、開催数日前から雨に変わり、過去のブログを見ている方はご存じだと思いますが、今年のクルマ関係のイベントでの雨の遭遇率はとうとう9割になってしまいました・・・。
来年もこのイベントを見に行きたいですが、お前が来ると雨が降るから来るなと言われなければいいなと思います・・・。


この日は地元の石狩市浜益区での開催の『Ezo Summer Rally 2017』もあれば、石狩市の『マルマンモーターズ』さんにて、10周年フェアがあり、86やBRZが展示がありましたが、バンジーさんのブログにてイベント内容が詳しく掲載されています。石狩市は『Make up』さん等、ショップが充実していますね。

出発は朝5時半。高速道路を使用せず下道で。
高速を使えば、半分の時間で行けますが、飛び石の傷が増えますし、フロントが虫の死骸だらけになるので、何より、高速料金分で何か美味しい物を食べた方が自己満足度が高いというのがありますね。北海道では市街地を出れば、皆さん高速道路並みの速度で走っているわけですし・・・。
ナビへの目的地入力はマンションを出て、民家の少ない線路脇で設定。
自宅前でエンジンをかけているだけで、吹かしているわけでもないのに、嫁から何威嚇しているのと怒られるためです。マフラーがアフターファイアーするたびに、爆音になっていっている気がします。
さすがに車検までに、新しいフジツボマフラー用意しておかなくては・・・。


予報では雨でしたが、曇空でまだ雨は降っていません。
昨日、2週間ぶりに洗車したばかりですので降ってほしくないところ。
道路も空いていて久々の楽しい長距離ドライブです。


午前9時に『道の駅とうま』に到着。3時間少々続けて運転していたので、水分補給。
ウイングは昨日の洗車時に付けました。基本は長距離運転の時しか付けていません。




せっかくですので、すいか塩サイダーにしてみます。


無果汁なので味はあまりすいか感がしないです。かき氷のシロップを飲んでいるみたいですね。
でんすけすいかの産地なのですから、果汁を入れた方がいいと思うのですが・・・。


あまり車が通らないような道を延々と走行し、1軒目の目的地に向かいます。
虫、特に蝶が多く、制限速度よりかなり遅く走行。途中、後ろに車が見えてきたら、一時停止して、先を譲るパターンでした。それでもグリルに虫が数匹嵌っていましたね・・・。


ようやく1軒目『竹屋製菓』さん(士別市朝日町中央3区)に到着。
目の前の交番ではお巡りさんがパトカーに乗って、速度違反を監視していました。


お店は古く、築半世紀は経っていそうです。
何故このようなところにお菓子屋がと思うようなところにあります。
店主はかなり高齢で、店に入ると、横の長椅子で横になっていました・・・。

ガラスのショーウィンドウには商品が入っておらず、横のジュース用の冷蔵庫に和菓子が入っていました。どうやらショーウィンドウの冷蔵機能が故障しており、和菓子が傷まないように冷蔵庫に入れているようです。


ここへは『岩尾内』という和菓子を目的に来ましたが、『ほくほくがぼちゃパイ』は嫁が喜びそうなので買うことに。ヤマメサブレーも買っておけば良かったかなと。


5個ずつ買い、クルマに積んだ保冷ボックスに入れておきます。


『岩尾内』はアンドーナツの餡の部分が抹茶の餡になっています。
歴史ある和菓子みたいですね。


そして、『ほくほくがぼちゃパイ』は雪化粧という種類のかぼちゃを使用したパイなのですが、嫁や母が美味しいと絶賛していました。ほのかにシナモンの香りがして、かぼちゃ本来の旨みがいきており、なかなか美味です。店主が高齢なのでいつまで食べれるか分かりませんが、来年のイベント時にも是非買いにきたいですね。


続いて2件目に向かいます。
こちらではサフォークという種類の羊が特産で、バス亭も羊があしらわれています。


走行途中、路面の振動が羊の鳴き声になり、最初、その音はサイドエアロが外れたのではと焦りました・・・。暫くビクビク走行していて、それが路面の振動だったのだと後で分かったのです。


2件目は洋菓子店『もり屋』さん(士別市東五条5丁目 )です。
札幌では無名ながらも、意外と大きなお店です。


『めぇ~いっぱい』と『チーズめんよう』を購入。


『めぇ~いっぱい』は羊の形をしたクリームサンドクッキーです。
味は六花亭のマルセイバターサンドの味をあっさりにした感じで、バター風味のクリームに干し葡萄が入っています。クッキー生地はマルセイバターサンドよりやや固めです。
『チーズめんよう』は濃厚なチーズクリームが餅生地に包まれています。これも家族に好評でした。


