• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

BKHのブログ一覧

2018年08月25日 イイね!

登山本格復帰(ヒトよりも熊の方が通行量多いと言われたルートヘ)

数年ぶりです。
北アルプスに行ってきました。

鎖骨を折って、さらに肩回りの肉がなくなり、重いザックを背負うことができないでいましたが、負荷をかけてみる時がきました。

いつでも、さわやか信州号は新宿からそんな戦地へ直行してくれます。
今回もお世話になりますが、上高地で浮かれた気分にはなれず、ここではいつも緊張します。それはソロで登っていたあの頃の、次ここに帰ってくるのかわからない。という心情から来ます。

今回は、その気ありませんが、人よりも熊の方が多いと言われていたルートを通るため、怖いのです。


8月って花が無くて面白くない時期。
と思っていましたが、キツリフネが咲いていました。

徳本峠までの道は慣れていましたが、それでもやっぱり山道は応えます。
おまけに途中から雨が降り始め、ハードな登山の体をなしていました。

今回も、自転車用のジャージ、自転車用のレインウエアを装備していました。
ただ、肝心な帽子だけは登山用のレインハットをかぶりました。
登山用のレインハットはとても笠が大きいので、これだけで体にかかる雨水を軽減することが可能です。

自転車用のレインウェア。結果はとても具合良いです。
雨で体を冷やすことはありませんでした。

徳本峠に到着。

今回は自転車のウェアシステムを登山に持ち込んでみました。
ベースレイアーに、ジャージです。
ただ、登山は自転車よりも数歩前に進んでいます。
今、登山のウェアは夏でも4レイヤーになっているのです。
下から、ゼロレイヤー、ベースレイヤー、ミッドレイヤー、アウターレイヤーです。
アウターレイヤーは、ハードシェルなので自転車にはそもそもありません。
雨や早朝、風が強い時に使うハードシェルがアウターレイヤでーす。

注目するのがゼロレイヤーです。
トランスポートレイヤーなどいろいろな名称がありますが、既存のベースレイヤーの下に着て、汗を拡散させるために使っています。

今回は、自転車のベースレイヤーをゼロレイヤーに、自転車ジャージをベースレイヤーに、夏季登山用のパーカーをアウターレイヤーに使いました。

登山では、人は濡れるだけで死にます。
自転車は雨に降られるだけで死ぬことはありません。聞いたこともありません。
しかし、登山は雨降っただけで人が死にます。
今年も、7月に富士山でそれが原因で人が死にました。疲労凍死と言います。
それほど山では濡れる事を注意する必要があります。

自転車のウェアはそれを克服するであろう。
自転車の発汗量は、逆に登山の比ではありません。
と考えていました。

徳本峠に到着した時点で、雨に濡れることはなかったが、
汗でベースからアウターまでびしょびしょ。

乾燥室で乾かしましたが、自転車のジャージは翌朝まで乾きませんでした。
あれだけ、速乾性に優れていそうなジャージですが、実は一度濡れたら乾きません。
仕方ないので、翌朝着ながら体温で乾かしました。
自転車のジャージって、乾かないものなんです。


