• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Sumire Racingのブログ一覧

2018年09月03日 イイね!

戸建て竣工しました(^o^)

戸建て竣工しました(^o^)
(長文になりますw)

前回のエントリーから約半年ぶりになります(笑)
そんなこんなで家が建ちました(^_^;)

遠景




ハウスメーカーではなく、個人の設計事務所を通じての計画だったので家の仕様から何からすべての打ち合わせで、その内容を施主の私が決めていく必要がありました。





その分、かなりの自由度のある注文住宅になったんですが、この一年を振り返ると、やはり家を建てるということは物凄い大変であるということ、そしてその頑張りは全てその完成度に直結してくるということを実感しました。
建築士ではなく、設計事務所なので奇抜なデザインは出来ませんが、ごく一般的な部材を用いて今の時代に則した省エネルギー住宅にしました。

認定省エネ住宅と耐震等級3をクリアしてあります。
すでにこのエリアで何度か地震が来ましたが、なんていうか、剛性の高い家というのは揺れません(;・∀・)
揺れの幅が抑えられるので、旧家屋であったユラユラ感が大幅になくなっていることに気づきました
柱の数もかなり多いので、のちの直下型でもこれならある程度安心できると思いました。設計士いわく、耐震等級3よりもっとある(笑)ということでしたw









施主施工もふんだんにある今回の計画でしたが、機会があればまた数十年後?建ててみたいなと思いました。
それぐらい、家造りに参加することは楽しかったです。

現場がすぐ隣ですから、はほぼ毎日見に行きましたし、大工の仕事も見させてもらったり、やり方含めてかなり教えてもらいました。屋根にも何度も上がり、屋根屋さんと一緒に構造の勉強もしました。

家の仕組み、自分の建てたこの家の筋かいの位置など、今も全て頭に入っているぐらいです(笑)

手に取るように自分の家の構造や仕組みが把握できるというのはとても安心します。施工の内容もほぼ全て把握しているので、実際の施工品質が十分であることも確認しています。
雨漏りリスクのある小屋裏からの点検は施工時に全て自分で確認してあります。

1Fの床下断熱は自分も参加して施工したので、竣工時に改めて確認することはありませんでした。
自分の家がどういう状態で出来ているのかすべて把握して住まいを開始する事は一番の安心材料でした。

現在、建物は完成し引き渡しも受けて住み始めていますがインナーガレージの床の仕上げや玄関ポーチ工事、外構などはこれからになります。
旧家屋の解体が先週で終わったので、これら残工事にようやく取りかかれるといった感じです(^_^;)

今のところ新居で不具合等は有りませんが、施主施工のタイル貼りが一部残っているというスローペース(笑)

特に洗面所はカウンター部材の再施工もあったのでまだ手付かずです。石膏ボードに下地の色としてホワイトペイントしてあるんですが、このままでも十分生活できてしまっているので時間の余裕を見てタイル貼りはしていこうと思ってます。部材は全て揃っているんで早めに片付けたいんですけどねw

外溝工事がこれからなので、ガレージとの段差が現状15cmほどあります。
とは言ってもはやくスミレ号を入れてやりたいしという思いもあり、取り急ぎスロープを緊急購入し、そのままでは15cmの勾配はアンダーを擦ってしまうので、現場で使っていた厚めの構造板をそのまま敷きこんてみました。

結果、なんとか車庫に入れることができました(^o^)




ガレージの横幅は壁芯で3185mm、奥行きは5460mmあるのでDセグメントクラスまではそれなりの余裕を持って格納する事はできます。入口左サイドに構造壁を兼ねた小さな物入れスペースがあり、棚板で仕切ってあります。ちょっとした工具置き場みたいなイメージです

ガレージから屋内には直接入れなくしてあります。最終の計画段階までは引き戸で存在していたんですが、留守中などの夜間セキュリティ上、怖かったのでやめました。換気や確認用として屋内側に2枚、採光FIX1枚、左側には換気用途として2枚、それぞれ窓を設けました。


ちなみに夜になるとこんな感じです…





今回の計画ではガレージのシャッターは付けていません。普段自転車を入れることになるかもしれないという事情もあり、開け締めの手間との兼ね合いなどであえて付けませんでした。将来的には必ずつけたいですけどね
(;・∀・)シャッター自体はDIYでつけられるので、環境が許されるようになれば付けることにしています
(^o^)


