• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Yuh_Fazioliのブログ一覧

2011年08月31日 イイね!

産総研:セシウムを低濃度酸抽出・吸着する方法開発 除染に期待

 産総研が低濃度の酸水溶液を使った、セシウムの抽出・回収に成功した。土壌からセシウムを取り除く方法の一つ、粘土鉱物の除去では土質によっては土壌の再利用分が少なく管理分を減らすことができず、高濃度の酸でセシウムを抽出する方法では酸の取り扱いや再利用が難しかった。
 産総研は低濃度の撒水溶液で抽出し、顔料のプルシアンブルー(高校化学にも必ず出てくる、有名な顔料)で吸着し回収する。

 これによって、放射性廃棄物を大幅に減らすことができそうだ。


 以下引用。

土壌中のセシウムを低濃度の酸で抽出することに成功
-プルシアンブルーナノ粒子吸着材で回収し放射性廃棄物の大幅な減量化へ-
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2011/pr20110831/pr20110831.html


概要
 独立行政法人 産業技術総合研究所【理事長 野間口 有】(以下「産総研」という)ナノシステム研究部門【研究部門長 八瀬 清志】グリーンテクノロジー研究グループ 川本 徹 研究グループ長、田中 寿 主任研究員、Durga Parajuli 産総研特別研究員らは、土壌中のセシウムを低濃度の酸水溶液中に抽出する技術を開発した。抽出したセシウムをプルシアンブルーナノ粒子吸着材で回収することで、放射性廃棄物の総量を減らすことが期待される。

 平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震に伴い発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故により、さまざまな場所で放射性セシウムが検出されており、大量の汚染土壌の処理が課題の一つとなっている。高濃度の酸を用いて土壌から放射性セシウムを抽出できることは既に知られているが、取り扱いが難しいことや、抽出した放射性セシウムを吸着材で回収する際の効率が悪い、酸の再利用が困難でコストが高い、など多くの問題があった。

 今回、土壌の重量に対して用いる酸水溶液の重量比(固液比)を上げ、200 ℃の高温で処理することで、大半のセシウムイオンを低濃度の酸水溶液中に抽出することができた。さらに、抽出したセシウムイオンを土壌の1/150の重量のプルシアンブルーナノ粒子吸着材で回収することに成功した。また、土壌からの抽出と、吸着材による回収を組み合わせることで、より効率的に抽出できることも見いだした。今後、協力企業を募り、実証試験を進めていく予定である。

Posted at 2011/08/31 22:53:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 放射性物質・放射線 | 日記
2011年08月28日 イイね!

8/26までの地震(USGSカタログVer.)



 データ検索が復活していたのでグラフ作成(期間を指定してデータを落とし、エクセルに取り込むのに何段階もの操作が必要でかなりめんどくさい)。

 15日周期が1週間ずれ込んでの活動が次の8/22と重なって、その後停滞している。

 この15日周期がリズムよく現れるようになってきたあたりから、より広域での地震発生が目立ち、少し様子が変わってきているように見える。3.11震源域周辺では引き続きいわき周辺、北海道や千葉東方沖、関東直下が活発。

 富士山では3.11あたりから活発化していたが沈静化の方向
 
 

 GPS計測での銚子から八戸までの計測は、あいかわらず予効滑りを示しているが特に北側では東西方向に変化に頭打ち感がある。収束しつつあるように見える。

 もちろん引き続き警戒が必要。

 ただ収束が3.11震源域内の次の動きにつながるかもしれないが、ある程度の沈静化したとみてむしろ3.11震源域外の動きを気にしておきたい気がする。3.11後のプレート変形が周辺へのストレスを高めているには違いないからだ。

 



 


 
Posted at 2011/08/28 15:32:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 地震関連 | 日記
2011年08月28日 イイね!

変な夢を見た

 私が自宅で兄弟と過ごしていると、窓から上空をロケットが通過するのが見えた。ペイロード部が妙にふくれた子供向けSFにでも出てきそうな感じのロケットだった。
 ところがそのロケットがおかしい。明らかに失速している。先端を斜め下にして落下を始めた。これはまずい。やがて自宅からそう遠くない地点に落下したようだ。
 衝撃波がくる!
 そう思い身構えた。

 自宅周辺が厳戒態勢となり自衛隊か何かが装甲車等を動員しはじめた。あきらかに海側からの何かの進入に対する警戒を始めていた。
 大変な事態が進行していることはっきりと感じた。異星人の侵略のような人類が経験したことのない事態だと感じていた。

 一体何だろう。そう思っているうちに目が何となく覚めていた。

 * *

 幼い頃から見ることがある夢のテーマで、宇宙からの来訪ものがある。
 それは侵略そのものであることもあるし、神の降臨のようなイメージの時もある。何にしろたまにそうした夢を見ることがある。

 今回は侵略を受けているような感じだった。ロケットを墜落させ、海から陸へ侵入しようとしているようだった。海からの侵入は少し「機動警察パトレイバー」の影響を受けている感がある。

 夢の中では自分はまだ子供かもっと若いようだったが、すんでいるのは今のような湾岸地帯。ただし今すんでいるところではなく、夢の中でたびたび登場する別の湾岸地帯で、未来的で大規模な集合住宅が集まる湾岸都市である(しかしそのイメージの基本は今すんでいる幕張ベイタウンのデザインコードにある程度したがっている)。

