• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+


 1月28日(日) 筑波弐千稽古
 2月予定 薄い本執筆
 3月 6日(火) サーキットのために其之壱in筑波ジムカ場
 3月24日(土) SUGO幕内稽古
 4月20日(金)~22日(日) クラゴン部屋春場所
 6月 9日(土) もてぎASTP稽古 アンダーステア攻略初級
 6月10日(日) もてぎASTP稽古 オーバーステア攻略初級
 6月20日(水) 筑波雨錬(ジムカーナ場)
 7月 8日(日) サーキットのために其之弐inもてぎ
 7月11日(水) 筑波夏之陣(午前ジムカ場+午後コース1000)
 7月19日(木) 鈴鹿稽古
 8月24日(日)~26日(日) クラゴン部屋夏場所
 9月 8日(土) SUGO幕内稽古2時間
 9月13日(木) 鈴鹿稽古
10月12日(金)~14日(日) クラゴン部屋アレ場所
11月10日(土) SUGO幕内稽古2時間
11月17日(土) もてぎASTP稽古 オーバーステア攻略中級
11月24日(土) 午前 もてぎ東コース稽古
11月24日(土) もてぎASTP2時間
12月 8日(土) もてぎASTP特上
12月15日(土) 鈴鹿稽古
12月30日(日) サーキットのために其之弐inもてぎ


エントリー、詳細はこちらへ⇒ドラテク鍛錬場クラゴン部屋

クラゴン親方のブログ一覧

2016年06月30日 イイね!

定常円動画

定常円はコーナリングの基本にして、限界のコーナリングには必ず定常円があります。

なぜかというと加速or減速をしている間は、限界のコーナリングではないから。これはドライビングスタイルの問題ではなくて、物理学的なアレです。この機会に覚えておいてください。

コーナーのRやクルマの特性によって定常域の長さが変化するから難しいんだけどね。


それでは完全に変態のヤツを行きますか。

ノーガードならぬ、ノーハンドの定常円です。もちろん安全な場所で専門家がやっております(笑)。絶対にマネ禁止です。



この映像をみなさんがどう見るか興味がありまして、解説はまた別にしましょうか。

ちょっと考えてみてください。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2016/06/30 17:26:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年06月29日 イイね!

ASTPアンダー編 スリパリーコース動画

ASTPアンダー編 スリパリーコース動画ASTPのスリパリーコースの動画を忘れとった。

週に3回もクラゴン部屋をやると、いつ何をやったんだかわかりませんのう。いつものペースだと月に2~3回だから、1ヶ月ぶんの仕事を1週間でやったようなカンジです。

アンダーステアは前にアップしたブレーキ→右コーナリングでパイロン回避のほかに、6種類のグリップが違う路面でアレしてあるスリパリーコースがあります。

コースの場所によって普通のアスファルトだったり、ツルツルの雪道みたいだったり、なかなか対応するのが難しいです。

動画はマイカーのクラゴン部屋ロードスターです。



コーナーによってぜんぜんペースが違うのが、そのグリップが違うということです。

一番遅いところで時速5kmくらいかな。ほぼアイドリングです。たぶんイン側から人が手で押したらスピンします。そのくらいツルツル。

普通の路面ではタイヤのグリップで曲がることができても、ツルツル路面では曲がらない、つまりアンダーステアを体験しやすいということです。

いつも書いてるアレですが、こういうのは本当にやってみないとわからないので、上手いヘタは別にしてとりあえず経験してみることです。

その上で速度の変化とか、ステアリングの切り方とか、そういうドライバーのコントロールがどのくらい影響があるかがわかるといいかな。違いがあるのがわかると、マジメにコントロールするようになりますので。

普通のサーキットでなんとなーく走れていると、細かいコントロールをマジメにやろうとはなかなか思わないのでね。

当日お越しのみなさんは、1コーナーの進入速度が完全にアレなのがわかりますかね。最初だけちょっとアンダーが出て、それでも曲がっていくという。このギリギリ感の出るところを狙っていくうちに、グリップの限界がわかるようになります。たぶん。

関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2016/06/29 14:50:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2016年06月26日 イイね!

もてぎASTPオーバー編動画

もてぎASTPオーバー編動画オーバー編の動画は基本的にファンキーな方向になりやすいです(笑)。

今回は特にこのアバルトさんかな。

オーバーステアにもイロイロあって、いきなりスッパーンとスピンがはじまるクルマもあれば、ある程度まではそんなでもないんだけど、一定のドリフトアングルを超えると一気に破綻したりするクルマもあります。

アバルトさんは後者、それも前半とのギャップがかなり大きくて、ステアリング操作がなかなか面白いことになっております。

ギャップ萌えです。



この映像はサイド引きっぱでわざと左右振りをしてます。専門用語(笑)で卍(マンジ)といいます。

大きく振ってしかもスピンしなければ、ヨーコントロールが上手いということで。

速さも量も躊躇なくステアリング操作をしているでしょう。

それもサーキットではまずないくらい。なぜかというとそうしないとスピンをしてしまうから。クルマの挙動に反応したらこうなった、という状況です。

ドライビングは人間がするもんですが、だからといって人間が正解を決められるものではないんですよ。合っているかどうかは物理的な問題だから。

上手く走ろうと思って、自分が主体的にコントロールをしようとしすぎると、かえって上手くいきません。

一般的には頭の回転が速くて、クルマのメカニズムも好きな人あたりが特に陥りがちなアレです。

「サーキットではステアリングはゆっくり切らなければいけないんだ」とかね。ふふふ。

ちょっと時間がないので解説はまた。
関連情報URL : http://kuragon.net
Posted at 2016/06/26 12:28:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2016年06月26日 イイね!

