• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Yuh_Fazioliのブログ一覧

2017年07月31日 イイね!

入力技術の変化


 コンピューターというのは、なんらかのプログラムを与えてやらないと動かない。

 データ処理をさせるにはデータ入力も必要だ。

 で、そういった方法の初期は紙に穴を開けて読み取らせるとか、非常に手間のかかることが行われていたが、やがてキーボード入力が発達し、かなり人はコンピューターにさまざまな指示やデータを与えることが自由に出来るようになった。

 やがて人とコンピューターをつなぐもうひとつ、ディスプレイに直接触って操作する方法が現れたが、いわゆるライトペンのようなものは入力を分析する技術や速度が未発達だったこともあり、かなり利用方法が限られた。単に位置を指示するだけならマウスの方が遙かに操作性が高かった。

 それを変えたのが、画面のフリック操作だ。タッチインターフェースは、掌に載るモバイル端末に実に相性がよく、高度な入力を必要としないライトなユーザーに強く支持され、大きく広まった。

 しかし一つの方法がずっと支配的であるとは考えにくい。文字情報入力が得意ではないタッチインターフェースの次に来るものは何なんかと思っていた。

 それが実用化してきているのが、音声入力なのだろう。

 有り余るCPU能力を生かし、以前とは比べものにならない精度で言葉を認識できるようになった。音声であらゆることを指示し、タッチインターフェースすら持たないつぎの世代のデバイスがそろそろやって来ているようだ。

 もちろん高度な入力ではキーボードが圧倒的なのでこれがなくなることはないが、現在タッチ操作主流の分野では、一部ではタッチインターフェースがなくなり、一部では併用されて音声による入力が普遍的になるようになるのだろう。

 しかしまあ、遙か昔に夢見られていたことが普遍的になりつつあるのは、すごいことだがそれほど面白くはない。

 なにか度肝を抜くような画期的なマンマシンインターフェースは出てこないのだろうか。

 そういうものを期待したくなる。


 
Posted at 2017/07/31 22:30:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと | 日記
2017年07月31日 イイね!

吹き上がっているニセ科学批判界隈 【追記あり】


 最近、私はネットで発言の多いニセ科学批判の人たちに対して、かなり不信感を抱いている。

 ある人は純粋に科学馬鹿すぎて、世間知らずすぎ、ものを知らなさすぎる。それが原因でトラブルを起こすこと多数。

 ある人は同業の女性をひどい性差別的蔑視発言で叩いて炎上。あげくにツイッターを鍵アカウント化した。この件には上記の世間知らずの人も関わっている。

 ある人は福島の事故による初期被曝の影響はなかったという自説を擁護するために、偏った翻訳をして海外の論文を紹介したり根拠が十分でない説を絶対視して紹介し、献身的に働く医者ら当事者の名誉をずたずたにするようなことを平気でしていたり。

 ある人は明らかに右翼的な偏りがあり、科学的評価にもそれが及んでいるが、それ以外の発言はことごとく主観、思いこみに基づくものでとても科学に携わる人間の態度とは思われない。

 ある人は、自分が知る典型的な科学でのグラフ処理が通用しない予算についてのグラフの処理を不正な操作だと主張して自分の不正なデータの見せ方の講義のネタにするなどというが、実際の所全くトンチンカンなことを言っていた。本人が極めてネトウヨ主張をしていて、ネトウヨが作った偏ったデータの切り貼りを真に受けてナチス的なものを擁護したり、政権批判的にイチャモンのレベルで新聞を叩いていたり、かなりデタラメだったりとかなりひどい。

 その他、いろいろなことがあり、彼らに同調しようという気持ちは全く持っていない。全く別個に科学的評価をするだけだ。上記の人々は以前からニセ科学批判の中で目立ってきた人々だが、そうではない人達には、比較的冷静な人もいる。ネットを見渡すと現状のニセ科学批判の人々に対する論考もいくつか見られるようだ。ニセ科学批判=ネトウヨという見方に対する面白い分析をしている人もいる。

 結局、目立つ彼らは「人間」だから、人間がどうしても離れることが出来ない主観、感情に基づいて行動する部分を離れることが出来ないのだよね。そもそも目立つ活動をしたがる心理についても考える必要があるだろう。
 中にはお金や何らかの力関係が働いているケースもある訳だが、そういう人はこの界隈には希だろう。

