• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

なにわのべんぞうのブログ一覧

2015年11月24日 イイね!

プチ修理完了!

わがべんぞう号は、形式ではW126という、当時売れに売れたベンツの仲間です。
ちょうどバブルの時期とも重なり、富を手にした人がこぞって買い換えていましたね。
だいたいが不動産関連の方だったように思いますが。
それ以外では、お医者さんと本職の方が多かったですかね~。

そんな時代はとうの昔に過ぎ、バブル崩壊とともに破綻していく方が乗り捨てるW126達はかわいそうでした。
ちまたには、ちゃんと整備されていないW126が、捨て値で中古車屋さんにならんでいるのをよく見かけたものです。
それでも、大事に乗られている車もまだまだ健在でした。

ちょっと前に、手頃に手が出せるメルセデスとの事で、W126はネオクラシック車の扱いでちょっとした人気があったようです。
それでもやっぱりそれなりにお金はかかるので、乗り潰して廃車になったり輸出されたりで淘汰されていき、現在に至ります。

そして一昨日、またまた1台のW126があの世へ旅立つことになりました。
どうやら雨漏りするらしく、修理しても治らないとの事で、廃車になるそうです。

首都高とアクアラインを乗り継ぎ、廃車置場に到着したのは、日本に輸入された正規ディーラー車では数台しかないという、珍しい色のベンツです。


到着直後

この車、べんぞう号よりも若く、べんぞう号より程度がいいかもしれないという、実におしい車。
解体されるのはもったいないですが、まだ走っている車にパーツを提供し、未練なきよう成仏してもらいます。
でもって、解体開始。


2時間でこうなりました

べんぞう号はトランク内部にカビが発生しつつありましたので、トランク内装をほぼ全部もらいました。
また、2年前に交換したフロントドアラッチの調子が悪く、かなり強く閉めないとドアが閉まらなかったので、ラッチも取りはずしました。


2年前に交換した社外品のラッチ

その他、欲しいパーツはたくさんありましたが、現在必要なものをはずして、ありがたく移植させていただく事に。
早速、ラッチを交換。


純正中古部品

今までとは比べものにならないくらい、スムーズに閉まるようになりました。純正ってスゴイ!
トランク内装も一瞬で交換へ。


内装同色でよかった…


マットやその下のスペアタイヤカバーまで

他にもちょっとしたパーツをもらいましたが、ちょっと重整備になりますので、のちのち交換しようかと思っています。

こうして、プチ修理が完了しました。
今回解体されるW126は残念ですが、部品の一部はわがべんぞう号の一部となって、これからも走り続けることになります。
嬉しいやら残念やらで、ちょっと複雑な気分でした。
Posted at 2015/11/25 00:53:07 | コメント(4) | トラックバック(0) | W126 | クルマ
2015年11月05日 イイね!

とうとうこの日がきましたよ

季節はもう秋まっしぐらですね。
今年も、残すところあと2ヶ月をきりました。
とにかく過ぎるのが早く感じた一年でした。

その中でも、よかったこと2つ。
1つ目は、初めてのゴールド免許になったこと。
なんとかまだ無傷です。
2つ目は、我がべんぞう号に出会ってから20周年という節目を迎えることができたこと。
さまざまな危機を乗り越え、今に至ります。


べんぞう号と出会ったのは、20年前の春でした。
とある車屋さんでべんぞう号を見て気に入り、購入する契約をしました。
いろいろ整備してもらい、納車が7/25のPM7:30に決定。
場所は、自宅周辺がけっこう細かかったので、大通りに面したボーリング場の駐車場になりました。

納車の日は仕事が手に付かず、帰宅後早々に駐車場へ。
時間はまだPM7:00頃で、まだ着いていないだろうなと思っていました。
自動販売機でコーヒーを買い、駐車場で待っていようと思ってふと第2駐車場を見ると、いかにも怖そうなベンツが停まっています。
俺が買った車に似ているけど、あんな悪そうなスタイルじゃなかったし。
そんな事を思いながら、店舗の階段に座っていると、車屋さんが中から出てきました。