ここから10分程でイベントの会場に到着。
10時半到着ですので、寄り道しながら4時間半かかったことになります。


入場には地元商店街で買い物したことが分かる千円以上のレシートが必要です。
昨年は表記に問題がありましたが、今年は改善されています。
先程の竹屋製菓さんではレシートがないので、領収書を書いてもらいました。


昨年に比べ、出展車両の数が大幅に増え、出店も多いです。
随分、大きなイベントになりましたね。それに比例して入場者数もとても多いです。



恒志堂さんのスーパーカーの紹介がされていました。
道内イベントでは、恒志堂さん引っ張りだこです。
カウンタックとミウラは他の方の所有ですね。


それでは、いつものように見ていきます。
入口付近にあったのは、ロータス・ヨーロッパ。



ウイング付きは初めて見ました。


右ハンドルがいいですね。


続いて、シボレー・シェベル。
45年程前のクルマですので、クラシックカーの部類です。



ヒルマン・ミンクスでしょうか・・・。



ダッジ・チャージャーです。
第1世代でも様々なフロントがあるのでリアを見ないと分からないです。


メーター回りがが洒落ています。


ポンティアック・トランザムGTAでしょうか・・・。このあたりはよく分からないですね。



シボレー・カマロかな・・・。



こちらもカマロです。



リアの丸灯がいいですね。


こちらは20年程前のカマロですが古さを感じません。



シボレー・コルベット(C3)。


一世代前のC6コルベットも出展されていました。



フォード・マスタングも複数台ありました。






米車が多いですね。

続いて日本車です。
いすゞ・ベレットも数台出展されていました。



トヨタ・トレノです。



スカイライン(ハコスカ、ケンメリ等)はイベントで一番台数が多いかも。


トヨタ・ソアラはこのタイプが一番好みです。



日産・フェアレディZ(Z32)です。
エアロは色々手が加えられています。



日産・スカイライン(R34)です。
フェンダーの膨らみがないので、BNRではなく4ドアのENRですね。



日産・セリカ。
ダルマはいつ見てもカッコ良いです。




日産・スカイライン(R30)
R32~R34も好きですが、この鉄仮面もいいんですよね。



R33もいいです。



ホンダ・NSXが3台ありましたが、その中で、Ⅲ型となるNSX-Rを初めて見ました。


ライトの意匠からして異なります。



ウイングも高くなっていますね。


小学生の頃、ゲームセンターのアウトランでよくクルマをひっくり返していたフェラーリ・テスタロッサです。



フェラーリ・308です。



比較的新しいクルマですが、スズキ・スイフトスポーツです。
現行のスポーツがどのようになるか楽しみですね。



来客駐車場にも様々な珍しいクルマが見られました。
その中で、このシャア専用オーリスが気になりましたね。
マフラー部分が良いです。


フロントのエンブレムも目立ちますね。


ダッジ・チャージャー・ヘルキャットです。
前回のイベントであまり良く見れなかったので良かったです。


このようなプレートまで作ってくれるのですね。


クルマ好きな人は自分のクルマを大事にすると思いますが、他のクルマに対してはそうでもないんだなと思う出来事がありました・・・。
隣接するクルマの所有者が、お客の写真を撮るためにバッグした際に、このヘルキャットのリアウイングにぶつかって、金属製のウイングがバイ~ンと・・・。
並んでいるクルマは皆さん大切にされていると思うのですから細心の注意を払うべきです。


今回のイベントは、クルマ好きが集まるだけではなく、買い物に来た、子供連れの主婦でも気軽に入れる良さがある一方で、抱っこした子供の靴が塗装面にぶつかったり、雨が降っている際には傘の一部がぶつかったりしているのが見られました・・・。
万が一、それで傷になっても、コンパウンドで擦れば消えるようなものだと思いますが、見る方も気を付けて欲しいと思いますね。自分のクルマでは然程気にしないのかも知れませんが。
温厚な自分でも、自分のクルマなら何か文句を言うと思います。傷を恐れるくらいなら、最初から出展するなと言われてしまいそうです。
そんなリスクもありながら、出展費用を自腹で出してまで(一部のスーパーカー所有者を除いて、主催者からお金を貰っているわけではないので)、出展されている方々に僕はとても感謝しています。

掲載できる写真の枚数が限られていますので、(2/2)に続きます。
Posted at 2017/07/17 23:24:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月07日 イイね!