 **

 科学の立場では、データをとることが最も重要で、あとはその評価である。

 研究者でなければ直接フィールドに入って研究するわけではないから、既に出ているデータをもとに考えることになる。しかしながら、このデータのとられ方に偏りがあれば、その評価も不十分なものになりうる。
 Aという主張とBと言う主張がある場合、どちらもデータを出し合って議論すればよいのだが、圧倒的に資金力に差があったり、Aを都合のよいものと思う政治的力が及んでいるためにBの主張を採るものが少なくなったりすると、明確に論文の数に偏りが出る。これで対等に議論するのは難しい。
 理系の研究の世界では資金力が大きくものを言う。

 一方、医学系などの多くの論文に不正が見られたりするし、お金が絡んでいるものはそうなりやすい。科学を名乗りながら、その実は事実をねじ曲げることは結構行われている。それを知らなければその「科学の成果」を正しいものと思ってしまう。
 ニッチ的な研究だと反論が出てこないので、そのまま通ってしまったりもする。

 反論が出てこないから正しいわけではない。反論が少ないとか、反論のデータが不十分だからと言って正しいわけでもない。

 科学の世界といえども人間の世界なので、全てが冷静なロジックな訳ではない。STAP細胞を押した理研の件など、その典型である訳だ。

 **

 真実はどこにあるのかはそうそう簡単には分からない。

 それを研究している人たちは真実を見いだそうとしている、と一般に性善説で捉える。だからこそ、STAP細胞なんていう荒唐無稽なものでもきちんとした最高の科学雑誌に載ればそれは相当正しそうだと研究者といえども捉えてしまう。

 実際の所、論文が載ったのは共同執筆者のネームバリューで判断された部分が大きいので、如何にそういう性善説が危ういかを示す極めて象徴的なケースだったと思う。

 あれがバカンティだけの共同執筆だったら、もっと冷静に精査され、絶対に載らなかっただろう。

 **

 そんな訳なので、今あるデータや論文、支持されているものが正しいとは言いきれないし、長い目で追わないと明確なことは言えないことと言うのはたくさんある。今の時点で断言をすることは全く科学的ではないと言うことはいくらでもある。

 もちろん、自明であることもいくらでもあるのだけれど、そういうことはニセ科学レベルの話だ。

 福島の初期被曝の影響については初期被曝のデータそのものが政治的権力によってとられないように圧力がかけられたので推定するしかなく、影響の出方も、チェルノブイリと同じように起こるとは限らない。当時とは精度も違うし、環境も違う。日本の環境は随分有利にはたらいとように思われるけれど、それだけでは放射線に過敏な体質を持つ人も影響を受けていないと言うことにはならない。


 **

 で、今日はこんなネタで界隈が吹き上がっていた。



 これをみてニセ科学批判界隈と福島応援団でツイートが飛び交っている。

 しかし、番組のタイトルはそもそも「ビキニ事件63年目の真実~フクシマの未来予想図」であって、フクシマ以下を切り出すのはミスリード、印象操作。

 番組の内容に関しては

http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/personal/men/yamaguchi/index_top.html

 
ここに語られているが、これを見る限り、ビキニ事件を直接フクシマの未来だとするような印象は持てない。界隈が吹き上がっているような内容ではない可能性がある。

 確かにタイトルに「フクシマの未来予想図」などといれるのはあまり感心しない。商業マスコミ的な精神の表れかも知れない。

 しかしながら、これだけで番組の内容を決めつけ、放送中止を要求とかと吹き上がっているのを見ると、この人達の科学性なんて何もないじゃないかと思うのだ。この界隈は妙な党派制を感じてならない。