翌日は徳本峠から大滝山を目指します。
ここは昔、熊しかいないので行くな!と言われていた道です。


この様な感じで、高い湿度の登山道になるわけですが、
途中、獣臭い箇所が沢山あって、やヴぁいなこれって思いました。


北アルプスだというのに、高い湿度で生えている植物も様子が違うように見えます。


そんな獣臭い道をあえいでいると、突然空に登る道に繋がります。やっと北アルプス的になってきたか。


この苦しい登りもあと少し。


景色が全く変わった。なんぢゃこりゃ??
眼下に望めるのは、街の構造物だ。
これが大滝山南峰からの景色でした。


大滝山から蝶ヶ岳を望みます。北アルプスらしい長めです。


もう夕方になり、誰もいない稜線で気持ち良い時間です。


大滝山からちょっと登り返すと蝶ヶ岳山荘です。


山荘の夜は、ストーブがありがたいものでした。


翌朝、蝶ヶ岳から見る槍ヶ岳方面の景色は圧巻でした。


蝶ヶ岳からまた樹林帯に入り下山します。


徳沢に到着。下界に戻ってきました。


これから上に上がる登山者が通過して行きます。


登れない山。明神岳を望みます。

徳沢で下界に戻った喜びを感じながら、後は酔っぱらいながら上高地まで下るまでです。

ちょっと蝶ヶ岳から徳沢まで頑張りすぎて、今でも筋肉痛が酷くて階段が下れません。

それでも、やっぱり山は良いですね。
Posted at 2018/08/25 21:03:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2018年08月04日 イイね!

酒田スナップ

7月最終週の話になりますが、矢島カップ参戦の為酒田へ。

今回は逆走台風、ジョンダリに恐れをなして、金曜日のうちに関東を脱出。
宇都宮まで走ったところで電池が切れ、車中泊することに。
しかし連日の暑さの影響はなく、ただいま23℃で快適です。
ツールドフランスを見ていたら眠れませんね。
この後、そのあまりにも快適だったためか、黒塗りの高級車に追突。。寝坊しました。

雨に降られることはなく、快適に北上します。


今回も何時もの通り、院内銀山を散策してきました。
初めて十分の一から歩きで行きましたが、虫がすごいですね。
もはや虫なのか、なにかの亡霊なのか?わからないくらいガンガンに突っついてきます。
西三番共葬墓地で般若心境をとなえます。なんか、今回は突き刺さる視線がありませんでしたね。彼らも私の事を覚えてくれたのかな?

深入りはせず、院内銀山を後にすると矢島で受付して酒田に向かいました。


5月に来たばかりですので、勝手知ったる感はありますが、
生まれて初めてかな?日和山公園に行ってきました。


なんか見覚えあるところだよな。。。
と思っていましたが、おくりびとに出てきた料亭ですよねこれ。

最近何かと持ち歩いていたキャノンのコンデジ。
センサーにゴミが落ちてしまい、修理中なのです。
一眼レフならブロアーで一吹きで治りますが、コンデジはセンサーからレンズまでユニットになっている為、あえなく修理。しかも鏡筒交換だそうで、速く治ってほしいです。

ということで今回は久々NikonにZeiss Distagon 35mm一本でスナップです。
このレンズまだつかめていないのですが、どうも写りが現代的とも、古典的ともいえないつかみどころがないレンズです。
しかし、あることに気づきました。これ、昔のZeiss Sonner 35mmに見えたベットリ感ある感じではなく、真逆に行っていないか?
なんか、フランクフルトを挟んで対岸な、そう、ウエッツラー的な。。。


うーん、これSumicron 35mmと言っても、ばれないと思う、
撮影データ
Leica M6TTL Sumicron 35mm F2 フジクロームAstia
と書いても違和感ないような。
まだまだつかみどころがわからないレンズです。

それにしても、この写真は中町なのですが、人の姿が。。
子供の頃みた、人でにぎわう中町が、今では幻想のようです。

肝心なレースの方ですが、
前夜従兄と飲み過ぎ、気持ち悪い状態からスタート。
朝7:30時点でコンピュータの気温が40℃をさしていて、とてもレースどころではありませんでした。

今年はどうもだめだめです。
まだまだ精進が必用ですね。




Posted at 2018/08/04 21:06:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | Road to T | 日記
2018年07月15日 イイね!

