• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もけけxのブログ一覧

2017年09月30日 イイね!

北海道ヒルクライムと八雲警察署のお世話に(前編)

北海道ヒルクライムと八雲警察署のお世話に(前編)今日は北海道の函館の近くにある森町で開催される『北海道ヒルクライム with もりまち』の公式練習を見学に行ってきました。
ただ、先日、職場の担当課の管理職の家族が亡くなったことから、今日の18:00に葬儀があり、間に合わない可能性も考えられ、上司に香典を渡しましたが、旅行で不在の人を除けば、職場の方は皆出席するはずです・・・。

間に合えば、玄関で上司に香典を返してもらい、参列する算段ですが上手くいくでしょうか。上司に香典を渡したのは間に合わない場合の保険です・・・。

さて、『北海道ヒルクライム with もりまち』の話に戻します。
4:00起きで、5:00に出発しました。


ナビの故障の原因が分かりました。ナビが冷えている時は正常に稼働し、走行時間が長くなり、ナビが熱くなると、起動しないと考えられます。
前回の北海道ラリーの時もその条件が一致します。途中で給油して再度エンジンをかけた時に起動しませんでしたので。
となると、原因はアースがではなく、ナビの基盤です。モエレで開けた時にコンデンサーの液漏れぽい臭いもしていました・・・。コンデンサーを取り換える技量がないので、やはり買い替えるしかありません。

空が白んでいますが、雨が降っています。天気予報では晴れだったのですが・・・。


森町は小樽を経由して行きます。距離はやや長くなりますが、札幌市内の中心部を通ると信号につかまったり、混雑しているためです。


小樽を過ぎたあたりまでは順調でした。


途中、道の駅で手洗いに行って戻ってみると、ナビが死亡…。


紙の地図を頼りにしますが、町名はあっても字名までは詳しく記載されていません。


古平町方面に誤って進んでしまい、道に迷って戻り、ようやくニセコに着いた頃には一時間程ロスしていました・・・。


空が暗く、天気が良くないですね。


あまりにもクルマが汚くなったので、八雲町のスタンドで15分程洗車しました。
その間に熱くなったナビが冷めたのか、正常に動作していました。


ナビが正常なうちに、森町へ急ぎます。


会場の駐車場となるグリーンピア大沼に10:20に到着。
9:30の開会式には間に合わず、10:00からの公式練習も既に始まっています。


駐車場は広めです。本当は後ろのスペースに停めたいところですが、バス用の駐車場でした。


後ろは珍しいクルマです。


スタートの観覧場所まで、10分程歩きます。


熊出没の看板があり、一人で黙々と、この道を歩くのは恐いですね。
クルマの中ならまだ安心ですが、生身ですので・・・。


しばらく、恐怖に打ちひしがれながら進んでいきます。


ようやく、見えてきました。


既に何台かはスタートしているようです。



唯一の参加のエボXです。でも周りで写真を撮っている人は誰もおらず、開会式での説明を聞いていないので、よく分からなかったのですが、本当はパドックで写真を撮ってはいけなかったのかもしれないですね・・・。

参加者1『あの写真撮っているの大学生か?』
参加者2『いや、40代ぐらいだろ』

と言っているのが聞こえたので、きっと僕のことでしょう。
少々気まずいので、少しだけ見て退場します・・・。


先程のエボXもそうですが、こちらのエボもロールバーが入って補強されています。
ボンネットもカーボンぽいですし、皆さん本格的です。


クラシックカーに分類されるクルマもあります。


クラスは2WD・4WDなので、タイヤに制限がなく、舗装路面ですので、ラジアルでは不利かな・・・。







一方で、フルノーマルぽいクルマも見られます。



参加者は1回目ということもあり、開催があまり知られていないためか、あまり多くないですね。
観客も練習走行ということもあり疎らです。


来年は参加するか検討するため、不明だった参加費をスタッフに聞きたかったのですが、とても忙しそうで聞くのは無理そうです。公式HPにはそのあたりの記載が残されていません。
制限速度関係なく、舗装された路面を走行できるのは、とても楽しそうです。
3人1グループですが、1人での参加も可能のようです。実際、1人の方が多いように思われます。
また、ナビゲーターも同乗していない方が多いですね。
参加費が7千円程度なら参加したいですが、ヘルメットはもちろんながら、耐火仕様のレーシングスーツ、グロ-ブが必須のようで、耐火仕様は15万円近いんですよね・・・。

白老サーキットは、ヘルメットさえあれば、長そで、軍手でも良かったのに・・・。これが間口を狭くしている原因かも知れません。

レースではどうしても他のクルマとの接触の恐れがあるため、僕自身、レースの参加を避けてきたところがあります。サーキットを走ることはあっても、他の方が走っていない単独走行だけです。
白老サーキットは閉鎖するので、北海道では十勝以外に走れるところが無くなってしまいますね。



今回も動画をアップしました。歯車マークで高画質対応です。


葬儀に出席するとなれば、早めに昼食をとり、帰宅しなければなりません。
森町と言えば、やはり『いかめし』です。
ナビが案の定、動作しないので、道路看板を頼りに、森町市街地→森町駅に向かいます。