 科学は、データを元に論理で結論を出す手法だ。

 しかし彼らは単に印象だけでものを言っている。全く科学的態度ではない。

 こういう例は、ニセ科学批判や福島応援団VS脱原発みたいな対立の中で沢山見られた。もう相手の主張なんかまるで見ていなくて、印象だけで色分けしてぶったたくみたいなことが繰り返されてきた。ニセ科学批判サイドのどうみても科学的でない主張を指摘すると、脱原発と認定され総攻撃を受けるみたいな状況にもなっていた。
 だから、社会調査をつごうよく我田引水して平気な某御用若手社会学者みたいなものが無批判にニセ科学批判サイド(かなり強い党派制がみられるようになっていった)にもてはやされたり、何の根拠にもならない統計上の誤差をその党派に属するものが「政策の効果だ」とツイートすればこれまた無批判にニセ科学批判の中に広まっていくようなばかげたことが起こってきた。

 彼らは党派制を持つことによって本来あるべき科学的態度が相当に失われていた。その影響は今も色濃い。レッテル貼りに基づく攻撃はいつでも発動可能な状態になっていることが今回のことを見てもよく分かる。

 どんな番組なのかの確かなことは番組に関わっている人間しか現時点ではわからないはずだ。どんなに想像をたくましくしても、それは想像でしかない。しかし、その想像を根拠に叩きまくっている。

 まあ、これが人間というものなのだ。科学に携わる人間といえども結局は主観でものをいい、集団を作り、仲間意識を持ちその防衛をもっとも重視するようなことになってしまうのだ。

 科学の立場で見れば、実にバカバカしい。

 しかし、人間とはそんなものなのだ。

 科学のトレーニングを行った科学者ですらこうなのだから、そうでない人間はごく当たり前に主観で動き、損得ばかりでものを考え、徒党を組み、その維持に嬉々とし、ボスが固定化して階級が発生し、内部闘争を起こすわけだ。

 そういう目で見ると、人間社会というのは実に分かりやすい。人間の本質であって、結局は野生そのものだ。

 私が多くのデータを示し、真実を見抜き、あってはならない主張に反論し、あるべきこと、正しいことを主張し続けても、悪だくみをする連中によって排除されることが繰り返されてきたのも同じこと。

【追記】
 テレビ朝日は番組タイトルから【フクシマの未来予想図】を削除した模様。

 番組に関心を向けさせるための釣り文句に過ぎなかった可能性大だが、少々浅はかに過ぎたと思われる。
 しかし、そう言う部分と、中身も見ずに番組の放映に圧力をかけることとは別の話だ。新聞だのテレビ番組だのでは見出し、タイトルは必ずしも中身と一致しないということがある。新聞みだしに関してはレイアウトを担当する整理記者が見出しをつけるので、記事執筆記者本人によるものではなく、注意が必要なのである。テレビ番組の場合も似た事情がありそうだ。
 そう言うことも含めて情報リテラシーを持つべきであり、今回の件で吹き上がった方面の人々の瞬間湯沸かし器ぶりは批判されるべきだろう。
 まあ、およそ科学を生業とする人間の態度ではない


【追記】

 更にこんなことまで言っている。



 創造力たくましすぎるというか、もはや妄想のレベル。
 何か確証があって言っているのだろうか。

 何でも決めつけて自分たちでガソリンかけあって炎上させていて、もはやネトウヨと同じレベル。
 と言うか、ツイートのの中身から見て反リベラルっぽい感じだから同根なのかもしれない。

 これが今話題の似非科学批判=ネトウヨと言うヤツなのかな。

Posted at 2017/07/31 21:26:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 原発関係 | 日記
2017年07月31日 イイね!

ナースのお仕事


 昔観月ありさ主演の「ナースのお仕事」というドラマがあったが、あれは小学館ビックコミックスピリッツ連載の「おたんこナース」(佐々木倫子)のパクリ企画だそうで。

 ぐぐるといくつかヒットするが、スピリッツの編集者自身が明言しているので多分間違いない話。


 それはそうと、ナースのお仕事は、日本での女性の職業としては高給の部類に入るが、多くの場合はいわゆる3K仕事であったりする。

 災害の時など近隣のナースに医療的処置を頼ろうという目論見を持っている自治組織も多いが、そもそも自宅にいないことの方が多そうだ。現実的なのは元ナースに活躍していただくことになるようだ。少々都合のいい期待のような気もするが。

 ぐぐってでてきた次のページなど見ると、やっぱり肉体的にも精神的にもきつい仕事だなあと思う。

看護師の仕事は3K(きつい、汚い、危険)わたしが病棟看護師をやめた理由

 コミカルな「おたんこナース」でも自分の身に置いて考えるとしんどさを感じるが、実際は相当なものだろう。

 ナースの本音を綴ったものは散見されるけれど、見てみるといいかもしれない。ほぼほとんどの人がお世話になるのだし。
Posted at 2017/07/31 16:26:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと | 日記
2017年07月31日 イイね!

健診


 毎年の健康診断検査を受けてきた。

 結果はずっと先だが、取りあえず今分かる範囲で。

 去年一昨年と、心電図で引っかかっている。

今年も心筋梗塞の痕がと言われた
https://minkara.carview.co.jp/userid/441462/blog/38302352/



 異常Q波の疑いと言うことで、再検査を求められていた。異常Q波は心筋梗塞後に出る波形なのだが、第三誘導の波形の場合、ちょっとした位置関係でQ波が出たり出なかったりする、心筋梗塞とは関係がないことが多いものだ。

 去年は一昨年と同じ若い女医さんから怒られたのだが、院長の問診では第三誘導だったと言ったところ問題ないと言われているのでその後も検査はしていない。

 今年はやはりというか、異常Q波は出ていなかった。心筋梗塞の痕なら出たり出なかったりはしない。これにはホッとした。また出ている様なら念のために本格的に検査をした方がいい。

 血圧は最初自働の機械で測ったところ上は130オーバー、下は90オーバーでかなり高かったが、看護師さんの測定では130/80ということらしい。正常の範囲になるか。

 腹囲は昨年を超えているし、体重も同様。ただし、一度もっと増えているところから減っているので、質はよい。

 昨年の春頃にはそれまでのパンツが履けなくなり、ベルトが次々に壊れるという恐ろしい経験をした。そこから折り返しつつある。

 問題は血液検査だ。大学生の頃からなぜかγGTPで引っかかっり指導対象とされたが、痩せすぎな体つきとお酒を飲まないと言うことで原因不明と経過観察で済まされている。当時はNASHが知られていなかったので、こういう対応になった。

 その後も時折肝臓関係の指標が悪くなる。ストレス増加から体重が増えて指標も悪化していたが、昨年はかなり悪かった。体重増加とリンクした脂肪肝と思われる。以前数値が悪いことから他病院での再検査で超音波検査を受けたが、脂肪肝と言うことだった。ただし、血管には異常が無く、経過観察になっていた。

 今年も余りよいとは考えにくいが、結果を見てから。

 今年の採血は、若くて可愛らしく、やり取りもしっかりしたよい看護師さんでよかった。採血がとても上手。
 何度も針を刺している箇所の血管が堅くなっているとのことだった。私は採血をしにくいらしく、左腕を見てから右腕を見て、また左で採ると言うことが常になっている。今回は左だけで見事に取っていた。

 最後に受付に「これで終了です」と言われて終わるのだが、お姉さんが何を思ったかいろいろ声をかけてくれつつ妙に挙動不審になっていて、ちょっと可笑しかった。

 **

 今年は人間ドックも考えている。

 幸い、私学共済では半額補助(上限25000円)があるし、職場も21600円の補助があるので、46600円までのところなら自己負担なく受けることが出来る。

 また、JAFのヘルスケア割引を受けることも可能だ。一般に5-10%程度の割引がある。

 日本私立学校振興・共催事業団直営病院でも加入者は割引になる。ただし西葛西なのでちょっと遠い。

 実家に近い最成病院なら、JAF割引を受けなくても補助の範囲に収まるが、ここを検討中。ここは検査後附属のレストランで一食食べられるとか。
 ただし、検査項目が私学共済の条件を満たしているかどうかの確認が必要で、問い合わせ中。

 

 

 
Posted at 2017/07/31 15:55:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと | 日記
2017年07月30日 イイね!

