• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

にゃぴのブログ一覧

2011年10月03日 イイね!

天は再びにゃぴ号に試練を与え給うた

天は再びにゃぴ号に試練を与え給うた10月2日は、袖ヶ浦の運動場で秋の運動会でした。

朝は雨が降りそうでヤキモキしましたが、なんとか持ちこたえ、涼しいくらいの気温にほぼ無風という素晴らしいコンディションになりました。

前回、にゃぴ号の弱点と判明したブレーキは、フロントのパッドを替えて臨みました。
どう効いてくれるか楽しみでした。

新品だったので、T先生に初期の当たり付けの方法を教えてもらいました。
ウォーミングアップのペースで、3ラップ、その後、ピットインして2分間クールダウン。
そしたら、普通に使って良いとのことでした。(※事前にショップ側でもあたりを付けてくれています。)

ピットロードで第一ヒートのスタートを待っているとき、ミラーでみていると、なんだか後方に白煙がモクモクしています。

オーバーホールから1万km強ほど走行したターボ加給機です。O/H後はいったん煙も止まって調子が良くなっていたのですが、最近また白煙が出るようになって来ました。

ブローバイガスのオイルのしぶきがイカンのかなと思い、オイルキャッチタンクをつい最近設置したのですが、どうも効果がないらしいことが判ってきたところでした。

もともとT先生には、タービンがお疲れ気味なのではないか、と言われていたのです。
が、まずは費用のかからない周辺の可能性から潰していこうと思い、オイルキャッチタンクにした訳ですが・・・。

ターボ過給器自体も、実際どのくらい働いているのかいないのか、自分でもよく判らなかったのです。
ほぼ新車に近い時期の鋭い加速感は、とっくになくなっております。
かといって、ターボの効きはそれなりに体感できていました。

にゃぴは、きっとブースト圧が新車時より下がっているのぢゃないか、と思ったので、今回はブースト計も付けてみました。運動場に向かう道すがら、高速の合流のところで、ほんの一瞬だけ全開にしてみると160kPaほどまで圧が上がりました。

あれ?
高すぎるんでないの?

エンジン関係については、どノーマルのにゃぴ号。
決してブーストアップなんかしていません。

実は、メーターをつけた結果、ブーストがちょっと高めになっていることが判明したので、アクチエイターソレノイドバルブの動きが渋いのかも、と今回の退院時に主治医のK先生も仰っていたのですが、実際にその傾向があることが感じられました。

で、ずいぶんなブースト圧ですから、「眼もくらむような」加速感があるのかというと、
あんまりそうでもないのです。

今にして思えば、きっと、純正のインジェクタはそんな大量の燃料を吹き込めないでしょうし、ECUのマッピングもそんなブースト圧は想定外で、燃調としては薄すぎだったのでしょうね。

そんなこんなでピットスタートし、T先生の指南通りに軽く3周してピットに戻り、じっと2分。

再スタートし、再びタイヤをウォーミングアップすべくラップを開始。

カーブでは無理せず、ストレートではそれなりに加速減速のメリハリをつけた感じで走り始めました。
再スタート後の1周目は平穏に過ぎ、そろそろタイヤの温度もいい頃合いかと、にゃぴは2周目から一生懸命モードに入りました。

1~3コーナーの間でスピードを乗せようとアクセルを床まで踏んだ時に、
ブースト計が一瞬「ぴーっ!」と警告します。うぅ、おのれっ!と、思わずアクセルを緩めます。

思い切り回せんのぉ、なんて思いつつも、パドック裏の見物されている方々からよく見える右の緩いコーナーのあるスピードの乗る所で、もう一回アクセルを床まで踏み込んでしまいました。

ブースト計がまた「ぴーっ!」っといったその刹那、「プチンっ!」という別の音が前の方でしました。

???

アクセルを踏んでみても、もうパワーが全然でなくなりました。
ブースト計の針も、下の方でピクピクしているだけです。
ミラーを見ると、なんだか白煙が・・・・。

よろよろとピットインして、C工場長に診て頂きます。

ターボのあたりからガラガラという音が聞こえてきます。

「タービン、逝っちゃいましたね」

ガーン!

にゃぴの頭の中は、にゃぴ号が吐いている白煙みたいに真っ白になりました。
なにか「あ~、あぁ~」と意味のない声を上げてしまったような気がします。

どこまでダメージが及んでいるのか?
ブースト高すぎの希薄燃調では、異常に高温になってエンジン本体までイカれてしまうこともあるそうです。

そうなる前に、「ターボが壊れることで、エンジンを守ってくれているといいね」と声をかけて下さった方が居らっしゃいました。有難うございます。本当の全開は半ラップちょっとくらいしかしていませんので、是非そうであって欲しいところです。

ほぼ不動状態になってしまったにゃぴ号ですが、デスティーノさんの走行会で参加させて頂いていたおかげで、すぐにキャリアで再び病室まで運んで頂けました。これは、ショップの走行会ならではの安心感なんだと思いました。個人だったら、レッカーサービスかキャリアのレンタカーを探すところから始めないといけないでしょうから・・・。素早い対応をありがとうございました。


さて、これからどうしたものか・・・
Posted at 2011/10/03 19:40:43 | トラックバック(0) | 走行会 | 日記

プロフィール

ケチをつけ始めればキリが無い車なのに、どういう訳か気に入ってしまったクーペフィアット20Vターボ(E-175A3:1998年型、5速、ブレンボキャリパー、左ハン...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

にゃぴの本棚 
カテゴリ:その他
2018/07/02 01:06:05
 
欧州の地で長距離ツアラーとして名を馳せる!日本では希少な「ルノー・ラグナ2」をご紹介 
カテゴリ:ルノー・ラグナ関係
2018/07/02 01:02:02
 
クーペ・フィアット誕生秘話 デザイナー、クリス・バングル独占取材 
カテゴリ:クーペフィアット関係
2017/10/09 04:47:38
 

お友達

クーペフィアットは少数民族ですので、クーペ乗りの皆様、よろしかったら情報交換をさせて下さいね。末永く延命させながら、楽しみたいです。
39 人のお友達がいます
soshi1059soshi1059 * オチョンオチョン *
のりっく111のりっく111 中2の夏休み中2の夏休み
いーがぁいーがぁ よっちん321よっちん321

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー ラグナ ルノー ラグナ
2番目の子が産まれて、アルファロメオ147(5ドア)ではキャパが足りないと嫁に指摘され、 ...
フィアット クーペフィアット フィアット クーペフィアット
ケチをつけ始めればキリが無い車なのに、どういう訳か気に入ってしまったクーペフィアット20 ...
MG MG MGB MG MG MGB
MGBです。 クーペフィアットの前に乗っていました。 うちの嫁さんが薦めるので、中古車 ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
2004年型、2.0ツインスパーク前期、セレスピード、5ドア、右ハンドル仕様。 前期型の ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.