北海道クラシックカーラリー2017を見に行ってきました

北海道クラシックカーラリー2017を見に行ってきました今日は北3条広場「アカプラ」にて『北海道クラシックカーラリー2017』のオープニングがあることから、仕事を休んで行ってきました。
ラリーのスタートが9時ですので、7時半に家を出ることに。
日焼けしたくないので、なるべく外を歩く時間を短くするため、自転車にて十分程のところにある篠路駅に向かいます。晴天で今日も30度近くになりそうです。


満員電車での痴漢冤罪が一番の恐怖です。自分はこういうトラブルに巻き込まれがちですので、とても恐怖感がありますね。
篠路―札幌間はそれほど寿司詰めになる程の満員ではないのですが、端の壁を向いてホールドアップの状態で札幌駅までやり過ごします。


無事、札幌駅に到着し、歩いて会場まで5分程。日焼けを避けるため地下街に入りたいところですが、食事ができる店を探すため、外を歩きます。


会場の付近の路駐にはシボレー・カマロもありました。この厳つさがいいですね。



申し込みに間に合わず参加できなかった方もいるみたいです。


スタートの一時間前に到着し、さっそく鑑賞。


前回(第3回)参加したクルマもあれば、初参加のクルマも見られます。メガーヌ・アルピーヌA110を楽しみにしていましたが、今回はないようです。でもそれを補う気になるクルマを見ることができました。


先日、カーグラフィックスのトゥル ド フランス’95を見て、ポルシェやロータスなどぶつけあい、満身創痍の状態で走行している様子が印象的でした。そのなかで、この開催国フランスのシムカ1000が気になっていました。


そのSIMCA・1000RALLY2(1971年)です。
この丸いライトの配置に下回りが丸まったお椀のようなフロント。


シルエット的に猫の顔のように見えます。


トランクはスポーティーです。
シムカ1000にはRALLY1、RALLY2がありますが、中古相場では600万円前後。
ノーマルのRRなら200万円程。手が届かない金額でないだけに、とても気になりますね。


続いて、フォルクスワーゲン・カルマンギア(1973年)
このフロントのデザインとボディカラーの色合いが良いです。


一時、日産はマーチ(K12型)等に、このようなウイング型のダクトをフロントに付けていました。




フィアット・X1/9(1977年)です。
先のカルマンギアと共にクラシックカーとしてはそれ程、相場が高騰していない比較的入手しやすいクルマなので、気になるクルマの一つです。



サイドのダクトがいいですね。



平たいマフラー、リアのこの無骨なダクトがいい感じです。



ステアリングはディープコーンなんですね。


一見ポルシェぽいですがマセラティ・ミストラル(1967年)です。
ボンネットのダクトがいいです。


内装も同時代を考えると、充実しています。


ホルクスワーゲン・ポルシェ914(1973年)です。
フォルクスワーゲンと共同開発なのでワーゲン・ポルシェとも言われています。



タイヤは正面ですが、ステアリングが切れています。


コルベット・C2 STINGRAY(1966年)です。



アルアロメオ・GIULIA(1966年) です。


こちらも動物ぽいです。



今回はアルファロメオGT JUNIORも複数台参加です。


右ハンドルなのがいいですね。





参加台数ではポルシェ356が一番多いです。






内装は洗練されていて、とても綺麗な状態です。


ランボルギーニのミウラとカウンタックはイベントの主役的なところがあり、今回も参加です。



エンブレムはつや消し黒で塗装していますね。

足元が狭まっているので、少々運転しにくそうに見えます。


外車ばかりでしたが、日本車も参加しています。
日産・スカイラン2000 GT-R(1969年)です。

ベルトも新品同様です。


日産・スカイラン2000 GT(1970年)です。


ホンダ・S800クーペ(1967年)です。


エンジンルームは新車同様の綺麗さです。


その他のクルマでは、マセラティ・3500GT(1959年)



ポルシェ911はストライプがとても似合っています。




イギリスのMG・MGB(1967年)です。
部品供給がクラシックカーの中でも容易だと聞きます。



オースチン・HEALEY 3000 MKⅢ PHASE1(1964年)です。
イギリス車ながらアメ車ぽいです。



前回より参加車両が多く、車両間の隙間は狭い感じがしました。
30分程クルマを鑑賞し会場を出ることに。
このイベントの良いところは北海道内のクラシックカーだけでなく、本州からの参加も多いので、道内のイベントでは見られないクルマを見ることができるという点にあります。
来年もこのイベントを見に行きたいですね。

クラシックカーが好きで、カスタムカーやスーパーカーも、現行の一般乗用車も好きでクルマだったら何でもいいのか、節操がないと思われるかも知れませんが、それは甘いケーキが好きでありながらも、辛いものも好きなのと同じようなものだと思います。それぞれに良いところがあるのです。

さて、どこかで食事でもと思い狸小路の方に向かうもチェーン店か、モーニングとして軽い軽食を出している店しかなく、中心部で食事をするのは諦めました。
麻生に地下鉄で戻り、ドングリでパンでとも思いましたが、オープンまでまだ30分以上あります・・・。