「あ、もう来てたんですか。」と私。
「ええ、トイレ行ってました。」と車屋さん。
「で、車はどこに?」と私。
「ん?駐車場にあったでしょ?」と車屋さん。
そんな会話をしながら向かった先に、さっきの怖そうなベンツがいました。
「これですよ」(笑
「!!!」

なんだか、とんでもないものを買ったような気がしました。
20歳前半で、俺はなんていかつい車を買ってしまったのだろうかと。
それよりも、維持できるのだろうか。
それに、怖い人にからまれたらどうしよう…。

そんな考えをよそに、車屋さんは早く帰りたがっています。
「たこ焼きが美味しいお店を教えてください。10人前くらい買ってお土産にしますので。」
「でもって、新大阪駅まで送ってもらいたいのですが。」
しかたないので、横山やすしが生前よく買いに来ていたという、その筋では有名なたこ焼き屋さんに連れて行きました。
その後、友人と一緒に、新大阪駅まで車屋さんを送りました。
気持ちよく帰っていかれましたが、お土産のたこ焼きは、渡す頃にはベチャベチャになっていたことでしょう。

その日、大阪では天神祭りというお祭りがあって渋滞が激しかったので、渋滞を避けて山の方へ。
大阪市内の夜景を見て帰りました。
友人を送って、べんぞう号と二人きり(正確には1人と1台ですが)。
その日は、寝付けませんでした。


こうして私の元へ嫁いできたべんぞう号ですが、それからも色々ありました。
色々ありすぎて、まさか20年も乗るとは夢にも思いませんでした。
そんなべんぞう号に、プレゼントをしたい。
以前してもらったように、ヤナセにて表彰してもらおうと思いました。

先日、フロントグリルをぶつけられたのでパーツを買いに行った時、オーナー表彰できるかどうか聞いてみました。
今回は、15年表彰の時のように細かく調べられる事もなく、申請書をその場で記入し、提出することができました。
楽しみだ~。

で、先日、ヤナセから入電が。
どうやら無事申請が通ったようで、バッジを取りにきてくださいとのこと。
そして、めでたく20周年の記念バッジを手に入れる事ができました。
さっそく、写真をば。


こんなの

表彰状も、15年の時と一緒に撮ってみました。


15年のバッジは取り付け中に付き左の箱はカラッポ

さて、バッジの交換です。
今まで付いていたバッジはこれ。


15年のバッジは赤

裏から止まっている金具をとり、新しい20年のバッジと入れ換えて元に戻します。
グリルにあたる部分には、クッション材を忘れずに。
あっという間に取り付け完了しました。


黒色のほうが似合う気がします

これで、これから5年間完走して25年バッジをもらわなければ。
新たな目標ができました。
問題は、それまでこの制度が続いているかどうかです。
なんとか頼みますよ、メルセデスベンツさん。


オマケ
Posted at 2015/11/05 22:07:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | W126 | クルマ

プロフィール

「復活!ロングツーリング http://cvw.jp/b/446646/41548448/
何シテル?   05/31 23:20
大阪出身で東京在住してます。暑がりながら寒い所も苦手、基本は一匹狼ながら並んで走るのが大好きな男です。よろしくどーぞ。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/11 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

お世話になってます。 
カテゴリ:ツーリング
2009/09/15 02:17:21
 

お友達

コメント等のやりとりが無い場合は、やむをえず削除させていただいております(ToT)
その時は、連絡等、一切致しません(ノ_・。)/~~~"

悪しからずご了承くださいm(_ _)m
20 人のお友達がいます
麺屋 魔裟維麺屋 魔裟維 * pro5.0pro5.0
1K1K 126R126R
たこたろうたこたろう 八乃城八乃城

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Sクラス 辯蔵 (メルセデス・ベンツ Sクラス)
メインの車両ですが、イベントがあるとき位しか出陣しません。都内をころがすのは色んな面で不 ...
ダイハツ ハイゼットカーゴ HI!Z (ダイハツ ハイゼットカーゴ)
あまり走っていないハイゼットをめざしました。リミテッドでミストブルー、ラグビーナンバーは ...
BMW 7シリーズ BMW 7シリーズ
人生で初めてのマイカーでした。約3年乗ってとどめを刺してしまいました。
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
昔ちょっとレースの真似事をしていた時、友人と共同所有していた車です。 今はどこにいるのや ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる