• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


 1月28日(日) 筑波弐千稽古
 2月予定 薄い本執筆
 3月 6日(火) サーキットのために其之壱in筑波ジムカ場
 3月24日(土) SUGO幕内稽古
 4月20日(金)~22日(日) クラゴン部屋春場所
 6月 9日(土) もてぎASTP稽古 アンダーステア攻略初級
 6月10日(日) もてぎASTP稽古 オーバーステア攻略初級
 6月20日(水) 筑波雨錬(ジムカーナ場)
 7月 8日(日) サーキットのために其之弐inもてぎ
 7月11日(水) 筑波夏之陣(午前ジムカ場+午後コース1000)
 7月19日(木) 鈴鹿稽古
 8月24日(日)~26日(日) クラゴン部屋夏場所
 9月 8日(土) SUGO幕内稽古2時間
 9月13日(木) 鈴鹿稽古
10月12日(金)~14日(日) クラゴン部屋アレ場所
11月10日(土) SUGO幕内稽古2時間
11月17日(土) もてぎASTP稽古 オーバーステア攻略中級
11月24日(土) 午前 もてぎ東コース稽古
11月24日(土) もてぎASTP2時間
12月 8日(土) もてぎASTP特上
12月15日(土) 鈴鹿稽古
12月30日(日) サーキットのために其之弐inもてぎ


エントリー、詳細はこちらへ⇒ドラテク鍛錬場クラゴン部屋

クラゴン親方のブログ一覧

2010年01月31日 イイね!

クラゴン部屋 ドラパレ那須レイアウト中!

クラゴン部屋 ドラパレ那須レイアウト中!ユーロシビックで盛り上がっている真っ最中ですが、クラゴン部屋作業の真っ最中でもあります。

いつものところはだいたいできてるんでいいんですが、初開催のドライビングパレット那須をどう使うか。新しいところは毎回のことですが、広さ、時間、質、そして安全性との戦いです。

こういうコース図を作るのも、スタート地点、ゴール地点、全開区間を全員に正しく理解してもらうため。安全と時間のためですかね。

といっても、何回やってるとこでもほぼ毎回どこかマイナーチェンジしているので、いつもよりちょっと大変なくらいかな。

タイトルの通り、スポーツ走行入門者&初心者向けではありますが、ひさしぶりにサーキットを走る人のリハビリにもいいくらいにはします。

ドラパレ那須(勝手に略)はコンパクトなコースで、速度が乗らないっちゃー乗らないんですが、入門者と初心者にとってはより安全性が高まるのでプラスポイント。あの山野哲也選手がプロデュースをされているのもバッチリじゃないですか。

走行レクチャービデオ(フリー走行向け)ウエブカメラもありますので興味のある方はどうぞ。
Posted at 2010/01/31 17:12:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2010年01月30日 イイね!

ユーロシビックは何がいいのか 中編

ユーロシビックは何がいいのか 中編長くなったので後編の前に中編を入れることにしました。

ここ数日ドライビングパレット那須での「クラゴン部屋超入門稽古」の稽古内容&レイアウト考案が続いております。

初めて使うところではいつものお約束みたいなもんですかね。3月10日(水)の平日ですが、走行会より安いスクール(クラゴン部屋はドラテク鍛練場ですが)にする予定です。

景気悪い話ばっかりだと暗くなっちゃうからね~。クラゴン部屋くらいはパーっと行きましょう。


■さてユーロシビックの後編改め中編。ここからは誌面では言いにくい話も入れていきましょう。

オレの好きなタイプRらしいユーロシビックがお気に入りなのは変わりませんが、ちょっと気になるところもあります。

リアのサスジオメトリーだかボディ剛性だかフロントのジオメトリーだかわかりませんが、レースで乗った全てのクルマで、リアのタイヤがタレると高速コーナーでいぎなり不安定になる傾向がありました。

リアの話なのにフロント? いやこれが関係あるんですよ。しかも前後のグリップのバランスでもなくジオメトリー的に。

レースカーだからかもしれないし、乗った3台がたまたま偶然そういう傾向があっただけという可能性も否定できませんが、エンジンも燃料タンク容量もセットアップも違う3台が全て同じというのは無視できません。最初の2周くらいはいいんだけどね。

ということはリアがタイヤに頼る傾向がある。つまり接地性がよくないとか、何かがあるんではないかと。それもコーナーに入ってちょっとしてからのリバースだから、ニュルではけっこうシビレます。

でも時速150キロ以上の話だから、あんまり気にしなくてもいいかも。ニュルの2周は50kmだし(笑)。速度が高いところってことは入力も大きいわけで、ボディの剛性とか、サスのどこかの取り付け点の剛性とかなのかな。造った人なら思い当たる部分があることでしょう。たぶん。

登場に合わせていろんなインプレも出てますが、チョロっと味見したレベルじゃわからん話です。


後編に続きます。
Posted at 2010/01/30 16:15:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | オトコ日記 | クルマ
2010年01月28日 イイね!

ユーロシビックは何がいいのか

ユーロシビックは何がいいのかオレ辛口かなあ(笑)。

みんカラでより多くの方にご覧いただているとは思うんですが、前からこんなもんですぜ(笑)。

他の人と違うのは、クラゴン部屋で弟子のみなさんと向き合っているということでしょうかね。オレが指南したパーツをつけてきた弟子のクルマにオレ自身が乗るんだから、ダメなのは絶対にすすめないし、知らないで間違って買っちゃう人がいたら、その前に止めたいくらい。

オレが辛口だとしたら、みんなクルマが命を乗せてるってことを忘れてるんじゃないかな。

全損パーツそのものには厳しいけど、間違っちゃったり、知らないで買っちゃった人には、とってもやさしいクラゴン親方です。不安な人はクラゴン部屋に来てもらえればバッチリ指南して差し上げますぜ。


■さてホンダい、じゃなくて本題、ユーロシビックです。

ユーロシビックはまずサイズがいいんですよ。数値的にはそんなに小さいわけでもないんだけど、DC2やEK9のサイズの延長線上の、今の時代のタイプRです。単純な寸法よりもタイヤの位置が手の届くところってことかな。

クラゴン部屋でよくいうことで「自分の感覚を修正する」ってのがありまして、例えばABSの都市伝説もそうなんだけど、物理的な限界に対して自分の感覚を優先すると「ABSが効いたから止まらない」という意味不明の夢物語になっちまいます。

タイヤの位置に手が届くってのは、この修正が少なくてすむ、運転の上手い下手に関わらず意のままに(は言い過ぎか)できるということです。

乗りにくいけど速いクルマっていうのは、まさにこの修正をバリバリにしていいところを引き出すということですので、そりゃタイムは出るかもしれないけど、ドライバーの負担は大きく、人によっては「楽しくない」ということにもなってしまうでしょう。

そしてアシがちゃんと動いてロードホールディングがいいから、先が読める。先が読めて自分の感覚との修正が少なきゃ、それって楽しいよね。コントロール性がいいといってもいいでしょう。オールドコースのピットからアデナウの町に抜けるいいワインディングがあってね。そこで思ったことです。

そしてこういうところはスペックには全く出ないところなんですよ。

初代インテRだってテンハチで当時の国産最速クラスのタイムというインパクトはあったけど、オレが今乗る理由はそういうレベルの話じゃないからね。タイムなんぞしょせんは記号です。面白さとか気持ちよさっていうのは数値化できるもんじゃないし。

でもスペックスペックっていっても、ニュルのレースではEP3はもうほとんど出てなくて、どのチームも重くて遅いはずのFN2にチェンジしてるからねえ。

コントロール性が高いということは、ニュルでは速いということなんですよ。

下って登りながらコーナリングのアデナウアフォレストを、223キロで走ったときは「メーター見なきゃよかった!」と思ったくらいだから(笑)。

後編に続きます。
Posted at 2010/01/28 21:33:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | オトコ日記 | クルマ
2010年01月27日 イイね!

FDシビックの実力は

FDシビックの実力はシビックネタ続きます。タイトル変更しました。

といってFD型のシビックが良くないかというとそうでもないんですよ。

4ドア的に比較をすれば、マイカーDB8(もうすぐ16万キロ)と比べるとショッキングなくらいボディがいいんですよ。加速しはじめの時点でオレのはクニャっと動くのに、FDはパシッと耐えるからトラクションのかかりが違う!