『いかめし』はキヨスクで売られています。


イカが不漁で高騰していますので、780円と高く感じます。


しかも、とても小さく、普通の弁当の半分もないのではないでしょうか・・・。


量は少ないですが、イカの中のもち米に味が染みて、美味しいですね。


続いて、八雲町浜町にあるソフトクリーム屋『エルフィン』さんをナビなしで探さなくてはなりません。


何気なく、曲がった通りの奥で奇跡的にお店を発見しました。


夏も終わり、他の客は見られません。


ソフトクリームはミルクとコーヒー牛乳が選べますが、ここはやはりミルクです。


水っぽさがなく濃厚です。意外とボリューム感があります。ワッフルコーンも良い味です。
近くに寄ったらまた食べたいですね。


コーヒー牛乳が気になりました。ビンを返せば100円少々。
コーヒー牛乳は好きですが、飲めば腹を壊します・・・。
それでも、誘惑に負け、飲んでみました。



これまた濃厚ですね。ソフトクリームとはまた違った美味しさがあります。


フタを見れば層になる程の濃厚さです。


そして、昼食となる八雲町本町の蕎麦屋『伊勢屋食堂』ですが、このお店を探すのに、2時間程かかってしまいました・・・。ナビがないとかなりきついです。

所在地が本町となっていれば、その町の中心街であることが多いので、駅前を探すも店が見つからず、八雲町役場に聞きにいきました。


丁寧に教えてもらったのですが、それでも見つけることができず、表題の八雲警察署を訪問。


警察官が建物から出て、とても丁寧に教えてくれました。


それでも、見つからず・・・。コンビニ・セイコーマートの入口に地図が貼られていたので、それを確認すると、コダマ美容室だと思っていたのが『伊勢屋食堂』でした。


ちょうど看板がクルマの陰で見えなくなっていたのです・・・。


目的の豚天丼(大盛り)を注文。


ここは日曜が休みなので、どうしても今日来たかったところです。


豚肉以外にもナス等の食材も天丼になっています。
やはりボリュームがありますね。


実は、ここで先程飲んだコーヒー牛乳で案の定、体調が悪化していました・・・。
目の前がぐるぐるして、胃がゴロゴロと。
普段であれば、これぐらいの量はなんでもないのですが、完食はけっこうきつかったです。
周りのお客さんを見ると、蕎麦を頼んでいる方が多いです。
ただ、分煙されていませんので、後から入ってきた町議会関連の老人3名がタバコをスパスパ吸い出して、せっかくの食事がタバコ臭いところで食べなきゃならなかったのは残念でした。
田舎だと禁煙にすると地元の客が減ってしまうのかも知れないですね・・・。

暫く、道の駅がなく、腹がゴロゴロ、ハンドルを握る手にも汗が滲み、我慢しすぎて、目の前がくらくらしてきました。やはり、コーヒー関連は体質に合わないようです。


ようやく、手洗いに辿りつき、事なきを得ました。


残り2時間半で自宅に帰らなければなりません・・・。


不運な事に風が強く、打ち上げた海水が何度かクルマに降りかかりました。
このままでは錆の原因になるので、洗車したいところです。


エネオス岩内SSにある洗車機が目に入りさっそく利用します。



値段を見ると、水だけなら100円と格安です。


水だけなはずなのに、最初の2分は洗剤が出てきました・・・。風が強く、髪や顔は泡だらけ、帰宅して洗い流さず放置すると、禿げの一因になりますので、洗髪必須です。

洗い終わり、クルマを拭いていると、横に停めたハの字大口径アルミの日産・フェアレディZから降りてきたサングラス姿の若い青年が、『水飛ぶかも知れないけどいい?』とため口で聞いてきましたが、気にする分だけ見かけによらず良い人なんだな思い、『いいですよ』と言って、そのまま1分と経たずにスタンドを出ることに。


岩内から小樽まで追い越し禁止で、渋滞でした。

ようやく札幌に入ったところで、もう18:00過ぎ・・・やはり葬儀には間に合わず、職場からはやや礼節を欠く適当な人だと思われるかも知れませんが、とりあえず形として香典は包んだのだから大丈夫でしょう。


その他の食の話題は後編に。
Posted at 2017/09/30 23:10:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月18日 イイね!

ラリー北海道(陸別サーキット)に行ってきました(後編)+モエレ沼公園

ラリー北海道(陸別サーキット)に行ってきました(後編)+モエレ沼公園ラリー北海道(陸別サーキット)に行ってきました(前編) 』の後編です。
その他に、昨日の
『札幌つどーむ開催の中古車ダイナミックフェア』
『モエレ沼公園』での整備も記載しました。



ラリー北海道・陸別サーキットの第2レースが終了した後、ラリーカーの整備やイベント会場である北愛国サービスパークに向かう前に昼食のため、最近、建築された道の駅『ピア21しほろ』に向かいます。
カーナビは相変わらず故障したままですので、お二人の後ろに続きますが、途中、ラリーカーやそのレプリカと擦れ違いました。


