• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Yuh_Fazioliのブログ一覧

2019年09月15日 イイね!

デンゲン クーラーマックスCS-754に電磁弁装着

alt

alt

 古いモデルであるCS-754は自動車用クーラーではフロンR12を対象としていたため、1/4の継手があるのみだった。

 R134aでも使えるようにするには、オイル逆流防止電磁弁があることが望ましい。R12や真空ポンプとR134aのコンプレッサーオイルは、混合すると固形化して故障の原因となるため、両者のシステムは継手やサービスポートの形状を変えて混合を防ぐようにしてあり、真空ポンプはオイルの逆流を防ぐ必要がある。

 手動弁なら安価だがリスクがあり、電磁弁なら確実だ。

 で、適当な中真空電磁弁を探したが、あまりいい物が見つからなかった。

 メーカーからは754など古いモデル用のキットが出ていて、それを買うのが確実だろうと結論した。

 エルボと電磁弁、二又継手等のセットで、簡単に取り付けができる。

 しかし、これ1個で本体の入手価格を遙かに超えるのが辛い。

 なお、R410a冷媒のルームエアコン等には5/16の継手が使われている。上記のキットでは二股で1/4と5/16になっているので、ルームエアコン用のホースやマニホールドゲージも使える。

 **

 自動車のクーラーと家庭など固定設備のクーラーでは、真空引きの考え方が少し違うというのだが本当だろうか。

 固定設備ではトコトン真空引きしてよいが、自動車ではOリングなどが多数あるため、引きすぎてはいけないというのだが。

 なので、自動車用にはシングルステージでよいのだとか。

 そもそもエアコンでフロン程度では真空引きで高い真空度を求めても仕方ないようなことを書いている物もあった。比較が精密機器用途の特殊ガス用の真空引きなのだが。

 確かに、多く使われているデンゲンのカーエアコン用と銘打たれている真空ポンプはシングルステージだ。
 一方、デンゲンのカーエアコン・ルームエアコン兼用ではツーステージ。カーエアコンには極めて高い真空度は求められていないようだ。

 おそらく、カーエアコンでは構造上高い真空度は望めないため、シングルステージの真空度で充分なのだろう。真空度が極めて高い高性能な真空ポンプを使うとむしろリスクがあるかも知れない。そうした真空ポンプはルームエアコンなど固定設備で使った方が良さそうだ。一方で、カーエアコン用はルームエアコンで使うにはちょっと物足りない気もするが、同程度のものがエアコン設置時に使われているようだ。

到達真空度の例:
 シングルステージ 到達真空度50ミクロン(デンゲン カーエアコン用)
 ツーステージ 到達真空度15ミクロン(中・大型冷凍機対応)
 ツーステージ 到達真空度25ミクロン
 ツーステージ 到達真空度38ミクロン

 

Posted at 2019/09/15 21:32:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 修理 | 日記
2019年09月15日 イイね!

欲しいツール2

 ツールというか、設備の一種かもしれないが。

 車を上げるリフトが欲しい。

 下回りを、十分な高さで安全にいじれる状態にしたいのだ。自動車いじりが趣味の人間にとっては、ガレージとともに欲しいもの。

 家庭用のリフトと言えば、クイックジャッキ。

alt

 16万円程度なので、導入している人は結構いるようだ。

 ただ、44cm弱しか上がらないので、ガレージジャッキで持ち上げて、ウマをかける手間が省ける程度という感じもする。

 実家に置いているフロアジャッキはたしか3tでそこそこ持ち上げられる。しっかりしたウマと組み合わせた場合と整備時の条件があまり変わらないのでは導入するメリットは薄い。もっともそんなお金もないが。

 ウマは高さも確保できるこのタイプが使いやすいようだ。

alt

 現実的にはガレージもないのでこのあたりで何とかするしかないのだろう。
Posted at 2019/09/15 20:19:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | DIY | 日記
2019年09月15日 イイね!

欲しいツール

 自分は何でも自分でやってみたいし、壊れているものを復活させるのも大好きだ。

 自動車だろうがPCだろうが家庭内設備だろうが何でも直す。

 ただそのためには知識も必要だし、ツールも必要だ。

 ツールがないとどうにもならないことはよくあり、特にメーカー指定のツールがあり、他の物で代替不可能であることはよくある。

 一方で、市販の工具を工夫して使う事で解決することもまたよくある。「名車再生!」でもエドがプーラーに一工夫して解決していたことがあった。

 ただ、その場合でもある程度のツールがないとどうにもならない。

 **

 修理を依頼するぐらいなら道具を買って自分でやるというのが基本になっているが、よくわかっているものか、壊れてもいいようなものがまず対象になる。闇雲に手を出せば痛い目を見ることになる。

 しかし、いろいろな物を扱っていると、初めての物でも経験から解決手段が考えられることが多い。

 実は3つめの真空ポンプを手に入れていて、これは高性能なツーステージ・4ポールモーターの物。機能は問題無さそうだが、配線部分に前の持ち主が手を入れた後があり、切れた電源コードを交換したのはいいが、いかにも素人なやり方をしてあったので手直ししたいと思っている。
 オイルタンクのキャップにはOリングが入っていたが、サイズが大きすぎ、よじれて歪んでいた。よくわかっていない人が適当にやったのだろう。手持ちのぴったりサイズに交換した。オイル排出口にはガスケットかOリングがあったはずだがこれがなくなっており、じんわりオイルが滲んでいる感じだったので、手持ちのOリングを入れておいた。
 その他、曲がっているところを直し、失われたゴム足を取り付け、吸気部の継ぎ手にフタがないと使い物にならないので新調した。動作品を買ったのだが、なんだかんだと手がかかっている。
 分解できるところはある程度分解したが、それでも真空ポンプ本体には手を出していない。構造は分かっているが、特に問題が無いものに手を加えると、逆に問題を生じさせてしまう可能性がある。なので今のところは手を出さないでおくつもりだ。

