• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年08月01日

半田ってね、○○層を作るんだよ


 板金のことを調べていて、「えっ」と思う記述に出会った。

 とある板金塗装業者のブログなのだが、

・板金には昔ながらの半田は使わない

と言う。
 その理由が、

・半田が優れているなら、メーカーがこぞって技術開発をしているはずだ。その点パテの方がどんどん改良されているのだから優れているはずだ。
・半田だってパテと同じように金属の中に混ざっていくわけではない。

ということらしい。

 残念ながら、それは違う。少なくとも後者についてはかなり大きな誤解だ。

 半田は、金属と合金を作る。


1. 溶接や接着剤との違い

図1は、はんだ付け接合部を電子顕微鏡によって、約400倍に拡大した写真です。下が銅の層、上がはんだの層です。はんだと銅の境界線部分に細い帯があるのがわかるでしょうか?(赤矢印の部分)これがはんだと銅を接合しているスズと銅の合金層(金属間化合物)です。はんだ付けは、この合金層によって接合されています。言い換えると、はんだ付けとは、この「合金層を造る技術である」ともいえるでしょう。

接着剤は接着剤自体が固まることによってくっつきますし、溶接は母材を溶かして固めることにより接合します。はんだ付けとは、接合の原理が大きく違うわけです。

ところが、多くの人は、はんだ付けを溶接や接着剤と同じように、金属を溶かして固めることで接合していると誤解しています。
https://www.ipros.jp/technote/basic-soldering/


 半田をバーナーで炙って溶かせば周囲の塗装までやられてしまうし、金属を変形させてしまうが、ハンダごてで溶かす方法ではさほど影響はない。
 溶接のような問題が生じにくく、肉やせもほとんど起こらないから、パテより優れている。ただ、整形のしやすさはパテの方が格段によいし、半田でも最後はパテを薄付けする。作業性を考えたらパテの方が優れている。

 屋根やトランク上など、日に当たり続けて条件が厳しいところは可能な限りなく痩せが出やすいパテは避けたい箇所だ。溶接ではひずみが出やすく、あっちを修正すればこっちにひずみが出て、と相当な手間を要する。某ピアッツァのオーナー氏が屋根の板金をたのんだとき、修理業者は相当苦労したらしい(職人さんがブログにその苦労を書いていた)。

 こういう場所は特にハンダが向く場所ではないかと思う。
 旧車レストアで錆穴を埋めたり、スポイラーやエンブレム取り付け用の穴を埋めるのにも使われる。


 なお、接着剤にも、溶かしてつけるものも、固めてつけるものもある。プラスチック用接着剤は前者、エポキシ接着剤は後者だ。その他のタイプもある。


ブログ一覧 | | 日記
Posted at 2019/08/01 01:13:53

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

硬度が違う物の接着
ma-tanさん

高級軽自動車も14年経てば……
just-awayさん

ちょっとだけコロナクーペの整備
ヤビツマニアさん

リヤスポイラー作り4
きらぼしさん

リヤディフューザー作り4
きらぼしさん

軽トラをオシャレに MR2は下品に
犬も歩けば棒にア◯ルさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「みんカラの画像アップロードの調子が悪いな。」
何シテル?   07/07 09:39
愛車 黄色いピアッツァのHP http://piazza.ciao.jp/piazza_web/index.html ↑プロバイダーを変更して再開! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

YUHの気ままなままに 
カテゴリ:ブログ
2018/01/31 06:12:14
 
常識はずれのPIAZZA達の隠れ家 
カテゴリ:Piazza
2012/11/17 07:31:43
 
須関裕子のブログ 
カテゴリ:Music
2011/02/26 18:38:37
 

愛車一覧

いすゞ ピアッツァ いすゞ ピアッツァ
 社会人になりはじめて手に入れた車です。 PIAZZA XE Handling by L ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 はじめてのSVXは追突事故によって、わずか1年半で乗り換えることになってしまいました。 ...
その他 その他 その他 その他
写真の置き場です。
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 1989年のモーターショーのショーモデルを見て以来の、憧れの車でした。ほとんどそのまま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.