真夏のビーナスライントレーニング

カタギはこの週末3連休らしいですね。
もちろんプロ社畜クラスタの私にはそれはできませんでして、もうそんなのは本望であります。
この1連休?にすべてを注ぐべく、遠征に出掛けました。
6月の業務イベントですっかり乗れていない私ですが、矢島カップはただ乗りで行く。というわけには行きません。
ヒルクライムになれる必要があり、この連休は千m級のヒルクラを入れようと思っていました。

奥日光、乗鞍、八ヶ岳、赤城山といろいろと候補を立てていましたが、
涼しい高原で走り込みたいと思っていたので、車山美ヶ原にキメました。


青い空、そして何よりも濃い緑の草原。。。本当に美しい。
1500mの車山は涼しい。

と思うなかれ。この時点で22℃との事でしたが、実際には日差しが痛くて体感温度は高いです。


行きの行程はまだ暑さを忘れて追い込むことができました。
兎に角、気持ちいいですね。

とはいえ、このルートは走り慣れている方ですが、毎回惨敗するのが決まりです。
往復100kmにも満たないルートですが、なんでこんなにやられるのか?
それはわかりません。

わからないので頑張ってみたのですが、やっぱり惨敗です。

残念ながら美ヶ原高原美術館から下界は望めませんでした。

体からミネラルなのか、塩なのか、重要なものが抜けてしまい、
初心者サイクリストに戻った感じです。ヘロヘロです。
毎回のこの感じなんなのか、今回もわかりませんでした。
私の重要な成分が抜ける。なんでしょうね?酒ですか??
それだとすべての説明がつくし、あきらめもつくのですが。


美ヶ原高原美術館を望みます。


王ヶ頭を望みます。
ただただ美しい。東山(美ヶ原のこと)にはレースやFBMなどでよく走りに来ているのに、泊まったことはないのです。泊まってみたい!

お決まりのごとく。
頂上で私のスタミナは切れてしまい。車山まで帰れる気がしないのは毎回お決まりな事です。


途中の茶屋で五平餅ときのこ汁を頂きます。
この世の食べ物か?と疑いたくなるほど染みました。美味しかった。


霧ヶ峰まで下ってきました。
もはや下りなのか、登りなのかわかりませんが、
ニッコウキスゲが満開です。

天空の、いや天国のような光景。。
この世とは思えない光景に、もしかしたらこの時にはすでに絶命していたのか?
ところが、どうもblogにアップできるところからすると、肉体はまだ地を離れないらしい。

まだ修行は続くようです。


Posted at 2018/07/15 20:58:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | チャリ de 車 | 日記
2018年07月07日 イイね!

数年ぶりの登山で黒川千軒と鶏冠山

3年ぶり?くらいで登山に行ってきました。
鎖骨を折って以来、重いザックを背負えないままでいますが、
デイパックならなんとかなるか?
というのと、なぜか黒川金山の文献を見つけて読み込んでしまって俄然興味が出てしまったのです。
興味ある方は是非、黒川金山遺跡研究会の調査報告書を見てほしいです。
私はこれを読んでいたら夜2時を超えていました。

黒川遺構研究会 甲斐黒川金山

久しぶりに挑む登山は雨予報でした。
自転車と違い、ルートを選べば雨が降っても行けます。
ゴアテックスに代表される高機能ウェアのおかげです。
アウトドアにおいて登山のウェアというのは最上位に位置していると考えています。
自転車は雨が降っても人は死にません。
山は雨が降るだけで人が死にます。

しかし、自転車のウェアも高機能です。
何が違うって軽量化、簡素化という点です。
そこで自転車用の装備、具体的にはインナーとジャージを登山でテストする。
というのも今回試してみた事です。


朝一
実は寝坊しました。
起きたのは、いつも会社に行く時間だったのです。
3時に目覚ましをかけたのですが、
なぜかそれが効かなかった。

いや、たぶん止めたんです。
そしてそのまま寝たんです。

はぁ!