駐車場も広く、安心して停められますね。



さっそく、食事でメニューを眺めると、道の駅ですので、9,800円の牛ステーキとかもあり、全体的に価格が高めです。ここは無難に牛カレーにしてみました。


テーブルの窓からはエボが見えるのが良いです。


3人共別メニューですが、すぐに出てくると思われた牛カレーがお二人にかなり遅れて出されました。
ルーは無難ですね。肉はしゃぶしゃぶ用と言えるほど薄いですが、味は良かったです。
ただ、値段を考えると量がとても少なく、大喰らいの自分には物足りないです。


初代番長さんの相方さんが、ここでしか購入できないポテトチップスを箱買するそうなので、自分も売り場を拝見。




せっかくなので、のりしお味を箱で買ってみました。


袋の中身がスカスカなカルビーに比べ、中身はボリュームがあります。
味はカルビーに比べ、ややあっさり感はありますが、油が良いのか、あまり手がベタベタしないですね。


ソフトクリームを食べている人が多く、気になり注文してみました。
100円程、他より高めです。


とても濃厚な味です。コーンはワッフル生地ですね。今年食べたソフトクリームではトップクラスです。
近所のアグリーダックよりは、こちらの方が好みですね。


ここから目的地の愛国サービスパークに向かいますが、帯広の街が渋滞気味で、信号が多く、赤で停まってばかりです。そのせいか強烈な眠気に襲われますが、ナビが不調なので、途中ではぐれるわけにもいきません。今回のイベントで一番、きつい時でした。
燃費は12.6km/ℓですが、お二人は給油なしですので、それ以上の燃費ということです。


2年前に行った時もそうですが、愛国サービスパークに入る入口が轍や段差が多く、しかも道がぬかるみになっていて、駐車場に着く頃にはクルマに泥が跳ねています。
クルマのイベントですから、車高が低いクルマも多く、エアロを割ってしまった方も多かったのではないでしょうか・・・。
左右の端からの並べる間隔がズレていて、反対側とはクルマ1台分の隙間しかありません・・・。
ぶつけられないか、ちょっと心配でした。


こちらは幾分、ファミリーカーの割合が多いですが、それでもエボが何台か見られました。







会場では三菱自動車の斜面を登るイベントや物販などがありましたが、夕方5時近くということもあり、撤収しているところもありました。



通勤用にこれが欲しいのですが、北海道で一般道を走っているのを見たことがありません・・・。


ハセプロさんのエボXも展示されています。
バリスさんのは装着率が多いので、フロントバンパーはこれをベースに加工するのも良さそうです。


マフラーもエボXではあまり見ない形状です。


ヘッドライトのクリア禿げ対策のフィルムのデモがありました。
写真や動画で見ると分かりにくいですが、実物は貼った感が多少あります・・・。
社外品かウレタンクリア塗装かのどちらかでいきます。


現行WRX STIのラリーカーのレプリカです。
なかなかカッコ良いと思います。


僕なら左右のフロントグリルを切り抜いて金網を入れますが、何かそうしない理由があるんでしょうね。


WORKの白いホイールがとても似合います。
ブレーキはエンドレスですね。


トヨタ・GAZOOレーシングのブースにて、缶バッジを作ってもらいました。




お二人の交渉能力が凄まじく、僕一人だけなら、こんなにグッズは貰えていなかっただろうと思います。


心臓はエボのトヨタ・ビッツです。


ヘッドライトも意匠が違いますね。


それにしても、凄い形状のウイングです。


フルカーボンだからできることですね。


自宅には夜9時までには帰りたいところですが、もう5時を過ぎています。
ラリーカーのピットはほとんど時間も遅いため退場していましたが、何台かはまだ整備をしていました。
三菱・ミラージュです。海外からこのエアロを輸入できるのですが、みんカラでもそこまでやっている方はいません。そういう方はフォルティス、エボにいきますしね。




これは元のクルマが分かりません・・・。


エボXも1台だけ残っていました。
ブレーキが意外と小さいです。


この後、店2件に寄って、帰宅することから、お二人とはここでお別れとなりました。
『高橋まんじゅう屋』にも、付いてきてくれそうでしたが、駐車スペースが5台程で停めるスペースがないと思われ、僕の都合で迷惑をかけてしまいそうだったからです。

幸運にも何故かカーナビが回復しました。この機会を逃すわけにはいきません。
さっそく1軒目、『高橋まんじゅう屋』に15分程で到着。


10個近く購入したのですが、夕食代わりに運転しながら食べていたので、家に持ち帰った時には写真のように減ってしました・・・。


続いて、洋菓子店『クランベリー』に。


目的のスイートポテトにポテトパイを購入。



スイートポテトは上部にカスタードクリームが入っています。
ポテトパイはいちごジャムが塗ってあり、どちらも家族に好評でした。


ここでカーナビが再び死亡。


ようやく復活するも、何故か帯広市内で、札幌の都心の地図が・・・。


この後は、高速無料区間を利用し、他は下道で3時間程で帰宅。
鹿の恐怖は眠気でどこかにいっていましたね・・・。

翌日(17日・日曜)は、まもなく台風が接近するので、ウイングが壊れないよう取り外します。


こちらの塗装の段差は以前からですが。


今回の遠出で、こちらにも塗装の段差が見えてきました。
これはFRPに薄い部分があり、高速道路での風圧で形状が寄れて、塗装に段差が出来たものです。
直すにはFRPから厚めに補強する必要がありますが、まだ割れてはいないので、暫く現状のままですね。


グリル回りは虫をかなり吸い込んだらしく、おぞましい有様。
翌日の自然の洗車機・台風で綺麗になってくれることを願わんばかりです。


タイヤ周りの泥も台風に洗浄をまかせるとします。


『札幌つどーむ開催の中古車ダイナミックフェア』に向かいました。
行きつけの床屋さんの横にある倉庫はクルマ好きな方がいつもアメ車等を整備されていますが、そこの横のカスケードガレージが月1万円で貸出をやっているのです。


家族に内緒で1千万円クラスのクルマを買えば離婚問題になりますので、見つかっても許されそうな百万円以下で買えそうな軽スポーツがないか見に行ってきました。


従業員達に『ほら、やっぱり、さっきのエボのが来たよ』と言っているのが聞こえます。
ウイングを外していてもエボは目立つようです。

三菱・パジェロJr,.は年式が古くても高値安定ですね。


スズキ・セルボもあらためて見ると、なかなか良いクルマだと思います。



三菱・デリカD5も100万円を切っているんですね。


近所のMeotoraba(メオトラバ)さんも出展されていました。
アウディ・A6の高年式でもこんな値段で買えてしまうんですね。値下がりが早いと感じます。




ミニ・クーパーも数が多いだけに値下がりが早いです。


トヨタ・カムリはこのモデルが一番好きです。
フロントもですが、リアもなかなか良いのです。


しかも、セダン不人気でとても安い・・・。


従業員の駐車場はクルマ好きな方が多いのか日産・35GT-Rが2台ありました。
うち1台はトップシークレットのステッカー付きです。




ファミリーカーばかりで、軽スポーツはおろか、86等のスポーツカーすらありませんでした・・・。
こういうのはGT.NETさんに行くべきですね・・・。

ここから、カーナビ故障の原因を探るため、モエレ沼公園のいつもの場所に向かいます。

途中、いつもの篠路のホクレンスタンドで給油しましたが、従業員のクルマがエボに変わっていました。


夕方3時頃に到着。いつもの場所です。


駐車場を見渡してみると・・・。


奥ではオフ会が行われています。ホンダ系ミニバンに日産・フェラレディZへの乗り換えといったところでしょうか・・・。みんカラで調べてみると、かなり大きなオフ会だったようですね。その残留組だったようです。


近くで、ホンダ・シビックTYPE-Rの整備をしている方もいました。


何故か、カーナビが正常に動作していて、原因を探るのが難しいです。
デフィーのコントローラーはナビのケースの下に収納されていました。


ネットで調べたところ、カーナビが再起動を繰り返したり、時折消えたりするのは、アースが取れていないことに原因があるそうです。
でも、ネジが緩んでいる様子はありません。ケースの錆が気になり、もしかしたら、本体内で錆が出ているのかも知れません。そうなると、買い替えしかないですね。


背面のそれぞれの端子も抜けていることはなく、もし、電源供給等のケーブルが断線しかかっているのであっても、それを調べる知識もありません。
とりあえず、今時点で正常に動作しているだけに、再び発症した場合はディラー等に持ち込むかどうかですね。


続いて、エンジン稼働中に、エンジンとミッションの間から絶えず、カラカラと音がなっています。


参考に動画をアップしてみました。


SSTだと年数と共に発生する仕様なのかもしれません。
特に異常はありませんが、シリンダー内の破損だったりしたらとちょっ不安に思っただけです。

次回は森町で開催されるヒルクライム(北海道 HillClimb with もりまち)が第1回目ということで、9月30日(土)の公式練習を見に行ければと思います。公式戦の日曜は翌日の仕事に疲れが残りそうですので・・・。
でも、詳しい情報があまりないですね。駐車場がなく、ホテルからかなり歩く必要がありそうです。
エボXも参加するとのことで楽しみですが、参加費が安ければ、いずれ自分も参戦したいですね。



Posted at 2017/09/18 14:55:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月17日 イイね!

ラリー北海道(陸別サーキット)に行ってきました(前編)

ラリー北海道(陸別サーキット)に行ってきました(前編)昨日はラリー北海道(陸別サーキット)に行ってきました。

清水町に朝5時集合でしたので、深夜0時出発です。
夜9時に床に就いたものの、いつものごとく全く眠れませんでした・・・。
帰り道は強烈な眠気に襲われると思われます。


走行中、突然、ボンネットが開いている警告がなりました・・・。


コンビニの駐車場で降り、確認すると半開き状態でした。
洗車時にボンネットを開けたのですが、きちんと締まっていなかったようです。
再びエンジンをかけると、今度はナビがスタート画面を繰り返し、正常に起動しません。


コンビニから少し離れた閉店中の大き目のレストランで、15分程で電源オンオフを繰り返し、ようやく、ナビが起動し、時間ロス分を取り戻すべく走ります。
10月まで高速道路無料区間の入口・占冠まで下道を走りますが、暗闇から、いつ鹿が飛び出してもおかしくない恐怖感が常にあります。
北海道では地方を走り、知り合いに会った時の最初の挨拶は、『こんにちは』ではなく、『鹿に何匹あいましたか』です。途中、道端に鹿を発見、キツネもいましたね・・・。


