• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ホリマサ666のブログ一覧

2011年01月31日 イイね!

インプレッサ1号機? 再生計画 その26  

インプレッサ1号機? 再生計画 その26  ども。
お待たせいたしました・・・。
前回の続きです。

現在の私の車のAVCSの設定は
どうなっていたのか? からです・・・。




その前に・・・。
この調査をするにあたり、みんカラに登録いただている
方々より、いろいろとご協力いただきました。
ありがとうございました。


では、つづきを・・・。
今回の調査に辺りまして、新たなツールの導入になります。
皆さんご存知の、海外某社製ECUフリーソフトを取り扱うトコの
書き換え通信ケーブルと、短絡コネクターです。
約10年くらい前の車から、日本車でも車両上でのデータ書き換え
できるECUが搭載され始めていまして、それらの車両は車両診断
用コネクターOBDポートより、車両診断、車両の一部の仕様変更の
他、プログラムが読み出し、書き換えが出来ようになっています。
新たに導入するツールは、その機能を利用するツールです。

自分の車両は、エンジンGDB化に伴い、OBDポート、その他メンテ
ナンス用コネクターは新たに引き直してありますので、GDB車と変わ
りなくセレクトモニター、自己診断機能も使用可能ですから、 早速、
そのメリットの活用です。 
  随分と前に、OP1.3ケーブルキットを購入していたのですが、当時、
いろいろな問題を聞いていたので未導入でいました。その後、OP
2.0も販売され、ユーザーも増えたきた事で情報も増えてきましたの
 で、今回、使用に踏み切りました。しかし、まだまだ予想外の細かな
ところに問題があるようで、一部の機能が正常に動かない状態 の
箇所があります・・・。 
自分のPCとの相性の問題もあると思いますが、使用に耐えがたい
機能もあるので、別途、解析には有償ツールを導入しております・・・。
T社のツール、ソフトは発表直後より、機能面を充実させてきている
みたいですが、ソフトの 不具合には、自分のレベルでは手に負えな
い面もあります・・・。

フリーソフトは手を付けやすい反面、手をつけて壊しやすい? 
 まだまだ、RRやEFは発展途上のソフトなんですよね・・・。
 

前置きが長くなりました・・・。

では、
ツールを早速使い、読み出してみたのが
上に載せてある画像です・・・。
今回は大サービス?にて6個も載せちゃいます。
(皆さんのお楽しみを残す為、極力数値は載せてません。笑。)



 では・・・。
     
    ここで問題です。


私の車のAVCSデータは、どれになるでしょうか?
また、残された物は、どんな車のものでしょうか?

  
           続く・・・。


 では、皆さん。マスオさん風に・・・・。 
    
      「えぇ~~っ?」
      
 笑・・・。


 
Posted at 2011/01/31 12:35:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年01月27日 イイね!

インプレッサ1号機? 再生計画 その25  

今回は、
前ブログで、決めた検証する内容に
ついての基本的な部分について必要な
知識の整理からです・・・・。

AVCS
 
 GDBのEJ207については、インテーク側のみ
 可変バルタイが装着されている。

Vマネージでのコントロール条件。
 
 今回はエアフロ電圧と回転数から成るマップ
 により制御。

AVCS動作量 
 
 任意設定値  0度~最進角45度まで。

 
そして、
いろんな情報からのGDBでのAVCSセッテイング
の モアトルク、モアパワーの期待できる バルタイ
の方向性は・・・。


*低回転、及び中回転での 高負荷時*

バルブタイミングを最進角に近づける。
吸気ポート内の空気流速が不十分、いっぱいの空気を入れる為
バルブを早く開く=閉じる時期も早くなる→シリンダー圧縮工程での
インマニへの吹き返し減少→体積効率向上する
 
 

*高回転での高負荷時*

バルブタイミングを遅角する。
吸気ポート内の流速はあるのだが、ピストンスピードが速いので、
空気の追従性が落ちる→バルブ遅く開いて=閉じる時期を遅くし
てあげる→ 体積効率が向上する。


その他、注意する事。

インテークポート内に流れる空気の流速には適正値が存在する。
高回転時などは、空気流速が上がる傾向がある。適正値を超え
ると、吸気バルブ周りに過大な抵抗が生じ、渦が発生し、空気が
シリ ンダーに入らず、体積効率が落ちる現象が起きる。
(チョーキング現象。)
作用角が同じ場合。流速が遅ければ体積効率が落ちる傾向
である。


その他・・・。
・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。

まだ、色々ありますが、また気になる部分が出たら、
お勉強します・・・。 

 

吸気、排気系は、色々とややこしい現象があるのですが、
今回の検証は、カムを変えない吸気バルタイ変更での検証で、
最大限のパワー、トルクの確保 についてなので、スロットルは
全開と条件は固定されますし、弄るのは、吸気バルタイのみ。
そして、ターボエンジンという事で、いろいろ検証に変化をつけ
られ、楽しめる?事になるかと思われます・・・。


          残る問題は・・・。


現在のバルタイ設定値はどのようになっているのか?
バルタイ設定値にモアトルク、モアパワーを引き出せる
余地が残されているのかになります・・・。悩。


  では、実際に、その辺りを調べてみる事に・・・。



            続く。
Posted at 2011/01/28 01:33:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年01月25日 イイね!