まだドタバタしているのであまり写真はまともに撮れてないんですが、ここからは内部の写真を何枚か…
(;・∀・)



玄関からホールを眺めてみました。ホールはかなり広めです。ただし、周囲にモノは置きません(笑)
絵ぐらいは今後飾るかも?
ホールや廊下、シューズインクロークの照明は全て人感センサー付きにしました。毎度スイッチを押す手間が要らないのでかなり便利です(^o^)

内装は基本的に建具は全てホワイト、幅木もホワイトで一体感を持たせてあります。犬もいるのでフローリングは傷の付きにくい種類を選びホールや廊下はウォルナット色で統一しました。


階段を上るとリビングのエントランスドアになります
うちは2世帯住宅なためすべての生活は2Fになります。
2Fのフロア面積は110㎡ほどで少し広いかな?ぐらいのマンションのようなイメージです(^^)





まだ一部未完成なので完全体としてお見せできませんが、、、リビングダイニングはこんな感じです







キッチンのほうは…ペニンシュラ対面式キッチンでガラスパネルが備わります
壁は全てタイル貼りをしています
(一部はまだ未完成でお見せできません(笑))








全体的にはロンハーマンカフェの雰囲気を真似てます(^_^;)





洗面所です(^_^;)
自動水栓に拘りました。常時点灯のLEDは冷水のときは青色、温かくなってくるとオレンジに変わります!
普段自動だと本当に便利です






書斎はすでにいくつか投稿したりしているので、簡単に、、、







自分だけの空間なのでとことん自分仕様に拘りました(笑)
普段から暗がりですが、上の写真のように明るめにも出来るんですw それでも独特さは漂います、もちろんそれが狙いなんで満足はしてます(;・∀・)

ちなみにスミレの趣味はクルマを運転するかゲームをするか、映画を観るか、、、今はこれらのいずれかですw


現状でお見せできるところを中心に乱文で書いてみましたがいかがでしたでしょうか(^_^;)



最後にうちの新居の仕様表です




日本の木造家屋は法律で22年ほどで価値がゼロになるように定められています
今回の建築物は耐用年数的には35年ぐらいは普通に持つと思います(笑)ただ、昨今の進化スピードの速いこのご時世で今後戸建ての進化はIT化とともにどんどん進化していくはずです

それを考えると、将来色々改造(改築)がしたくなってくるはずです。

目先の大きな変化といえば、ほぼ全戸で蓄電池とソーラーパネルの設置が進んでいき日々の電力消費はすべて自家発電自己消費で賄われるようになるはずです。

うちもソーラーパネルは乗せられるように設計してあるので、はやく蓄電池が安く普及してくれる時代にならないかなとw
その頃にはEVの普及率も30%ぐらいになってそうですが
(^_^;)
Posted at 2018/09/03 16:02:44 | コメント(7) | トラックバック(0)

プロフィール

「\(^o^)/」
何シテル?   12/09 11:01
クルマ大好きです(^O^)/ クルマでのドライブや旅行が好きなので、ブログやスポット情報などで、気の向くままに行った場所やお気に入りの情報などをアップでき...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

エーモン メモリーバックアップ / 1686 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/02 10:49:35
社外バックモニター取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/07 23:47:47
「LOCK音」って自分でも取付けできますか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/03 23:08:36

お友達

みんカラでのお友達ですが、現在は実際にオフミなどでお会いした方だけにさせていただいています。申し訳ありません。
183 人のお友達がいます
happy37happy37 * ☆雪猫☆☆雪猫☆ *
masa_axelamasa_axela * むーぞうむーぞう
keroro53keroro53 じゃっくんじゃっくん

ファン

300 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) Sumire号 (マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック))
オーダ      2013年12月8日 再オーダー    2014年1月28日 ※ディ ...
フォルクスワーゲン ゴルフプラス フォルクスワーゲン ゴルフプラス
あまり出回らなかったゴルフVベースのPLUSです。 2リッター150psぐらいあるので ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
ACシュニッツァーのエアロ・ホイールなどでかためた325iセダンのアルピンホワイトです。 ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
とても刺激的なクルマでした! とにかく直列6気筒の奏でる物凄く透き通ったサウンド!!! ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.