高速でも鹿飛び出しの看板があるので、気が抜けません。
唯一気が抜けるのがトンネルと高架橋の高速だけです。
深夜なので空いていますね。


朝5時集合だったのですが、2時間程早く到着です。
それまで、車で仮眠できればと思います。


集合場所の清水町のセブンイレブンが見えてきました。


既にみん友の初代番長さんが到着していました。
僕は鹿1匹でしたが、初代番長さんは鹿3匹、お互い無事で到着できて良かったと思います。
前回はYAPONここすさんが鹿にぶつかりましたので・・・。


眠気で忘れないうちに、初代番長さんにバッテリーを渡します。
同じエボシリーズですが、エボⅠで使用できるかですね。


大きさは同じぐらいなのですが、端子のオフセットが違いました。エボⅠは奥側です。


エボXに使用していたカオスバッテリーは、手前側です。


オフセットターミナル2個分は必要ですね・・・。
以前は、ケーブルが付いた長めのオフセットが売っていたのですが、今はオプティマの大端子から小端子への変換ケーブルだけのようです。


初代番長さんの相方さん(エボⅦ乗り)が来られるまで時間がありそうでしたので、少しでも仮眠をと思ったのですが、駐車場が空いているにも関わらず、後ろにベタ付けしてくるミニバンがいたりと、コンビン駐車場では落ち着いて眠れないことが分かりました・・・仮眠は、道の駅がベストですね。
そうこうしているうち、15分程で初代番長さんの相方さんも到着しましたので、開催地となる陸別町へ向かいます。


僕がナビにしたがって先頭を走るので、鹿の恐怖再びです。


空が明るくなってきました。


広大な十勝平野の朝の光景は美しいです。



朝焼けも幻想的です。


途中、上士幌町の公園の駐車場で朝食を取ります。



初代番長さんの相方さんからパンを頂きました。
パン屋『HEART BREAD ANTIQUE(ハートブレッドアンティーク)』さんの人気商品『絶品チョコリング』だそうです。1個未開封とは別に半分を頂きましたので、3人でエボⅠに乗って食事です。


クロワッサン生地のなかにたっぷりのチョコチップとクルミが入っていて、チョコ好きにはたまらない逸品ですね。ごちそうさまでした。


残り1個は帰宅後、オーブンで温めて、家族3人で分けて食べましたが、温めても冷めてもおいしいパンです。


実は他のお二人が朝食を購入するため、コンビニに入っていた際に目の前にあるスタンドに入るも、時間が早くて開いていませんでした。
看板には、この先、旭川まで120kmガソリンスタンドはありませんの看板・・・。
実はメーターを見ると残り110km(写真は少し前に撮ったので130kmありますが)
現地まで70km程。もしガソリンスタンドが無ければ、往復のガソリンが足りません・・・。


行くときは満タンだったのです。
エボⅠもエボⅦもガソリンは全然大丈夫とのこと・・・この差はいったい。
清水町までプラグのカーボンを飛ばすためと思い、少々燃費の悪い運転をしたのが原因かも。
天気は良いのですが、心臓に悪いガソリンの残量とにらめっこが続きます・・・。


途中、足寄湖の道の駅等寄ってトイレタイム。


道の駅といっても自動販売機とトイレしかありません・・・。


足寄町のホクレンスタンドが奇跡的に開いていました。
(他のお二人は結局、最後まで給油をしていません。エボⅠもⅦも燃費がいいんですね・・・)
燃料満タンで安心したところ、今度はナビがまた動作不良。表示されている位置がズレているのです・・・。そして、CDオープンボタンを押したが最後、ボタンを押しても、元の位置に戻らず。


2台の後について行くことになりました。


陸別サーキットに到着しましたが、清水町から安全運転で比較的低速で先導してしまったためか、ナビの不調やガソリンスタンドに寄ったのもあり、1回目のYポイント行のバスには間に合いませんが、会場からの観戦は見れそうです。
駐車場は草刈したばかりのようで、タイヤハウスやタイヤに草が絡みついています。


みんカラのTAKITTさんのスバル・WRX STI S207が近くに停まっていました。
黄色が眩しく感じる程、大切にされているのが分かります。


迫力がありますね。現在では購入価格以上にプレミアが付いていたりします。


駐車場を見渡すと、クルマ好きしか集まっていないんじゃないかと思ってしまうようなクルマばかりです。


スバル・インプレッサ、WRXが非常に多い(全体の1割程)といった印象でしたが、三菱車も多く見られました。
フォルティス・ラリーアート(セダン)とコルト・ラリーアート。



フォルティス・スポーツバッグ・ラリーアート。



エボXも多く見られました。


こちらのエボXは流れるウインカーです。
みんカラに登録されている方ですね。前方には別のエボXも見えます。


このウインカーを付けた方は出っ張りが気になるといいますが、あまり気になりません。
なかなか良いです。


カーボンリップ等拘りが感じられます。


エボⅣは素の状態でもカッコ良いです。



第3世代はフロントやウイングを替えていると見分けがつきません・・・。





国産車が圧倒的に多く、スポーツカーはロータスエリーゼぐらいでした。


86のストライプもカッコ良いですね。


1回目のレースは会場からの観戦です。
待ち時間の間に、驚愕の事実が判明。
初代番長さんとは、苗字が同じとまで知っていたのですが、年齢まで同学年で、職業まで似たようなものでした・・・。


