• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Yuh_Fazioliのブログ一覧

2019年08月22日 イイね!

抜けない栓を抜く

父親のブランデーが入った瓶の蓋が開かないと言い出した。

中身は40度のナポレオンらしい。

ガラスの栓には密封するために樹脂の中栓のような物がついている。こいつが抜けずガラスだけが抜けてしまう。樹脂栓だけではつかみ所が無く、強固についていてとれそうにない。

おそらく、ビンの中がかなりの負圧になっていて、中栓が吸われている。

栓や瓶を破壊するわけには行かない。

樹脂の中栓を抜く道具はないかと言うが、ピストンプライヤーは持ってきていないし、そんな物を使えば中栓は使い物にならなくなる。瓶を割る可能性も高い。

こう言うときは、湯煎。

ブランデーなのであたためればアルコールが揮発して蒸気圧が高まる。
上からもお湯をかけて、中栓を柔らかくし、瓶全体をあたためれば

ぽんっ!



簡単に外れた。



これが栓。

樹脂の中栓+ガラスの栓という構成。このガラスだけが抜けてしまっていたわけだ。

Posted at 2019/08/22 21:21:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | DIY | 日記
2019年08月22日 イイね!

【SVX】2000回転付近でのガラガラ音解消できたか?

 何年か前から、エンジン回転が2000回転/分付近でがらがらといやな共振音がするようになっていた。

 がらがらいう車なんて、いかにも古い車でいやな物だ。

 ピアッツァの時にも経験があるが、この音が聞こえるとエンジンが回るのを嫌がっているような感じがして踏みにくくなるし、エンジンが壊れているんじゃないかといういやなイメージにさいなまれる。

 ピアッツァの場合はエンジン排気マニホールドの遮熱板に、ハトメでついている別体パーツがハトメの緩みにより浮いて共振していた。

 SVXも明らかに共振音なので排気筒周りの遮熱板だろうと思っていた。しかし、すぐに手で届く範囲にはそれらしい物が見つからず、結局自分自身の不調もあってそのまま乗り続けていた。自動車通勤では毎日その音を聞かされていたので非常に嫌なものがあった。

 エンジンまわりのシールとタイミングベルトの交換時に、ついでに見てもらったのだがディーラーでは分からないとのことだった。ディーラーに問題解決能力が無いのは分かっているのでアテにはしていなかったが。

 その後ますますうるさくなり、エアコンをつけてのアイドリング時にもまれにガラッと音が聞こえるようになっていた。

 実家生活のシメとして、土砂降りのあとの晴れの中、SVXをジャッキアップして、下回りを叩いて回ってみた。

 すると、中央付近にある遮熱板が、叩く場所によってはあやしげな響きをしている。そこで、ちょこっと変形させて様子を見てみた。


alt


 すると、音が出なくなったみたい?

 しっかり暖機したあとでないとはっきりはしないが、いまのところ音は出ていない。

 このまま出ないといいなあ…。


追記:

 暖機して走ってみたが、しばらくするとまた音がするようになった。
 あやしいところを一つ一つ潰すしかないが、今回調べて見た範囲では、容易に手が届く遮熱板では無さそう。
 車体中央付近から音が出ており、ある程度熱を持つと派手に音が出るようになるので、排気管周りである可能性が高いのだが、排気管内部にある腐蝕して崩れた金属が踊って音を出している可能性もある。以前、叩くと内部で響くような音が出ていた部分がある。

 そうなると、一度排気管を外して調べてみるしかないなあ。とはいえ排気管は叩いても音はしないのだが。

 SVXはフロアジャッキ程度じゃ下回り作業は難しい。




Posted at 2019/08/22 15:41:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | SVX | 日記
2019年08月22日 イイね!

車にかかる税金高すぎ

 日本では、国民に重い税負担を課し、約束も平気で反古にする。その税金の使い道は不透明で、国民に正当に還元されているかどうか極めてあやしい部分がある。

 それでも国民は喜んで税負担をする不思議な国だ。


 自動車にかかる税金は極めて多い。



 ガソリンにも幾つもの名目で税がかけられ、更に消費税が税金にかかる二重価税になっている。

 

 無料にされるはずだった高速道路料金はいろいろと理屈を並べ、さらには環境負担税だとまで言って約束は反故にされ続け(民主党時代に高速道路無料化を進めようとしているが、自民党や既得権益者によってつぶされた)、ガソリン税の【暫定税率】がいつまでも生き残って、さらに税金に税金をかける二重課税は放置されたままになっている。

 これだけ国民を馬鹿にしている国も珍しいだろうし、それにちっとも異を唱えずせっせと納税する国民もどうかしている。

 はっきり言って、自動車の保有をするのは他国に比べて極めて馬鹿げている状況にある。

 高度成長期にはこの負担に耐えられるだけの収入と将来見通しがあった。
 これが現代日本で通用するはずがないのは言うまでもない。

 この国は本当に何もかもがおかしいし、破綻しない方がおかしい構造でここまで来ている。

 
Posted at 2019/08/22 13:37:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2019年08月22日 イイね!

【E90】エンブレム取り付け

父親が320iのエンブレムがないと嫌だというので、取り付けた。

取り外し時に位置を正確に記録していないので、目分量でバランスを見ながら。

alt

alt

 やっぱりルーフかボンネットにもカーボンフィルム貼りたいなあ。

 自分の車じゃないから知らんけど。
Posted at 2019/08/22 12:45:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | BMW 320i(E90) | 日記

プロフィール

「[整備] #アルシオーネSVX モノタロウエアフィルタに交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/441462/car/481321/5458655/note.aspx
何シテル?   08/29 20:52
愛車 黄色いピアッツァのHP http://piazza.ciao.jp/piazza_web/index.html ↑プロバイダーを変更して再開! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

YUHの気ままなままに 
カテゴリ:ブログ
2018/01/31 06:12:14
 
常識はずれのPIAZZA達の隠れ家 
カテゴリ:Piazza
2012/11/17 07:31:43
 
須関裕子のブログ 
カテゴリ:Music
2011/02/26 18:38:37
 

愛車一覧

いすゞ ピアッツァ いすゞ ピアッツァ
 社会人になりはじめて手に入れた車です。 PIAZZA XE Handling by L ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 はじめてのSVXは追突事故によって、わずか1年半で乗り換えることになってしまいました。 ...
その他 その他 その他 その他
写真の置き場です。
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 1989年のモーターショーのショーモデルを見て以来の、憧れの車でした。ほとんどそのまま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.