と飛び起きたときには日が上がっていました。
ターボでパスタを流し込み、眼鏡に飛び乗りました。

目的地をおいらん淵に置いていたのですが、
おいらん淵って今は行けなくなっているのですね。
18、9の頃、松本に行くのに高速代が払えず、青梅街道で甲府まででて、
そこから高速に乗るのが決まりで、
いつも壊滅的に眠くなるときに現れるのがおいらん淵。

さらに、落合に入った直後に現れるラリーで言うところの2rightにタイミングが合わず、特攻をキメそうになる場所でした。
思い入れの深い場所だけに、無念なような気もします。

それはさておき、無事黒川金山への登り口につきます。
数年ぶりに履いた登山靴に違和感はありませんでした。
履きつぶしてソールまで張り替えているシューズですので。

しかし、そんな久しぶりの登山靴なんていう事聞くわけないんです。
この後痛い目を見ることになります。


行く手を遮る倒木シスターズが沢山ありました。
湿度の高さをうかがえます。

お気に入りのG9Xですが、センサーにゴミが落ちてしまい、見た目で写り込む始末になってしまいました。
これは修理が必用ですので、今回はD700にDistagon35mmをつけたカメラを担いでいます。
しかし、やっぱりいいですねNikonは。


沢を渡る橋。
山側の橋脚が外れてしまっているというのは調べ済。
どんなもんか?
と足をかけてみたら、コケで凄い滑ります。
これはダメだ。と思って橋の下を渡渉することにしました。

この直後に沢から右に折れる必要があるのですが、
そこからの登りがえぐかったです。
心拍計をみて登り込みましたが、急登な事を気にしていませんでした。
心拍は150くらいで全然余裕!
寝れる!くらいの事を言いながらガシガシ足をかけていたのが行けませんでした。
この時に踵を痛めてしまい、最終的に皮がむけてしまいました。
なんか痛いな?と思っていましたが、
ここを痛めるのはお決まりなんです。
靴ひもの結び方ひとつ変えるだけで抑えられるのですが、
久しぶりの登山でそのコントロールはできませんでした。

それにしても関係ねーぜ!おるらぁ!
と登る事しばし。
どうも不自然な棚田が現れるようになりました。

それが見たくて来たのですが、
実際に合わられるとなんだこれ?と思ってしまうものです。

あれ?これか。。。

と気持ちを切り替えて散策に入ります。


これ、調査報告書にある12番坑口です。
確かに石垣で周囲を形成し、不自然に水が出ています。
調査委員会ではこれを水抜き坑と結論付けていますが、
なるほどと思いました。



不自然に広い棚田と石垣。
あれも戦国時代の坑口です。
戦国時代の坑口って人がやっと入れるくらいの狭さですね。
このあたりは陥没穴も沢山あり、それも坑道が崩れた後だそうですね。
ここに千軒、ここは標高が1300mあるのですが、ここに千軒ぞろぞろと人がいたなんて想像すると、数時間ここに滞在できます。


美しいテラスとはこの感じかな?
コケが美しいです。


沢の中にある石臼。これは特徴的なものです。
沢の中にあるのですが、沢の水を使ってやっていたのかな?

ここには石臼が沢山あって、
それをどう使っていたのでしょうね。
気になりますね。


黒川千軒上部にあった、巨大な石臼。
大人二人くらいで石臼をまわしながら、
次もってこいや!ごるらぁ!!
なんて言っていたのかもしれません。
この付近には超巨大な陥没穴もあったので、大きな坑道があったのかもしれません。
または広大なテラスなので、ここには大きい屋敷があったのかもしれません。


さて、上を目指しましょう。
メモに撮った写真ですが、注目してほしいのは東京都水道局の文字です。
このルートは登山地図で破線、つまり通常ルートではないということを示しています。
しかし、実際にはルートはしっかりしています。
今回の登山では鹿は沢山見ましたが、ヒトは一人もみませんでした。
ヒトがいないのになんでこんなに良い道なんだろう?
と思っていましたが、東京都水道局が入っているのも、この道の良さに繋がっているのかな?と思いました。
流石に水源監視路(※)のクオリティというわけではありませんが。。。