ポイントって恐いかも


 昔から、お店で買い物するとそのお店独自のポイント制度があって、スタンプが一杯になると500円分割引とか、その店の利用を促すしくみがあった。

 最近は、ネット通販を軸にいくつかのポイント制度があって、電子マネーと強い関係を持つものもある。このポイント制度で消費を促すことに躍起だ。

 自分がよく使うのは楽天スーパーポイントとTポイント。

 楽天のポイントは総合通販サイトのポイントに他のグループ会社にも関係を持たせたもので、TポイントはTSUTAYAのポイントを拡大させ、Yahooポイントと合体したもので、基本的には販促のためにある。

 特に最近は期間限定ポイントを特定の期間に臨時でばらまいてそれをエサに消費を促すことが非常に目立つようになった。

 ユーザーとしてはせっかくもらったポイントは使わなければ勿体ないと思ってしまうけれど、それでいらない物を買って余計なお金を出していれば自分の損失にしかならない。そうでなくてもこれを機会にとつい買ってしまったりする。

 Yahoo!の方はポイントくじで5日限定の1ポイントや5ポイントをばらまいて、【期限切れ間近のポイントあり】ということをサイトの上に表示し、ポイントを使ってしまわないとという心理を煽っている。

 最近のやり方だと期間限定のポイントが結構大きいので、何とか消費しないとと思ってしまう。

 TポイントだとLOHACOで食糧や生活雑貨、楽天だと新刊本を買うことが比較的多い。

 しかし、つい固定ポイントの範囲を超えて喫緊でない物を買ってしまうこともある。そう言うものが累積すると結構大きな支払いになってしまう。気を付けないといけない。自分自身、固定ポイントの消費をかねて一時期に結構使ってしまった。期間限定ポイントがヤフオクでの支払いにも使えてしまうので、落札意欲が高くなってしまうのだ。大いに反省している。

 **

 今調べてみたら、楽天のポイントは期間限定ポイントも含めて楽天ポイントとして楽天ポイントカードで待ちで使う事が出来るとか。
 しかも、楽天ポイントアプリをつかえばカードなしでも使えるらしい。

 ただし使えるのは今のところ以下の範囲のようだ。

サークルK、サンクス、ポプラ、生活彩家、ミスタードーナッツ、カフェ&バー プロント、パレットプラザ、55ステーション、釧路ポイントカード事業協同組合


 現実問題コンビニぐらいしか使えないし、サークルKサンクスは職場の近くにあった店もつぶれてしまい、行動圏には存在しない。正直、使えない。

 **

 楽天のポイント制度は4段階あって、一番上がプラチナ会員だ。しかし、数多くの買い物をし続けないと維持することは難しい。特別なサービスがあるとは言え、それほどめぼしい物は見当たらない。ETCカード発行料が無料になるが、1年後の更新時にダイヤモンド会員未満になっていると500円を取られてしまう。ダイヤモンド会員とて維持には多くの買い物が必要。ETCカード発行はお奨めしない。1年経つ前に辞めてしまった方がいい。

 これもつい何とか維持したいと思ってしまうが、あと少しと思って必要のない買い物をしては自分のサイフからお金が出るばかりだ。


 ポイントで物が安く買えたり、ランクが高くなってサービスがよくなったりするが、ちょっといい思いをしたいという欲望につけ込んでいるポイント制度には注意が必要だ。

 無駄な使い方をせず、期間限定ポイントをなるべく無駄にせず、上手につき合っていきたい物だ。 

 




Posted at 2017/07/30 17:38:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと | 日記

プロフィール

「[整備] #アルシオーネSVX モノタロウエアフィルタに交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/441462/car/481321/5458655/note.aspx
何シテル?   08/29 20:52
愛車 黄色いピアッツァのHP http://piazza.ciao.jp/piazza_web/index.html ↑プロバイダーを変更して再開! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

YUHの気ままなままに 
カテゴリ:ブログ
2018/01/31 06:12:14
 
常識はずれのPIAZZA達の隠れ家 
カテゴリ:Piazza
2012/11/17 07:31:43
 
須関裕子のブログ 
カテゴリ:Music
2011/02/26 18:38:37
 

愛車一覧

いすゞ ピアッツァ いすゞ ピアッツァ
 社会人になりはじめて手に入れた車です。 PIAZZA XE Handling by L ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 はじめてのSVXは追突事故によって、わずか1年半で乗り換えることになってしまいました。 ...
その他 その他 その他 その他
写真の置き場です。
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 1989年のモーターショーのショーモデルを見て以来の、憧れの車でした。ほとんどそのまま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.