 一緒に過ごしているのが兄弟と書いたが、現実にいる唯一の兄弟の兄ではない。別の誰かだったようだ。

 そういえばロケットが飛んでいるシーンは夢の中でどういうわけか時々登場するように思う。肉眼でありながら現実にはまず見えるわけがないサイズと詳細さで見えている。ロケットの打ち上げには何か特別な思いがあるのかもしれない。

 * *

 夢と言えば、小学校低学年ぐらいの頃、夢に出てきた少女に恋をしたことがある。
 夢の中で、現実とは少し違うが当時すんでいた名古屋市に似ているところにいて、バスの中だったかで出会った少女としばらく楽しく一緒に過ごした。冒険の旅に出たとかということでもなくただそれだけ。
 美少女だったかどうかも記憶にないが、現実の誰でもない初めてみた少女だったのだが、自分にとってはまさに夢のような存在でたちまち虜になった。一緒にいることがとても幸せだった。

 だがふと目が覚めてしまい、何とか夢の中に戻ろうとしたが戻ることはできず、とても落胆したのを覚えている。せめてもと夢の内容を書き留めた。

 当時とても仲良くしていた1つ上の少女がいたが、彼女に恋愛感情を持ったことはなかったと思う。

 夢の中にみたこともない女性が出てきたり恋をしたりというのは、他に記憶がない。

 楽しいことなどほとんどない、つらいことばかりの現実の反動で生まれた夢だったのだろうか。

 * *

 最近は夢を見た記憶がないことが非常に多い。朝何時に起きて仕事に行かねばならないといったスケジュールの中で過ごすときには夢は見にくい気がする。
 ごくまれになにかしあわせな気持ちで目覚めることがある。なにかいい夢を見たらしいのだがこれも記憶にない。夢から覚めるといいことなど何一つない現実。その落差はつらいが、それでも少しは気の持ちようがよくなるので、夢の詳細を覚えていないのはむしろいいのかもしれない。覚えていたらギャップがつらいだけだろう。


 * *

 たまたまみつけたロケット打ち上げ時の爆発事故の映像。


Posted at 2011/08/28 14:22:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | ひとりごと | 日記
2011年08月27日 イイね!

「FAZIOLIが奏でたショパンコンクールのすべて」無事終了

 8月と言うことで集客的には厳しめだったが、演奏&講演会を無事終了できた。


 他ではなかなか聴くことができない渡辺友理さんによるFAZIOLIでの演奏と、これまたまず聴くことが困難なショパンコンクールでの調律担当である越智晃さんによるコンクールの舞台裏のお話を伺うという、本当に貴重な機会だった。

 渡辺さんの演奏は、パワーあふれる個性的な演奏で、これだからこそショパンコンクールで評価され、あのアルゲリッチから賞賛されたのだと納得のいく演奏であった。また越智さんはピアニストからも審査員からもまず聴くことができないようなピアニストを支えるピアノ調律という舞台裏のお話をユーモア交えて伺うことができ、大変興味深いものだった。

 八王子など遠方からもおいで頂き、沢山の皆様にご協力頂いた結果無事コンサ-トを終えることが出来た。
 お力添えいただいた皆様、そしてコンサ-トを聴きに来て下さった皆様に感謝申し上げる。


Posted at 2011/08/27 23:34:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラッシック | 日記
2011年08月27日 イイね!

8/26までの地震



 今回のデータは都合で速報版を使用している。

 その前の周期は一週間ほどずれ込み大きめの地震が相次いだが、15日周期にあたる8/22前後がよく活動していたようだ。
 しかし、その後24~27日と停滞ぎみ。

 停滞が続くとその次は大きめな地震か頻度の高い活動がおきやすいので注意。


 9月1日は防災の日。言うまでもなく関東大震災が起きた日だ。そして多くの場合「二百十日」。立春から二百十日目で、台風の襲来が多く気を付けるべき日とされている日でもある。

 子供の頃、小学校の防災訓練に参加しながら、言霊ではないが「本当に地震が起きたらどうなるのだろう」と思っていた。防災意識の高まる日であり手順等が再確認されている日なのでいざという時にもっとも適切な対応がとれる日かも知れない。逆に形骸化された防災訓練しかしていないともっとも後悔する日になるのかも知れないが。

 いざという時のために何を準備しておくべきか、どういう行動をすべきか、家族と話し合っておくべきである。

 



 
Posted at 2011/08/27 19:06:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 地震関連 | 日記

プロフィール

「みんカラの画像アップロードの調子が悪いな。」
何シテル?   07/07 09:39
愛車 黄色いピアッツァのHP http://piazza.ciao.jp/piazza_web/index.html ↑プロバイダーを変更して再開! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/8 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

YUHの気ままなままに 
カテゴリ:ブログ
2018/01/31 06:12:14
 
常識はずれのPIAZZA達の隠れ家 
カテゴリ:Piazza
2012/11/17 07:31:43
 
須関裕子のブログ 
カテゴリ:Music
2011/02/26 18:38:37
 

愛車一覧

いすゞ ピアッツァ いすゞ ピアッツァ
 社会人になりはじめて手に入れた車です。 PIAZZA XE Handling by L ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 はじめてのSVXは追突事故によって、わずか1年半で乗り換えることになってしまいました。 ...
その他 その他 その他 その他
写真の置き場です。
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 1989年のモーターショーのショーモデルを見て以来の、憧れの車でした。ほとんどそのまま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.