ミッションとしてはここで終了しているはずだが、
登山道が先に続く限り、考古学どころの騒ぎではなくなってきた。
もう下山しても良いのだが、足は前にしか向かなかった。

いくしか、ねーんだよ。
となぜか火がついて、ひたすら登った。
その結果、踵に負荷をかけすぎて、ついに皮がむけてしまった。
やってしまった。
登山にしさしぶりに戻ってきて、しばらく登れない怪我をしてしまう。

下りはそれこそ残留日本兵のごとく、足を引きづりながら何とか下山しました。

久しぶりの山は、痛い目にあいましたが、
それよりもやっぱり山の呼吸に自分を置くことができたのが心地よかったな。
と思いました。

今年は自転車ばかりではなく、山に戻って行こうと思いました。

自転車ジャージのテスト結果です。
暑い箇所は問題ないですが、今回のように標高1500mを超えると寒いです。
標高1300までは快適でしたが、それを超えると途端に寒くなり、
レインジャケットを羽織る必要がありました。
自転車ジャージの場合、ミッドレイヤーに何かを入れる必要があるなと感じました。
8月の奥多摩登山には自転車ジャージは風を通すので快適です。


※水源監視路:素人には獣道にしか見えない。奥多摩地域の信じ慣れないような山域に普通に存在する。当然登山地図にはその道は記載されず、山屋でも登山道なのか獣道なのか区別はつかない。万が一入る込むとさらに山奥深くに連れ込まれるため、入ってはいけないと教育される。奥多摩地域において、道に迷った際に水源監視路にあたった際は、この世の終わりにぶち当たった。と思う。
水源監視路の監視員は、残留日本兵並の神と信じられている。
Posted at 2018/07/07 21:19:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2018年06月24日 イイね!

FrenchFrenchも終わりまして


FrenchFrenchMAKUHARIはお疲れ様でした。

仕事の方が佳境を迎え、この私の状況で本当に開催できるのだろうか?
なかなかもどかしさを感じながらのぶっつけ感がありました。
ここだけの内緒ですが、前夜に永遠に終わらないと泣きながら300枚のクジを折り抜いて、
景品の数を数えながら耐え抜いて、無事開催できたことにとても安堵しています。

しかし、FrenchFrenchの開催において、定着している。
というのはありません。
本家の尼崎は開催を休止してから久しいです。
幕張はFrenchFrenchEastの分家として誕生しました。
今ではその両方が開催に至っていません。

これはほかのイベントにも言えることだと思いますが、
こと幕張も今まで何度となく峠を越えてきました。
次は無い。
そう思って山を越えています。

それにしても、
久しぶりの奥日光の登りも、なぜか毎年標高と斜度が上がっている感があります。
この登りは次どんな登りになっているのでしょうね。

毎回、毎回が全力!
そんな事を考えながら愛機LOOKと共に山を登っていました。




Posted at 2018/06/24 12:59:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | Road to T | 日記

プロフィール

「登山本格復帰(ヒトよりも熊の方が通行量多いと言われたルートヘ) http://cvw.jp/b/454226/41876175/
何シテル?   08/25 21:03
Clioに乗ってまだまだフランス車初心者です。 ドライブに、サーキットに、というものよいですが、せっかくのほほんとしたフランス車。マイペースにカーライフが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ボジョレーワイン委員会 
カテゴリ:ワイン
2010/10/09 19:45:23
 
電子国土ポータル 
カテゴリ:山
2010/08/20 22:56:40
 
勝沼酒造 
カテゴリ:ワイン
2010/08/20 22:54:46
 

ファン

56 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
レースの遠征でいかに快適であるか。 レースでダメージを負った体で運転が可能か? 万が一レ ...
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
-Modification- Kit Sport Exhaust OZ Ultraleg ...
スバル レガシィ スバル レガシィ
親の車です。 スバル車のよさを知った車です。
その他 その他 その他 その他
【FFM】French-French-Makuhariへのインフォメーションはこちらです ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.