 **

 さて。

 いろいろなことに手を出していると、ツールが欲しくなる。

 欲しいツールはいくらでもあるが、この所は磨いたり削ったりが多いので、そのために、両頭グラインダー(卓上グラインダー)が欲しいと思った。
alt
 
 alt
(画像はモノタロウから)

 卓上において作業できるので、ハンドグラインダーやドリルとは違って安定な作業ができる。

 ハンダ付け、ろう付けならハンダごてやガストーチで作業できるが、強度の点で今ひとつだ。そこで溶接機があると便利そうだ。

 ところが200Vが必要だとか(エアコンは200Vだが)、25Aぐらい流れるとか(ブレーカーが落ちかねない)、いろいろ問題がある。

 買いやすい100V/200Vアーク溶接機は、初心者にはむしろ難しく、Tig溶接機の方がいいらしい。しかし高い。
 少しでも安定にするために、交流アーク溶接機を改造して直流化することもよく行われているらしい。

 みんカラでは結構溶接機の話題がある様だ。

 しかし、なんだかやはりハードルが高いと感じる。Tigに手を出すにはあまりにお金がかかりすぎるし。

 安価な交流アーク溶接機も、ないよりあるに越したことはないけれど。



  
Posted at 2019/09/15 12:12:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | DIY | 日記
2019年09月15日 イイね!

ガス給湯器の釜鳴り

 マンション入居20年。もうそんなにたったのか。みんな老けるわけだわ、とそれはさておき。

 住宅内の機器もそれなりに傷み、寿命を迎えて交換した物もある。

 一番早かったのは台所の照明の安定器。10年ちょっとで壊れた。松下電工のものだったが、東芝のインバーターに換えた。部品交換をDIYでやっているので、安く済んでいる。

関連ページ

 トイレの温水洗浄便座も15年でエラーを出し、分解洗浄で回復したが、19年目でまたエラーが出たので、タンクレス自動便器に換えた。これもDIYなので交換費用自体はただ。

関連ページ


 壊れて困るのは、価格が高く生活上必須の給湯器だが、こいつは使用頻度とメーカー、個体差で寿命が大きく変わる。10年もたないこともあれば、25年以上もつこともある。
 うちでは使用頻度が低いので痛みが少ないらしく、大きな問題は今のところない。10年ぐらい前に風呂場のリモコンが異常になり、勝手に電源が切れるなどの問題が起きたが、リモコンを中古で入手してDIY交換し完治した。

 **

 その給湯器だが、お湯の出し始めで

「ヴォーーーー」

と音が出るようになった。これを釜鳴りと言うらしい。古くなったマンションではあちこちで聞こえる。
 ガスと空気の比、空燃比がずれることで振動が発生し、排気管等が共振して起こるものだとか。

 ググっても具体的な情報はほとんどない。ガス関係は情報統制が厳しいらしく、一般消費者の立場では、情報も部品もほとんど得られない。

 ただ、釜鳴りは本当に微妙なところで出るようになるらしく、清掃だけで改善したり、ちょっと空燃比を調整するだけで直ったりすることもままあるらしい。

 さきほど給湯器を開けて見たところ、内部に動作フローや結線、分解図などが添付されており、二次ガス圧の調整方法も書いてあった。

 そこで、ほんの少しだけガス圧をしぼってみたところ、音が鳴らなくなった。
 ガス圧を測ることができないので最適値に調整することができないのが歯がゆいが、まあ仕方ない。

 外気温度が変わるだけで空燃比が変わり音が鳴るようになるほどに微妙なので、これで解消したわけではないかも知れないが。



 **

 給湯器のカバーを止めるネジが、ほとんどバカになっていた。10年間のメンテナンス契約をしていたので毎年点検に来ていたが、それに耐えられないらしい。ネジは一本タッピングビスに交換され、無理矢理止めてあった。

 蓋の内側にはメンテナンスのコメントが書いてあったが、「リモコンを自分で交換したらしい」と書かれていた。

 **

 なお、5ch情報などを見ると、釜鳴りはノーリツの給湯器にとても多いらしい。故障率、メーカーサポートでも不満が多いらしい。

 実家はリンナイで問題無さそうだし、次換えることがあったら、リンナイかなあ。




Posted at 2019/09/15 10:27:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 修理 | 日記
2019年09月15日 イイね!

年金とネズミ講の違い





 うーむ、似てるけど、確かに違うわ。
Posted at 2019/09/15 01:33:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治・行政・マスコミ | 日記

プロフィール

「最近のみんカラは調子悪いことが続くなあ。」
何シテル?   10/06 16:28
愛車 黄色いピアッツァのHP http://piazza.ciao.jp/piazza_web/index.html ↑プロバイダーを変更して再開! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

YUHの気ままなままに 
カテゴリ:ブログ
2018/01/31 06:12:14
 
常識はずれのPIAZZA達の隠れ家 
カテゴリ:Piazza
2012/11/17 07:31:43
 
須関裕子のブログ 
カテゴリ:Music
2011/02/26 18:38:37
 

愛車一覧

いすゞ ピアッツァ いすゞ ピアッツァ
 社会人になりはじめて手に入れた車です。 PIAZZA XE Handling by L ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 はじめてのSVXは追突事故によって、わずか1年半で乗り換えることになってしまいました。 ...
その他 その他 その他 その他
写真の置き場です。
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 1989年のモーターショーのショーモデルを見て以来の、憧れの車でした。ほとんどそのまま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.