クラゴン部屋もてぎASTP稽古オーバーステア攻略

クラゴン部屋もてぎASTP稽古オーバーステア攻略もてぎASTPでアンダー編に続いてオーバー編です。

2日連続でアンダーステアとオーバーステアの攻略は、コレはコレでなかなかナイス展開だったかもしれませんのう。

一度に2開催ぶんの準備をするのは大変でしたが。

準備をしているときには毎回必ずそう思うんだけど、稽古が終わると忘れてまた2日連続にしてしまうのもクラゴン部屋クオリティです。


オーバーステアの難しいところは、コントロールの上手い下手の前に、人間が固まってしまうことでしょう(笑)。

そして必要な操作ができなくなって、よくわからないうちにスピンして終了。という人がだいたい一番多いです。どのあたりが難しいとか上手くいかないとわかっていたら、それはけっこうな上級者ですよ。

裏を返せば、人間が固まらなようにする、つまり練習で慣れることでカバーできます。

もちろんただ走るだけではダメですぜ。そのために理論的な対策法を走行前に指南します。すぐには難しいかもですが、1日やればだいたい何とかなります。








コツはとりあえずサイドブレーキを引く(笑)。

ツルツル路面だからタイヤが傷んだりもしませんのでね。

サイドブレーキさえちゃんとかかれば、嫌でもこの姿勢になります。完全入門者でもドリフトっぽいところまではできるでしょう。

オーバーステアはサーキットで出たら一巻の終わり、みたいなところもあるじゃないですか。こういうところでやらないと危険がアブないですから。

オーバーステアのコントロールが上手くなったらバッチリだし、でなくてもスピンでパニックに陥らないだけでもぜんぜん違います。前にも書いたような気がするけど、普通免許を持つ人なら全員が経験しておいていいくらいのアレです。

経験することで落ち着いて対処する余地ができる。これもひとつの上達ですから、あせらず気長にやることですよ。親方として自信を持って言えるのは、やっていれば誰だって上達するということです。

やらなきゃ上達しないけどー。

長くなったので動画はまた。

関連情報URL : http://htp://kuragon.net
Posted at 2016/06/26 04:24:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
2016年06月25日 イイね!

ASTPアンダー編動画

ASTPアンダー編動画アンダー編の動画をアレしましょうか。

レガシーさんの親方模範走行です。まず流れを再確認しませうか。

■ブレーキング

■減速したらブレーキを抜きつつステアイン

■コーナリング

という流れです。

減速が上手く行かないと曲がらないし、ブレーキを抜かないとやっぱり曲がりません。減速できないとブレーキを抜けないから、やっぱりオーバースピードはどーにもならないんですよ。

速度と操作の両方の鍛錬です。

ドライビングはみんなそんなもんだけど(笑)。



コレはちょっとバッチリすぎるな。

クラゴン部屋必殺の「マネできたら苦労しない」のパターンです。

後半でわざとアンダーを出してるときの、曲がらないっぷりを見ていただいて、一発目の右コーナリングが変態技だと思っていただけるといいと思います。

なぜ変態かというと、初乗り車で最初のブレーキング&最初のコーナリングで、コレをブッ込んでしまうので。ええ某部屋の親方は並の腕では務まりません。

圧雪路くらいのツルツル路面なので、完全にこのままサーキットで運用はできませんがね。この曲がらなさを知っておくと、本当に曲がらないときの心の準備ができます(笑)。

サーキットを走っていても、こういう体験をした人は多くないと思うので、一度経験しておくといいと思いますぜ。

関連情報URL : http://kuagon.net
Posted at 2016/06/25 23:18:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | クラゴン部屋 | クルマ
みんカラセレクト

プロフィール

「レガシィワゴンでサイドブレーキを使ってみた http://cvw.jp/b/450001/41939955/
何シテル?   09/13 00:12
趣味はドライビング鍛練、特技はドライビング指南のクラゴン部屋親方です。 ※「クラゴン/KURAGON」はクラゴンの登録商標です。 主な実績 ■シビ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

kuragonOYAKATA 
カテゴリ:twitter
2010/07/25 16:28:36
 
KURAGON RACING 
カテゴリ:KURAGON RACING
2008/11/01 18:22:32
 

お友達

クルマ好き、ドライビング好きな方は大歓迎です。
253 人のお友達がいます
HiGEHiGE * おて~~く。(・∀・∩)おて~~く。(・∀・∩) *
macモフモフmacモフモフ * MasaGotoMasaGoto *
ポンダ☆れーしんぐポンダ☆れーしんぐ * hyper_yoshimhyper_yoshim *

ファン

2,929 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
ハンドリング、エンジン、最大積載量、全て最高の1台です。安全装備だけなんとかして、このま ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
S耐でもニュルでも大きな転機になったS2000。ここまでいい思いをして買わないのもアレだ ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
クラゴン部屋デモカーです。親方走見、引っぱり稽古など大活躍! クラゴン部屋スペシャル仕様 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
2009年ニュルブルクリンク24時間で乗ったマトールレーシングのユーロシビックタイプRで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.