ラーメン屋も空いていません。朝早いとボリュームのある食事は難しいようです。


帰宅し、歩いて汗をかいてしまったので、『あいの里温泉なごみ』へ。
セントラル短資の会員なので300円程で入れます。
ここはお湯の塩分が強く、そのまま上がると肌がひりひりするので、必ず洗い流す必要があります。


食事は『ティーバード カフェ』(札幌市東区北7条東8-2-5)に。


装飾がアメリカぽいです。



嫁は日替わり600円を。


小生はスペシャルビッグパワープレートを注文しようとしましたが、嫁の目が厳しく、おとなしくパワープレートDでいきます・・・。


嫁の日替わりに対して


それでも小生のパワープレートでこのサイズです。
値段に対するボリュームは牛太郎の半分かな・・・。それだけ牛太郎が驚異的なボリュームなんですが。


店内に入ってきた客が店先に停めている小生のエボについて話しているのが聞こえます。
そして、外に出て、エボの横に停めたスバルレガシィーのやんちゃの入った方に話しかけられました。

やんちゃの入った方 『はやいです?』
小生 『え?』
(はやいです?って、食事が出てくるのが、それとも食べるのが?それとも…)
やんちゃの入った方 『はやいです?』(2回目)
ここで、エボの事を言っているのだと気づきました。
主語がないので何が速いのか理解できませんでした。
小生 『ええ、エボですから・・・』
その後、そのやんちゃの入った方は返事をせず、カレー屋に入っていきました・・・。
今日はウイングを外していたのですが、エボはやはり注目されますね。

帰りは横のブックオフでミニカーを・・・。


あまりの暑さにガトーキングダムのところにあるシャトレーゼへアイスを買いに。


やはり、余計なものも買ってしまいます。写真を撮る前に食べてしまいました・・・。


先週の話です。
土曜日に予報で雨は降らないことになっていたのですが、洗車中に雨が・・・。
今日は洗車しないですし、土日も洗車はしないので、きっと晴れるでしょう・・・。


地元のボストンベイクでも好きなチーズのパンが店頭に並ぶようになりました。
毎週食べたいパンです。


石狩市の和菓子屋『中村屋』で蕎麦まんじゅうを買ってみました。
頬張ると蕎麦の香がします。



オートバックスの株主優待が届きました。
300株で7500ポイントなのが大きいです。年配当も18,000円。


今日は下がりましたが、株価は堅調ですね。でも、今後の業績から持ち株を増やすのは考えてしまいます・・・。


ライバル店・ジェームスに明日、乞食に行ってきます・・・。


一方で、サッポロドラッグは下げ止まりません・・・。
チャートは完全に陰線上髭・・・これはまだまだ下がるシグナルです。

この調子でいけば1900円割れは覚悟しなければなりません。



でも損切はしません。
今年はコメダ等、購入した途端、大きく下がって、損切りすれば暴騰の展開ばかりでしたので、好調な業績を考えるとまた同じパターンになりかねません。
サツドラ株を買うのは東証1部と言えど、北海道の地元の人達が5%割引優待で買うのがほとんどですので、今売っているのは誰かと考えれば、放置していれば、株価はいずれ回復すると考えています。でも一方で不安要素もあります。くらし百貨店等、いかにも失敗しそうな事業に手を出していますので・・・。
少なくとも、この記事にあるような日銀の買いが入るような銘柄ではないですね・・・。
(記事:連日15時過ぎに160億円の注文が入り株価2万円が維持されているらしい。
これ以上のナンピン(下がれば買う行為)は控えておこうと思います。

ゲーム機ジェネレーション2が収録タイトルに以下の過去のカプコンのアーケードがあるので、とても気になります。現行ゲーム機がないのに古いゲームばかり増えていきます・・・。

・ロストワールド(AC)
・ナイツ オブ ザ ラウンド(AC)
・キャプテンコマンドー(AC)
・VARTH(バース オペレーションサンダーストーム)(AC)

今更ながらスーパーファミコンの新作が発売されたので購入しました。
メサイアの『改造町人シュビビマン零』です。


一方で、やらないと思われる未開封のゲームは処分しています。
先月はゲーム7本処分で月給と同じぐらいの額でした。それだけ月給が安いことでもあるのですが・・・。
Posted at 2017/07/07 22:05:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@karinsakura さん 気を使って頂きましてありがとうございます。楽しみにしていますね。」
何シテル?   10/05 21:20
北海道の寒い時期も洗車やDIYしています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
エボXSST終了となってからの購入です。 終わりからの始まりです。 車体色はダークブルー ...
三菱 ギャランフォルティス 三菱 ギャランフォルティス
エアロ作りが楽しかったですね。 とても思い入れの強いクルマでした。 エボXと外装が似てい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.