インプレッサ1号機? 再生計画 その24  

インプレッサ1号機? 再生計画 その24  さて・・・。

連続可変バルブタイミング機構(略、可変バルタイ)
についての予備知識をつける為、久しぶりに 押入の
書物を物色する事になりました・・・。
そして、読む事、約1時間・・・・。
これまで、全くエンジンについてわからないって
云うわけでもないので、おさらいという感じで
読み終えました。


内容が濃すぎるので、サクッと整理すると、
こんな感じです・・・。
    
 可変バルタイ・・・。それは・・・。
  
あらゆる回転域において、
体積効率を確保し、
最大限のパワー、トルクを稼ぐ機構
である・・・。
 個人的な都合により、解釈はこの辺までにしたいと思います・・・。

ええ・・・。 わかってますよ・・・・。
皆さんが、おっしゃりたい事・・・。

始動性の向上。環境対策・・・。EGR効果・・・。
ポンピングロスが・・・etc。
     
本に書いてありましたから・・・・。爆

好奇心、欲望に支配されている
今の自分に、最も感心がある事は、もちろん・・・。
    
  モアパワー&モアトルク ♪

本に書いてあるような、いろんな事は、確かに 重要な
事なんですが、感心事以外に関するデータの造りが良い
感じで、特に不満はないし、それに、どうやって個人レベ
ルで検証するのか???
(排ガス測定しながら走る、燃焼温度を・・・なんて、絶対
に無理・・・。)
そして、自分の車の使い方に、還元される事が あるかを
考えると・・・。
あまり、無いような気がしたので・・・。
まぁ。
この辺りは、弄り回していて、何か気にかかる事がおきてから
のお楽しみにという事で・・・。

まずは、パワー、トルクアップに焦点 を絞って、いろいろと
自己流で検証に入っていく事に決めたのでした・・・。


 
        続く。

Posted at 2011/01/25 21:19:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年01月24日 イイね!

インプレッサ1号機? 再生計画 その23  

インプレッサ1号機? 再生計画 その23  


何とか無事に?走り出してしまったせいで、
いろいろと出てきた好奇心と欲望。
新たな己との戦いが幕を開けてしまいました・・・。

好奇心、欲望の連合軍と、自制軍との戦いは
1日ももたず、連合軍の圧勝という結末に・・・。




そして、 好奇心と欲望の最初の標的になったのが
、サブコンのVマネージの機能でした・・・。
燃料、点火時期の調整は、以前のからロム焼き
したり、P-FC等をPCで通信させたりして
楽しんでいたので、大した興味はなかったのですが、
今回、搭載したサブコンは、バルブタイミングが
リアルタイムで監視、変更が出来るんです・・・。
 (それなりの投資が必要になりましたが・・・。涙。)

バルタイ調整をコツコツ弄るのも良いのですが、
 いざ、こういう新機能を弄れる環境が整うと・・・。

     
  なんか妙に
        ワクワク しますよね~♪


更に、Vマネージとアルティメイトを通信させること で、
バルタイのノーマルECU制御値、実測値、Vマネージ
へ自分で入力設定したマップ値の比較がロガーで出来る
んです・・・・。 アルティメイトのロガー機能には、バルタイ以
外のいろいろな計測項目 があるので、それらを生かしてエ
ンジン状態を検証して いけば、さらなる性能向上も見込め
るはず・・・。

では・・・。


       実際に試してみよう!!


と、思いましたが・・・・。
バルタイ変更が、体感できない?と、むやみに弄りすぎて
、パワーダウンどころか、ブローしかねないのも、この機能。

その前に、バルタイについての予備知識をつける為に
お勉強に入る事になりました・・・。


        続く・・・。  


 
Posted at 2011/01/24 13:14:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2011年01月22日 イイね!

インプレッサ1号機再生計画 その22

インプレッサ1号機再生計画 その22   
     前回の更新はいつでしたっけ?・・・。 
 
その後、
自分の怪我の状態と相談しながら、
ボチボチとインプ1号機を 再生させて
きました・・・。


昨年の4月下旬から、数々の問題、改良を経て、
なんとか安心 して走れる環境になりつつあります。
あまり加速を味わうと、怪我が悪化するということもあり、
なかなか思うような走行テストが出来ない状況が続きまして、
とんでもない時間が経過してしまいました・・・。

昨年~現在を数回に分け、今更?振り返ってみたいと思います ・・・。
あと、これまでで、途中アップできていない部分も、後日、少しずつ
アップして いく予定です・・・。

あれから、最初にした事。
そう・・・。エンジン調整・・・。
エンジン調整は、取り合えずは、サブコンで試してみることに
しました。
サブコンはトラストさんの銀マネ+Vマネを専用ハーネス で装着。
追加で圧力センサーを、オプション装着。ブーストは旧AVC-R
にてコントロール。インテグラルノックメーターを追加し、走行中、
怖いノックも確認できるように接続。
空燃比が気になるところでしたが、以前、友人の車を弄った時の
Gr.p N改RB規格ラリー車GDBの走行ログがある為、それと比較
し様子をみる ことにしてみました。 
 で・・・。
アクセル踏み込んでのテスト走行を、開始しました。
今回、載せかえしたGDBーD中古エンジンは、ノーマルタービンで
したが 、ブーストコントロールソレノイドを変えてあるエンジンでしたの
で、 純正ECUデータは、何かしら弄られていると思われ、用心して走
り始めたのですが、心配されたエンジンの調子に、特に不具合は出て
きませんでした。燃料噴射量も順調に供給されているようで、ギクシャク
 するようなことも無く、先のラリー車GDBと同じような加速をしてくれ
ますし、ブーストは1K、1.1K、1.2K、1.3Kと上げていきますが、
これとい って問題なく走行できて拍子抜けでした・・・。
(本当は、もっと上げたいけど、その時は、我慢してました・・・。)
心配していたノックはやはり、高回転で少し発生しておりますが、
ひどいものでなかったです・・・・。
そして、異音、水漏れ、オイル漏れ、排気漏れ、燃料漏れも無く
順調にペースを上げられる状態を維持できていました。

まずは、
走り始めの第一関門を無事通過。と、
いったところで、 一安心でした・・・。

と、いう訳で・・・。
早速、PCでサクッと、サブコンの調整に入りまして、
高回転、高ブースト時のみ点火時期を1~2度遅らせてノッキングを
消滅 させ、 ちょっとだけペースを上げての走行・・・。
その後、すかさず、火傷に気をつけ、プラグの焼けを確認すると、
焼け具合は、ちょっと濃い目。 燃料残量メーターからみても、
確かに燃費が悪い・・・。
GDBは燃費が悪いのは知ってはいたのですが・・・。
     
    でも、そんなことよりも・・・。

載せ変え以前の月産50台時代の手組エンジンより、アイドリングは
静かで安定しているし、ツインスクロール仕様に及ばないけど、AX53B70
のレスポンス も良い感じに反応してくれますし・・・。車重も軽いこともあり
、EJ20Gではありえない勢いで8000回転まで回るエンジンフィール
は新鮮で 気持ちが良い事の方が嬉しく、大満足。
そして、苦労して製作したエンジン電子制御系ハ ーネスとECU移植、
エンジンのAVCSの効果のせいでしょうか?
前エンジンより圧縮比が落ちているにも関わらず、乗り易い!!!
そして、以前のエンジン+P-FC制御の時よりも、明らかに全てにおいて、
滑ら かで、安心感があるエンジン回転をしているように感じました・・・・。
 
そして、あまりの変貌ぶりに、

全然、このままでも問題ないんじゃ・・・。
 
と、思いました。

             マジで・・・。

でも・・・。

せっかく取り付けたサブコン、バルコンを弄らないのは・・・。
ガソリン、また高くなると問題だなぁ・・・。

火時期まだ街乗りのところ進角できそう・・・。
AX53B70でフルブーストかけると、どんな加速かなぁ・・・。
燃料系のキャパは少しだけ余裕ありそうかな?


そんなことを考えながら、
ちょっと、調子に乗って運転したら、
怪我の具合が悪くなってきたので、
数十分で切り上げる事に・・・・。

しかし・・・。
家路に向かう頃には、出てくる、出てくる・・・。
好奇心と欲望がいろいろと・・・・。

そんな事があったのが、前回のブログ後、
間もない頃のことでした・・・・。


 
         続く・・・。
Posted at 2011/01/22 02:03:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ご無沙汰してます。 http://cvw.jp/b/453124/38342044/
何シテル?   08/07 12:34
クルマは何でも好きですが、競技車のベースになるような、少し尖がった?クルマが大好きです。ここ何年かはスバル車が気に入ってしまい、現在は初代インプレッサSTIワゴ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/1 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

2014 K4GP 参戦記 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/19 13:33:13
MLSフリー走行 2014.12.5 ⑥ 完敗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/11 19:38:39
【サクション経路に最適化】Z32エアフロに交換② 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/06 00:13:19

お友達

モータースポーツが好きな方。スバル車が好きな方。
ヨロシクです!!
13 人のお友達がいます
NAO&#39;sProject.NAO'sProject. なべ管理人っす!なべ管理人っす!
RallyeRallye tomcat150sptomcat150sp
ぐをぐを しのは~しのは~

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
GC8前期型CタイプRA-STI。手組みエンジン、DCCDなどを搭載して、当時話題になっ ...
スバル レガシィ スバル レガシィ
PDという競技系雑誌の個人売買にて格安購入。 モデルがモデルだけに足回りの程度は酷かった ...
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
インプレッサ スポーツワゴン STI (GF8改)   当時、完全受注生産で販売された ...
トヨタ カローラワゴン トヨタ カローラワゴン
カロゴン。(死語?)コイツは、BZツーリングですので、4A-GE 20バルブエンジンを搭 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.