気温10度とあまりの寒さに、上着を持っていきましたが、それでも風邪を引きそうでしたので、初代番長さんらがペアで着ている(お二人はお付き合いをしていますので)ラリー北海道のジャンバーを会場で購入しました。
4500円とやや高い気もしますが、主催へのお布施だと思うことに。
会場で唯一売られていた他のジャンバーはスバルの青いSTI。スバルの名前を背負ってエボから降りてくる節操がない人になりそうでしたので。

ペアルックがトリプルになってしまい申し訳なく思いましたが・・・。
会場スタッフに間違われそうないでたちの3人となりました。



先導のクルマの後、10分おきに走行が始まります。


三菱・ミラージュが多いのに驚きましたね。


エボXもかなりの台数を走っていました。


現行WRX STIも多いです。


続いて多いのが86でしょうか。マツダ デミオ、RX-8等意外なクルマもあり、フォトアルバムに掲載しました。
欧州車は少ないですね。
一方で日産車は一台も見かけませんでした。
来客駐車場でも、R32~35は1台もなく、ステージが異なるからなのでしょうか。
考えて見れば最後に日産車がラリーを走行しているのを見たのはパルサーGTi-Rが最後ですね。

第1レース終了後、オークションが始まりましたが、オークションではなく言い値でジャンケンして買うイベントでした。おぎはやぎの愛車遍歴のサイン入りTシャツ千円が始まった時に、Yポイント行きのバスが来てしまいましたので、来年の楽しみにしておきます。


10分程バスに揺られ、さらにコース傍まで歩くことに。


高台からのポジションとコーナーの側の2個所があります。



コース傍がちょうど木陰になっていましたので日焼けしたくはないので、こちらに。


先導のクルマは写真に撮りましたが、それ以外は動画で撮りました。



歯車マークを押すと高画質のHD対応で見れます。

後編に続きます。
Posted at 2017/09/17 23:11:00 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月15日 イイね!

ラリー北海道出発準備整いました

ラリー北海道出発準備整いました
明日開催のラリー北海道への待ち合わせが朝5時のため、深夜0時の出発です。
今回も仕事を休んで(休んでばかりですが・・・)、出発の準備をしました。

まずは、いつもとは順序が違いますが腹ごしらえ。
札幌市東区元町にある『焼き肉・寿司バイキング 運河亭』に。


すたみな太郎より値段がやや高いだけあり、質が良いです。
ケーキの種類も豊富で、自分はお腹がいっぱいで食べませんでしたが、ゼリーが寒天ではなくゼラチンなので美味だったとのことです。ジンギスカンの唐揚げ、アボガド和え等、種類も意外と豊富でした。


特に看板に寿司の表記があるだけに、寿司の米が美味ですね。にしん〆が特に気に入りました。
合鴨の寿司も珍しいです。


いつものごとくソフトクリームを。セルフなので形作りに失敗。


嫁と息子は久々の焼き肉を楽しんでいます。僕が家で焼き肉を食べないので・・・。


ドリンクバーは別料金ですが、このCCレモンスムージなどはバイキング料金に含まれています。


串カツはセルフです。新しい綺麗な油を使用しているのが好感ですね。


自分で好みの色合いに揚げることができます。


ピザもセルフです。


裏面がやや焦げましたが、チーズ大目に。小ぶりなのでお腹いっぱいになりにくいのが良いです。


実はこれだけセルフが多いと時間が気になりますが、ここは時間無制限なので気が楽ですね。
ラーメンももちろんセルフです。
しょうゆとみその合わせたスープがなかなか美味で、チャーシューも本格的です。


寿司はある一定時間後、紙に書いて注文です。
にしん〆にエンガワとどれもバイキングにありがちな不味い寿司と異なり、美味ですね。


窓を見ると、三菱・EKスポーツでしょうか。


メーターの上の反射止めの敷物がなかなかいいですね。今度見つけたら買ってみようと思います。


最後の締めは、やはりソフトクリーム。


晩御飯不要になる程、お腹がいっぱいなので、これから明日に向けて整備です。
まず洗車ですが、前回、SONAXの洗剤で黄色に着色されたクロスですが・・・。


シュアラスターで洗車した後も、色が全く取れません・・・。


シュアラスターと交互に使用しようと考えていましたが、この着色の強力さは危険ですね。
よって、手放します。
バッテリーはみん友の、初代番長さんに渡しますが、陸別ラリーYエリアを見に行きますので、現地で、みんカラ登録されている方で、SONAXのシャンプーが欲しいという方がいましたら、差し上げます。誰もいなかったら洗車場で誰かにあげようと思います。


初代番長さんに渡すバッテリーは1カ月放置でしたが・・・。


測定してみると、電圧は全然大丈夫ですね。


ヘッドライトのクリア禿げが著しいです。


バリスさんが、あの動画のヘッドライトを売りに出さないか期待していましたが、発売されないので、海外から探さないといけません・・・。良いのがなければウレタンクリア塗装です。


