• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年03月30日

プルトニウムの検出にかかる時間

 ツイッターで研究者が分析には時間がかかるとつぶやいていたので、プルトニウムの検出にかかる時間を調べてみた(実際の分析法は未発表で不明)。
 以下はプルトニウムとアメリシウムの検出マニュアルからの抜粋である。


プルトニウム・アメリシウム逐次分析法
平 成 2 年 文部科学省

(一部抜粋)
第 1 章 序論
 本マニュアルは、超ウラン元素である 239+240Puおよび211Amの分析、測定法を定めたものであるが、239+240Puと同時に238Puを、 241Amと同時に242Cmも測定できる。


第 4 章 土試料
 土試料は、土壌、河底土、湖底土、海底土等である。ただし、焼結プルトニウムを含む恐れのある試料については第7章による。
 試料は電気炉を使用し500℃で4時間加熱した後、硝酸で煮沸浸出する。その後、プルトニウムは陰イオン交換またはTOA-キシレン抽出によりを分離,精製する。アメリシウムは、プルトニウムを分離した後の試料を、陰イオン交換またはTTA-キシレン抽出一陰イオン交換により分離・精製する。精製した試料中のプルトニウムまたはアメリシウムを、ステンレス鋼板上に電着してα線計測用試料とし、シリコン半導体検出器によるα線スぺクトロメトリーによって定量する。なお、放射能量と化学収率を求めるため、あらかじめ試料に242Pu(または238Pu)および243Am(または244Cm)標準溶液を一定量加えておく。
 試料の化学分離から電着終了までに要する時間は、イオン交換法の場合、プルトニウムで約40時間、アメリシウムで約80時間であり、溶媒抽出-イオン交換法の場合、プルトニウムで約30時間、アメリシウムで約60時間である。また供試量50g乾土で本法を実施した場合、分析目標レベルはプルトニウム、アメリシウムとも40mBq/kg乾土である。

日本の環境放射能と放射線
http://www.kankyo-hoshano.go.jp/series/lib/No22-1.pdf




 試料の採取から運搬までの時間、電着試料のα線スぺクトロメトリー定量にかかる時間が分からないが、イオン交換法でアメリシウムまでやって約80時間。その他諸々に10時間かかるとして、90時間程度かかると見なしていいかもしれない。
 おおよそ分析に3~4日要したと見るべきである。


 一方、試料採取が3月21日13:30~22日7:45。
 発表が3月29日0:00。資料は当然28日作成。


 おそらく、おそくても26~27日には結果は出ていたのではないかと思われる。そこから協議し発表まで1~3日程度。これが早いか遅いか。最も速いケースならかなり躊躇したと見るのは可能だが。
 もっとも、試料採取時点でα線の検出などである程度当たりは付けていたのではないかと思う。あるいはそれ以前にも分析をしていたかも知れないが。


 取りあえず21日の採取だから一週間も発表を遅らせたなどと言うことを言っている向きが大変多いが、それはプルトニウムの定量分析を知らないが故だろう。
 私も具体的には知らなかったが。ただし、厳密な定量分析は手間と時間がかかることぐらいは知っている。
 KEKでの飛来放射性物質の分析も速報後詳しく分析した結果が出るまで結構時間がかかっていた。 
ブログ一覧 | 放射性物質・放射線 | 日記
Posted at 2011/03/30 12:42:55

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

(;゚Д゚)コラボ⁉⁉
FJ CRAFTさん

お得なショップキャンペーン情報です!
TEINさん

アルミ製の新商品サンプルが到着です!
axispartsさん

究極のTKG!
2TG怪さん

麺屋 宮本 14
RS_梅千代さん

レヴォーグはクルマ好きの乗るクルマ ...
タビトムさん

この記事へのコメント

2011/03/30 23:01:00
東電が、
「プルトニウムを検出する機器を持っていない」
と、発表したとして、
マスコミはそのまま発表しました。

が、マスコミは、
プルトニウムを検出する、ガイガーカウンターみたいのがあり、それを東電が持っていなかった、と報じたみたいです・・・・・・・。
そんなの、最初からないのに。

笑い話になっていますが、
日本のマスコミの知性が問われます。


ドイツで原発反対のデモが行われたのに、
この日本で行われるかどうか。
(いまさらやりようが無いのですが)

ドイツでは、今回の事故がきっかけで、
急に運動が始まったわけではなく、
与党が原発推進を掲げたのがきっかけで、
反原発運動が活発になっていたようです

同じ敗戦国でも、どうして日本とここまで違うのか。


コメントへの返答
2011/03/30 23:42:53
日本人の不思議な国民性というか。

うちの学校にもよく原子力のパンフレットが送られてきます。安全でクリーンで割安であると子供に植え付けさせたいわけです。そのどれもが事実ではないことが白日の下に晒されたわけですが。被爆国である日本が原子力という産官学一体の利権構造に浸かってしまったのは何とも不思議です。

ただ本当の危機的状態にならないと分からないのは、国民性なんですかね。教育のせいなんでしょうかね。

私がたびたび批判している日本の『お受験』のような、要領よく飲み込み、上の言うことにただ従う人間を育てるシステムが有効に機能してきたのが日本の社会であるし、それが私腹を肥やしたり無責任体質を生み出す元凶であると自分は思っています。

そうしたシステムの勝ち組である、要領のいい秀才タイプがマスコミのサラリーマン記者であったりするわけですから、本当のこと、大切なことを吟味して伝えることができない。それをやろうとすると大手マスコミから追い出される。
基本は発表されることをただ伝えることが優先される。
事実や厳密性ではなく一般にうけるセンセーショナルな記事を書けば表彰される世界。報道被害何のその。
(そうでない人もいるのでしょうが)

自分で考える力、自分で情報を得て分析し行動する力を付け、危機に際したときに反射的に行動できる訓練〔危機を体で味わわないとそれは身につかない。大抵の人は思考停止する〕を経て、影響力のあるポストに就けるようなシステムを作らない限り、ダメなんでしょうね。

市民活動というのがどうも胡散臭くとられてしまうのも、根は同じなのではないかと思います。
2011/03/30 23:58:16
明治以降の文部省政策の結果なのですね。
文部省の最初の頃の大臣から(忘れてしまって、調べましたが、わからず・・・)、ヨーロッパの士官学校の様式を学校にしていったようで。

修学旅行=行軍
運動会=教練
朝礼=閲兵式、

制服からして、陸軍、海軍ですね。
統制する制度は非常に都合が良く、
戦後もそのまま残り、戦争が経済発展に代わり、
体質はそのまま残る。

教育委員会も任命制・・・。

他にも要因はいろいろありますが、

これでエリート病になった人達が
トップ、中堅になると、
こんな社会になるのでしょうね。
コメントへの返答
2011/03/31 00:29:16
軍隊式な要素のある管理教育に対するものとして『ゆとり教育』の理念があったはずなんですが、教育する側はそれを活かせず、親の方はかつての受験戦争の価値観にしがみつき、結局『生きる力』を身につける機会にはなりませんでしたね。経済大国日本の生産性を落とそうというアメリカの要求は見事に実現しましたが。


初代文部大臣は森有礼ですね。大学の時教育原理の授業でやったなあ……。
2011/03/31 00:02:31
読んでて頭痛くなった~(苦笑)

やはり、真面目モードじゃなきゃ駄目なあたし(笑)
コメントへの返答
2011/03/31 00:38:43
10 rem RURIRURI san heno message
20 print"Don't mind! "
30 goto 20

run
Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! Don't mind! ^c
break


そういえば、Don't mind! って日本人の使っている意味では通じないらしいですね。

取りあえず、気にしない!気にしない!

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「最近のみんカラは調子悪いことが続くなあ。」
何シテル?   10/06 16:28
愛車 黄色いピアッツァのHP http://piazza.ciao.jp/piazza_web/index.html ↑プロバイダーを変更して再開! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

YUHの気ままなままに 
カテゴリ:ブログ
2018/01/31 06:12:14
 
常識はずれのPIAZZA達の隠れ家 
カテゴリ:Piazza
2012/11/17 07:31:43
 
須関裕子のブログ 
カテゴリ:Music
2011/02/26 18:38:37
 

愛車一覧

いすゞ ピアッツァ いすゞ ピアッツァ
 社会人になりはじめて手に入れた車です。 PIAZZA XE Handling by L ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 はじめてのSVXは追突事故によって、わずか1年半で乗り換えることになってしまいました。 ...
その他 その他 その他 その他
写真の置き場です。
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 1989年のモーターショーのショーモデルを見て以来の、憧れの車でした。ほとんどそのまま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.