オレのがヨレヨレだとしても、もっと走行距離が少ないDB8と比べても違います。

ブッシュとかの影響もあるのかもと思ったけど、たぶんフロアあたりの剛性の強さがまず違うと推測してます。実はもてぎASTPで最強なのはこのFDノーマルシビック。チリバツボディによく動くアシ、サーキット用じゃない(笑)タイヤはスキッド路面で無敵です。同じことをやっても簡単に思えるくらいに。

オレがサーキット仕様のセッティングでタイムを追いかけるのをすすめないのは、こういう経験があるからでもあります。サーキットでのタイムは出るとしても、じゃあウエットは? もし出先でゆぎが降ってきたら? そこまで考えてチューニングしなきゃ。

FDシビックに話を戻しましょう。これだけいいのになんでFN型をすすめるかというと、カンジンカナメのタイプRはアシが硬すぎるんですよ。ほとんどレースカーの動きになっちゃってて、普通の人にはすすめにくいです。

クルマの価値をタイムやスペックの数字でしか測れない人が多いと、こうなっちゃうんだよねえ。タイムアップしない=性能が低い=売れない、となったら無理してでもタイム出してくるでしょ。だから買う側がスペックだけではなく、乗って正しく評価するのはとても大切なことです。でないと自動車メーカーが迷い道に入ります。

今でもDC2&DB8がいいのは、売るつもりで作ってないからなのかな(笑)。

Posted at 2010/01/27 14:16:49 | コメント(5) | トラックバック(0) | オトコ日記 | クルマ
2010年01月26日 イイね!

ユーロシビックRの実力は

ユーロシビックRの実力は先日のオートサロンで日本ではじめて見たユーロシビックタイプR。

過去5回のニュルブルクリンク24時間レース参戦のうち3回がユーロシビックで、日本のドライバーで最もユーロシビックを知るオレですが、どこからもインプレや原稿の仕事がありませんでした。はっはっは。

イロイロ知ってるんだけどなあ。いいところも悪いところも。この際クラゴン部屋の極秘情報としてヒタ隠ししてみるという方向で行くのはどうでしょうか(爆)。

レースカーっていうのは市販車と全く違うように見えて、実は素の部分がとっても出るんですよ。わざわざ3回も乗るくらいだから、もちろん評価は低くありません。タイプRは2009年だけだけど、2007年に乗った1.8スポルトが実は超コーナリングマシンだったりね。

限定といわずに提供し続けてほしいものです。むしろシビックRはこのFN型に一本化してもいいと思うくらいだから。
Posted at 2010/01/26 00:51:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | オトコ日記 | クルマ
みんカラセレクト

プロフィール

「レガシィワゴンでサイドブレーキを使ってみた http://cvw.jp/b/450001/41939955/
何シテル?   09/13 00:12
趣味はドライビング鍛練、特技はドライビング指南のクラゴン部屋親方です。 ※「クラゴン/KURAGON」はクラゴンの登録商標です。 主な実績 ■シビ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

kuragonOYAKATA 
カテゴリ:twitter
2010/07/25 16:28:36
 
KURAGON RACING 
カテゴリ:KURAGON RACING
2008/11/01 18:22:32
 

お友達

クルマ好き、ドライビング好きな方は大歓迎です。
255 人のお友達がいます
.隼人.隼人 * キン@爺キン@爺 *
Char=Wataru@VTECARChar=Wataru@VTECAR * tewazatewaza *
じつ@じつ@ * 達-BNR32達-BNR32 *

ファン

2,940 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
ハンドリング、エンジン、最大積載量、全て最高の1台です。安全装備だけなんとかして、このま ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
S耐でもニュルでも大きな転機になったS2000。ここまでいい思いをして買わないのもアレだ ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
クラゴン部屋デモカーです。親方走見、引っぱり稽古など大活躍! クラゴン部屋スペシャル仕様 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
2009年ニュルブルクリンク24時間で乗ったマトールレーシングのユーロシビックタイプRで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.