サイドエアロのゴムの剥がれが気になったのでホームセンター・ホーマックに。


厚みが薄い方がいいかなと思ったのですが。


粘着力が弱い・・・。エーモンの両面テープは毎回失敗しますね。


せっかくなので、ホーマック駐車場で撮影。
やはり、エボは飽きないカッコ良さがあります。


フロントはワンオフ作成したいですが、デザインが固まりません。


明日は天気が良さそうですので、帽子を積みました。


エアも長距離で燃費を稼ぐため、10kpa増量。今回、サーキットや峠を攻めるわけではありませんので・・・。


母が千葉から帰り、お土産を貰いました。


では、これからシャワーに入って寝ます。3時間程の睡眠ですね。
Posted at 2017/09/15 19:34:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月09日 イイね!

北海道でのオーロラ観測とSONAXでの洗車

北海道でのオーロラ観測とSONAXでの洗車昨日の夜8時頃、石狩市からオーロラを観測できたようです。


自宅の札幌だと周囲が明るくて確認ができませんでした。
ただ、オーロラが見えるということは、それだけ紫外線が強く、長時間日に当たると皮膚癌になる可能性が高いのであまり外には出たくなかったのですが、昨日は、半日、仕事でドライブだったので、いつもより日差しが強く、運転席でも腕が日に焼け、ややヒリヒリしています。

そのため、今日の作業は日が傾きかけてからとなりました。
今週の夜間に降った小雨に土砂が混じっていたらしく、塗装面がかなり汚れています。
これを放置すると、洗車してもなかなか落ちずクリアを侵食しますので、洗い流すことに。



ドイツ製のSONAXのシャンプーが気になっていたのですが、近くのオートバックスでは取り扱っていなかったので、ジェームズ百合が原店に。


498円と意外と安いので、2本買おうとしたところ、セール品らしくお一人様一本のみでした・・・。


洗車しても、夜には雨が降りそうな空模様です。
ここ数日、北海道では北の空にオーロラが見えるとのことですが、この雲では厳しいですね。


さっそく、洗車してみました。
使い勝手は『シュアラスター洗車シャンプー』と変わりありません。
泡立ちも同じぐらいですね。香り、泡切れはSONAXの方が良いです。


でも、気になることが。
着色成分が強く、真っ白だった洗車クロスに黄色が付着し、何度洗っても色が落ちません・・・。


古い欧州車はヘッドライト等の透明な樹脂や淡い車体色が黄色味がかっていて、もしかしたらSONAXで洗車し続けて、細かい傷に着色成分が残り黄色味を帯びているのでは・・・そう考えると、使い続けるのが少々恐くなってしまいました。
しばらく、使い切るまでシュアラスターと交互に使用しますが、次回もSONAXを買うことはないと思います。

先日、出勤時に運転席側のミラーを見ると、自動で折り畳む方向と反対側に、ミラーが折られていました・・・。慌てて手で戻したので、その写真は撮っていません。


ミラーカバーの下部に傷がありましたが、目立たないからまだよいですが、これだけ車間スペースを開けてもぶつけるなんて・・・。
前日の夜に20代ぐらいの男女3人が自分のクルマの前で騒いでいたので、その人達の悪戯の可能性もあり、隣接のクルマの所有者が犯人とも断言できないので、泣き寝入りです。


やはり集合住宅ではなく、一軒家を持っていれば、さらには車庫があればこんなことには、ならないのですが、将来的に実家に住む可能性があり、下手に家も建てられない有様です。
近所には自称高級車と謳っているベルファイア、アルファード、さらにはアウディA4やベンツCクラスもあるのですが、小生のクルマのようにタイヤに釘が刺される悪戯もなく、マフラー音の煩さもあってか、スポーツ車はターゲットにされやすいのかも知れません。

今日もオーロラ観測はできませんでした・・・。


来週9月16日(土)はラリー北海道観戦です。


再び、エボⅠ、エボⅦ、エボXが並ぶことになります。
前売りチケットを購入しましたが、石狩市浜益区の林道で開催されたラリーが無料だったのを考えると、意外と高いんですよね・・・。


集合が早朝なので、前日は休みを取って、車両整備して万全の態勢で向かいたいと思います。

いつもの食の話題は控えめです。

近所にあるソフトクリーム屋アグリーダックに。遠方から来る人も多いと聞きます。夏場だけ営業し、冬は海外滞在しているとのことで、年商数億との話。



紅茶が美味しいとの評判ですので、紅茶にしてみます。


コーンは新作のココアワッフルに。


味は、特別、ここでなければという程ではないですね・・・。
濃厚さを期待したのですが、やや水っぽいです。
石狩市にある『とれのさと』のアイスの方が好みかな。


ふるさと納税で、取り寄せしていた北竜町のお米に最近、虫が混じっていることが多く、昨年のお米の保存状態が良くないのではと思われ、今回、岩見沢市のゆめぴりかにしてみました。
今年もお米は一度も買わずに済みそうです。


今週は、シャトレーゼでケーキを買ったり、ケンタッキーでチキンを買ったり(自分は骨付きチキンを食べれませんが)、近場で済ませています・・・。



午前中は篠路コミュニティーセンターの図書館に取り寄せた本が入荷したので取りにいってきました。『日本猟奇史』は昭和7年刊行の稀覯本なのですが、最近、新装版が刊行され、二度読むようなものでもないので、購入せず、借りることに。


全4巻のうち、1巻から3巻は江戸時代から明治なので、信憑性に乏しく、この4巻は大正・昭和と、根拠が当時の新聞等で明確です。


スティーヴン・キングの『ダークタワー』が映画化されるにあたり、長編とも言える原作を採用せず、その続編という原作ファン蔑ろのストーリーなのですが、読んでいて、映像化できないネタが散見されますね・・・。


11月に3日間東京出張なのですが、時間帯がちょうど満員電車にぶつかるんですよね・・・。
このような痴漢冤罪事件を読むと、恐怖心で竦み上がります。
日本で「痴漢にされた」エリート外国人の末路

その他のネタです。

■週刊ポスト(2017年9月15日号)に興味深いネタがありました。
定年後は葬式へ行くな 香典は痛い出費で無駄な義理は不要

最近の若者はクルマを買わない、免許を取らない、結婚式を挙げない等言われていますが、全てはお金が無いことに繋がります。
この香典を出さない話は、実は定年どころか、現職中であるにも関わらず僕は実行しています。
自分の祖父、祖母が亡くなった時も職場には周知のメールを出さないよう伝え、香典も花もお断りさせてもらいました。正直、顔も名前も知らない者が亡くなったのに対し、同じ職場だからという理由で香典を貰うのは、とても心苦しいからです。自分が同じ立場なら、お金は出したくないし、時間の無駄で行きたくないと考えるからです。
基本、同じ担当内の職員、年賀状のやりとりをしている人には礼儀上、香典を出していますが、それ以外では出さないとう徹底ぶりです。今年、同じ部内(課は異なります)の方が若くして亡くなりましたが、周囲が香典を包んでいるのに対し、自分は出しませんでした。話は何度かしたことはありますが、それ程、親しくはなかったですし、年賀状もやりとりしていませんでしたので。
僕が特殊なのではなく、年々、若い人はこうなっていくと思いますし、その年齢も上がっていくと思います。年賀状も若い人はあまり出さなくなってきていますし、昔程、クリスマス、誕生日や正月に食べきれない程の豪勢な料理やプレゼントを用意するということもなくなってきたように感じます。
でも、これが正常なんじゃないでしょうか・・・。

■『日本が第2次世界大戦で降伏した時の韓国、「号泣・自決」する人が多かった―中国メディア
慰安婦問題がどれだけ虚偽塗れでばからしいものか、日本人より中国人の方が知っているとは・・・。

■『6万人の米国人、富豪ソロス氏のテロリスト認定を政府に要求
請願書では「ソロス氏が米国を不安定化させ、政府に対する扇動行為を行うよう意図的に常に仕向けている。ソロス氏は、米国のシステムと憲法の崩壊を唯一の目的にした数十(もしかすると数百)の個々の団体を作り、資金援助している」とした上で「司法省はソロス氏とその組織全て、組織関係者を国内のテロリストだとする声明を今すぐに出し、彼個人ないしその組織の資産と財産を全て没収すべき」だと主張されている。
ソロスは米国だけでなく、世界に影響力を持っている一人ですが、ビル=ゲイツ、ローマ法王等他のメンバーもテロリスト認定しないとトカゲの尻尾に過ぎません・・・。
ソロスは、トランプ大統領の政策が失敗し、独裁者になる可能性があると述べ民主党候補のヒラリー・クリントンを支援していましたが、現在、トランプ大統領の取り巻きが全て取り除かれ、トランプ大統領が独り身で孤立しているとのこと・・・。周囲はヒラリー派ばかり。このままでは時間の問題です。トランプ大統領の孤軍奮闘に期待を寄せるしかありません。

■NHK解説委員の早川信夫さん(63歳)が8月29日に脳出血で亡くなりましたが、先月、終戦記念特集で731部隊やインパール作戦など戦前の様子を放送し、加計学園問題では批判的な発言をしたばかりでした。
報道ステーション岩路真樹ディレクターも自殺する前に、「私が死んだら殺されたと思ってください」 
と残したのも記憶に新しいです。

この8分間の放映に岩路ディレクターは命を掛けたのだ。私は怖くて仕方が無い。
この国は何処へ向かっているのか


批判的な報道をすれば、脳出血、自殺、痴漢等で消えていきます。
これではマスコミにまともな人達がいても、正常な報道ができなくなるはずです。
それはマスコミではなくとも、このように排除されますしね・・・。
Posted at 2017/09/09 22:03:42 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@karinsakura さん 気を使って頂きましてありがとうございます。楽しみにしていますね。」
何シテル?   10/05 21:20
北海道の寒い時期も洗車やDIYしています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
エボXSST終了となってからの購入です。 終わりからの始まりです。 車体色はダークブルー ...
三菱 ギャランフォルティス 三菱 ギャランフォルティス
エアロ作りが楽しかったですね。 とても思い入れの強いクルマでした。 エボXと外装が似てい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.